AGA治療の全知識!AGAクリニックの治療の流れや効果・費用まで完全解説!

「AGAの治療では何をするの?」「クリニックでAGAを治療して本当に髪の毛は生えるの?」「自分の予算の範囲内でAGAを治療できるの?」と様々な疑問を抱えている男性は多いのではないでしょうか。

AGAは抜け毛や薄毛が気になりだしてから治療を始める形になりますので、病院やクリニックを初めて利用する方もいますよね。

そんな男性のために、このページではAGAクリニックの治療の流れや期待できる効果、かかる費用まで詳しく解説しています!

AGA治療を決意している男性だけではなく、治療した方が良いのかどうか迷っている方も是非参考にしてください。

AGA治療を始める前にまずは自分が本当にAGAなのかをセルフチェック!

AGAの可能性が高いセルフチェック7つ!
  1. 以前と比べてシャンプーやドライヤー、枕元に落ちる抜け毛の本数が多い
  2. 産毛のように細くて短い状態の抜け毛が落ちるようになった
  3. 前頭部の生え際が年齢を重ねるにつれて少しずつ後退している
  4. 頭頂部のボリュームが低下して地肌が透けて見えている
  5. 髪の毛のハリやコシが失われている
  6. いきなりじゃないけど緩やかに薄毛の症状が進行している
  7. 母方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいる

自分の頭皮や髪の毛、抜け毛の状態をセルフチェックしてみて、上記の項目に当てはまる数の多い人はAGAの可能性が高まります。

AGAの治療をスタートする前に、自分が本当にAGAなのか別の脱毛症なのか判断するのは大事です!

病院やクリニックの診察とは違って正確に判断できるわけではありませんが、ある程度は自分の頭皮や抜け毛の状態を見て確かめられます。

AGAのセルフチェックの中でも、抜け毛の状態が変化している男性は要注意です。

なぜAGAを発症して抜け毛の本数が増えたり、細くて短い抜け毛が多くなったりするのか原因を見ていきましょう。

  1. 私たちの髪の毛は「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」のヘアサイクルを繰り返している
  2. 成長期に髪の毛が太く伸び、休止期に至ると自然と脱毛していく仕組み
  3. AGAの男性の脱毛部には高濃度でDHT(ジヒドロテストステロン)が見られる
  4. DHT(ジヒドロテストステロン)による影響でヘアサイクルの成長期が短くなる
  5. 髪の毛が太く長くしっかりと成長する前に抜け落ちる
  6. 細くて短い弱々しい抜け毛の本数が増えやすくなる

AGAの男性は今生えている髪の毛も細くて弱々しくなりますので、全体的に薄毛が目立つようになりますね。

AGAのセルフチェックについてはこちらのページでも詳しく説明していますので、「もし自分はAGAかも…」という男性は要チェックです。

AGA治療を本気で考えるならAGAクリニックでの治療一択!

AGAクリニック 皮膚科 個人輸入 育毛剤
AGAの治療法 投薬治療
注入治療
自毛植毛
投薬治療 プロペシアの服用 育毛剤の塗布
治療の効果
変化実感までの期間 比較的短い そこそこ短い 長くなりやすい 長くなりやすい
治療の費用 治療によっては高額 比較的安い 安い 安い
メリット AGAに精通した医師のもとで治療を受けられる 近場の病院で治療薬を処方してもらえる 海外の治療薬を安い費用で購入できる 自宅で気軽にAGAの対策ができる
リスク 特に大きなリスクなし 投薬治療以外の選択肢がない 海外の医薬品の服用で副作用が出やすい いつまで経っても効果が出ない恐れがある

AGAの治療と一口に言っても、上記のように「AGAクリニックへの受診」「皮膚科への受診」「個人輸入の利用」「育毛剤の塗布」と様々な方法があります。

治療のやり方や場所で悩んでいる男性は多いのですが、結論から言うと薄毛の改善を本気で目指すのであればAGAクリニック一択です!

皮膚科の受診や個人輸入での医薬品の購入、育毛剤の使用と比べて遥かにAGAクリニックでの治療の方が秀でています。

AGAクリニックへの受診以外の治療法では、次のデメリットがありますので注意しないといけません。

皮膚科でのAGA治療の3つのデメリット
  • 内服薬のプロペシアの処方がメインで他の治療法から選べない
  • AGAについて詳しい知識を持つ医師が在籍していない恐れがある
  • 自分の薄毛の症状に効果的な治療を受けないと時間と費用の両方が無駄になる
個人輸入で海外の医薬品を購入する3つのデメリット
  • 正規品のAGAの治療薬ではなく海外の薬を取り寄せる形になる
  • 自分に合わない医薬品を服用すると副作用のリスクが高まる
  • 自宅への到着までに時間がかかるため、治療スタートが遅れやすい
育毛剤を使ってAGAを対策する3つのデメリット
  • AGAの根本的な原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えられない
  • 市販の育毛剤では劇的な発毛効果は期待できない
  • 効果や変化を実感するまでの期間が長くてモチベーションが下がりやすい

AGAクリニックで薄毛の治療を始めた方が良いのは、医師によるカウンセリングや診察、アドバイスや助言を受けられるからです!

AGAで悩んでいる男性のために、あなたの薄毛の症状に合う治療法を提案してくれます。

もちろん、投薬治療であれば医薬品の種類別の効果や副作用、飲み方の注意点について説明してくれますので、個人輸入で海外の医薬品を購入して自分の判断で飲む方法とは全く違うわけです。

病院の皮膚科には医師が在籍していますが、必ずしもAGAの専門医が担当してくれるとは限りません。

AGAを発症して髪の毛が薄くなり始めて、長い時間が経過すると髪の毛の再生能力が弱まって反応しづらくなります。

他の病気と同じで症状が重くなってからでは治療効果が薄れやすいため、AGAは早めに専門クリニックを受診した方が良いです!

AGAクリニックの治療は自由診療ですので費用の負担が大きくなりますが、治療期間が短ければトータルのコストは抑えられます!

※AGAクリニックと皮膚科での治療の違いは、こちらのページで詳しく解説しています。

本当に髪の毛は増える?AGAクリニックの治療別の効果と費用の相場を確認しよう!

AGAクリニックの治療 投薬治療 注入治療 自毛植毛
治療のやり方 医薬品の服用 発毛成分の注入 髪の毛の移植
期待できる効果 3.5 4.5 5.0
1ヵ月の費用の相場 約15,000円~17,000円 1回約20,000円~100,000円 約40万円~120万円

AGAクリニックの治療法は、上記の表のように「投薬治療」「注入治療」「自毛植毛」の3つに分けられます。

どの治療も医学的に効果が立証されていますので、髪の毛をしっかりと増やすことが可能です!

治療を受ける男性で効果には個人差があるものの、自分で対策したり一般皮膚科を受診したりするよりも確かな改善が期待できますね!

以下では、「本当に髪の毛は増えるの?」と疑問を抱えている男性のために、AGAクリニックの治療別の効果と費用の相場をまとめました。

投薬治療は初めてAGA治療を行う男性におすすめ!

AGAの投薬治療による効果 抜け毛の抑制と発毛力の向上
かかる費用の相場 1ヶ月で約15,000円~17,000円

AGAをクリニックで治療するに当たり、最初に行うのが投薬治療です。

内服薬の服用や外用薬の使用で、抜け毛を抑制したり発毛力を高めたりといった効果が期待できます!

AGAクリニックで処方される医薬品は、大きく分けると次の2種類です。

医薬品のタイプ 期待できる効果や特徴
守り系タイプの医薬品 抜抜け毛の原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害して抜け毛を抑制し、薄毛の症状の進行を防ぐ(プロペシアやザガーロなど)
攻め系タイプの医薬品 頭皮の血流を促して髪の毛を作り出す毛母細胞に栄養を与えて、発毛力を高めて薄毛の改善に導く(ミノキシジルなど)

どちらのAGAの治療薬も、正しい飲み方で目で見てわかるレベルの抜け毛抑制効果や発毛効果を得られます!

守り系タイプの医薬品の中でも代表的なプロペシアに至っては、国内の臨床試験で次のデータが出ていました。

頭頂部のデータ 投与1年後 投与3年後
著名改善 1.5% 6.1%
中等度改善 9.1% 37.4%
軽度改善 47.7% 34.3%
不変 40.2% 20.2%
軽度進行 1.5% 2.0%
中等度進行 0% 0%
著名進行 0% 0%

参考:MSDの国内長期投与試験(3年間)におけるプロペシア錠1mgの効果

プロペシアを服用した男性の98%が3年間でAGAの進行が認められませんでした!

これはプロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドが酵素の5αリダクターゼに働きかけ、テストステロンがAGAの原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する効果を持つからです!

守り系の内服薬のプロペシアに加えて、攻め系の医薬品のミノキシジルを併用してAGA治療に取り組めば、更なる効果が望めるでしょう。

気になる費用ですが、投薬治療をAGAクリニックで受けると1ヶ月で平均して約15,000円~17,000円かかります。

プロペシア単体の処方であればもっと安上がりで済みますが、「内服薬+外用薬」というAGA治療を行うと費用がかさみやすいです。

AGAクリニックの投薬治療で処方される医薬品は、下記のようにいくつものパターンがあります。

  • プロペシア+ミノキシジル
  • ザガーロ+ミノキシジル
  • プロペシア+ミノタブ

望む効果や予算で患者さんが自由に決められますので、AGAクリニックで投薬治療を受ける前に担当の専門医に相談してみてください。

※AGAの原因のDHT(ジヒドロテストステロン)については、こちらのページで解説しています。

注入治療は投薬治療で変化のない男性におすすめ!

AGAの注入治療による効果 発毛促進を持つ成分や薬剤を頭皮に注入して髪の毛を生やす
かかる費用の相場 1回の頭皮への注入で約20,000円~100,000円

「AGAの治療薬を服用して半年間が経過したけど中々効果や変化が出ない…」と悩んでいる男性には、AGAクリニックで実施されている注入治療がおすすめです!

AGAの注入治療は育毛メソセラピーとHARG(ハーグ)療法の2つで、どちらも発毛効果を持つ成分を頭皮から注入していきます。

育毛メソセラピーは発毛効果を持つ成分、HARG療法は髪の毛の成長因子や幹細胞を含むHARGカクテルと、注入する成分に違いがあるのが特徴です!

1回の治療で約20,000円~100,000円と費用の相場が高い代わりに、投薬治療よりも注入治療の方が高い効果が期待できます!

以下では、AGAクリニックで育毛メソセラピーやHARG療法などの注入治療を受けるメリットをまとめてみました。

  • 脱毛抑制剤や発毛剤を頭皮から直接与えられるため、目に見えて発毛効果が出る
  • AGAの発症で乱れていたヘアサイクルが改善して毛母細胞が活発に働くようになる
  • 持病で医薬品を服用できない男性でもAGAの治療を受けられる
  • 無害でアレルギーの心配のない成分を注入するため、副作用のリスクが限りなく低い

AGAの治療効果が高くて尚且つ副作用のリスクが少ないので、注入によるAGA治療は2010年頃から積極的に行われています。

脱毛症の22人の患者さんに6回のHARG療法を施したところ、全員の毛髪量が増加したとのデータが出ていました!

参考:桜花クリニックで掲載されているHARG療法が再生医療たる論文データ

参考:幹細胞に特化したジャーナルのCurrent Stem Cell Research & Therapyで掲載されたHARG療法

「プロペシアやザガーロの服用ではあまり変化が出なかった」「肝臓に異常があって内服薬を服用できない」「もっと高い薄毛改善効果を得たい」という男性は、AGAクリニックの注入治療を検討してみてはいかがでしょうか。

頭皮への注射と聞いて不安を抱えている方はいますが、AGAクリニックによって次のように痛みを緩和する対策が行われています。

  • 針を使わずに有効成分を注入する(ノンニードル療法)
  • 頭皮を冷却して痛みを感じにくくしてから注入する

皆さんが考えている以上に安全性の高いAGA治療ですので、クリニックの注入治療は注目されているわけですね。

プロペシアやザガーロなどの飲み薬と併用して注入治療に取り組めば、GAによる薄毛の症状が進行している男性でも十分に克服できます!

ただし、AGAクリニックで注入治療を受けるに当たり、次の3つの注意点がありますのできちんと押さえておきましょう。

  1. 1回当たりの費用は約20,000円~100,000円と投薬治療よりも高い
  2. 効果が出るまでの期間は半年間~1年間と長い(複数回の施術が必要)
  3. 施術回数の目安は6回~16回でトータルの費用は約12万円~80万円と高額

    「AGAの注入治療は効果が高いが費用もかさむ」「変化を実感できるまでの期間は投薬治療と同じで長い」という特徴があります。

    そのため、AGAの治療はプロペシアやミノキシジルの服用で様子を見て、必要に応じて育毛メソセラピーやHARG療法をクリニックで受けてみてください。

    ※AGAクリニック別の注入治療にかかる費用の目安は、こちらのページでご紹介しています。

    自毛植毛は確実に髪の毛を生やしたい人におすすめ!

    AGAの自毛植毛治療による効果 自分の髪の毛を薄毛部分に移植して生やせる
    かかる費用の相場 トータルで約40万円~120万円

    AGAによる薄毛が局所的に進行している男性には、クリニックで実施されている自毛植毛がおすすめです!

    自毛植毛はAGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛(毛母細胞)を採取し、薄毛の部分に移植して生えさせる治療を指しています。

    投薬治療とは違い、約半年後には確かな効果を実感できるのが自毛植毛の魅力です!

    専門のAGAクリニックで自毛植毛を受けて、どのような流れで効果や変化を実感できるのか見ていきましょう。

    1. 1ヵ月~2ヵ月後に薄毛部分に移植した毛根が一時的に脱落する(ショックロス)
    2. 3ヵ月~5ヵ月後に移植した部位から少しずつ産毛の発毛が始まる
    3. 6ヵ月~8ヵ月後に移植した毛髪の70%程度が生え揃って見た目の改善が期待できる
    4. 10ヵ月~1年後に移植した毛髪が発毛を終えて成長段階に入る

    自毛植毛は薄毛部分の髪の毛を確実に増やせるだけではなく、メンテナンスの必要性がないところが大きなメリットです。

    プロペシアやザガーロ、ミノキシジルを使ったAGA治療は、継続的に医薬品を服用しないといけません。

    一方で自毛植毛は一度の手術を受ければ半永久的に髪の毛が生えてきますので、最も効果の高いAGA治療というわけです!

    しかし、自毛植毛は確実に薄毛部分に髪の毛を生やす効果が期待できる代わりに、他のAGA治療よりも費用がかさみます。

    自毛植毛を受けられるクリニック別で、どのくらいの費用がかかるのかまとめてみました。

    クリニック名 基本治療費 1,000グラフトの移植 1,500グラフトの移植
    TOMクリニック 35万円 38万円 69万円
    アイランドタワークリニック 20万円 120万円 180万円
    親和クリニック 20万円 90万円 140万円

    自毛植毛では、移植する髪の毛(グラフト数)が多ければ多いほど高額な費用がかかります。

    頭頂部の広範囲に渡って移植する場合は、自毛植毛で100万円がかかるケースは珍しくありません。

    全ての男性に向いているAGA治療とは言い切れないため、自毛植毛を受けるべきなのか他の治療で発毛を目指すべきなのか考えてみてください。

    AGAクリニックの治療の流れは5ステップ!

    AGAクリニックを受診してAGAを治療するにあたり、大まかな流れは上記の5ステップです。

    「いきなりAGA治療を受けるのは怖い…」と悩んでいる男性はいますが、最初はカウンセラーによるカウンセリングや医師による診察を受けられます!

    なので、AGAの治療法やかかる費用に納得した上で、AGAの治療をスタートすることが可能です。

    下記ではAGAクリニックの治療の流れを更に詳しく解説していますので、一度目を通しておきましょう。

    公式サイトで無料カウンセリングを予約する!

    AGAクリニックで無料カウンセリングを受ける3つのメリット
    1. カウンセリングを受けるだけなら一切のお金がかからない
    2. 髪の毛やAGAに関する悩みや不安を気軽に相談できる
    3. 自分の薄毛の症状や予算に合わせた治療法を提案してくれる

    AGAクリニックでの治療では、無料カウンセリング予約が最初のステップです。

    ほぼ全てのクリニックで初回の無料カウンセリングが可能で、上記のように3つのメリットがあります!

    薄毛が気になりだしてAGA治療を決意しても、次の悩みを抱えている男性はいませんか?

    • 抜け毛が増えてきた気がするけどAGAなのかわからない
    • 自分のケースはAGA治療で本当に髪の毛が生えてくるのか知りたい
    • どのAGA治療が今の自分に合っているのかわからない
    • 仮にAGA治療を受けるならいくらくらいかかるのか教えて欲しい

    これらの悩みや不安を解消できますので、まずはAGAクリニックの公式サイトにアクセスして無料カウンセリングの予約をしましょう。

    いきなり医院に足を運んでも対応してくれないため、必ず電話やメールでの予約が必要ですね!

    時期によっては混雑していることがありますが、基本的には営業時間内であれば自分が希望する時間帯にAGAクリニックの無料カウンセリングを予約できます!

    医院で無料カウンセリングや診察を受ける!

    公式サイトから無料カウンセリングの予約をした後は、指定した日時に医院に足を運びます。

    クリニックで違いがありますが、無料カウンセリングや診察で一体何をするのか見ていきましょう。

    • 予約した日時に医院に来院して名前を伝えて受付を済ませる
    • 抜け毛の状況や薄毛の状態に関する内容を問診票に記入する
    • 専門のカウンセラーとのカウンセリングでAGA治療の悩みや不安をヒアリング
    • AGA専門医師による診察(視診やマイクロスコープによる頭皮チェック)
    • 今後の治療方針と治療法に関する説明を受ける
    • AGA治療で使うお薬の種類や費用に関する説明を受ける
    • 何かわからないことに対して自分から医師やカウンセラーに質問する

    患者さんの状態をしっかりと把握するために、AGAクリニックでは初回に無料カウンセリングや診察を実施しています!

    多くのクリニックでは個室で説明を受けられますので、他の患者さんに相談内容が聞かれる心配はありません。

    安心して治療をスタートできるのも、AGAクリニックならではの強みです!

    初診時のカウンセリングから診察までは1時間半~2時間が目安ですので、時間に余裕をもって予約しておきましょう。

    AGAの治療法や治療薬を選択する!

    カウンセリングや診察が終わった後のAGA治療の流れ
    1. 発毛効果を多角的に判断する目的で頭部の写真撮影を行う
    2. 処方される治療薬が身体に悪影響を与えないか調べる目的で血液検査を行う
    3. 患者さんの希望に合わせてAGAの遺伝子検査を行う
    4. 担当の医師から内服薬や外用薬を処方してもらう

    AGAクリニックで無料カウンセリングや診察を受けた後は、上記の流れでAGAの治療をスタートします。

    AGAクリニックでは「投薬治療」「注入治療」「自毛植毛」と選択できる治療法が豊富です!

    投薬治療と一口に言っても、処方される医薬品は「プロペシア」「プロペシアジェネリック」「ザガーロ」「ミノキシジル」とたくさんありますね。

    医師からAGAの治療に関する詳しい説明を受けた後に、治療薬を選択できるのが安心ポイントです!

    診察代やお薬代の会計をする!

    AGA治療の方針が決まった後は、診察代やお薬代の会計をします。

    AGAクリニックによって初診料に違いがあるので、どのくらいの費用がかかるのかあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

    お薬代に関しては、プロペシアを処方してもらうのかザガーロを処方してもらうのかで変わります。

    後は定期的に通院して治療を継続!

    AGAの治療でクリニックへの通院が必要な3つの理由
    1. 1年分の医薬品をまとめて処方してもらうことができない
    2. 途中経過を医師に診せながら今後の治療法を決める必要がある
    3. 短い期間ではAGAによる抜け毛や薄毛の改善は難しい

    AGAクリニックへの初診は診察代やお薬代の会計をして終了ですが、これで終わりではありません。

    後は定期的にクリニックに通院し、AGAの治療を継続して薄毛の改善を目指していきます!

    治療法によって異なりますが、基本的には1ヵ月~2ヵ月に1回が通院期間の目安ですね!

    短期間でAGAによる薄毛を克服するのは不可能ですので、クリニックに通院して医薬品を処方してもらったり注入治療を受けたりしないといけません。

    また「最初は投薬治療でAGAを対策」⇒「効果の実感度が低いので注入治療に移行」と治療法を変えるケースも多々あります。

    その正確な判断をしてもらうためにも、AGAクリニックへの定期的な通院が大事だと心得ておきましょう!

    AGA治療には副作用の危険性があることも理解しておこう!

    AGAの治療法 副作用の症状 副作用のリスク
    プロペシア 性欲減退
    勃起不全(ED)
    3.0
    ザガーロ 勃起不全(ED)
    射精障害
    3.5
    ミノキシジル育毛剤 適用部位そう痒感(かゆみ)
    頭部粧糠疹(フケ)
    2.5
    ミノキシジルタブレット 多毛症(全身の毛が濃くなる)
    むくみ
    4.0
    育毛メソセラピー 注入する成分で異なる 1.5
    自毛植毛 頭皮の赤み
    頭皮の傷跡
    感覚の鈍麻
    2.5

    AGAクリニックを受診すれば、誰でも今すぐにAGAの治療をスタートできます。

    しかし、上記の表のようにクリニックで行うAGA治療は、副作用の危険性が少なからずありますので注意しないといけません。

    プロペシアやザガーロは男性ホルモンに作用するため、性欲減退や勃起不全(ED)の症状が出ます。

    ※プロペシアやザガーロの副作用の症状や発症率に関するデータはこちら!

    参考:ノワール大宮クリニック

    参考:グラクソ・スミスクライン株式会社のザガーロ服用者に対する注意喚起

    ミノキシジル成分を含む育毛剤は頭皮に直接塗布する形になりますので、頭皮の赤みやかゆみなどの副作用が出やすいですね。

    ※ミノキシジルを含む育毛剤のリアップX5・リアップ5の副作用で引き起こされやすい症状で発症率はこちら!

    参考:大正製薬株式会社のリアップX5・リアップ5(ミノキシジル)の再審査報告書

    副作用と聞いてAGA治療を戸惑う男性はいますが、次の3つの点を押さえておけば重篤な症状が引き起こされることはありません。

    1. AGAクリニックの医師から治療薬の正しい飲み方に関する説明を受ける
    2. 医師の指示に従って用法や用量を守って医薬品を服用する
    3. 育毛メソセラピーや自毛植毛を受けた後は正しいアフターケアを行う

      AGA治療には少なからず副作用のリスクはありますが、AGAクリニックであれば、どのAGA治療でも副作用のリスクを抑えて薄毛を改善していくことができます!

      ※治療法別の副作用についてはこちらのページをご覧になってください。

      AGAの治療期間は6ヵ月~1年間なので継続が大事!

      AGAの治療期間が長くなる3つの理由
      1. 正常なヘアサイクルに戻るまで半年間程度の期間がかかる
      2. 短期間で劇的に髪の毛を増やせるようなAGAの特効薬はない
      3. 「効果が出始める時期=薬が効いてくる時期」には個人差がある

      AGAの治療をクリニックで受けるに当たり、どのくらいの期間がかかるのか気になるところ…。

      今の薄毛の症状や個人の体質で違いはありますが、AGAの治療期間の目安は6ヵ月~1年間です。

      かなり長い期間に渡って治療をしないとAGAによる抜け毛や薄毛は改善できませんので、投薬治療でも注入治療でも継続が何より大事だと言って良いでしょう!

      風邪やインフルエンザなど他の病気と違ってAGAの治療期間が長くなるのは、上記のように通常のヘアサイクルに戻るまでの期間が長いのとAGAの特効薬がないのが理由です。

      中には内服薬を飲み始めて3ヵ月くらいで変化を実感している男性はいるものの、満足のいく発毛を実感するまでには6ヵ月くらいはかかります。

      つまり、専門のクリニックを受診しても1ヵ月での改善は難しいため、根気良く治療に取り組むべきです。

      AGAの治療を継続していれば「産毛が生えてくる」⇒「髪の毛が太くなってくる」⇒「薄毛が目立たなくなる」と効果が出てきます!

      また、AGAの治療は薄毛が気になった段階で早めに取り組むべきですね。

      なぜ早めにクリニックでAGA治療を受けた方が良いのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

      • AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気で、年齢を重ねるごとに症状が悪化していく
      • 初期段階の薄毛ほど回復できる確率が高くなる(症状が進むと治療期間も長くなる)
      • 髪の毛を生やす機能を失った毛根には育毛成分や発毛成分が作用しない
      • 市販の育毛剤やヘアトニックなどのセルフケアでは薄毛の改善が難しい

      私たちの髪の毛が生まれ変わる回数には限りがありますので、「放置すれば治るだろう」と考えずに早めにクリニックに足を運んでAGAの治療を受けてみてください。

      毛根が残っているかどうかの目安や薄毛の症状は、医師が作ったハミルトン・ノーウッド分類が役立ちます。

      ※AGAの症状を見分けるハミルトン・ノーウッド分類についてはこちらのページをご覧になってください。

      AGA治療を始めるに当たってよくある10つのQ&A

      AGAの治療はいつから開始するのが良いですか?目安はありますか?

      AGA(男性型脱毛症)は命に関わる病気ではないため、「○○○になったら絶対に治療すべき!」という目安はありません。

      そのため、自分が薄毛の悩みを抱え始めたタイミングがAGAのベストな治療時期です。

      育毛サロンでAGAの治療を受けようと考えていますがどうですか?

      育毛サロンはAGAクリニックとは違い、医学的に効果が立証された治療は禁止されています。

      「ヘッドスパ」「スチームケア」「頭皮マッサージ」といったケアは、頭皮環境を促して髪の毛が生えやすい状態を作ることができますが、AGAの根本的な治療はできません。

      AGAの治療薬は服用をやめるとリバウンドすると聞きましたが…

      これはダイエットのようなリバウンドとは違い、薬の成分の効果が失われているからです。

      プロペシアでAGAの原因物質を抑えられても、二度とハゲない体質に改善することはできません。

      プロペシアやザガーロは、治療薬を飲むのをやめると再びAGAによる薄毛が進行します。

      タバコを吸うとAGAの症状が悪化しやすいって本当ですか?治療効果は下がりますか?

      タバコを吸っている男性は非喫煙者と比較してみると、AGAによる薄毛の症状が進行しやすい傾向があります。

      それは、「AGAの原因物質のDHT(ジヒドロテストステロン)が増えやすくなる」「ニコチンで血管が収縮して頭皮の血行不良に陥りやすい」「育毛のサポートをするビタミンCが破壊される」という3つが原因です。

      AGAクリニックの無料カウンセリングは本当に無料ですか?

      公式サイトで無料と記載されていれば、カウンセリングを受診してお金を取られることは絶対にありません

      専門カウンセラーによる診断やAGA治療に関する説明を受けられますので、「自分にクリニックでのAGA治療は合っているのかな~」と迷っている男性におすすめのサービスです。

      途中でAGAの治療を中断しても大丈夫ですか?

      クリニックへの通院を一定期間に渡ってお休みし、AGA治療を中断することはできます。

      どの病院も患者さんの目的に合わせて臨機応変に対応してくれますが、ヘアサイクルが治療前の状態に戻って薄毛の症状が悪化するリスクがあります。

      AGAの治療中は飲酒をやめないといけませんか?

      適量の飲酒であればAGAの治療効果に悪影響が加わることはありません。

      しかし、あまりにもお酒を過剰摂取していると、アルコールが肝臓で分解される際に有害物質のアセトアルデヒドが発生します。

      アセトアルデヒドはAGAの原因物質のDHT(ジヒドロテストステロン)を増やす働きがありますので、飲み過ぎには注意してください。

      AGAの治療で初期脱毛が起こると聞きましたが、これは一体どのような症状ですか?

      プロペシアやミノキシジルなどのAGAの治療薬を服用すると、一時的に抜け毛の本数が増える初期脱毛を引き起こすことがあります。

      これはAGAの影響で成長しなくなった古い髪の毛が新しく生えた毛に押し出される形で抜け落ちる仕組みです。

      副作用ではなくヘアサイクルが整っている証拠ですので、そのままAGAの治療を継続しても問題はありません。

      参考:毛と毛包の解剖・毛髪異常(AGA)、ヘアサイクルについて(日本香粧品学会誌)

      私は高血圧なのですがクリニックでAGAの治療は受けられますか?

      AGAの治療薬の種類によっては血圧に影響を与えますので、高血圧の方は一般男性よりも注意が必要です。

      しかし、「高血圧だからAGAの治療を受けられない」というわけではありません。

      医師の指示のもとで治療を継続すれば安全ですので、詳細はクリニックの担当医に相談してみてください。

      プロペシアでAGA治療を始めようかジェネリック医薬品にしようか迷っています…

      ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の後に同じ有効成分で作られた後発医薬品を指します。

      正規品よりも安い費用でAGAの治療を継続できますので、どちらが良いのか医師に相談してみてください。

      参考:ジェネリック医薬品の効果や効き目、日本におけるシェアについて(第一三共エスファ株式会社)

      まとめ

      AGAクリニックの治療の流れや効果、費用についてのまとめ
      • セルフチェックでAGAが疑われる人はクリニックに足を運ぶべき!
      • AGA治療は「投薬治療」「注入治療」「自毛植毛」で効果が変わる
      • 投薬治療は費用が安い、注入治療と自毛植毛は費用が高い
      • AGAクリニックでの治療の流れは、「無料カウンセリングの予約」⇒「カウンセリングや診察」⇒「AGAの治療法の選択」⇒「お薬代の会計」⇒「定期的な通院」
      • AGAの治療期間は長いので根気良く継続するのが大事

      AGAによる抜け毛や薄毛を自宅でのセルフケアで対策しようと考えている男性はいます。

      しかし、治療の効果の高さで比較するのであれば、AGA治療は専門クリニック一択と言えるでしょう!

      専門クリニックでは個人の薄毛の症状や予算に合わせて、「投薬治療」「注入治療」「自毛植毛」から選択できます!

      根気良く治療を継続すれば、若い頃の髪の毛や髪型を手に入れられまで改善することもあるので、諦めずに早期治療をしていきましょう!

      まずは恥ずかしがらずにAGAクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

      関連記事 RELATED POSTS