ナイトブラの付け方で育乳(美乳)効果が変わる!?6ステップの正しい着方

ナイトブラを着けたものの「付け方があってるのか分からない…」という方が意外と多いです。実際、正しく着けないと育乳(美胸)効果も下がるだけでなく、バストが流れてしまいサイズが小さくなってしまうことも…。

ナイトブラの付け方では良く、「頭からかぶる」か「足元からはく」かといったことが話題になりますが、ここはそれほど大きな問題ではありません。

昼用ブラも同様ですが、大切なのは着用後のカップインやバストメイクです。このページではナイトブラの正しい付け方についてご紹介します。

特に、下着屋さんでブラジャーの付け方を教えて貰ったことが無い人には必見の内容ですよ。昼用ブラにも使えるテクニックなので、ぜひ参考にして下さいね。

この記事を書いた人
azu
普段のブラサイズはD70で、子二人を完母で育てた30代のパート主婦です。ナイトブラがここまで流行る前から愛用していて、これまでに高いものから安いものまで、30種類以上のナイトブラを使ってきました。ナイトブラはネットで書かれているような豊胸効果はありませんが、バストをを揺れから守り、バストラインを整えてくれます。バストの揺れが抑えられるので、睡眠の質も高まりますよ。これまでのナイトブラ生活を振り返り、各メーカーの特徴や悩みに沿ったナイトブラの選び方をご紹介します。

ナイトブラの正しい付け方はたったコレだけ!?6つのステップで解説!

※気になる項目をタップすると詳細説明にうつります。

ここからはナイトブラの正しい付け方を具体的にご紹介します。写真も用意しているので参考にしてみて下さい。特に大切なのは「ステップ4」「ステップ5」です。

昼用ブラもこの付け方を取り入れると1~2カップはサイズアップするので、今までやっていなかった人はぜひ試してみて下さいね。

ナイトブラが伸びないように着用する

ナイトブラの付け方を調べると、「足元からはくのが大切!」と紹介されていることが多いですが、ここはそんなに気にしなくて大丈夫です。

一般的に肩幅と比べてお尻や太ももの方が細いので、生地や縫製に負担をかけない為に足元から着けるのを推奨しているだけで、上から・下からで育乳(美胸)効果に大きな差は出ません。

人によって体型は異ります。出産直前の妊婦さんが足元から履くなんてできませんよね。明らかに着用が難しい場合はキャミソールを着るように、上から着けて大丈夫ですよ。

アンダーがバージスラインにフィットする位置に合わせる


昼用ブラであればワイヤーをバージスライン(バストの輪郭)に合わせるのと同じ感覚です。ナイトブラによっては左の写真のように、バージスラインとアンダー部分がハッキリと分かる商品もあります。

右の写真の場合は、アンダーのゴムがみぞおち辺りにくるように調節し、パッドとバージスラインを合わせます。

腕を通して肩紐のよじれなどをチェックする


肩紐に腕を通します。(肩紐の調節が可能ならここでする)肩紐がよじれていると、食い込んだりして肩の負担となるので、チェックしましょう。

上からかぶっている方は、既に腕を通しているかもしれませんが、ここも育乳(美乳)効果に大きく影響しないので、気にする必要はありません。「ステップ4」からが大切なので次に進みましょう。

【ここが大事!】脇や背中のお肉をカップに入れ込む


ここからが育乳(美乳)効果を高める上で最も大切な部分です。まずは、90度お辞儀するような体制で脇や背中の方からお肉をカップに集めます。

写真のように右手で右側のカップをを少し浮かせて、反対側の手でお肉を集めると上手にカップに納めることができます。反対側の胸も同様に行います。

90度にお時期するのは、バストが重力に引っ張られてカップに収まり易くなる為です。立ったままやるよりもずっとバストメイクし易くなるので、できるだけ体を前に倒して行いましょう。

これによって、バストトップが離れてしまうのを補正します。逆にこれをしないと、どんどんトップが離れてバストサイズがダウンしまいます。

【ここも大事!】バストを鎖骨の方へ引き上げる


ここでもまだ90度の姿勢のまま行います。「ステップ4」では脇や背中からお肉を集めましたが、今度はバージスライン付近のお肉をカップに入れ込みます。

「ステップ2」で合わせたアンダー部分がバストと一緒にずり上がらないように、アンダー部分を抑えながらバストを鎖骨に向かって引き上げます。

バージスラインやバストとお腹の間にあったお肉がカップに入っていれば成功です。反対側も同じように行って下さい。

これを行うことで、デコルテ部分にボリュームを持たせてバストトップの位置を上げます。これをしないとバストトップが下がってしまい、デコルテが削げたり垂れた胸になってしまいます。

鏡を見ながら脇から漏れたお肉をカップに入れ込む


最後に鏡を見ながら脇から漏れたお肉をカップに入れ込みます。鎖骨の中央とバストトップの位置が正三角形になっていれば完成です。

よく「カップに納めてもすぐにズレて意味がない」という方がいますが、それは昼用ブラも同じことです。ですが、バストラインに気を付けている方は、トイレのタイミングなどで小まめにバストメイクし直しているんですよ。

同じように、ナイトブラも着用時・トイレにいったついで・寝る前などのタイミングで、バストメイクし直すのがバストラインをキレイに保つポイントです。

次に、今着ているサイズが本当にあなたにフィットしているのかを、次の4つのポイントでチェックして下さい。サイズが合っていなくてもバストラインを崩す原因になります。正しい付け方をした後で必ずチェックして下さいね。

正しい付け方をした後にチェックしたい4つのポイント

カップが浮いていないかカップが食い込んでいないか
脇のお肉がはみ出していないか肩紐が緩い/きつくないか

ナイトブラを正しい付け方をしたら、上記4つのポイントをチェックして下さい。もしどれか一つでも該当している箇所がある場合、サイズが合っていないことが考えられます。

その為、着け心地が悪かったり寝た時にバストが流れやすくて、育乳(美乳)効果を十分に得られないといったケースが出てきます。

脇肉や肩紐については、各部位に調節機能がある商品もあります。身長やアンダーのサイズが平均よりも「大きい/小さい」場合は、調節機能のある商品を選ぶのもおすすめです。

あなたにピッタリ合うサイズを見つけるには、次のページも参考にしてみて下さい。

ナイトブラの付け方まとめ

ナイトブラの付け方
  1. ナイトブラを足元から着用する
  2. アンダーがバージスラインにフィットする位置に合わせる
  3. 腕を通して肩紐のよじれなどをチェックする
  4. 【ここが大事!】脇や背中のお肉をカップに入れ込む
  5. 【ここも大事!】バストを鎖骨の方へ引き上げる
  6. 鏡を見ながら脇から漏れたお肉をカップに入れ込む

ここではナイトブラの正しい付け方をご紹介しました。正しく着けることでバストラインを整え、育乳(美乳)効果に期待できます。

ただ、ナイトブラにも色々な種類があります。商品によって「下垂に強い」ものや「バストを寄せる」ものなど、タイプや特徴が別れます。

ナイトブラの選び方については「ナイトブラのおすすめランキング」を参考に、あなたの目的に合ったナイトブラを選んで下さいね。

関連記事 RELATED POSTS