AGAは皮膚科でも治療可能!AGAクリニックとの5つの違いについて徹底解説!

AGA(男性型脱毛症)は、AGA専門クリニックだけではなく街中の皮膚科でも治療できます!

「若ハゲを何とかしたい」「40代になってから薄毛が気になりだした」など、様々な悩みを持つ方が様々な病院でAGAを治療できるようになりました。

しかし、AGAクリニックと皮膚科での治療には大きな違いがあるので、事前に知ってことが大事です。

そこで今回はAGAクリニックと皮膚科の違いを5つのポイントに絞って徹底的に解説していきます。

皮膚科かAGAクリニックのどちらで治療を受ければ良いのか迷っている方は是非参考にしてください!

病院の皮膚科とAGAクリニックを5つの項目で徹底比較!

AGAの治療場所 AGAクリニック 病院の皮膚科
治療の目的 育毛と発毛が第一目標 主に現状維持
AGAの治療法 プロペシアの処方
ミノキシジルの処方
ザガーロの処方
育毛メソセラピー
HARG療法
自毛植毛
投薬治療のみ
(メインはプロペシア)
治療の効果 5.0 3.0
無料カウンセリング 実施しているクリニックが多い 実施しているとは限らない
初診料 無料のクリニックが多い 必要な病院が多い
初回の診察 採血検査やマイクロスコープ 問診や視診がメイン
在籍医師の特徴 AGAに精通している医師 AGAが専門外のケースあり
保険適用の有無 自由診療 自由診療
AGA治療の費用 注入治療や自毛植毛は高い 投薬治療のみなのでお薬代だけ
治療の場所 大都市の駅の近く 街中にもある
メリット 自分の症状や体質に合うAGA治療が可能 自宅から近い場所なら通院が楽
デメリット 治療法によっては金銭的な負担が大きい 病院によってはAGAに詳しい医師がいない

同じAGA治療でも、上記の表のようにAGAクリニックと病院の皮膚科では大きな違いがあります。

AGAによる薄毛の治療が受けられる病院は次の3種類ですね。

AGAの治療場所 治療の内容
一般病院の皮膚科 複数の診療科を兼ね備えた総合病院や診療所
美容皮膚科や美容外科 AGAだけではなく脱毛やシミ除去など美容治療を行う病院
AGA専門クリニック AGAによる抜け毛や薄毛のみを取り扱う専門病院

美容皮膚科や美容外科の中には、AGA専門の診療科を用意しているところもあります。

つまり、「薄毛を改善して若々しい姿を手に入れたい!」という男性は、一般病院の皮膚科かAGAクリニックか治療を受ける場所を選択しましょう!

ここでは病院の皮膚科とAGAクリニックでの治療の違いを5つの項目にわけて詳しく比較していますので、「どちらが良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

AGAクリニックなら治療法を幅広く選択できる!

AGAクリニックの治療法 期待できる効果や特徴
プロペシアの処方 AGAの最大の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する
ミノキシジルの処方 血管拡張作用と毛母細胞に働きかけて発毛を促す
ザガーロの処方 Ⅰ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼを阻害してDHTを抑える
オリジナル発毛薬の処方 クリニック独自で開発した発毛薬で治療ができる
注入治療 発毛に有効な成分を内服や外用ではなく直接頭皮に注入する
自毛植毛 AGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛を薄毛部分に移植する

AGAの治療法で比較してみると、病院の皮膚科よりもAGAクリニックの方が圧倒的に豊富です!

上記の表を見ればわかる通り、AGAクリニックでは「投薬治療」「注入治療」「自毛植毛」と幅広いAGA治療の選択肢があります。

一方で街中に立地している病院の皮膚科では、投薬治療しか選択できません。

しかも、ミノキシジル育毛剤やザガーロの処方は不可で、プロペシアの処方がメインの皮膚科もあります。

治療の選択肢が豊富なAGAクリニックを受診すべき理由は次の3つです。

  1. 今の薄毛の症状や自分の予算に合う治療法で比較して選べる
  2. 選択した治療で効果が出なかった時に次のステップに進める
  3. 複数のAGA治療を組み合わせられる(プロペシアとミノキシジル育毛剤など)

    AGAクリニックの中には一般病院では処方されていないオリジナル発毛薬で治療を受けられるところもありますので、「プロペシアだけ」「ミノキシジルだけ」といった投薬治療で効果が出なかった男性は試してみましょう!

    AGAクリニックは無料カウンセリングあり!

    AGAの治療前に無料カウンセリングを受けるべき4つの理由!
    1. AGAの進行状況や患者さんの悩みをカウンセラーや医師がヒアリングしてくれる
    2. 今の自分に向いている薄毛の治療法が見えてくる
    3. AGAの治療法別でどのくらいの費用がかかるのか把握できる(予算の確認)
    4. 信頼できる医師が在籍しているのか判断できる

    一般病院の皮膚科とAGAクリニックの違いは、無料カウンセリングの有無ですね。

    病院の皮膚科では、基本的にカウンセラーや医師による無料カウンセリングは実施されていません。

    希望の時間帯に予約を入れて現地に足を運び、いきなり診察を受ける形になります。

    しかし、多くのAGAクリニックでは診察に入る前段階として無料カウンセリングが可能です!

    AGAの治療を始めるに当たり、次の疑問を抱えている男性は少なくありません。

    • 治療別でどのような効果が期待できるのか?
    • どのくらいの予算があれば足りるのか?
    • どの治療を受ければ薄毛を克服できるのか?

    こういった悩みを解消するメリットが初回の無料カウンセリングにあります。

    「他に何か質問はありますか?」とカウンセラーや医師の方が伺ってくれますので、疑問点や不安点を解決できますね!

    無料カウンセリングではAGAの進行状況や患者さんの悩みに合わせてヒアリングしてくれますので、病院の皮膚科よりもAGAクリニックを受診すべきです!

    もちろん、全てのAGA専門クリニックで無料カウンセリングが実施されているとは限らないため、受診する前に公式サイトで確認しておきましょう。

    AGAクリニックは検査の専門性が高い!

    実施されているAGAや薄毛に関する検査 AGAクリニック 病院の皮膚科
    問診
    視診
    血液検査
    遺伝子検査

    一般の病院とAGAクリニックを比較してみると、上記のように検査の専門性にも違いがあります。

    どちらの病院を受診しても、AGAの治療前の問診や視診は必ず行われると考えて良いでしょう!

    問診とは診察の参考にするために患者さんに対して病歴や病状に関する質問をすること、視診は患者さんの病状を判断するために目で見て診断することを指します。

    しかし、病院の皮膚科によっては血液検査や遺伝子検査に対応していません。

    AGAクリニックで行われている血液検査や遺伝子検査には次のメリットがあります!

    検査方法 検査内容
    血液検査 プロペシアやザガーロの成分にアレルギー反応を示すのか確かめられる
    遺伝子検査 5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬が効きやすいのか調べられる

    つまり、病院の皮膚科よりもAGAクリニックの方が正確に検査をした後に治療をスタートできるわけです!

    AGAの遺伝子検査は絶対に必要だとは言い切れませんが、「治療薬が自分に合うのかどうか」「治療薬で副作用が出やすいのかどうか」を調べられる血液検査は受けた方が良いでしょう。

    肝機能や腎機能の低下の有無も調べられますので、健康を維持しながらAGA治療を継続するに当たって欠かせません。

    AGAクリニックにはAGAに精通した医師が在籍!

    病院の皮膚科とAGAクリニックに在籍している医師の違い!
    • 病院の皮膚科の医師はAGA(男性型脱毛症)の知識に精通しているとは限らない
    • AGAクリニックの医師はAGA(男性型脱毛症)に関する正しい知識を持っている

    病院の皮膚科とAGAクリニックを比べてみると、上記のように在籍している医師にも違いがありますね。

    AGAクリニックに在籍している医師は、AGAに関する知識を豊富に持っており、適切な治療、対処をしてくれます!

    皮膚科でもAGAクリニックでも治療薬を処方するのは一緒ですが、担当医師によるフォローやサポートが異なるわけです。

    皮膚科の医師は皮膚全体の知識は豊富でも「AGAに関しては専門外」というケースは少なくありません。

    例えば、次の点については患者さんに手厚いサポートができない恐れがあります。

    • 発毛までの期間や発毛状況の細かいチェック
    • プロペシアやミノキシジルで違う薬の副作用の説明
    • AGA改善のために自宅で取り組める効果的な対策の説明

    AGAの治療薬の効果だけをズラズラと説明されても、副作用に関する知識が乏しいのは不安ですよね。

    AGAの治療を専門的に取り扱うクリニックと違い、病院の皮膚科にAGAに精通する医師が在籍しているとは限らないと心得ておきましょう。

    ※AGAの治療薬の種類で異なる副作用のリスクについては、こちらのページをご覧になってください。

    皮膚科は近場で治療を受けられる!

    最後に病院の皮膚科とAGAクリニックは、近場でAGA治療を受けられるのかどうかが違います。

    AGAクリニックの医院の数はまだまだ少なく、大都市に立地しているのが一般的です。

    大都市から離れている場所に住んでいる男性は、「通院するのが大変だな~」と感じることがあります。

    しかし、病院の皮膚科であれば少なくとも1つは近場にありますので、AGAの治療の継続が負担になることはありません。

    AGAクリニックは選択できる薄毛の治療法が豊富な代わりに、受けられる場所が限られてしまうのがデメリットです。

    結論!基本的にはAGAクリニックで治療するのがおすすめ!

    AGAクリニックで薄毛の治療を行うべき5つの理由!
    1. 育毛と発毛を第一目標にしたAGA治療を受けられる
    2. 投薬治療や注入治療を中心に複数の治療法から比較して選べる
    3. 治療前に無料カウンセリングを受けてAGAや薄毛に関する説明を聞くことができる
    4. 治療を始める前に血液検査や遺伝子検査を受けられる
    5. AGA(男性型脱毛症)に精通している医師のもとで治療を継続できる

    結論から言うと、AGAは上記の5つの理由で病院の皮膚科ではなくAGAクリニックで治療する方法がおすすめです!

    病院の皮膚科もAGAクリニックも、AGAによる薄毛の治療では保険が適用されません。

    それはAGAの治療が美容整形やレーシックと一緒で、美容目的の施術だと判断されているのが理由です。

    しかし、同じ自由診療でも皮膚科の治療範囲は頭皮の疾患を治すことですので、劇的な発毛効果は期待できません。

    AGAクリニックの方がAGA治療の種類、無料カウンセリングの実施、AGAに詳しい医師の在籍と優れているポイントがたくさんあります!

    「AGAを絶対に克服したい!」「薄毛を絶対に治したい!」という男性は、AGAクリニックに足を運んで治療を受けてみてください。

    ※AGAの治療で保険が適用されない理由は、こちらのページでも詳しく解説しています。

    プロペシアの処方だけで良いなら病院の皮膚科でAGA対策するのもあり!

    「まだ薄毛の症状はそこまで進行していない」「プロペシアの処方だけで良い」という男性は、病院の皮膚科でAGA対策を行うのは選択肢の一つです!

    ミノキシジル育毛剤やザガーロを取り扱っている皮膚科は限られていますが、プロペシアであればほとんどの病院で処方してくれます。

    プロペシアを処方してもらうのが目的でわざわざ遠いAGAクリニックに毎月通院するくらいであれば、自宅の近くの皮膚科に足を運んだ方が遥かに楽ですよね!

    プロペシアは個人輸入で入手できますが、次のデメリットがありますので積極的にはおすすめできません。

    • 国内ではなく海外の医薬品を日本に取り寄せる形になる
    • 医薬品を購入してから自宅に到着するまでに時間がかかる
    • サイズ違いや破損していた場合に返品の手間がかかる
    • 正しい飲み方や副作用について医師から説明を受けられない

    個人輸入で海外の医薬品を購入するのはリスクが大きいため、プロペシアでAGAの治療を始めたいなら病院の皮膚科で正規品を処方してもらうべきです。

    まとめ

    皮膚科とAGAクリニックでの治療の違いに関するまとめ
    • 病院の皮膚科でもプロペシアを処方してくれるのでAGAを治療できる!
    • 豊富な治療法から選びたいなら皮膚科ではなくAGAクリニックを受診すべき!
    • 皮膚科にはAGAに精通している医師が在籍していない恐れがある
    • 育毛と発毛を第一目標にしたAGA治療は専門クリニックで受けるべき!
    • プロペシアを処方してもらうのが目的なら皮膚科もあり!

    街中にある皮膚科と大都市に医院を構えているAGAクリニックでは、実施されているAGAの治療に違いがあります。

    AGAの治療法の種類や無料カウンセリングの有無、患者さんへのフォローやサポートで比較してみると皮膚科よりもAGAクリニックがおすすめです!

    プロペシアの処方だけであれば皮膚科でもいいですが、皮膚科ではAGA治療に精通している医師が在籍していない可能性もあり、十分なAGA治療が受けられないこともあります。

    その点、AGAクリニックであれば、AGAついて正しい知識を持つ医師が在籍していますので、安心して治療を任せることができます!

    薄毛で悩んでいる男性は一度、AGAクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

    関連記事 RELATED POSTS