婚活アプリプロフィール

【いいね倍増!】男性専用婚活アプリプロフィールの書き方テクニック7選!

婚活アプリに登録した後に、一番困ってしまうのがプロフィールの作成ではないでしょうか?

婚活アプリの使用に慣れて相手とやり取りをしていれば、プロフィールの改善点なども見えてくるかもしれません。

ただ、最初はある程度の型を使ったプロフィールの作成をおすすめします。

このページでは婚活アプリのプロフィールを書く7つのポイント例文写真の撮り方をご紹介しています。

ぜひ参考にしてみて下さい^^

この記事を書いた人
婚活ソムリエ
40歳を目前にあせって婚活アプリを使い始めて約一年。
思っていたよりも様々な困難に遭遇。
ほとんどすべての婚活アプリを使い倒した経験をもとに、成功率の高いアプリの選び方や効果的なアプリの使い方を発信しています。

婚活アプリプロフィールの書き方7つのテクニック

テクニックの内容
その1 冒頭のあいさつ
その2 婚活アプリをはじめたきっかけ
その3 仕事について
その4 趣味について
その5 自分の性格
その6 結婚観について
その7 最後のあいさつ

婚活アプリのプロフィールの書き方は人それぞれです。

ただ、婚活アプリのプロフィール欄に書いた方が「いいね!」がもらいやすいポイントが7つあります。

7つのポイントを順番に書いていくことにより、プロフィール全体が出来上がるようにまとめてみました。

1、婚活アプリの冒頭のあいさつの書き方や例文

プロフィールのスタートは、あいさつから入るとスムーズです。

礼儀正しい相手を希望する女性が多いので、冒頭で好印象を与えることができます。

書き方

あまり堅苦しい言葉遣いや馴れ馴れしい言葉遣いは、悪い印象を与えてしまう場合があります。堅苦しくない言葉遣いや慣れ慣れしさのない言葉遣いを意識してみましょう。

例文

初めまして〇〇と申します。プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

2、婚活アプリをはじめたきっかけの書き方や例文

婚活アプリで女性が注目しているポイントとして、相手の婚活の真剣度が挙げられます。
結婚に対し前向きな気持ちをアピールすることで、いいねが多くもらえます。

書き方

「周りの友人たちが結婚したから」「早く両親を安心させたいから」など外的要因を記入しがちですが、マイナス印象になりかねません。

婚活アプリに登録した自発的な理由を記入するようにしましょう。

例文

仲の良い友人が結婚して幸せそうな姿を見て、私も結婚に憧れを持つようになり登録しました。

3、婚活アプリ仕事についての書き方や例文

女性はあなたの仕事に対する姿勢を通して、将来性や安定性を知りたいと思っています。

書き方

基本情報の仕事の職種を記載する欄は別にありますが、どのような仕事なのか簡潔に分かりやすく補足しておきましょう。
また、「仕事についた理由」「仕事のやりがい」「将来の目標」などを書くと良いでしょう。

例文

都内の建設関係の会社でデザインの仕事をしております。
自分のデザインが採用されて、町づくりに関わることにより多くの人が便利になり、笑顔になるところにやりがいを感じています。将来は自分のデザイン会社を立ち上げるのが目標です。

4、婚活アプリ趣味についての書き方や例文

趣味は自分の価値観を表し、相手との話題づくりのきっかけにもなるものなので、書き方がとても重要です。

趣味と合わせて休日の過ごし方も書いておくと、相手もあなたがどんな人なのかイメージしやすくなります。

書き方

趣味といっても1つだけではなく、現在興味をもっていることや特技など複数記入するようにすると、お互いの共通点が見つけやすくなり好印象です。趣味からデートへの流れをイメージできる文章を加えるのがポイントです。
また、好きな音楽、映画、テレビ番組などを具体的に書くこともおすすめです。

例文

学生時代にサッカーをしていたので、スポーツ全般が得意です。
ハイキングやキャンプといったアウトドアが好きなので、仲良くなったら一緒に行ってくれる人を探しています。
またアウトドアばかりでなく、休みの日には好きな音楽「〇〇」「〇〇」を聞いたり、映画などを見てゆっくり過ごす時間も大切にしています。

5、婚活アプリ自分の性格についての書き方や例文

自分の性格についてはあまり長く書く必要はありません。自己評価だけでなく、客観評価を入れると信憑性が増します。

書き方

友人や同僚からの客観評価をさりげなく入れるのがポイントです。
できれば仲の良い人から見た、あなたの短所、長所を聞いてまとめてみるのがおすすめです。トータルでプラスのイメージになるように注意しましょう。

例文

私はマイペースなところがありおっとりしていると言われることがあります。一方、「真面目で責任感が強い」と言わることもあります。そのせいか、友人から相談されることも多いです。

6、結婚観についての書き方や例文

結婚観を書くことにより、自分と相手とのミスマッチを防ぐことができます。

ただ、あまり希望ばかり書いてしまうとそもそも「いいね!」がつかなくなります。

ざっくりとした本当の希望よりやや広めの最低限の希望に留めておくのがおすすめです!

なぜなら、相手からも「自分がもらっているいいね数」を確認できる婚活アプリが多いので、あまり対象を絞り込むと「目当ての女性」からも「いいね!」が来づらくなるからです。

書き方

相手に理想の条件ばかりを求めるのではなく、「こんな結婚生活がしたい!」というざっくりとした自分の将来像を相手に伝えるのがおすすめです。

例文

明るく楽しい家庭を一緒に築いてくれる、ほがらかな女性が理想です。

7、最後のあいさつの書き方や例文

最後に見てくれた人に感謝の気持ちを伝えましょう。
結びの言葉を加えることでスッキリとした文章に仕上がり、相手に良い印象も残せます。

書き方

感謝の気持ちを伝えるのと同時に、まずは「いいね!」を押してもらうことを促す文章を加えると良いでしょう!

例文

最後までお読みいただきありがとうございます。少しでも気になったら「いいね!」を押してもらえると嬉しいです。一緒に楽しい時間を過ごせたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

婚活アプリプロフィール写真を撮るときに注意するべき4つのポイント!


婚活アプリに登録している人気会員は必ず守っている、プロフィール写真で注意した方が良い3つのポイントについてまとめてみました。

①鮮明な顔写真を必ず一枚は載せる!

婚活アプリの第一関門は、写真です。

会員登録している婚活ライバルは沢山いるので、顔写真を載せていない時点でほぼ確実にスルーされます

これは相手の立場になってみれば分かることで、わざわざ顔の分からない人に労力をかけるよりも、顔の分かる人から相手を選んだ方が効率がいいからです。

鮮明な写真だからといって、写真の加工は考えものです。実際に会ったときに別人では、元も子もないので奇跡の一枚程度にとどめておくのをおすすめします。

仕事上の理由などで知り合いに顔写真を見られたくないという場合には、婚活アプリを選ぶ時点で顔写真を「いいね!」をした人にだけ限定公開できる「Omiai」などのアプリを選ぶと良いでしょう!

②写真はできれば複数枚撮る

相手の写真を見る時に、どこを見ますか?

まず最初に見るところはやはり顔だと思います。でも、相手の体型も気になりませんか?

サブの写真には風景や食べ物ばかりが写っていることも多いですが、本人の写真が1枚だけの人には「いいね!」を押すのをためらってしまうことが多いです。

できれば写真は身体全体が写っているものも撮ったほうが良いでしょう!

③写真は笑顔で撮る

写真は第一印象が大事です。

男性はとくにあまり笑顔で写真を撮るということに慣れていない人が多いのではないでしょうか?

カッコイイ写真を取ろうとすると、自分の中でカッコイイ写真が撮れたと思っても、他の人が見ると怒っているように見えたり、気難しそうに見えてしまうこともあります。

写真はできるだけ笑顔で撮り、できれば写真を撮った後に身近な人に写真の感想を聞いてみることをおすすめします。

③写真は清潔感を出す!

清潔感がある人というのが女性の理想の男性条件の上位に入ります。

もし外見に自信がないという人でも清潔感は演出できます。

「髪をしっかり整える」「ヒゲはしっかりと剃る」「ヨレヨレでないピシッとしたシャツを着る」・・・といった点に注意して写真を撮りましょう!

また、肌の質感などが汚く写ってしまうときには、LINEカメラなどで補正するのがおすすめです。(※補正しすぎは逆効果です。会った時の印象が変わらない程度にしましょう。)

婚活アプリプロフィールまとめ

婚活アプリのプロフィールづくりは、スタート時点で完璧を目指そうとするといつまで経っても始められません。

だいたいのアウトラインを作ってスタートし、あとは相手の反応を参考にして修正していくのがおすすめです。

また、同性の人気会員のプロフィールを見ることができる「Omiai」などの婚活アプリもあるので、良いと思ったプロフィールを見本にして取り入れていくのも良いでしょう!

アクセスランキング ACCESS RANKING