AGAを発症する3つの原因と効果的な5つの対策を徹底解説!

「自分はなぜ薄毛なの?」「どうすれば薄毛を克服できるの?」と薄毛に悩んでいる男性は多いですよね。

AGAは進行性の病気なので、原因を理解し、早めの予防・対策は症状を抑えるために非常に重要なことです!

そこで今回は、AGAを発症する3つの原因と効果的な5つの対策について解説していきます。

AGAによる薄毛は正しい対策で改善することができるので、「もう自分はダメだ…」と諦めないでください!

何もしないと症状は悪化していく一方ですから、今回ご紹介する内容を参考にAGA対策をしていきましょう!

AGAを発症する3つの原因をまとめてみた!

AGA(男性型脱毛症)は男性の薄毛の9割以上を占める病気で、「男性ホルモン」「遺伝」「ストレス」の3つが深く関わっています。

症状の進行のパターンには個人差がありますが、額の生え際(前頭部)や頭頂部の髪の毛が十分に成長できずに細く短くなり、だんだんと薄くなっていく点では一緒ですね。

ここではAGAの原因の「男性ホルモン」「遺伝」「ストレス」について、更に詳しく解説していきます。

活性の強い男性ホルモンによりヘアサイクルが乱れるため

ヘアサイクル 期間 特徴
成長期 約2年~6年 毛母細胞が細胞分裂を繰り返して新しい毛髪が盛んに作られる
退行期 約2週間 毛母細胞の分裂が衰え始めて毛球が完全に退化する
休止期 約3ヵ月 毛母細胞の分裂が止まって髪の毛の伸長がストップし、脱毛を待っている

AGAの最大の原因は、活性の強い強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)によるヘアサイクルの乱れです。

「AGAは男性ホルモンが発生するから!」と良く言われていますが、半分正解で半分間違っています。

男性ホルモンのテストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変わることで、上記のように「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」の毛周期のサイクルに乱れが生じます。

正常な状態であれば約2年~6年の成長期なのに対して、AGAを発症している男性は数ヵ月から1年に短縮します。

ヘアサイクルが短くなると髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちるため、だんだんと薄毛が進行していくというメカニズムです。

そもそも、なぜ男性ホルモンのテストステロンが活性の強いDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するのか見ていきましょう。

  1. 男性の体内では精巣の睾丸で男性ホルモンのテストステロンが生成される
  2. テストステロンは血液を介して全身を巡り、一部が頭皮の毛乳頭細胞に取り込まれる
  3. テストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結び付く
  4. そうすると活性の強いDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される
  5. DHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭細胞にあるレセプター(アンドロゲン受容体)と結び付く
  6. 細胞の自然死を促すアポトーシスを促すシグナルが出される
  7. ヘアサイクルの成長期が短くなって髪の毛が退行期や休止期に移行しやすくなる

男性ホルモンのテストステロンには、「筋肉の量と強度を保つ」「性行動や性機能を高める」「やる気や衝動を高める」といった働きがありますので、男性にとって欠かせません。

しかし、還元酵素の5αリダクターゼによる影響でDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されると、AGAを発症して薄毛が次第に進行していきます。

親からの遺伝による影響

AGAの原因になりやすい遺伝子 遺伝子の特徴
アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子 髪の毛がDHTによる影響を受けやすい。母親のみから遺伝する隔世遺伝
5αリダクターゼの活性が高い遺伝子 酵素の影響でDHTの産生量が増えやすい。母親と父親の両方からも遺伝する優性遺伝

AGAは親からの遺伝による影響が強い病気の一つで、上記の2つの遺伝子が深く関わっています。

親と子供で目の大きさや肌の色が似るように、薄毛になるのかどうかはアンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子と5αリダクターゼの活性が高い遺伝子で決まりやすいわけです。

AGAと関係する遺伝子は、生まれつき「2つの遺伝子を持つ人」「どちらか片方の遺伝子を持つ人」「両方の遺伝子を持たない人」の3パターンに分けられます。

両方の遺伝子を持たない人と比べて、2つの遺伝子を持つ人の方がAGAになりやすいのは何となくイメージは付きますよね。

そして「ハゲは母親側の祖父が薄毛なのが原因」という噂を聞いたことのある方はいませんか?

しかし、薄毛に関わる遺伝的要素は、表にあるように母親からも父親からも遺伝します。

アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子は母親側の祖父から受け継ぐ確率が高いのに対して、5αリダクターゼの活性が高い遺伝子はどちらの親からも優先的に受け継がれるわけです。

もちろん、薄毛が遺伝しても子供が必ずAGAを発症するわけではありません。

AGAと遺伝の因果関係は明確に解明されていないものの、薄毛になる原因の一つになり得るのは事実ですね。

精神的なストレスによる影響

AGAの原因として、精神的なストレスも忘れてはいけません。

なぜストレスを抱えている男性ほどAGAや薄毛になりやすいのか、簡単にメカニズムを見ていきましょう。

  1. 慢性的なストレスを日々の生活で受けると24時間働き続けている自律神経が乱れる
  2. 頭皮の血流が低下して髪の毛を作っている毛母細胞に必要な栄養素が届かない
  3. 髪の毛が十分に成長できなくて途中で抜け落ちてしまう

髪の毛が抜け落ちるスピードが速くなれば、頭頂部や前頭部の薄毛は次第に進行していきます。

下記の項目に該当する男性は、ストレスが溜まっているサインですので要注意ですよ。

  • 毎日たくさんの仕事をしていて疲れが溜まっている
  • 以前と比べてみると目が疲れることが多い
  • 耳鳴りや立ちくらみ、めまいの症状が出やすい
  • 食べ物を食べると胃がもたれる気がする
  • 下痢と便秘を交互に繰り返している
  • 朝に気持ち良く起きられなくなった
  • 急に息苦しさを感じることがある
  • 些細なことでもイライラとして怒りっぽくなる
  • 手の平や脇の下に汗が出ることが多い
  • 普段の生活で落ち込んで立ち直れないことが多い
  • 良く風邪をひいて体調を崩しやすい
  • 口内が乾いたりネバネバしたりする

AGAによる一番の原因は、上記でも説明したように男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)による影響です。

しかし、AGAは精神的なストレスも深く関わっていますので、思い当たる節のある男性は十分に気を付けてください。

AGAの効果的な5つの対策について徹底解説!

AGAの対策法 期待できる効果 効果の度合い
専門クリニックでの治療 確実にAGAを治療して髪の毛を増やす 5.0
シャンプーや洗髪の見直し 頭皮を清潔にして抜け毛を減らす 2.5
育毛剤の塗布 頭皮の血行を促して髪の毛の成長をサポートする 3.0
育毛サプリメントの摂取 頭皮や髪の毛に良い栄養素を体内に取り入れられる 3.0
育毛に良い生活習慣を送る 抜け毛が発生しにくい体質を手に入れられる 2.0

AGAの対策と一口に言っても、「クリニックでの治療」「シャンプーの見直し」「育毛剤の塗布」「サプリメントの摂取」「生活習慣の見直し」と様々な方法があります。

可能であれば全て実践した方がいいですが、一つでも二つでもできる対策はした方がいいですね!

以下ではAGAの効果的な5つの対策について解説していますので、薄毛をどうにかして克服して若々しい姿を手に入れたい方は参考にしてみてください。

AGA専門のクリニックで治療を受ける!

AGA専門のクリニックで治療を受ける5つのメリット!
  1. 医学的にAGAによる薄毛や脱毛に対してアプローチできる
  2. 丁寧なカウンセリングで自分の症状や体質に合う治療法を提供してくれる
  3. 効果が立証された投薬治療や注入治療を受けられる
  4. AGAや薄毛に関する正しい知識を持つ医師から直接的な指導を受けられる
  5. 間違ったAGAの治療法で無駄な費用や時間を費やさずに済む

髪の毛を生やして薄毛を確実に克服したいのであれば、AGA専門のクリニックで治療を受けるべきです。

シャンプーを使ったりサプリメントを飲んだりと、AGAによる薄毛に効果的な対策法はありますが、どれも期待できる効果は薄毛の予防で、AGAの根本的な治療には繋がりません。

AGAを治療するには最大の原因である強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える必要がありますので、AGA専門クリニックに足を運んで医師の指示に従いながら治療を進めるのが最も効果的です!

上記の表を見ればわかる通り、AGA専門クリニックでは医学的に効果が立証された方法で薄毛や脱毛に対してアプローチできます。

しかも、薄毛を病院で治すと一口に言っても、選択できるAGAの治療法は次のように様々です。

AGAの治療法 期待できる効果 効果の度合い
プロペシア DHTの産生を阻害して抜け毛を抑える 3.5
ミノキシジル 頭皮の血行を促して発毛を促進する 3.5
注入治療 発毛有効成分を頭皮にダイレクトに注入する 4.5
自毛植毛 自分の髪の毛を薄毛の部分に移植する 5.0

初回のカウンセリングで患者さんにヒアリングを行い、それぞれの症状や体質、予算に合わせたAGAの治療法を提供してくれますので、失敗するリスクを抑えられます。

現在では効き目があるのかないのかわからない民間療法が出回っていることが多く、効果のない対策を続けてお金と時間の両方を無駄にしている男性は少なくありません。

「AGAを病院で治療すると費用が高い」とイメージしている方はいますが、最短で治せば結果的に他の対策法よりも治療費も安く済みます!

ただし、病院での対策でしっかりと治療効果を出すには、クリニック選びがとても大事です。

どのような点で比較してAGAの治療を受けるクリニックを選べば良いのか、5つの目安をご紹介してします。

  • AGAの治療専門で今までに確かな実績を残している(HPで確認可能)
  • 豊富な治療内容から自分の症状や体質に合わせて選べる
  • 実施されている治療法に加えて治療プランに納得できるかどうか
  • 1ヶ月に1回のペースで継続的に通えるのかどうか
  • 担当の医師や病院のスタッフが誠実で信頼できるかどうか

信頼できるAGA専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみて、医師の指示に従いながら薄毛の対策を始めてみましょう!

※病院でのAGA治療で1ヶ月にかかる費用の目安は、下記の記事を参考にしてください。

日々のシャンプーや洗髪を見直す!

育毛シャンプーでAGAを対策する3つのメリット!
  1. AGAの治療効果はないが、頭皮を清潔にして抜け毛を減らすことができる
  2. 頭皮や髪の毛に加わる余計なダメージを減らすことができる
  3. 自宅で今すぐに頭皮環境を整える対策を始められる

自宅でAGAの対策を始めたい男性は、日々のシャンプーの種類に気を配ったり洗髪方法を見直したりしましょう。

AGAクリニックやドラッグストア、ネット通販では育毛シャンプーが販売されています。

育毛シャンプーと聞き、「毎日髪の毛を洗うだけでグングンと伸びる」と考えている方はいませんか?

しかし、育毛シャンプーの役割は髪の毛の直接的な発毛ではなく、頭皮環境を整えることによる抜け毛の予防です。

抜け毛が増えにくい状態をキープすることで、AGAによる薄毛の進行スピードを遅くできます!

なぜ育毛シャンプーの使用で抜け毛を減らす対策ができるのか、3つの理由を見ていきましょう。

  1. 頭皮や髪の毛に加わる刺激を抑えて頭皮環境を改善できる
  2. 肌に優しい成分が配合された製品を使うことで頭皮の乾燥を防ぐことができる
  3. BHTやジブチツヒドロキシトルエンなどの化学物質の添加物を肌に与えずに済む

育毛シャンプーに分類されている製品は、「〇〇グルタミン酸」「〇〇アラニン」「〇〇グリシン」「〇〇アスパラギン酸」などのアミノ酸系成分を使っています。

これらの成分は適度な洗浄力で頭皮の皮脂やホコリなどの汚れを落としてくれますので、頭皮や髪の毛には余計な刺激が加わりません。

余計な刺激を抑えて抜け毛を減らすことができれば、AGAによる薄毛の進行を食い止められるわけです。

育毛シャンプーを使うと抜け毛の予防に加えて、「フケやかゆみの改善」「ボリュームアップ」「髪の毛のハリやコシのアップ」といった効果も期待できます!

ただし、良質なシャンプーを使っていても髪の毛の洗い方が間違っていては意味がありませんので、AGAを対策したい男性は次のように洗髪方法にも気を配ってみましょう。

  • 頭皮の皮膚を守る皮脂を落とし過ぎないように洗髪は1日に1回まで
  • 指の腹を使って優しく髪の毛を洗うように心掛ける
  • 髪の毛を洗った後はタオルドライとドライヤーで乾かす(雑菌の繁殖を予防するため)

      シャンプーや洗髪の見直しでAGAを治療することはできませんが、頭皮環境を整えて抜け毛を少しでも減らす対策は大事ですね。

      ※AGAの方におすすめのシャンプーを下記の記事でご紹介しているので、是非合わせてご覧になってください。

      市販されている育毛剤を塗布する!

      市販の育毛剤でAGAを対策する4つのメリット!
      1. 大手のドラッグストアやネット通販など様々な場所で商品を購入してすぐに使い始められる
      2. AGAの内服薬とは違って副作用のリスクが極めて低い
      3. 良質な製品は髪の毛に良い保湿成分や抗菌成分、血行促進成分が配合されている
      4. 頭皮環境を整えて髪の毛がしっかりと生えやすい状態を作ることができる

      AGAによる抜け毛や薄毛の対策として、育毛剤を使用するのは一般的な方法の一つですね!

      育毛剤と一口に言っても、医薬部外品や医薬品など様々な種類に分類されています。

      製品によって効果に違いはありますが、AGAによる薄毛で悩む男性のサポートをしてくれる点では一緒です!

      大手のドラッグストアやネット通販を中心に様々な育毛剤が市販されていますので、商品を購入して自宅に届けばすぐに使い始めることができます。

      育毛剤の一番のメリットや効果は、頭皮環境を整えて抜け毛を予防して髪の毛が生えやすい状態を作ってくれるところです!

      市販されている育毛剤にどのような成分が含まれているのか、代表的なものをいくつか見ていきましょう。

      育毛剤の代表的な成分 期待できる効果や作用
      パントテニルエチルエーテル 頭皮の毛母細胞に栄養を供給して髪の毛の成長を促す
      ヒトオリゴペプチド(IGF) 血管拡張作用や新陳代謝を活性化して発毛を促す
      イチョウ葉エキス 頭皮の毛細血管の血流を良くして毛母細胞に栄養や酸素を届ける
      塩化カルプロニウム 頭皮の毛根に送られる血液の量を増やして発毛を促す
      ノコギリヤシ AGAの原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する
      ヒオウギエキス 抜け毛を促す酵素を抑制しながら頭皮を保湿する
      アスコルビン酸 頭皮に分泌される皮脂の量を抑えて酸化を未然に防ぐ
      オウゴンエキス 頭皮の炎症を抑えてかゆみやフケの症状を予防する
      イソプロピルメチルフェノール 高い殺菌力や抗菌力で頭皮を清潔な状態で保つ

      医薬部外品として市販されている育毛剤は、AGA専門クリニックで処方されている外用薬のミノキシジル育毛剤とは違って髪の毛をグングン生やす効果はありません。

      その代わりに頭皮環境を整えて髪の毛がしっかりと生えるサポートをしてくれますので、AGAによる薄毛で悩んでいる男性に欠かせないアイテムですね!

      残念ながら育毛剤に即効性はないものの、日々の生活で継続して使っていれば抜け毛や薄毛が引き起こされにくい状態をキープできます!

      ただし、育毛剤の効果を高めるには次の点を意識した使い方を実践すべきです。

      • 育毛剤を薄毛部分に塗布する前にシャンプーを使って頭皮の汚れを洗い落とす
      • 手やブラシで分け目を作り、髪の毛ではなく頭皮に浸透させることを意識する
      • AGAの症状が進行しやすい前頭部や頭頂部を中心に塗布する
      • 育毛剤を塗布した後に指の腹を使ってマッサージして血行促進効果を高める
      • 塗布した後は時間をおいて育毛剤の成分を自然乾燥させる

      シャンプーと同じように市販の育毛剤もクリニックで処方されるプロペシアやミノキシジルのような効果はありませんが、AGAによる薄毛をこれ以上進行させないために一度使ってみてください。

      ネット通販で販売されている育毛サプリメントを摂取する!

      育毛サプリメントの摂取でAGAを対策する4つのメリット!
      1. 野菜や果物の中に含まれている頭皮に良い栄養素をバランス良く摂取できる
      2. プロペシアやザガーロなどの内服薬とは違って副作用のリスクが極めて低い
      3. 1日に決められた量のカプセルやタブレットを飲むだけで良いので手軽
      4. 筋肉の増強や疲労回復など健康体を維持する効果も期待できる

      AGAの発症による抜け毛や薄毛を対策するにあたり、ネット通販で販売されている育毛サプリメントの摂取は実に効果的です!

      育毛サプリメントとは、その名の通り育毛に良い成分が含まれた健康補助食品のことを指します。

      育毛サプリメントと聞き、「髪の毛をグングン生やせるなんて凄いじゃん!」とイメージしている男性はいませんか?

      しかし、育毛サプリメントの効果はあくまでも髪の毛の栄養補給や抜け毛の予防ですので、毛髪を直接的に生やすのは残念ながらできません。

      その代わりに頭皮や髪の毛に良い栄養素や成分をバランス良く摂取することで、次の4つの効果が期待できます。

      1. 頭皮の血流をアップさせて毛母細胞に栄養素を行き渡らせる
      2. 成長因子の生成を促して毛髪を作る細胞を活性化させる
      3. 頭皮のフケやかゆみ、肌荒れなどのトラブルを改善する
      4. 製品によってはAGAの元凶のDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えられる

        育毛剤が身体の外側からAGAによる薄毛を対策するのに対して、育毛サプリメントは身体の内側から対策するイメージです。

        クリニックで処方されるプロペシアやザガーロとは違って育毛サプリメントに医薬品成分は含まれていないため、副作用で悩まされるリスクはほとんどありません。

        安全に身体の内側から抜け毛や薄毛のアプローチしたい男性に、育毛サプリメントの摂取が適しています!

        「どの育毛サプリメントを飲めば良いの?」と迷っている方は、次の栄養素や成分が含まれているのかどうかで比較してみましょう。

        育毛サプリの代表的な成分 期待できる効果や特徴
        アミノ酸(BCAA) 髪の毛を構成するケラチンを形成している成分
        亜鉛(ミネラル) ケラチンの合成をサポートして健康な髪の毛に導く
        ビタミン群 頭皮の血流を改善したりターンオーバーを正常化したりする
        ノコギリヤシ ヘアサイクルを狂わせるDHTを阻害できる
        海藻エキス 頭皮の血行を促しながら肌を保湿して乾燥を予防できる
        コラーゲンペプチド 髪の毛が育ちやすい頭皮環境を作ってくれる

        育毛サプリメントを使ったAGAの対策も、シャンプーや育毛剤と同じで時間がかかります。

        短期間では変化を実感できませんので、良さそうな製品をできる限り長く摂取して抜け毛が引き起こされにくい体質を目指してみてください。

        育毛に良い生活習慣を送る!

        AGAによる抜け毛や薄毛の症状を対策したいのであれば、育毛に良い生活習慣を送るべきです。

        必ずしも間違った生活習慣が引き金になり、AGAを発症するわけではないですが、AGAを発症している男性が不規則な生活を送っていると、抜け毛が増えて薄毛が進行する恐れがあります。

        そもそも育毛に良い生活習慣とは一体何なのか、4つのポイントを見ていきましょう。

        バランスの良い食生活を送る

        毛髪に良い栄養素 期待できる効果や特徴
        タンパク質 髪の毛を構成するケラチンを作るために必要
        亜鉛 AGAの原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害す
        コラーゲン 髪の毛を太くしっかりと成長させる
        ビタミンC コラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にする

        AGAと食事には密接な関係性がありますので、薄毛を克服したい男性はバランスの良い食生活を送って上記の4つの栄養素を中心に取り入れる工夫をしてみましょう!

        健康維持はもちろんのこと、私たちは髪の毛の成長に必要なエネルギーを普段の食事から摂取しています。

        つまり、食生活に気を配ってバランス良く栄養素を摂取していれば、髪の毛の成長が阻害される心配がありません。

        不規則な食生活で栄養が偏っている男性は、野菜類や魚類を意識して食べるようにしてください。

        毎日十分な睡眠時間を確保する

        の毛の成長や発毛は睡眠中に行われますので、睡眠時間の確保はAGAによる薄毛の対策で欠かせません。

        それは私たちが寝ている間に髪の毛を育てる成長ホルモンが分泌されるのが理由ですね!

        睡眠時間を確保したり睡眠の質を高めたりすれば、成長ホルモンの分泌量が増えて髪の毛がより成長しやすくなるメカニズムです。

        成長ホルモンは細胞の増殖や正常な代謝の促進を促し、身体の至る部分をメンテナンスしています。

        毎日の生活で適度な運動を取り入れる

        AGAによる抜け毛や薄毛の対策で、適度な運動を取り入れた方が良い理由は次の3つです。

        1. 身体を動かすことで全身の血行が良くなる(もちろん頭皮の血行も)
        2. 汗をかくとAGAの原因物質のDHT(ジヒドロテストステロン)を排出できる
        3. 自律神経のバランスが整ってストレスが緩和される

          血流が良くなったりDHT(ジヒドロテストステロン)が排出されたりすれば、結果的に育毛に適した頭皮環境を手に入れることができます!

          ウォーキングでもジョギングでも良いので自分の好きな運動に取り組み、生活習慣を見直す努力をしてみてください。

          精神的なストレスを発散する

          上記の項目で説明したようにストレスはAGAの原因の一つですので、日々の生活で発散する対策が必要です。

          過度なストレスは、食欲不振や内臓の機能低下など健康そのものに悪影響が加わりやすいので注意しないといけません。

          「何だか最近イライラするな~」と感じている男性は、自分なりの方法で精神的なストレスを発散しましょう。

          AGAによる薄毛の症状が悪化しやすい4つの原因はこれだ!

          上記の4つに該当する男性は、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすい傾向があります。

          AGAは進行性の脱毛症ですので、「気付いたら治っていた」と自然治癒することはありません。

          日々の生活で少しずつ進行していきますが、知らず知らずのうちに自分で薄毛の症状が悪化しやすい原因を作っていることもありますね。

          ここでは、AGAの症状が悪化しやすい4つの原因について詳しく解説していきます。

          頭皮に物理的な刺激やダメージが加わっている

          AGAが悪化しやすい男性 AGAの症状が悪化する理由
          帽子やヘルメットを被る時間が長い 頭部が汗で蒸れて雑菌が繁殖しやすくなる
          髪の毛を縛ったヘアスタイルにしている 髪の毛が引っ張られて刺激が加わる(牽引性脱毛症)
          1日に何時間も頭皮マッサージをしている 頭皮や髪の毛に余計なダメージが加わりやすい

          上記の項目に当てはまる男性は、自分が知らない間に頭皮や髪の毛にダメージを与えています。

          頭皮への物理的なダメージが引き金になり、AGAによる抜け毛や薄毛が悪化するケースは少なくありません。

          皆さんが考えている以上に頭皮や髪の毛はデリケートな存在ですので、毎日優しくケアする必要があります。

          もちろん、仕事で帽子やヘルメットを被らないといけない男性はいますので、次の3つの対策がおすすめです!

          1. 自分の頭のサイズに合う帽子やヘルメットを選ぶ
          2. 通気性の高い素材で作られたものを着用する
          3. 定期的に帽子を取って頭皮の蒸れを予防する

            髪の毛を縛ったヘアスタイルにしている男性は、なるべく紐やヘアバンドを使わないようにしましょう。

            頭皮の血行を良くして血流を促す目的の頭皮マッサージに関しては、1日に5分~10分程度で十分です!

            頭皮への物理的な刺激でAGAの発症の有無が決まるわけではありませんが、薄毛が悪化する要因の一つだと心得ておいてください。

            間違った頭皮ケアを続けている

            間違った頭皮ケアの方法 AGAの症状が悪化する理由
            1日に何回もシャンプーをしている 頭皮を保護してくれる皮脂の量が減って乾燥しやすくなる
            爪を立てて髪の毛を洗っている 頭皮の肌が傷付いてフケが増えやすくなる
            整髪料を洗い流していない 整髪料の界面活性剤が髪の毛のタンパク質を減少させる
            シャンプー後に自然乾燥させている 頭皮が濡れた状態が続くことで雑菌が繁殖しやすくなる
            紫外線対策を怠っている 肌のバリア機能が低下して炎症や湿疹が起こる

            皆さんは普段の生活の中で、正しい頭皮ケアができていますか?

            上記の表のように間違った頭皮ケアを続けていると、頭皮や髪の毛がダメージを受けてAGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行しやすくなります。

            「シャンプーの回数を増やして頭皮の汚れを落とそう」「ドライヤーを使わずに髪の毛を乾かした方が良いだろう」という考えは間違いですね。

            もちろん、脂性肌やオイリー肌の男性は頭皮に分泌される皮脂の量が多いため、頭皮環境を整えるには普段の洗髪でしっかりと洗い流さないといけません。

            しかし、闇雲にシャンプーの回数を増やしたり力を入れて洗ったりしていると、頭皮の健康に必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

            「頭皮の皮脂は無駄でしょ?」とイメージしている男性は多いのですが、実は次の3つの役割を持ち合わせているのです。

            1. 頭皮を汗と皮脂が混ざり合った皮脂膜が覆うことでホコリや花粉による刺激から守る
            2. 頭皮の水分の蒸発を防ぎ、潤いを与えて乾燥によるダメージから防ぐ
            3. 肌を弱酸性の状態でキープして、雑菌が繁殖しにくい頭皮環境に導く

            頭皮の皮脂を全て落とすような頭皮ケアを普段の生活で行っていると、AGAの症状は悪化しやすいので注意しましょう。

            また、男性も女性と同じように紫外線対策や日焼け対策を怠ってはいけません。

            太陽の紫外線が原因で頭皮環境の悪化や光老化を引き起こしますので、毛根がダメージを受けて髪の毛の成長が阻害されます。

            紫外線を浴びすぎると毛根部の活動力が低下して白髪が増える原因にもなりますので、夏場の日差しが強い日は帽子を被ったり頭皮の日焼け止めを使ったりしましょう。

            体調が悪化している

            体調が悪化している男性は、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行しやすくなります。

            「体調不良が続いているな~」と実感している方は十分に注意しないといけません。

            ここでは、体調の悪化とAGAの症状の関係性について解説していきます。

            • 無理なダイエットを続けて体調が優れない状態が続くと、栄養不足で髪の毛を作る毛母細胞の活動が低下する
            • 肩こりや首こりの症状が慢性化していると、頭部に流れる血流量が減少して栄養が行き渡りにくくなる
            • デスクワークで眼精疲労が悪化していると、血流悪化やストレスの増加で薄毛が進行しやすくなる

            既にAGAを発症している男性が肩こりや眼精疲労を放置すると、抜け毛や薄毛の症状が加速しやすいわけですね。

            ただし、ただの日々の生活による体調不良ではなく、膠原病や甲状腺機能亢進症などの病気が引き金になって薄毛を引き起こすケースもあります。

            「髪の毛が薄くなる=AGAが原因」とは言い切れませんので、何だかおかしいなと感じたら早めに医療機関を受診して専門医の診察を受けてみてください。

            日々の生活習慣が乱れている

            間違った生活習慣の例 AGAの症状が悪化する理由
            不規則な食生活を送っている 髪の毛を作るタンパク質や亜鉛などの栄養素が不足する
            睡眠不足の状態が続いている 髪の毛の成長に必要な成長ホルモンが減少しやすい
            運動不足の状態が続いている 心臓から血液を送り出す機能が弱まって血流が悪くなる
            毎日タバコを吸っている ニコチンやタールが毛細血管を収縮させて頭皮の血行不良を促す

            日々の生活習慣の乱れは、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化する大きな原因です。

            AGAの発症と直接的に関わっているわけではありませんが、上記の表のように不規則な生活は頭皮や髪の毛に悪影響を与えます。

            • 毎日脂っこい食べ物ばかり食べている
            • 1日に2時間くらいしか睡眠をとっていない
            • 運動不足で全く身体を動かしていない

            このような生活を続けていれば、健康にも髪の毛にも良くないのは、何となく理解できますよね。

            今までの生活習慣をいきなり改善するのは難しいと思いますが、生活を見直してみて、頭皮や髪の毛に良くない生活習慣があれば徐々に改善していきましょう!

            AGAの原因や対策に関するよくある5つのQ&A!

            AGAになりやすい人の特徴って何かありますか?

            AGAはライフスタイルなどの後天的な要因よりも、遺伝的な要因が深く関わっています。

            DHT(ジヒドロテストステロン)が多量な男性やアンドロゲンレセプターの感受性が高い男性は、AGAになりやすい傾向があります。

            AGAは一度発症すると完治しないって本当ですか?

            髪の毛が元通りになると解釈した場合、残念ながらAGAは治りません。

            治療を中止すると、元の状態または前よりも悪い状態になる恐れがあります。しかし、AGAは完治が難しいとしても、状態を改善して薄毛の進行スピードを緩くすることは可能です。

            食事によるAGAの対策は効果的ですか?

            髪の毛や頭皮に直接届く栄養素を増やし、元気な毛髪を保つことはAGA対策として効果的です。

            ただし、クリニックで実施されているAGA治療のような劇的な効果や即効性は得られません。

            AGAは自宅での対策とクリニックでの治療のどちらが良いですか?

            もちろんAGAクリニックで専門家の方に治療をしてもらった方がいいです。

            薄毛の症状が進行していなければ、自宅で育毛剤やサプリメントを使って対策できます。

            自宅での対策で満足のいく変化を得られないようであれば、AGA専門のクリニックを受診してみましょう。

            AGAの対策はどのくらいの期間に渡って続ければ良いですか?

            AGAの状態や個人の体質で変わりますので一概には説明できませんが、毛効果や発毛効果を実感するまでには3ヶ月~6ヶ月はかかります。

            AGA専門クリニックで治療を受けても、1週間や2週間など短い期間で薄毛を克服することはできません。

            まとめ

            AGAの原因や対策についてのまとめ
            • AGAの原因は活性男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)
            • 遺伝や精神的なストレスもAGAの原因と深く関わっている
            • 薄毛を確実に治療したいなら専門クリニックの受診がおすすめ!
            • シャンプーや育毛剤、サプリメントでもAGAの対策はできる
            • 生活習慣が乱れている男性はAGAの症状が悪化するリスクあり

            AGAを発症するのかどうかは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素による影響で変換された活性型のDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。

            また遺伝や精神的なストレスによってもAGAは発症、進行していってしまいますね。

            もう薄毛を治せないんじゃないかと諦めている男性もいますが、決してそんなことはありません。

            AGA専門クリニックで治療を続けていけば、薄毛は改善していくことができます!

            育毛剤や育毛サプリメントを使ったり、生活習慣を見直すことでもAGAは対策できるので、少しずつ薄毛を改善する努力をしていきましょう!

            関連記事 RELATED POSTS