【2020年】ブックシェルフスピーカー定番おすすめランキング12選!

自分の部屋でひとり音楽を聴きながら、好きな本を読んだり書きものをしたり、たまにお酒をグラスでかたむけたりするのって、大人のかくれ家的な雰囲気ですごくあこがれますよねぇ♪

そんな場面によく似合うのが、お気に入りの本といっしょに本だなに並ぶブックシェルフスピーカーです!

ブックシェルフスピーカーとは、とくに本だなのような「限られたスペース」に置くためにつくられたコンパクトサイズのスピーカーをいいます。

今回は、おすすめのブックシェルフスピーカーを、選び方といっしょにランキング形式でがっちりご紹介しちゃいます!

この記事を書いた人
kazkaz
昭和なかば生まれの永遠のノスタルジックボーイです。最近、昭和の歌謡曲が若い人たちに人気だと聞いて「やはり良いものはいつになっても良い」と、ひとりで満足しています。平成から令和に時代がかわり、音楽も映画もラブレターも全部スマホになりましたが、トランジスタラジオで深夜放送にむねをおどらせた少年時代の好奇心を忘れないようにしています。趣味はバスケットボール観戦と国内プチドライブ旅行です。

ブックシェルフスピーカーを選ぶ3つのおすすめの選び方!

ブックシェルフスピーカーを選ぶときの目のつけどころはどこでしょうか?外観からだと色合いのちがいが見えるくらいで特長がわかりづらいですよね。

ブックシェルフスピーカー選びの基本中の基本のポイントである「サイズ確認」からはじめて、「エンクロージャー(箱)のタイプ」「ハイレゾ対応」の3つにフォーカスして選びましょう!

置き場所のサイズに合うスピーカーを選ぶ!

お目当てのブックシェルフスピーカーのサイズを測って、置こうと思っている場所に設置できるかどうか確認してスピーカーを選びましょう!

「これぞマイベストチョイス!」と思ってスピーカーを買っても、たとえば本だなに置けないことがあとからわかったら悲惨。特に”高さ”が大きすぎたらもうたいへんだからです!

これはブックシェルフスピーカー選びの基本中の基本ポイントですが、性能やデザインに目が行ってしまうと、意外に見落とされがちなところです。

まずはスピーカーのサイズ(幅x高さx奥行)をしっかりと確認してから、スピーカーの置き場所に考えている場所の寸法を実際に測ってみて、サイズが置き場所に合うスピーカーを選びましょう!

エンクロージャー(箱)のタイプは「バスレフ型」を選ぶ!

スピーカーは低音域のコントロール方法によってエンクロージャー(箱)のタイプが分かれます。主流はバスレフ型と密閉型の2つで、イチ押しはなんといっても「バスレフ型」

スピーカーの箱にポート(ダクト)という穴をあけて空気を出入りさせるのがバスレフ型、穴なしで空気を閉じ込めるのが密閉型ですが、バスレフ型の方が”低音に広がりが出る”からです。

スピーカーは前面からと同時に背面からも同じ音が出るので音がぶつかり合います。密閉型は音を閉じ込め吸音材で不要音を吸収してカッチリした低音となり広がりに欠けます。

一方、バスレフ型はポートで共鳴が発生して、コーラスのような効果が生まれ低音に広がりが出て、スピーカーの個性がサウンドにプラスされるのです。

同じヘルツ数の低音を出す場合、バスレフ型は密閉型に比べて6割の容積で大丈夫です。逆にいうと、同じ容積だったらバスレフ型の方が6倍まで低音を広げられるのです♪

コンパクトサイズが特徴のブックシェルフスピーカーは、限られた容積でも広がりのある低音を再生できる「バスレフ型」がまさにおすすめです!

ハイレゾ音源対応のスピーカーを選ぶ!

ブックシェルフスピーカーを選ぶときは、ハイレゾ音源(ハイレゾとはHigh Resolutionの略称で「高解像度」という意味)に対応しているスピーカーを選びましょう!

ハイレゾ音源はCDの約3~6倍以上も高解像度・高音質で、マスター音源に近い高音質な領域をより小さい音まで繊細に再現するので、ハイグレードなサウンドを楽しむことができるからです♪

ハイレゾ音源は、高域再生能力が40kHz以上のハイレゾ対応スピーカーをはじめ、コンポ、テレビ、レコーダーなどもハイレゾに対応していないと聴けません。

であれば、最初からハイレゾを楽しめるオーディオ環境づくりをめざして、ハイレゾ音源対応のブックシェルフスピーカーを選んでおけば後からグレードアップに困ることはありませんよ!

おすすめのブックシェルフスピーカーランキングTOP12!

ブックシェルフスピーカーの中でも今回は、高さが100mm超400mm未満のコンパクトな製品にスポットを当てました。

さらに、量感あるサウンド再生のバスレフ型を中心に、ハイレゾ音源対応のスピーカーもふくめて選びました。マイルームの雰囲気がグレードアップすること間違いなし!

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

ブックシェルフスピーカーのベストバイ!小型ボディで高音質のおすすめ5.1chは「NS-B210」

NS-B210
ヤマハ(YAMAHA)
参考価格2,920円(税別)
幅x高さx奥行
105x205x132 mm
タイプ
フルレンジ密閉型(非防磁)
ハイレゾ対応
販売本数
1本
ユニット数
2
インピーダンス
6 Ω
再生周波数帯域
75Hz~50KHz
カラー
ブラック系
WAY
出力音圧レベル
86 db
重量
1.6 kg

NS-B210の特徴

従来シリーズ製品比で高さを約37%おさえ20.5cmとしたので本棚にらくらく置けて「設置性」がアップ!小型ボディの上に5.1chサラウンドを実現しました♪

非防磁型ユニットは音質劣化を防ぎ、8cmのアルミコーンウーハーをダブルで搭載したので、バランスドームツイーターとのコラボレーションでゆたかな音色を響かせます。

横幅も注目の10.5cmのスリムさ。カラーは2種類でブラックまたはブラウンの好きな方を選んで、圧倒的なコンパクトさの5.1chホームシアター音響を楽しんでください!

NS-B210の口コミ

口コミを見る

ブックシェルフスピーカーに木製エンクロージャー!パーツ素材も木を効果的に配置した「SX-WD9VNT」

SX-WD9VNT
JVCケンウッド
参考価格62,300円(税別)
幅x高さx奥行
120x161x264 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
1
インピーダンス
4 Ω
再生周波数帯域
55Hz~30kHz
カラー
木目系
WAY
1 WAY
出力音圧レベル
82 db
重量
2.2 kg

SX-WD9VNTの特徴

キャビネットは外観の美的なひきたちと音響効果を高める素材としてチェリー無垢材を採用。内部はチェリー材「響棒」やメイプルチップ吸音材が音の広がりを作ります♪

9cmフルレンジスピーカーは、ウッドコーンへ音を速く伝えるためにチェリー材薄板シート使用の「異方性振動板」を採用しているので、より解像度の高い音を再生します。

銅キャップやアルミニウムショートリングを磁気回路に使いひずみを抑え、ポールピースのメイプル吸音材がセンターキャップ内の音をクリアサウンドに仕上げます。

SX-WD9VNTの口コミ

口コミを見る

こだわりのブックシェルフスピーカーとはこれ!音場の確かさがおすすめの「Q350」

幅x高さx奥行
210x362x306 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
8 Ω
再生周波数帯域
63Hz~28kHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
87 db
重量
7.6 kg

Q350の特徴

Q350は流体力学を応用したCFD(Computational Fluid Dynamics)ポートを使ったUni-Qドライバーで音源の再生が可能なため、広範囲に高音域を拡散できるのが特徴です。

バスレフポートは前モデルではフロント配置だったのがリア配置へ変更されました。そのためポートからの音漏れがグッと減り中音域が一層クリアになりました。

カラーはウォールナット、ブラック、ホワイト。マット・サテン調で、高級感と現代的なスピーカーイメージを追求。グリルなしの端正さもKEFのこだわりです。

Q350の口コミ

口コミを見る

ブックシェルフスピーカーの中古知らず!耐久性に優れたキャビネットがおすすめの「Diamond 225」

Diamond 225
Wharfedale
参考価格50,790円(税別)
幅x高さx奥行
196x355x290 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
8 Ω
再生周波数帯域
45Hz~20kHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
87 db
重量
6.5 kg

Diamond 225の特徴

165mmウーハーはケブラー織布コーンで振動をおさえた低音再生。25mmツイーターはソフトドーム型でフェライト磁気回路採用で中音域サウンドを改善しました。

バスレフポートが底面にあり、独自の隙間から超低音域をベースボード拡散。リスニング空間へサウンドを軽快アプローチで決めています。

キャビネットは遮音・耐久性の高いパーチクルボードとMDF材をはさんだ複合素材で、カラーレーション(壁などに音が反射して音色が変化する現象)を最大限におさえます。

Diamond 225の口コミ

口コミを見る

ブックシェルフスピーカーで低音の高級感を!ピュアオーディオ級人気でおすすめの「STAGE A130」

幅x高さx奥行
190x321x245 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
6 Ω
再生周波数帯域
55Hz~40kHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
86 db
重量
5.5 kg

STAGE A130の特徴

STAGE A130は、澄んだ響きをたもつ高域ユニットとボリューム感に富んだ低域ユニットが絶妙にひきたてあう再生を実現するコンパクトタイプのブックシェルフ型スピーカーです。

25mmドームツイーターと133mmPolycelluloseコーンウーハーを搭載。HDIホーン技術がプロフェッショナルモニターの感性にマッチするリスニングを生み出します。

MDF製キャビネットが内部定在波をミニマムにし、エッジをカーブさせた形があざやかな3Dサウンドステージを創出。背面のエアフロー状バスレフポートがノイズを抑えています♪

STAGE A130の口コミ

口コミを見る

ブックシェルフスピーカーは本だなに収まってこそ命!とにかく小型でおすすめなのが「OBERON1」

OBERON1
DALI(ダリ)
参考価格45,830円(税別)
幅x高さx奥行
162x274x234 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
6 Ω
再生周波数帯域
51Hz~26kHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
86 db
重量
4.2 kg

OBERON1の特徴

OBERONシリーズでいちばん小さいサイズですが、上位機種と同じ29mm超軽量ソフトドームツイーターと130mm ウッドファイバーコーンウーハー搭載だからすごい!

SMC(ソフト・マグネティック・コンパウンド)をウーハーの一部に使用して磁気の変調と渦電流を減らしたので、音のゆがみを大きくおさえて高音質な再生を可能にしました。

MDFエンクロージャーでしっかり内部補強されていて、吸音材も複数種類が採用されています。リアバスレフポートを採用して、より低音域の直線的な再生を確保していますよ♪

OBERON1の口コミ

口コミを見る

おすすめブックシェルフスピーカーのハイエンド!価格もやさしいスピーカーなら「SC-M41」

SC-M41
デノン(Denon)
参考価格10,830円(税別)
幅x高さx奥行
145x238x234 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
6 Ω
再生周波数帯域
45Hz~40KHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
83 db
重量
3.6 kg

SC-M41の特徴

2.5cmソフトドームツイーターと12cmペーパーコーンウーハーがコラボレーション再生。ツイーターは高音域を改善し、ウーハーも構造最適化で音のゆがみを減らしました。

キャビネットは15mmのMDFを使って箱鳴りをおさえ、クリアサウンドを実現。接合部補強で剛性も高まり、付属のスピーカーケーブルも断面積58%アップでよりパワフルに!

CDレシーバーとの組み合わせでミニコンポが完成すればBluetooth機器とワイヤレス接続可能に。コーデックはSBCとAACなのでスマホとの高音質伝送を楽しめますよ!

SC-M41の口コミ

口コミを見る

ブックシェルフスピーカーの名機登場!おすすめのホワイトバスレフは「DM-40-W」

DM-40-W
パイオニア(Pioneer)
参考価格19,800円(税別)
幅x高さx奥行
L ch: 146 x 227 x 223 mm
R ch: 146 x 227 x 210 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
4 Ω
再生周波数帯域
70 – 30000 Hz
カラー
ホワイト系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
重量
L ch: 2.7 kg
R ch: 2.2 kg

DM-40-Wの特徴

きれいな左右のホワイト色が特徴です。DJ機器のホワイトボディやインテリアにマッチするよう、発売済みブラックモデルの「DM-40」に加えて登場したホワイトモデルです!

キレのいい低音域を再生するGroove技術と幅のあるスイートスポットを生むDECO技術が、コンパクトサイズながらDJ用のダンスミュージック再生を高音質で可能にします♪

4 インチグラスファイバーウーハーと3/4 インチソフトドームツイーターの配置改良の結果、音ズレが減少。タイムアラインメント機能がサウンドをくっきり際立たせました。

DM-40-Wの口コミ

口コミを見る

外観がとても良い
低い音域は良いです。高い方は音割れしないことを期待しましたが、音量が大きいとやはり少し割れますね。

でも、外観がとてもよくて気に入ったし、価格なりだと思いました。アンプが内蔵されているのも高評価でした。

低音域のひびきが強い
ノートパソコンと並べて置いています。スタイリッシュで正面の輪郭もナチュラルでカーブがきれいだし、質感があります。

ずっと使っていた他社のパソコン用のスピーカーよりも音質は抜群に良いです。中域・高域は価格に見合ったレベルだと思います。

しかし、低音域のひびきは相当強く、振動を遮断するインシュレーターを使った方が良いと思いました。

ワンダフルなコンパクトスピーカー
ワンダフルなコンパクトスピーカー!音質はすばらしく、サウンドグッド!クールですねぇ!DJの練習にぴったりです。

ハイレゾ対応でジャズもブックシェルフスピーカーで!パワーアンプ内蔵の高出力でおすすめの「S880DB」

幅x高さx奥行
138x230x168 mm
タイプ
パワードスピーカー
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
再生周波数帯域(低)
55 Hz
カラー
ホワイト系
WAY
2Way
総合出力
88 W
重量
7500 g

S880DBの特徴

パワーアンプ内蔵のパワードスピーカーです。USB、RCA、同軸デジタル、Bluetooth、光デジタル入力に対応。88W高出力でチタン製ドライバーがクールな臨場感で再生します。

9mmツイーターと95mmバスユニットの2wayシステムを取り入れ、パソコン、ゲーム機、テレビ、レコードプレーヤーに対応します。Bluetoothのバージョンは4.0です。

XMOS デジタルオーディオプロセッサを搭載していて、ハイレゾ音源の再生に対応しています。コンパクトに本棚に収まる高解像度オーディオ認定スピーカーです。

S880DBの口コミ

口コミを見る

小音量でも高音質のブックシェルフスピーカー!ピュアオーディオと比較して劣らない品質の「P802-S」

幅x高さx奥行
100x195x120 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
8 Ω
再生周波数帯域
150Hz~40KHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
80 db
重量
1.1 kg

P802-Sの特徴

落ち着いた色調でインテリアをひきたたせる木製2wayリアバスレフ型エンクロージャーを採用。高音質な再生を小音量でも実現させるコンパクトタイプスピーカーです♪

20mmソフトツイーターはソフトドーム振動板が装備されています。ウーハー用コーン紙は木材パルプを、エッジは低音特性保有のためにウレタンフォーム材を使用しています。

ハイレゾ音源に対しては40kHzの周波数帯までの高音域をカバーします。仕事から解放されたプライベートのリラックスタイムを最大限に演出するオーディオをお楽しみください。

P802-Sの口コミ

口コミを見る

ハイレゾ音源おまかせのブックシェルフスピーカー!ノイズ対応も十分な小型で人気の「SS-CS5」

幅x高さx奥行
178x335x220 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
3
インピーダンス
6 Ω
再生周波数帯域
53Hz~50KHz
カラー
ブラック系
WAY
3 WAY
出力音圧レベル
87 db
重量
4.5 kg

SS-CS5の特徴

Wide Dispersionスーパーツイーターは広い指向特性で高音域を表現します。130mmウーハーは振動版がオリジナルの発泡マイカで低音の再現にメリハリをきかせています。

CDやDATを超える周波数・ビット数のハイレゾ音源に対応するプレーヤーと組み合わせることで、ハイレゾコンテンツのサウンドアピールをあますことなく表現できます。

キャビネットの振動を内部で抑える「吸音」と振動そのものを抑える「制振」の両立で雑音を抑制!厚み十分のMDF材と13か所の補強でエンクロージャー剛性を高めました。

SS-CS5の口コミ

口コミを見る

ハイレゾ音源対応のブックシェルフスピーカー!デスクトップシアターで評判の「D-112NFX」

D-112NFX
オンキヨー(Onkyo)
参考価格21,700円(税別)
幅x高さx奥行
162x274x272.5 mm
タイプ
バスレフ型
ハイレゾ対応
販売本数
2本1組
ユニット数
2
インピーダンス
6 Ω
再生周波数帯域
60Hz~100kHz
カラー
木目系
WAY
2 WAY
出力音圧レベル
85.5 db
重量
4.9 kg

D-112NFXの特徴

セルロースナノファイバー配合振動板採用ウーハーとあわせ、フレッシュなサウンド再生をくりだす最先端の3cmリングツイーターユニットを搭載しています♪

均一密度で美しく響くMDF材をキャビネットに使い、側板部はリアルウッド突き板仕上げで天然木の質感に!外観の美しさと音質のやわらかさがあわせて楽しめます。

キャビネット内の空気振動を外へ出すバスレフダクトをアドバンス仕様にして振動を大幅に抑制し、厚みの増した低音再生にしました。ハイレゾ音源にも対応します!

D-112NFXの口コミ

口コミを見る

ブックシェルフスピーカーについてのよくあるQ&A

では、最後にブックシェルフスピーカーを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

ブックシェルフ型のスピーカーはスタンドを使う方がいいのですか?

ブックシェルフスピーカーは、次の2つの理由からスピーカースタンドを使った方が良いとされてます。

1つは壁や床から少し離れた方が振動が少なく音質、特に低音域が良いという点。2つめは聴く顔の位置の正面にスピーカーが来るようにする方が良いという点です。

たとえばカラーボックスとかタンスなどでも代用できますが、中に空洞があると安定しないため、どうしても余計な付帯音が入ることがあります。

設置場所にスタンドを置く余裕がない場合は無理できませんが、可能であればスタンドを使ってきちんとセッティングをする方がよいでしょう。

スピーカーの音を良くするインシュレーターってどういうものですか?

オーディオ機器は振動に弱いものです。机や床にブックシェルフスピーカーをそのまま置くと振動で音質劣化の原因になります。

インシュレーターは振動を遮断する製品で、木製、金属製、ゴム製、樹脂製、それらの併用型などがあります。形はキューブ型、スパイク型、円柱型などです。

それをスピーカーと設置面の間のクッションにすることでスピーカーの振動が直接伝わるのを抑え、不要な反動をなくすので直に置くよりもクリアなサウンドになるのです。

ブックシェルフ型のスピーカーを横置きにして使っても大丈夫ですか?

高さ20~25㎝以下のサイズくらいなら、スピーカーユニットの位置に関係なく横置きにして使っても大丈夫です。

ただ、それ以上大きくサイズを横置きにすると、逆に場所をとってしまいますので使い勝手は良くないですね。

まとめ

ひと昔以上まえはスピーカーの性能の高さはどうしてもサイズの大きさに比例していましたよね。その分、価格も高いからなかなか手が出せませんでした。

それが今や技術の進歩のおかげで、サイズも価格もコンパクトなブックシェルフスピーカーで高音質な再生が実現できる時代に変わりました!

ブックシェルフスピーカーは狭い場所にも簡単に設置でき、デザインや色調を家具などに合わせて楽しむこともできます。お気に入りのリラックス空間をさらに充実させるすばらしい演出家です♪

今回のランキングを参考にしていただき、ブックシェルフスピーカーをあなたのオーディオライフに加えてくださいね!

おすすめのブックシェルフスピーカーTOP3をもう一度チェックする!

関連記事 RELATED POSTS