東京で不動産売却するコツと不動産会社の選び方

【失敗しない】東京で不動産売却するコツと不動産会社の選び方を徹底解説!

東京は日本の首都だけあって、都市の大きさも人口も巨大でつかみどころない感じです。
コンパクトにまとまってる地方都市と比べて、ほしい情報を得るのに意外と苦労しますよね…。

東京で不動産売却する場合も同じです。

  • 不動産売却する際、東京ならではの注意点ってある?
  • タイミングよくスムーズに売却するコツってあるのかな?
  • そもそも星の数ほどある東京の不動産会社の見極め方がわからない・・

こちらでは「東京で不動産売却するコツ」と「売却依頼する不動産会社の選び方」をどこよりもわかりやすく解説しています。

「不動産売却の注意点」や「不動産売却にかかる諸費用」などとともに知っておくと
後で失敗したなぁ…と悔やむことも極力避けられますよ!
 

この記事を書いた人
宅地建物取引士
梶田宗孝
不動産を売却することって一生の内に何度もありませんよね?後でしまった...と後悔したくないものです。相談できる不動産会社の探し方や決め方、所有する不動産をより良い条件で売るには...などわからないことだらけだと思います。住宅の売買仲介の実務5年、不動産広告担当1年、土地の一時活用としてのコインパーキング運営管理13年の経験を活かし、売主さま目線で不動産会社探しや売却のイロハをお伝えできればと思います。(宅地建物取引士・愛知県知事登録第026054号 梶田宗孝)

東京でスムーズに不動産売却するコツと5つのポイント!

東京でスムーズに不動産売却するポイント
1.オーバーローンに注意!
【借入金を返済中の場合】
(1)売却の相場をつかむ
(2)売却した場合「借入金残高>売買金額」となるかならないか
2.売却に適した時期を知る
【戸建/マンション】
(1)1~3月(転居最需要期)
(2)長期休暇(夏休み)
3.売却金額の最近の推移を知る売却する不動産の近隣で類似物件が多いか少ないかをチェック
4.査定金額の根拠を知る媒介契約を取りたいだけの不動産会社かどうかもわかる
5.不動産会社は効率よく探す一括査定サイトを活用する

東京で不動産売却する時のコツは、売却する不動産を得意とする仲介会社を効率よく見つけ売ってもらうことです。

東京は他の地方と比較して売り物件の数も多く、仲介する不動産会社も星の数ほどあります。不動産会社選びは本当に重要です。会社の規模や査定金額だけで売却依頼をしてしまうと後でしまったな…と後悔することにもなりかねません。

東京で不動産売却する際の注意点やポイントを大きく5つにまとめてみました。

自分の不動産を把握しどんな不動産会社に売却を任せればいいか?効率よく不動産会社を探し、条件よく売るためにはどこに気をつければ良いかを解説して行きます!

1.(借入金返済中)売却物件の相場を調べ借入金残高を売買金額で全部返せるか?オーバーローンになるか?

不動産売買代金-ローン残債=借入金が完済できるかオーバーローンか

まず売却する不動産が「売却物件として」売りに出せるか確認しておきましょう。住宅ローンなど借入金がある場合は調べておくことをお勧めします。

不動産の売買代金からローン残高を引いた残りがマイナス(オーバーローン/図②参照)だと売却依頼する前に赤字を埋めておく必要があります。

赤字のままだと抵当権登記の抹消ができません…。抵当権抹消ができないと第三者に売却できなくなるんです。もしオーバーローンになるようでしたら査定の時に不動産会社に相談してみてください。良いアドバイスを受けることができるかもしれません。

東京に限ったことではありませんが、今の売却相場と違い不動産を購入した時期によっては、売買価格がかなり下落していることがあります。

1980年代後半のバブル期と言われた時代に購入した不動産を売却する時は、東京では特に注意が必要です。

査定してもらう前にも不動産売却の相場をつかむことはできますよ。だいたいの相場をつかんでおくことで査定の時、よりよい打ち合わせができます。

2.(戸建・マンション)買主が見つかりやすい売却スケジュールを意識する!

不動産売却最需要期の売却スケジュールモデルプラン(住居系)

不動産売却では1年の内最も購入客がよく集まる時期があります。毎年1~3月までの転勤、入学などの引越シーズンです。1年全体を100とすると、70%くらいの不動産売買が集中する時期でもあります。

特にマンションや戸建を売却する時は、3月末までに引き渡してほしいという購入見込客のニーズを意識してスケジュールを立てるべきです。

諸事情が無ければ売却活動期間を約3か月とみて9月頃に査定依頼すると、ゆとりを持ったスケジュールで売却活動がスタートできます。

3.売却不動産の価格推移や地域特性をざっと把握しておく!

不動産市況で類似物件の最近の市況をつかんでおく

東京はエリアも広く価格変動も大きいです。査定結果をより深く理解するためにも近隣の価格推移や、地域、鉄道路線ごとの特性を把握しておくべきです。

東京の不動産売却市況を理解するには、株式会社東京カンテイの市況レポートがわかりやすいです。
この会社は不動産会社や金融機関に情報を提供しているデータバンクです。どの会社にも中立を保っているので市況をつかむのに適しています。

不動産データバンク・株式会社東京カンテイ
毎月中古マンション価格や賃料、一戸建て価格のデータなどを発行・公表しています。不動産市況の最新動向を知る上でご活用いただければ幸いです。

不動産会社はここ数年の不動産市況をよく把握してますが、売り出し価格を決めるのは売主自身です。

不動産会社が算出した査定金額を基に、不動産会社とよく打ち合わせしスムーズに売り出せるよう知識を深めておくのもコツです!

4.不動産会社から査定金額が出たら金額の根拠を聞きだす!

不動産売却の査定では金額と根拠、売却活動の具体的な内容や方針を確認しておく

不動産会社から査定金額が出たら金額だけに注目せず、「査定金額の根拠」をよく確認しておきましょう!

査定してもらったからといって必ず媒介契約を締結する必要はないです。合わないと思ったらお断りできます。

不動産会社の中にはまだ、専属専任または専任媒介契約欲しさのため「高額査定」を提示し、媒介契約を締結するまでしつこく営業をかけてくる会社もいます。不動産会社選びは慎重に行いたいものですね!

特に東京は、不動産会社の数も多いので質の良くない会社も少なからず存在します。査定結果を受け取る際、金額だけではなく「金額の根拠」、媒介契約締結後の「売却活動や活動方針」までしっかり解説してアドバイスしてくれる会社を選ぶといいです。

売主の話に耳を傾けコミュニケーションが取りやすい担当者だと、相談もしやすいしより良い条件で不動産売却できる可能性も高まります。

でも、不動産会社の多さでは日本有数の首都・東京。自分に合う会社を選ぶのはなかなか難しいですよね。

不動産会社を効率よく探すには「一括査定サイト」を活用するのが東京では特にオススメです!

5.効率よく不動産会社を探すには一括査定を活用する!

東京で不動産売却の依頼をする不動産会社を探す方法
方法ポイント探しやすさ
(1)一括査定サイトを活用1度に複数の会社に査定依頼ができる
(2)売却経験者に紹介してもらう紹介客なので不動産会社側では力が入る
(3)大手不動産会社から探す販売網は整っているが地元に詳しい担当者とは限らない
(4)自力で探す不動産会社勤務経験がない限り無駄に労力がかかる

星の数ほども多い東京での不動産会社選び。効率よく良質な不動産会社を見つけるには「一括査定サイト」を活用するといいです。

一括査定サイトの最大のメリットは、一度に複数社に査定を申し込むことができる点です!

よくチラシをポスティングする大手不動産会社から地元の不動産取引に詳しい地元密着の会社まで数多くの不動産会社へ約1分ほどで査定依頼することができます。東京で不動産売却を依頼するなら一括査定サイトは欠かせません。

不動産会社選びのポイントは地域に精通した実績豊富な会社を効率よく見つけることです。

大手の不動産会社じゃなくても、得意分野なら大手にも負けない販売力ある地元の会社もあります。大手だけにこだわって探すのはもったいない話です。

不動産会社にはそれぞれ得意分野があります。土地、マンション、戸建など全てに長けた会社もあれば、住宅の売買に強い会社や投資向き事業用物件ばかり扱う会社、賃貸物件専門の会社など様々です。

自分の不動産と似たような物件を売却した経験のある方から紹介してもらうのもいいですね。不動産会社の立場では「顧客からの紹介客」はポイント高いです。他では出せない特典をつけてくれる場合もありますよ。

でも、

自分の足で探す方法は東京ではオススメできません!

不動産売却の経験が多い方は別ですが、初めての方やあまり経験したことない方が自力で探すのは、無駄に手間も時間もかかってしまうだけです…。

不動産売却の一括査定サイトの仕組みと使う前に覚えておくべきポイント!

不動産売却の一括査定サイト
メリットデメリット
・1度に複数の会社へ査定依頼できる・1社だけまたは査定する会社が無い場合もある
・不動産会社探す手間が省ける・最初は机上査定なので概算金額となる

不動産売却の一括査定サイトの仕組み

東京で効率よく不動産売却するなら、不動産会社探しは「一括査定サイト」の活用がベストです!

約1分ほどの入力で済みます。1度の入力で複数の不動産会社に査定依頼ができ、いくつかの不動産会社から査定や提案を受け取れます。どこの不動産会社に査定依頼したらいいかわからないなら「一括査定サイト」を使ってみることをお勧めします。

査定依頼したら必ず複数の会社から査定結果が受け取れるとは限りません。ごく希に1社からしか査定書類が受け取れない場合もあります。そんなケースはほとんどありませんので過度な心配は無用です。

それより、複数の会社から査定書が届くのでどの会社に決めたらよいか迷ってしまうことの方が多いでしょう。

この段階の査定金額は「概算金額」です。

正確な査定金額を得るには実際に家に来てもらう必要があります。査定書を基に、気になった不動産会社へ電話やメールなどでアプローチしてみましょう!

私が売主なら机上の査定だけで決めず、提案してもらえた会社全部にお会いしたいですね。直接会うことで「査定金額」だけじゃなく不動産会社をより深く知ることもできます。

査定金額が他社よりも高額で提示してもらえたからといって、その金額で確実に売れるとは限りません。

何より、売却不動産への取り組み姿勢や考え方会社の質や雰囲気をチェックするためにも直に会って正式な査定を受けるべきです。

いくつかの不動産会社の中で売却依頼する会社をどのように選ぶかは、イチバンの悩みどころ。以下の5つの項目を意識して選んでみてください。

東京で売却依頼する不動産会社選びは5つのポイントでチェックする!

売却依頼する不動産会社選びのチェックポイント
項目ポイント
(1)規模大小にとらわれず住居系投資系など取扱い物件の得意分野はどれか
(2)実績売却不動産と同じエリアで似た物件の売却実績がどれくらいあるか
(3)査定金額査定金額算出の根拠を具体的に教えてくれるか
(4)売却活動販売方針ややるべきことが計画的かどうか
(5)接客・聴く姿勢ができているか
・コミュニケーションが取りやすいか
・専任媒介に固執したり過度にしつこくないか
媒介契約の主なポイント
  • 専属専任:媒介契約は1社のみ、5日に1度以上の報告義務あり(3か月契約)
  • 専任媒介:媒介契約は1社のみ、7日に1度以上の報告義務あり(3か月契約)
  • 一般媒介:媒介契約は複数社と結べる、報告義務なし(契約期間に定めなし)

不動産の売却を依頼する会社の選び方は、会社の規模にとらわれず実績を見ることが大切です。

マンションや戸建など住居系の売却に強い会社、賃貸物件も取り扱っている会社、土地専門で仲介している会社、事業用不動産ならどこよりも実績が豊富…などそれぞれ得意分野があります。

自分の売却物件がファミリータイプのマンションなら、同じエリアでどれくらいの実績があるかに注目します。

また、査定金額は算出の根拠が必ずあります。似たような売り物件の数によっても査定金額は変動します。

同じ地域の不動産市況をしっかりつかんで、算出した金額の根拠が話せるかどうか、具体的にこうやって売却活動するということがわかる不動産会社なら任せて安心です。

くれぐれも査定金額の高さだけで会社を選ばないようにしましょう!

私の経験ですが、同僚でとにかくお客様の話をよく聞き、その方の立場に立った地道な活動をする担当者がいました。コミュニケーションも取りやすく知識も豊富だったせいか多くのお客様から慕われ信頼されてましたね。

見てて励みになりました。

そんな不動産会社は「一括査定サイト」を使えば、多くの不動産会社がひしめき合ってる東京都内でも効率よく見つけることができます。

一番のおすすめサイトは「イエウール」です。「イエウール」は全国対応。提携会社も1,600社ほどあり利用者も多いです。評判の良くない会社は常に入れ替えてるので信頼できる不動産会社が見つかりやすいです。最大6社から提案を受けることができます。

目次へ戻る

東京で不動産売却するコツと不動産会社の選び方~まとめ~

  • 東京でスムーズに不動産売却するためには効率よく不動産会社を探すのがコツ
  • 査定前に借入金がある場合は売買金額で完済できるかチェックしておく
  • 戸建、マンションは最需要期を意識して売却スケジュールを立てる
  • 近隣での類似物件の数に注目して売り出し金額を決める
  • 査定金額は根拠と販売方針も確認しておく
  • 不動産一括査定サイト一度に複数の会社に査定依頼ができるので無駄がない
  • 最初の査定金額は直に不動産を見てないので概算となる
  • 査定金額を出した会社は全て会って詳しい査定をしてもらう
  • 不動産会社を選ぶときは規模の大小よりも近隣での実績を見る
  • 詳しい査定をもらう時不動産会社の質ややる気もチェックする
  • 不動産会社担当者とはコミュニケーションも大切

東京は首都だけあって不動産会社の数も多いです。東京で不動産売却をするなら効率よく不動産会社を探すことがコツです。

そのためには一度に複数の不動産会社に査定依頼できる「一括査定サイト」が最適です。最初の査定は机上での査定なので概算となります。

複数の不動産会社から査定金額の提示があるので直に会って不動産を見てもらいながら詳しい査定をしてもらいます。

査定金額には必ず根拠があるので査定金額を算出した根拠と、具体的な売却活動の方針を確認して各社比較するといいです。

実際会ってみるとコミュニケーションの取りやすさもわかるので不動産会社選びの参考になります。

東京では大手不動産会社が多く集まっています。会社の規模の大小よりも、売却する不動産の近くで類似する物件をどれくらい売却した実績があるかも確認し信頼できる不動産会社に売却依頼しましょう。

アクセスランキング ACCESS RANKING