パルシステムとコープデリの違いを徹底比較!どっちが便利で安いの?

関東とその近辺に住んでいる人は、パルシステムとコープデリ(もしくはおうちコープ)の違いをよく比較されることも多いのではないでしょうか?

どちらも生協(生活協同組合)の共同購入事業がゆえ、何がどう違うのか?取り扱っている商品は同じなのか?と困惑してしまうのも当然のことでしょう。

Hitomi
私もはじめは違いがよく分かりませんでした。

実際にどちらも利用すると違いが明確に分かるのですが、イマイチよく分からない人のために、この記事ではパルシステムとコープデリの違いを分かりやすく比較!

取り扱い商品や商品価格、配達のシステム、特典、各組織の取り組みなど、それぞれの違いを詳しく解説していきたいと思います。

  • 当サイトおすすめの食材宅配はオイシックス!

    自宅まで必要な食材・日用品を届けてくれる食材宅配は、忙しい毎日を送っている家庭には欠かせない存在。

    どれがいいか迷ったら、まずはサクッと始められるオイシックスがおすすめ!

    今なら3日間分のオイシックスを50%OFFの1,980円で体験できます。ぜひこの機会に食材宅配の良さを知ってみましょう!

    \今なら3日間分の体験セットが1,980円!/

    オイシックスの公式HPはこちら

この記事を書いた人
Hitomi
スーパーでのんびり買い物する時間がなかなかとれない私にとって、ネットで簡単に注文できる食材宅配や野菜宅配はもはや欠かせない存在です。最近は、有機野菜や生産者の想いが感じられる食材の魅力にもハマっています。そんな私が、ぜひ利用しておきたい安全でおすすめの食材宅配を紹介していきます!

まずはパルシステムとコープデリの違いを分かりやすく比較!

パルシステムコープデリ
配達エリア1都10県
(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・福島・山梨・静岡・新潟)
1都7県
(東京・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・長野・新潟)
配達手数料無料~220円無料~300円
配達手数料割引ありあり
出資金1,000円~2,000円
(地域により異なる)
500~1,000円
(地域により異なる)
増資200円
(任意)
500円
(1回のみ/月々)
商品の価格
コープデリよりやや高い

パルシステムよりやや安い
品揃え
コープデリより少なめ

パルシステムより多い
おいしさ
ミールキット
冷凍弁当
離乳食・幼児食
アレルギー対応食
日用品
コープデリより少なめ

パルシステムより多い
注文方法
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 注文書
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 注文書
支払方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 口座振替
  • クレジットカード(指定お届けコープのみ)
特徴
  • 食の安全性や品質にこだわりがある。
  • 野菜や肉は産直が基本。
  • クレジットカード払いが可能。
  • スーパーで買える商品が多く揃っている。
  • 日用品も充実している。
  • 内容よりも価格重視向け。

パルシステムとコープデリをざっくりと比較してみました。

この比較から言える結論は、

がおすすめということです。

コープデリも、オリジナル商品や野菜に関しては安全性・品質ともにこだわっています。

しかしながら量産を目的とした一般食品も多く取り扱っているため、総合的に見るとパルシステムの取り組みにはまだまだ及びません。

とくに、食品添加物の種類や遺伝子組み換え食品への考えにおいてはパルシステムが優れていると感じました。

それともう1つ、利用を左右する決定的な違いがあります。

Hitomi
それは支払方法

パルシステムではクレジットカード支払いも可能です。口座振替が苦手な人や、クレジットカードのポイントを貯めている人にとって非常に都合のいい食材宅配と言えるでしょう。

どんな支払いもクレジットカードで済ませている人は、コープデリよりもパルシステムの方が使いやすいことは明確です。

それでは次に、それぞれの違いをカテゴリ別に詳しく比較していきたいと思います!

パルシステムとコープデリを8つのカテゴリ別に徹底比較!

パルシステムとコープデリは具体的にどう違うのか?

その辺りを深く比較するべく、

の8つのカテゴリに分けて細かく比較してみました!

利用料や商品価格の比較

この比較の結論!

利用料の比較

パルシステムコープデリ
出資金1,000円~2,000円
(地域により異なる)
500~1,000円
(地域により異なる)
増資200円
(任意)
500円
(1回のみ/月々)

パルシステムもコープデリも、それぞれ金額が異なるだけで入会時に出資金を収めることに変わりはありません。

増資はどちらも強制ということはなく、パルシステムは任意、コープデリは1回のみあるいは月々のどちらかを選べます。

Hitomi
出資金も増資も、組織の運営が危ぶまれない限り脱退する時に返還されますよ!

商品価格の比較

商品パルシステムコープデリ
牛乳 1L246円194円
卵 10個261円225円
豆腐 300g150円59円
じゃがいも 500g322円214円
ほうれん草 1束214円214円
キャベツ 1玉214円430円
豚バラ肉 100g225円219円
鶏もも肉 100g209円149円
鶏むね肉 100g95円80円
鮭切り身 4切522円702円
納豆 4カップ171円138円
食パン 6枚切171円106円
しょうゆ397円(900ml)286円(1L)
マヨネーズ 400g300円205円
ミールキット 2~3人前約650円~約750円~
※パルシステムもコープデリも各商品の最安値を参考。

パルシステムとコープデリの商品価格は一目瞭然ですね!

商品価格においては、圧倒的にコープデリが優れています。

野菜やお肉など、パルシステムで買った方が安いものも一部ありますが、全体的に価格がリーズナブルなのはコープデリです。

商品の味や品揃え・ミールキット等の比較

この比較の結論!

商品の味の比較

パルシステム
  • 素材の味が感じられる。
  • 有機野菜がとてもおいしい。
コープデリ
  • スーパーの商品とほぼ変わらない味。

私はパルシステムとコープデリのどちらも利用できないので、今回は両方の組合員になっている友人の感想を基に比較しています。

結論から言うと、おいしい食品が多いのはパルシステムだと言っていました。

コープデリはスーパーに売っている商品が多いため、正直驚くような感動はほぼないとのこと。

パルシステムは添加物に頼りすぎない食品が多くあることから、素材の味を求めている人にはウケが良いそうです。

商品の品揃えの比較

パルシステム
  • 満足できるレベル(ただしコープデリより少なめ)。
  • 離乳食や幼児食は充実している。
  • ミールキットも種類多め。
  • こだわりのある商品が多い。
  • オリジナル商品が充実している。
コープデリ
  • 十分満足できるレベル。
  • スーパーで買える商品が多く揃っている。
  • ミールキットも種類多め。
  • 離乳食や食品も充実している。
  • 日用品の品揃えも豊富。

商品の品揃えが圧倒的に豊富なのも、やはりコープデリです!

まず、カタログの厚さが全く違います。コープデリは毎週約6,000品以上取り扱っていることもあり、カタログのページ数がパルシステムの約2倍

それに比べ、パルシステムはコープデリほど充実しているわけではありません。人によっては、スーパーと併用しないと十分な買い物ができないこともあるでしょう。

その代わりこだわりのあるオリジナル商品が多く、一般のスーパーやコープデリでは買えないようなちょっといいモノが比較的安く手に入ります。

ミールキット(時短キット)や冷凍弁当の比較

パルシステムコープデリ
ミールキットの種類
ミールキットの消費期限配達日含め2日配達日含め2~3日
冷凍弁当の種類
冷凍おかずセットが中心

冷凍弁当が豊富

パルシステムもコープデリも、ミールキットの数や内容はどちらも優秀です。

強いて言えば、消費期限がちょっと長めのミールキットがあるコープデリはやや有利でしょう(配達日を含めて3日)。

パルシステムとコープデリのミールキットは、どちらも消費期限2日が基本。1日長く置けるセットがあるのは何かとありがたいです。

そして、冷凍弁当においてはコープデリが優れています。

パルシステムは冷凍おかずセットが目立っていて、コープデリのようにごはんまでついた弁当はそう多くありませんでした。

コープデリには夕食宅配の弁当もある!

コープデリのデイリーコープという宅配サービスを利用すると、月曜~金曜の週3日からミールキットや夕食宅配(弁当)を配達員が届けてくれます。帰りが遅い人や夕飯を作る時間がない人におすすめのサービスです。

取り扱う有機・特別栽培農作物の比較

この比較の結論!
  • 有機・特別栽培への取り組みはどちらも同じくらい積極的。
パルシステムコープデリ
有機農作物(※1)
特別栽培農作物(※2)
野菜セット
有機野菜セットもある

有機野菜セットもある
産地指定
※1 日本農林規格(有機JAS)に基づいた有機農産物の認証を受けた農産物のこと。
※2 生産過程で農薬を全く使用しない、あるいは化学肥料や農薬を削減した方法で栽培された農作物のこと。

どちらかというと以前は、パルシステムの方が有機栽培や特別栽培への取り組みが進んでいました。

独自の栽培基準を設け、その基準にクリアした米と青果には「コア・フード」「エコ・チャレンジ」と呼ばれるオリジナルブランドがついています。

でもここ最近は、コープデリも有機野菜や果物の取り扱いにも力を入れているんですね。

コープデリのナチュラル&オーガニック専門カタログ「Vie Nature(ヴィ・ナチュール)」には、有機野菜をはじめ、環境配慮商品やオーガニック商品などがたくさん紹介されています。

Hitomi
私が利用しているコープふくしまでは有機野菜の取り扱いほとんどないので、コープデリがとてもうらやましいです!

なので結論としては、今はパルシステムでもコープデリでもいい野菜や果物が手に入るということ。もちろん有機野菜セットも産直野菜も購入できます。

コープデリには「旬鮮フレッシュ便」と呼ばれるサービスがある!

コープデリの「旬鮮フレッシュ便」マークのついた野菜を注文すると、配達日の前日に収穫したものを届けてくれます。より新鮮さを求める人には嬉しいサービスですね。

離乳食やアレルギー対応食品の比較

この比較の結論!
  • より安心な離乳食や幼児食を選ぶならパルシステム
  • アレルギー対応食はどちらも充実している。
パルシステムコープデリ
離乳食
幼児食
アレルゲン表示
アレルギー対応食
  • 7大アレルゲンを含まない商品あり
  • 卵・乳を含まない商品あり
  • 7大アレルゲンを含まない商品あり
  • 卵・乳を含まない商品あり
グルテンフリー食
※7大アレルゲン:卵、乳、落花生、そば、小麦、えび、かに

さすが子どものいる家庭をターゲットにした食材宅配サービスだけあって、離乳食・幼児食・アレルギー対応食はパルシステムもコープデリも充実しています。

どちらもアレルギー表示がしっかりとされており、スーパーにはなかなか売っていない特定原材料7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)も取り扱っていて心強いです。

さらに、小麦グルテンを使わない食品もいくつか取り扱われています。日頃からグルテンフリーを意識している人にとっても、嬉しい内容ですね。

放射能検査についての比較

この比較の結論
  • より厳格な放射能検査を実施しているのはコープデリ

放射性セシウム出荷基準値比較

パルシステムコープデリ政府基準
飲料水10110
飲料1010(※1)10
牛乳・乳製品505(※1)50
乳児用食品10550
2510100
1010100
青果2510100
しいたけ10010100
肉類2510(※1)100
魚介類2510(※1)100
海藻類2510100
その他食品2510(※1)100
※放射性セシウム134および137の合算値(単位:ベクレル/Kg)
※1 小さい子どもへの利用が想定される食品や乳製品については、牛乳と乳児用食品の検査に準じた検査(検出限界5ベクレル/キログラム)を行っている。

パルシステムもコープデリも、それぞれ自主基準を設けてしっかりと放射能検査を実施しています。

パルシステムは国が定める基準値の5分の1~10分の1を自主規制値に、コープデリは10分の1またはそれ以下を自主規制値として設定。

検査機器はどちらも「ゲルマニウム半導体検出器」を使い、コープデリに限っては「Nalシンチレーションスぺクトロメーター」と呼ばれる測定器を組み合わせています。

ちなみに、検出限界値は以下の通りです。

放射能測定の検出限界値
  • パルシステム:概ね3Bq/kg以下(乳児用食品は1Bq/kg)
  • コープデリ:概ね5〜10Bq/kg以下(牛乳・乳児用食品は5Bq/kg)

配達エリアや配達手数料の比較

この比較の結論!
  • 配達手数料を少しでも節約できるのがパルシステム
  • 配達日数を多めにできるのがコープデリ
  • 配達曜日や時間の指定はどちらも基本的にできない。
パルシステムコープデリ
配達エリア1都10県
(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・福島・山梨・静岡・新潟)
1都7県
(東京・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・長野・新潟)
配達手数料無料~220円無料~300円
手数料割引制度
  • キッズ特典
  • ベイビー特典
  • シルバー特典
  • ハンズ特典
  • フリー特典(※1)
  • 赤ちゃん割引
  • 子育て割引
  • シルバー割引
  • ふれあい割引
  • 自然災害割引
  • 免許返納割引(※2)
配達曜日月曜~金曜月曜~金曜
配達時間地域により異なる地域により異なる
配達の回数週1回
  • ウィークリーコープ:週1回
  • デイリーコープ:週3回~
不在時の留め置き
※パルシステムの手数料割引制度は、地域によって呼び名が変わります。
※1 新潟県のみ。
※2 いばらきコープのみ。

配達関連におけるパルシステムとコープデリの大きな違いは、配達エリア、配達サービスの種類、カタログの配達です。

配達エリアに関しては表に示したので割愛し、ここでは配達サービスの種類とカタログ配布の停止について触れていきたいと思います。

コープデリ配達の回数が週1~3回以上と選べる!

実は、コープデリの配達サービスには以下の3種類があります。

  1. ウィークリーコープ:週1回の配達
  2. デイリーコープ:週3回からの配達
  3. 指定日お届けコープ:東京都の一部のエリアのみ

パルシステムは週1回の配達なのに対し、コープデリは週3日以上配達してくれるサービスもあるんですね。東京都の一部のエリアに限っては配達日を指定することもできます。

たとえば、ミールキットをほぼ毎日使う人やお弁当を週3日以上食べている人。このような人は、デイリーコープのようなサービスを利用すると消費期限を心配する必要もなくなるでしょう。

パルシステムは配達がない週のカタログを受け取らずに済む!

これはパルシステムの強みですね。「タベソダ」と呼ばれるスマホアプリ完結の宅配サービスを利用すると、配達がない週はカタログが届きません。

コープデリは配達がない週でもカタログが届くのに対し、パルシステムは使い方次第でカタログを受け取らずに済むのです。しかも、配達がない週は手数料がかかりません!

Hitomi
これは組合員にとってかなり嬉しいサービスですよね!

パルシステムはクレジットカード決済もできて、配達がない週の手数料をとられないようにすることもできる。総合的に見ると、利便性はパルシステムの方が優れていると感じます。

注文方法やキャンセルのしやすさ比較

この比較の結論!
  • スマホひとつで注文やキャンセルがしやすいのはパルシステム
  • 注文締め切り後のキャンセルはどちらも不可。
パルシステムコープデリ
注文方法
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 注文書
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 注文書
注文のしやすさ
注文後のキャンセル
休止のしやすさ

注文のしやすさは、パルシステムもコープデリもインターネット注文サイト(お買い物サイト)があるので不便さを感じません。

ただ、どちらも注文締め切り後のキャンセルや変更はできないので注意が必要です。

Hitomi
その代わり、インターネット注文サイトでの注文締め切り日は配達日の翌日になりますよ!

届いた商品を見てから来週分の注文を確定することができるので、注文内容に変更が生じそうな場合はインターネット注文サイトを利用された方がいいでしょう。

アプリに関しては、どちらかというとパルシステムの方が使いやすいです。

コープデリはやや重いのか?起動まで時間がかかったり途中で落ちたり、サクサクと注文できないことも多々あるので少しストレスを感じます。

お試しセットや入会特典の比較

この比較の結論!
パルシステムコープデリ
お試しセットの価格1,000円500~1,777円
品数6~8品4~8品
内容
  • 定番満足おためしセット:肉・卵・乳製品・加工品など
  • 有機野菜おためしセット:有機野菜
  • 赤ちゃんとママのおためしセット:離乳食用食品や時短食品
  • おいしさ味わう時短冷凍セット:冷凍食品
  • 毎日をおいしく定番冷蔵セット:卵・乳製品・加工品など
  • きらきらステップ離乳食セット:離乳食
入会特典地域により異なる時期・地域により異なる
※お試しセットの内容は予告なく変更する場合があります。

おためしセットのお得感で比較すると、価格のわりに内容が豪華なのはパルシステムです。

パルシステムのお試しセットはどれを選んでも1,000円(税・送料込)で、それぞれ約2,000円分の商品が入っています。

とはいえ、コープデリもパルシステムに引けを取らない豪華さ。

とくに「おいしさ味わう時短冷凍セット」は、冷凍庫のスペースに余裕があるならぜひ試しておきたいおすすめのセットです。

パルシステムとコープデリはそれぞれどんな人におすすめ?

パルシステムはこんな人におすすめ!
  • 食の安全性や品質に結構こだわっている。
  • 安心できる離乳食や幼児食がほしい。
  • 安全にこだわりたい、けど値段が高いのは嫌。
  • ミールキットや時短商品を使いたい。
  • 有機・特別栽培された野菜を食べたい。
  • スマホアプリやインターネットでサクサク注文したい。
  • 配達手数料を安く抑えたい(タベソダを利用したい)。
  • 配達がない週のカタログは要らない。
  • クレジットカードで支払いたい。
コープデリはこんな人におすすめ!
  • 食材宅配を利用したい、けど値段が高いのは嫌。
  • スーパーに売っているような一般商品も買いたい。
  • 離乳食や幼児食も充実した食材宅配を利用したい。
  • 有機・特別栽培された野菜を食べたい。
  • ミールキットや時短キットが充実していると嬉しい。
  • 冷凍弁当や弁当も利用したい。
  • 飲料(水)や日用品もまとめて届けてもらいたい。
  • 支払方法が口座振替のみでも問題ない。
  • 毎週カタログがたくさん届いてもストレスにならない。

パルシステムとコープデリ、それぞれの雰囲気がなんとなく異なるのはお分かりいただけましたか?

簡単にまとめると、

  • パルシステムは安全性や品質にこだわりたい人向けの食材宅配。
  • コープデリは品揃えと価格を重視したい人向けの食材宅配。

です。

コープデリも最近は、有機野菜やオーガニック食品の取り扱いに力を入れ始めています。

ただ、量産を目的とした一般食品も多数取り扱っているため、総合的に見ると取り扱い食品の安全性や品質においてはパルシステムの方が優秀です。

コープデリはどちらかというと、利便性を重視した食材宅配。不便を感じないほど品揃えが多く、価格も他の食材宅配サービスに比べると圧倒的に安いのがメリットです。

中にはパルシステムの方が安いものもありますが、全体を通してみるとコープデリの方がリーズナブルなのは確かだと思いました。

もしどちらがいいか選びきれない時は、まずお試しセットを体験してみましょう!

そして、資料等でそれぞれの取り組みなどを詳しく比較されることをおすすめします。

Hitomi
ちなみに私は、生活クラブ、コープふくしま、オイシックスを併用してうまく使い分けていますよ!その方が失敗も少なく、食費も高くならずに済むんです。

パルシステムとコープデリの比較まとめ

パルシステムとコープデリはどちらも生活協同組合に属した組織なので、慣れないうちは違いがよく分からなくて当然のことと思います。

実際にサービスを利用してはじめて、はっきりと分かる違い。

  • 食の安全性や品質にこだわったオリジナル商品が欲しいならパルシステム
  • 何でも買える食材宅配を利用して時間の節約をするならコープデリ

といったぐらいに、パルシステムとコープデリはそれぞれ異なる個性を持っています。

なので、パルシステムとコープデリを併用している主婦も多いですね。事実、今回協力して下さった友人も併用しています。

Hitomi
直接店頭でお買い物する場合でも、1つのスーパーですべての買い物が済むという人はほとんどいないかと思います。

買うものによって宅配サービスを使い分けたり、あるいはスーパーやドラッグストアと併用するのが食材宅配の賢い使い方。

初めから「私は〇〇を利用する!」と決めても構いませんが、どちらも利用できるエリアにいるのであれば、まずはお試しセットを体験しましょう。

なぜなら、食材宅配は実際に体験してみないと相性が分からないからです。

パルシステムとコープデリそれぞれの体験談を以下の記事でまとめてみたので、ぜひこちらも参考にしていただけたらと思います。

関連記事 RELATED POSTS