ナイトブラとは?必要性や昼用ブラとの違い、メリット・デメリットを解説!

女性にとって「日中のブラジャー」は当たり前かと思いますが、「夜寝る時のブラジャー」はどうかというと半数以上がノーブラで寝ることが様々なアンケート調査から分かっています。

アンケートによって多少前後しますが、だいたい「ノーブラ派が60%」・「昼用ブラ25%」・「ナイトブラ15%」といった感じに分かれます。

ノーブラ派の人に理由を聞くと、「寝る時くらい解放されていたい」という意見が多いんですが、ノーブラ派の内20~30%の人は「ナイトブラについて気になる・興味がある」という方も含まれています。

BIGLOBEレビュー」では、そんな方に向けてナイトブラの必要性や昼用ブラとの違い、メリット・デメリットをご紹介します。

この記事を書いた人
azu
普段のブラサイズはD70で、子二人を完母で育てた30代のパート主婦です。ナイトブラがここまで流行る前から愛用していて、これまでに高いものから安いものまで、30種類以上のナイトブラを使ってきました。ナイトブラはネットで書かれているような豊胸効果はありませんが、バストをを揺れから守り、バストラインを整えてくれます。バストの揺れが抑えられるので、睡眠の質も高まりますよ。これまでのナイトブラ生活を振り返り、各メーカーの特徴や悩みに沿ったナイトブラの選び方をご紹介します。

ナイトブラが必要な5つの理由(メリット)とは?

ノーブラの人昼用ブラの人重要度
崩れたバストラインを整えてくれる 5.0
睡眠の質を高める 5.0
昼用ブラを長持ちさせる 5.0
災害時に直ぐ逃げられる 5.0
摩擦をおさえる 4.0

※,各項目をタップすると詳細説明にうつります。

ナイトブラが必要は理由(メリット)は主に上記の5つです。中には「ノーブラで寝ている人」には関係のない項目や、「昼用ブラで寝ている人」に関係のない項目もありますが、順番にご説明します。

崩れたバストラインを整えてくれる


これが最も大切と言って良いでしょう。バストは加齢による皮膚の変化やホルモンバランスの変化、重力や振動などの原因によって垂れたり離れてしまいます。

加齢については誰もが共有して迎える問題ですが、ナイトブラを着けることで、就寝時も重力や振動からバストを守ることができます。

「寝ている間の重力や振動なら昼用ブラを着けていればいいんじゃないの?」と思う方もいるはずです。それについれ詳しくは「ナイトブラと昼用ブラの違いとは?」をご覧下さい。

意外と重力や振動が下垂の原因と知らない方が多いんですよね。重力や振動はの影響は、バストを内側で吊りあげている「クーパー靭帯」が切れてしまうだけではありません。

重力や振動によって皮膚を伸ばし、少しずつ癖が付いてしまうんです。ほうれい線や目尻のシワなどは、加齢や乾燥も原因ですが、何度も笑うことで繰り返しシワが癖付いてしまうので深くなっていきます。

つまり、バストも重力を受けるままに流れっぱなしにしていると、皮膚が伸びてどんどんとバストラインを崩す原因になってしまうんです。

睡眠の質を高める


ナイトブラは睡眠の質を高めてくれます。ノーブラで寝ている方は寝返り時のバストの振動によって、目を覚ます訳ではありませんが、気付かないうちに起きています。特に、胸の大きい人ほど影響があります。

昼用ブラを着けて寝ている方も、「息苦しさ」や「ワイヤーのあたり」によって知らない内に睡眠の質を低下させているんです。

ナイトブラはノンワイヤーで、昼用ブラと比べて締め付け感は低いです。なので、着けていてラクなのに就寝時のバストを安定させ、睡眠の質を高めてくれるんです。

昼用ブラを長持ちさせる(ワイヤーの変形を避ける)


昼用ブラを着けて寝ている方で、「気付いたらうつ伏せで寝ていた」という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

うつ伏せになってしまうと、ブラのワイヤーを曲げる原因にもなります。ワイヤーが曲がると、日中のバストラインがキレイにメイクできなくなってしまいます。

また、変形具合によってはバージスラインを崩し、バストの下垂や離れ胸を加速させる原因になるケースも…。

その為、就寝時の理想はナイトブラですが今すぐ用意できないという方は、ノンワイヤーやモールドカップに付け替えて寝るようにしましょう。

災害時に直ぐ逃げられる


最近ナイトブラが注目されている理由の一つが、「災害時に直ぐ逃げられる」というのがあります。特に震災や水害を経験したことで、ナイトブラの必要性に気づく方が増えています。

ノーブラで寝ている時にもしも災害が来たら…、上着を取る余裕もなく外に避難し、そのまま男性もいる避難所で生活しなければいけなくなったら…、ということも考えられます。

こういったことって、経験しないと考える機会がないんですよね。でも、日本は地震大国ですから、常に災害に備えておくことも大切ですよね。

摩擦をおさえる


ノーブラで寝ていると、バストトップが摩擦によって痛くなったり、色素沈着を起こす原因になります。昼用ブラで寝ている方も、ワイヤーやアンダーベルトが摩擦を起こし易いので気を付けた方が良いですね。

色素沈着自体は肌のターンオーバーが正常であれば、摩擦(刺激)がなくなれば自然と薄くなっていきますが、摩擦が続くことで色が定着してしまうことも…。

一度炎症を起こすと1週間くらいは痛みを我慢することになりますし、パジャマとの間に一枚挟むだけで乾燥対策にもなります。

摩擦自体も乾燥の原因となりますし、ノーブラや昼用ブラではなく、できるだけ肌あたりの良い下着を一枚着けることをおすすめします。

ナイトブラと昼用ブラの違いとは?

昼用ブラは立った状態でバストラインがキレイになるように、アンダーもキツめで補正力も高めです。立った状態でもバストトップが理想の位置にくるように、ワイヤーやストラップ長で調節する為です。

逆にナイトブラは寝た時にバストが脇方向に向かって流れないように補正します。その為、下から釣り上げる必要がないので全体的な締め付けも軽くなっています。

これはあくまで一般的な比較です。最近であれば昼用ブラでもリラックス用などがあり、ナイトブラに近い感覚で着けられる昼用ブラもあります。

反対にナイトブラでもバストにボリュームを持たせる為に、締め付けや補正力が高めな商品があります。ただ、やはり目的に合わせて作りが違うので、「昼と夜」で用途に合わせて使い分けるのがオススメです。

【メリットだけじゃない!?】ナイトブラの3つのデメリット

※気になる項目をタップすると詳細説明にうつります。

ここからはナイトブラのデメリットについてご紹介します。ナイトブラにはメリットばかりではありません。購入するならメリットばかりではなく、しっかりとデメリットを把握しておきましょう。

夜専用なのに意外と高い


「ナイトブラと昼用ブラの違いとは?」でも紹介したように、ナイトブラはあくまで寝ている間にバストラインを整えるアイテムです。その為、昼間の姿勢に対する補正力が低く、日中の使用には向きません。

でも、安いナイトブラは就寝中の補正力などが低くて、あまり効果に期待できません。機能性を求めると3千円前後する商品が多いんです。また、ナイトブラも消耗品なので定期的な買い替えが必要です。

洗い替え用に2~3枚は用意しておきたいので、それだけで1万円くらいかかってしまいます。ナイトブラの中には、まとめ買いで安くなる商品もありますが、最初の内は色んなナイトブラを試してみましょう。

「デメリット3」でご紹介しますが、メーカーによってサイズ感や締め付け感が異なるので、まとめ買いはお気に入りの商品が見つかってからがオススメです。

豊胸効果をうたった商品がある


ナイトブラの中には「〇週間着けて寝るだけで〇サイズアップ!」のように、豊胸効果をうたった商品が存在します。最近レビューした商品だと「バスティーメイクナイトブラ」があります。

サプリメントやバストアップクリームなどもありますが、ナイトブラに限らず「〇〇するだけで胸が大きくなる」といった商品は存在しません。

SNSを見ていると、「ナイトブラを着けてたら胸が大きくなった」といった内容を見かけます。実際にそういう人もいるのかもしれませんが、科学的な証明が難しいんですよね。

なので、基本的にはバストラインをキレイに整える為に購入するのが良いですね。豊胸効果を期待して購入すると、お金を捨てることになります。

メーカーによってサイズ感が異なる


フリーサイズしかないメーカーもあれば、7サイズある商品などもあります。また、同じMサイズでもメーカーによってトップやアンダーのサイズが異なる場合があります。

その為、「普段〇サイズだから」という理由で選んでしまうと、サイズが合わずに交換が必要になったり、着なくなってお金を無駄にすることになります。

なので、「S・M・L」などのサイズだけでなく、「トップとアンダー」のサイズも確認しましょう。(商品によってトップしか表記がないものもあります。)

トップとアンダーのサイズが同じでも
、メーカーや商品が変わると着け心地や締め付け感が変わります。なので、まとめ買いするのはお気に入りの商品が見つかってからにしましょう。

だいたい2~3日で慣れますが、ノーブラ生活が長い人だとどんなにサイズが適正でも、慣れるまではある程度の締め付け感があるのもデメリットと言えますね。

【ナイトブラの種類】実はこんなに沢山あった!?

ナイトブラの種類特徴

viage
  • シンプルタイプ
  • 機能的でシンプルな分コスパが良い
  • 着け心地がよく優しくサポート

ふんわりルームブラ
  • デザインタイプ
  • 機能とデザインを揃えているので割高
  • 別売りでお揃いのショーツもある場合が多い

LUNA
  • 小胸さん専用タイプ
  • 小胸さんの為に作られた特別設計
  • ボリューム感が出易くアンダーも細めに対応

ルルクシェル
  • モールドカップタイプ
  • バストの形や柔らかさによって相性がある
  • カップがカパカパし易い

ワコール
  • パッドレスタイプ
  • 軽い着け心地なのにサポート力も高い
  • トップの位置が浮く

ブラデリス
  • クロスタイプ
  • バストを脇に流しにくいクロス構造
  • 大き目バストの方にもおすすめ

他にも色々なタイプのナイトブラがありますが、代表的なものを6つご紹介しました。各商品をタップするとレビューページにうつります。

大きな分け目としては「デザイン性」ですね。最近はレースを使ったナイトブラも増えて来ましたが、見た目よりも付け心地を重視するならシンプルなタイプがオススメです。

また、最近では小胸さん専用に開発された商品もあります。モールドカップタイプは、カップ付きインナーに近い着け心地で、カップとの相性によって安定感が変わります。

パッドレスタイプは付け心地が最も軽いんですが、人によってはフワフワした付け心地が落ち着かないかもしれません。クロスタイプは谷間部分が空いているので、胸の大きい方にもおすすめです。

「で、結局どれを選べばいいの?」という方もいるかと思います。ただ、こればかりは人によって求める機能が異なるので、ひとくくりに「コレがオススメ!」とは言えません。

「ナイトブラが必要なのは分かったけど、どれが自分に合うのか分からない…」という方は、「ナイトブのおすすめラランキング」も参考にしてみて下さい。

ナイトブラの必要性とは?まとめ

メリットデメリット
  • バストラインを整える
  • 睡眠の質を高める
  • 昼用ブラを長持ちさせる
  • 災害時に直ぐ逃げられる
  • 摩擦を避ける
  • 意外と高い
  • 豊胸効果はない
  • サイズ感が難しい

ここではナイトブラの必要性とデメリットについてまとめました。基本的にナイトブラは着けた方が良いです。将来、バストが垂れる前から着けた方が、バストラインをキレイに保てますからね。

ただ、金銭的な問題もあるのですぐに用意できない方は、ノンワイヤーブラなどで締め付けや摩擦を抑えて、余裕が出来たタイミングでナイトブラを購入しましょう。

アクセスランキング ACCESS RANKING