旅行・登山・ビジネスや日常使いに!目的別おすすめのバックパック28選

旅行や登山などのアウトドアシーンだけでなく、ビジネスなどデイリーにもバックパックは大活躍してくれます。

幅広いシーンで活躍できるアイテムだからこそ使いたいシーンをしっかり考えて選ばないと、せっかく購入しても使い勝手が悪くなってしまいます。

とはいえ一口にバックパックといっても種類が多く、いざ買いに行ってもどれを選べばいいのかわからないことも多いのではないでしょうか。

今回はバックパックの選び方とともに、おすすめのバックパックを目的別に紹介していきます。自分の使い方にぴったりと合うバックパックを見つけて活用してくださいね。

この記事を書いた人
ayaka
最近荷物が多い時には両手を空けたいのでバックパックを使うようにしています。そのため日常使いする時やアウトドアの際などはシーン別に色々なタイプを揃えています。バックパックについて調べているうちに、バックパックの世界の奥深さに気づきました。ここでは使いやすいバックパック選びにこだわった私がこれは!と思ったバックパックを紹介していきます。

バックパックを選ぶ4つのおすすめの選び方!

アウトドアシーンや日常などあらゆる場面でバックパックは活躍してくれます。とはいえバックパックにはたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

なので、ここではバックパックを選ぶ際のポイントを4つと、おすすめのバックパックを目的別に紹介していきます。

目的別に選ぶ!

バックパックを選ぶ際には使用目的に合わせたタイプを選ぶことが何よりも大切です。ここで間違えてしまうと使い勝手が悪く、せっかく購入しても使わなくなってしまいます。

登山やキャンプといったアウトドアのシーンで使用したいのか、もしくは通勤や通学なのかをまずは整理しましょう。

使うシーンによって必要な機能は全く異なります。アウトドアでの使用が主ならば頑丈さ、通勤で使用するならばパソコン専用のスリーブなどが付いていると便利です。

まずは自分がどんな場面での使用を考えているのか、それによって必要な機能やサイズなどを考えましょう。

ayaka
後にトレイルラン向け・トレッキング向け・登山向け・バックパッカー向け・デイユース向け・通勤向けとシーン別にランキングしています。どんなシーンで使うのかを考えておいてくださいね♪

サイズで選ぶ!

容量使用目的
~10L
  • トレイルランニング
  • ランニング
20L前後
  • デイユース
  • 通勤
  • 通学
  • 日帰りトレッキング
30L前後
  • 荷物の多い通勤や通学
  • トレッキング(1泊山小屋泊まり)
40L前後
  • 海外旅行
  • トレッキング(1泊テント・寝袋泊など)
50~80L
  • 3~5泊程度の登山
  • 長期海外旅行
70L以上
  • バックパッカー
  • 1週間程度の登山

使う目的がしっかり定まれば、それに合わせたサイズ選びが大切です。上記の表に一般的な使い方による目安の容量を紹介しましたので、参考にしてくださいね。

もちろん人によって持っていく荷物の量や使い方が異なるため、容量だけ合っていても良いわけではありません。

ここで示した容量はあくまでも目安なので、自分の荷物の量に合わせたサイズを選ぶようにしましょう。

背負いやすさで選ぶ!

バックパックを選ぶ時は、背負い心地の高いタイプを探すことが大切です。その場合にチェックするポイントとしては「ショルダーベルト・背面パネル・ウエストベルト」があります。

ショルダーベルトは幅広タイプを選ぶことが大切です。幅が広いタイプは、リュック本体にかかる重さを全体に分散させることができるので、肩や腰にかかる負担を軽減することができます。

同じくウエストベルトが付いていると肩だけでなく腰でも荷物の重さを支えることができるので、重い荷物を背負う時にはおすすめです。

背面パネルは背中に直接当たるものなだけに、背負い心地に直結する部分でもあります。

夏場など暑くて蒸れる時期にも使用することを考えると、メッシュ素材などを使用したタイプだと通気性が良くて蒸れにくくなります。

毎日使うものだからこそ、背負い心地が良いように工夫されているかも確認しましょう。

ayaka
身体とのフィット感が高いバックパックを選ぶことが疲れにくい秘訣ですよ。

機能面で選ぶ!

バックパックはさまざまなシーンで活躍できるように、さまざまな機能が付けられています。使用目的に合わせて機能面もしっかりチェックしましょう。

登山やトレッキングなどアウトドアユースならば「レインカバー付き」

登山やトレッキングなどアウトドアシーンで使用するならば、レインカバーがもともと付属しているタイプが便利です。

もちろん別に用意しておけばいいのですが、最初から付随していれば探す必要もありません。ブランドにもよりますが、中にはバックパックの底にレインカバーが内蔵しているタイプもあります。

なくしたりする心配がないため、天候が急に崩れたりするアウトドアではとても重宝しますよ。

ポケットの位置や数にも注意しよう

バックパックにはさまざまなサイズのポケットが用意されています。ポケットの数や位置によって使い勝手が大きく変わるため、どの位置にどれくらいのポケットが付いているのかのチェックも大切です。

特にスマホや行動食など、取り出す回数が多いものなどは背負ったまま届く位置にポケットがあるかも重要です。

使い勝手に直結するだけに、しっかりチェックしましょう。

通勤などに使用するなら「PCスリーブ」をチェック

PCなどを持ち運ぶビジネスマンならば、PCを固定し安定した状態で持ち運びできるPCスリーブがついているかどうかをチェックしましょう。

その他にもノートパソコンやタブレットなどを専用に収納できるコンパートメントがあるタイプや、より安全に持ち運びできるクッションが付いているタイプなどもあります。

さらにデバイスを多く持ち運ぶ人向けに複数サイズのスリーブを用意しているモデルもありますよ。

ayaka
スリーブをチェックする際は、対応するPCサイズもチェックしましょう♪

タイプ別にぴったりのバックパックを探す!

それではタイプ別におすすめのバックパックを紹介していきます。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

【トレイルラン向け】おすすめのバックパックTOP5!

それではまず最初にトレイルランなどに使用するのにぴったりな10Lまでのバックパックを紹介していきます。

排熱性が高く蒸れにくい!UTOBEST ランニングバッグ

ランニングバッグ
UTOBEST
参考価格3,199円(税別)
容量
10L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • メッシュポケット2
  • 腰部小型ポケット2
  • 通気メッシュポケット1
PCスリーブ
サイズ
縦43×横22cm
重量
500g

UTOBEST ランニングバッグの特徴

背中部分もショルダーストラップにも蜂の巣デザインを採用し空気の交換を促してくれる効果があるバックパックです。そのため排熱機能が高く、夏場の使用に最適です。

複数ポケットが付いていて、収納力も抜群です。

防水性に優れた素材を使用しており、アウトドアシーンにもぴったりです。ウエストベルトだけでなく胸部ベルトも付いているので、安定感も抜群です。

UTOBEST ランニングバッグの口コミ

口コミを見る

蒸れません
軽いし背負っていても蒸れなくて良いです。

収納力が高い
収納力がとても高いと思います。

縫製が丁寧です
ポケットがたくさんあり、縫製がとても丁寧だと思います。

安定感抜群!ALTENG サイクリングリュック

サイクリングリュック
ALTENG
参考価格2,890円(税別)
容量
10L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
フロントポケット
PCスリーブ
サイズ
縦40×横23×マチ12cm
重量
500g

ALTENG サイクリングリュックの特徴

ウエストベルトが付いていて装着した際の安定感にとても優れたバックパックです。

エルゴノミクスに基づいた設計により、豊富なスポンジパディングが付いており長時間背負っても痛くなりにくいことが特徴です。

トレイルラン向きタイプの中では収容できる容量が大き目です。フロントポケットの中には複数のポケットが付いていて、細かなものの収納が可能です。

ALTENG サイクリングリュックの口コミ

口コミを見る

通気性が良い
背中に当たる部分の通気性はとても良いと思う。

馴染みます
背中に馴染む感じでつけていないかのようなフィット感です。

快適性が高い
背中の通気性が良いのでかなり快適性が向上しました

通気性に優れたバックパック!AONIJIE ランニングバックパック

ランニングバックパック
AONIJIE
参考価格2,999円(税別)
容量
6L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • フロントジップポケット1
  • 撥水ポケット
  • ベルト部にボトル収納ポケット2
PCスリーブ
サイズ
縦44×横20cm
重量
記載なし

AONIJIE ランニングバックパックの特徴

ベルトや背面部分だけでなく、全体的にメッシュを採用したことでとても通気性が良いことが特徴のバックパックです。

通気性がとにかく高いモデルを探しているならばおすすめです。

長時間背負ってもしんどくないように、人間工学に基づいた設計になっています。その結果背中部分は身体に密着せず、さらに蒸れにくくなっていることもポイントです。

AONIJIE ランニングバックパックの口コミ

口コミを見る

フィットします
身体にとてもフィットします。大きさも手ごろでとても良い。

使いやすい
ほとんど重さを感じずぶれないので使いやすいです。

お買い得です
機能性は十分でとてもお買い得だと思います。

ポケットたっぷりで収納力大!KEYNICE ランニングバッグ

ランニングバッグ
KEYNICE
参考価格2,680円(税別)
容量
8L
ショルダーベルト
ポリエステル素材採用
背面パネル
ポリエステル素材採用
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • 補助ポケット1
  • 伸縮可能ポケット2
  • ベルト部にボトル収納ポケット2
PCスリーブ
サイズ
縦40×横23×マチ1.2cm
重量
350g

KEYNICE ランニングバッグの特徴

ポケットがたくさん用意されている収納力に優れたバックパックを探しているならおすすめです。

特にショルダーベルト部につけられたボトル収納ポケットがポイントです。500mlのペットボトルを収納できるサイズで、夏場などにも安心です。

正面全体は防水キャンバス地になっており突然の雨にも安心です。光反射設計や注意喚起ホイッスル付きなど安全性にもこだわっています。

KEYNICE ランニングバッグの口コミ

口コミを見る

コスパが良い
コスパが良いと思います。走行時の安定感もあります。

使い勝手が良い
とにかく軽くて使い勝手が良いです。

蒸れにくい
軽量で蒸れにくくランニングの時に必要最低限のものがしっかり収納できます。

軽くて快適!UTOBEST ハイドレーションバッグ

ハイドレーションバッグ
UTOBEST
参考価格2,399円(税別)
容量
5L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
フロントポケット×2
PCスリーブ
サイズ
縦37×横19×マチ1cm
重量
300g

UTOBEST ハイドレーションバッグの特徴

軽くてとても快適なトレイルラン向けバックパックです。バッグの表側は軽さと耐摩耗性を兼ね備えたポリエステルを採用し、軽さと丈夫さを同居させています。

ランニング中に使うものだからこそ安定性にはとてもこだわっており、リュックの揺れを抑えるために2本のチェストベルトが付いています。

身体に密着させられますが背面パネルなどにメッシュ素材を使用することで、通気性もしっかり確保しています。身体にフィットするバックパックを探しているならおすすめです。

UTOBEST ハイドレーションバッグの口コミ

口コミを見る

満足です
機能が一通りそろっていて使い勝手もよく満足です。

便利です
フロントとサイドのベルト調整がしやすくて便利です。

身体にフィットします
手ごろな価格なので期待せずに購入しましたが、しっかりしていて大きさもちょうどよく身体にフィットします。

【トレッキング向け】おすすめのバックパックTOP5!

次にトレッキングなどに使えるバックパックを紹介していきます。

快適さと安定性がすごい!サロモン バックパック アジャイル 12 セット

バックパック アジャイル 12 セット
サロモン
参考価格10,298円(税別)
容量
11~20L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • ソフトハイドレーション用フロントポケット2
  • サイドメッシュポケット2
PCスリーブ
サイズ
縦43×横24×マチ13cm
重量
400g

サロモン バックパック アジャイル 12 セットの特徴

荷物が少な目のトレッキングに向いているバックパックです。またトレイルラン用としてもおすすめです。

バッグを身体にぴったりフィットさせられる工夫が随所に設けられています。身体を包み込むハーネス構造になったショルダーストラップで、快適さと安定性が向上しています。

ポケットも合計で8か所とコンパクトなのにたくさん用意されていることもポイントです。

サロモン バックパック アジャイル 12 セットの口コミ

口コミを見る

安定感が良い
サイズ感や安定感がとても良く良い商品です。

ぴったりです
トレイルランで使用できる少し大きめのバックパックが欲しかったのでぴったりです。

使いやすいです
トレランでもロングランでも自転車ロングでも使いやすかったです。

様々なトレッキングに適応!カリマー 中型トレッキングザック ridge30 Small

中型トレッキングザック ridge30 Small
カリマー
参考価格22,880円(税別)
容量
30L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
3Dバックパネル
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • フロントパネルポケット
  • ポケット11(外側8・内側3)
PCスリーブ
サイズ
縦65×横32×マチ24cm
重量
1,470g

カリマー 中型トレッキングザック ridge30 Smallの特徴

イギリスのアウトドアブランド・カリマーのスタンダードモデルです。収納性がとても高く、ポケットは合計で11個も用意されています。

身体に触れる部分には活性炭加工のエアメッシュパネルを採用したため、吸汗・速乾性に優れていて快適さが向上しています。

ヘルメットなどの携行時に使えるループや、岩場などを登る際に役に立つヘッドクリアランスがついているなど使い勝手にもこだわっています。

カリマー 中型トレッキングザック ridge30 Smallの口コミ

口コミを見る

便利です
収納力が高くて便利です。

使い勝手がいい
使い勝手が良くて優れたバックパックだと思います。

たっぷり入ります
たっぷり荷物を入れることができます。

5号のサッカーボールも入る収納力!アンダーアーマー UAアンディナイアブル3.0

UAアンディナイアブル3.0
アンダーアーマー
参考価格6,248円(税別)
容量
31L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
特になし
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • フロントパネルポケット
  • コンパートメント内にファスナー付きポケット
  • 両側にウォーターボトル用メッシュポケット
PCスリーブ
サイズ
縦50×横30×マチ23cm
重量
記載なし

アンダーアーマー UAアンディナイアブル3.0の特徴

撥水性に優れた生地を採用したバックパックです。ノートパソコン用スリーブもあり、ビジネス用途にも適しています。

超大型のメインコンパートメントには、5号サイズのサッカーボールやNBAサイズのバスケットボールが入るほどの収納力の高さです。

収納力が高く、オンにもオフにも活躍させられるバックパックを探しているならばおすすめです。

アンダーアーマー UAアンディナイアブル3.0の口コミ

口コミを見る

下と上の収納が別々で便利
下と上の収納が別々になっているのでシューズなども入れられて便利です。

収納力があります
収納力があり、完全に収納スペースが2室分かれていて使いやすいです。

かっこいいです
見た目もかっこよく、量も結構入ります。

まるで背負っていないかのようなフィット感!グレゴリー ZULU30

ZULU30
グレゴリー
参考価格22,000円(税別)
容量
30L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • 特大ヒップベルトポケット
  • 伸縮性メッシュサイドポケット2
PCスリーブ
サイズ
縦63×横35×マチ23cm
重量
1.1Kg

グレゴリー ZULU30の特徴

グレゴリー独自の技術を駆使しているので、ハイカーの自然な動きに追従してくれます。そのためフィット感にとても優れていることが特徴です。

メイン開口部は上から下まで開くU字ジッパー式なので、荷物の出し入れがとても簡単です。

トレッキングポールやアイスアックスを固定できるアタッチメントが付いていたり、専用のレインカバーが付いているなど使い勝手も抜群ですよ。

グレゴリー ZULU30の口コミ

口コミを見る

良いリュックです
背中が蒸れない使いやすいなどよくできているリュックです。

軽く感じる
荷物がとても軽く感じます。

フィットします
背面長が調整できるので多くの人にフィットできると思います。

様々なシーンで大活躍!コールマン バックパック ウォーカー33

バックパック ウォーカー33
コールマン
参考価格5,867円(税別)
容量
33L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
7(外側4・内側3)
PCスリーブ
サイズ
縦51×横33×マチ22cm
重量
650g

コールマン バックパック ウォーカー33の特徴

アウトドアブランドでも人気のコールマンの汎用性がとても高い容量33Lモデルです。アウトドアから短期旅行などあらゆるシーンで活躍してくれます。

軽くてとても丈夫で、撥水加工を施したナイロンツイル生地を採用しています。チェストストラップとウエストベルトでフィット感が高いこともポイントです。

トレッキングポールを固定できるアタッチメントも付属しており、使い勝手も抜群ですよ。

コールマン バックパック ウォーカー33の口コミ

口コミを見る

満足です
軽くて大容量で満足です。

背負いやすいです
中は広くポケットも多くて背負いやすいので大活躍です。

使いやすい
すごく使いやすいし大容量でとても良いです。

【登山向け】おすすめのバックパックTOP5!

次に本格的な登山などにおすすめのバックパックを紹介していきます。

軽量化モデル!ドイター バックパック エアコンタクトライト45+10

バックパック エアコンタクトライト45+10
ドイター
参考価格24,750円(税別)
容量
45+10L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • 雨蓋ポケット
  • サイドポケット2
  • フロントパネルポケット
PCスリーブ
サイズ
縦74×横30×マチ24cm
重量
1,700g

ドイター バックパック エアコンタクトライト45+10の特徴

縦走などをする際に適した背面システムを採用し、全体的に軽量化されたモデルです。荷物が多くなりがちだからこそ、カバン本体はできるだけ軽くしたいですよね。

荷重バランスに優れた独自のパッドを採用しているので、背面の通気性が向上しています。ドイツメーカーだけにしっかりとした作りがポイントです。

軽めのバックパックを探しているならばおすすめです。

ドイター バックパック エアコンタクトライト45+10の口コミ

口コミを見る

フィット感が良い
フィット感がとても良いです。

ベルトの調節機能が優れている
ショルダーベルトの調節機能が他の製品よりも優れていると思います。

使いやすいです
使いやすいバックパックです。

快適な背負い心地を追求!ザ・ノース・フェイス リュック テラ65

リュック テラ65
ザ・ノース・フェイス
参考価格29,700円(税別)
容量
65L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • サイドストレッチポケット
  • ヒップハーネスポケット2
  • フロントパネルポケット
PCスリーブ
サイズ
縦63×横34×マチ27cm
重量
1,956g

ザ・ノース・フェイス リュック テラ65の特徴

快適なフィッティングと背負い心地を追求したバックパックを探している場合におすすめのモデルです。背面には背面長を調整可能なシステムを搭載しています。

内部へのアクセスが簡単なJ型に大きく開閉するジッパーや、ストレッチポケットを左右に配備するなど使い勝手にもこだわっていますよ。

頑丈な布地を使い、大容量にも耐えられるようになっています。シンプルで使い勝手の良いバックパックです。

ザ・ノース・フェイス リュック テラ65の口コミ

口コミを見る

背負い心地が良い
背負い心地がとても良いです。

使いやすい
使いやすくてちょうど良いサイズです。

ポケットが便利
ポケットの位置がすごく考えられていると思います。

使いやすい便利機能満載!OSPREY(オスプレー) バックパック ケストレル38

バックパック ケストレル38
OSPREY(オスプレー)
参考価格17,650円(税別)
容量
38L
ショルダーベルト
徳になし
背面パネル
立体的背面パッド
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • デュアルアクセスサイドポケット
  • サイドポケット2
  • フロントポケット
PCスリーブ
サイズ
縦75×横31×マチ29cm
重量
1,540g

OSPREY(オスプレー) バックパック ケストレル38の特徴

初心者にも嬉しい使いやすい便利機能がたくさん収納されたバックパックを探している場合におすすめなのがこのオスプレイのバックパックです。

荷物の出し入れがしやすいようにサイドのジッパーは大きく、しかも天蓋を開けなくてもアクセスできるようになっています。

通気性とクッション性が考慮された背面パネルが採用されていて、腰の後ろ部分のあたりがソフトで背負いやすいですよ。

OSPREY(オスプレー) バックパック ケストレル38の口コミ

口コミを見る

使いやすい
サイドジッパーや各種ポケット等すべて使いやすいようにデザインされています。

とても良い感じです
担いだ感じがとても良い感じです。

使い勝手抜群!
これといった欠点が見当たらない使い勝手抜群です。

カラー豊富でコスパ抜群!マウンテントップ バックパック

バックパック
マウンテントップ
参考価格5,080円(税別)
容量
40L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • ストレッチポケット
  • サイドポケット2
  • フロントポケット
PCスリーブ
サイズ
縦51×横35×マチ16cm
重量
930g

マウンテントップ バックパックの特徴

カラー展開が豊富で選ぶ楽しさがあるバックパックです。しかも価格も手ごろでコスパが良いことも特徴です。

外部の収納装備が優れていて、様々な登山用具に対応していることもポイントです。ハイキングポールをかけるストラップや、寝袋をかけるストラップなどもありますよ。

できるだけ手ごろな価格で登山用のバックパックを探している場合におすすめです。

マウンテントップ バックパックの口コミ

口コミを見る

コスパが良いです
作りがものすごくしっかりしていてコスパが良いです。

丈夫です
丈夫で作りも縫製もしっかりしていて重くても持ち運びしやすいです。

おしゃれです
この価格ではありえない存在感とオシャレでとても良かったです。

オールラウンドに活躍!ミレー バックパック サース フェー 40+5

バックパック サース フェー 40+5
ミレー
参考価格18,867円(税別)
容量
45L
ショルダーベルト
汗を逃しドライに保つ構造
背面パネル
汗を逃しドライに保つ構造
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • メッシュストレッチポケット1
  • ジッパーフラップポケット2
  • ウエストポケット
PCスリーブ
サイズ
縦62×横29×マチ20cm
重量
1,570g

ミレー バックパック サース フェー 40+5の特徴

ハイキングから本格的な縦走まで幅広い用途でオールラウンドに活躍させることができるパックパックです。

快適性や機能性だけでなく耐久性にもこだわっており、クッション性抜群のフォームを採用しているので重たい荷物を入れて長時間行動しても快適です。

ポケット類も充実しており、さらにトレッキングポールホルダーなども備わっています。初心者でも安心して使えるバックパックを探しているならおすすめです。

ミレー バックパック サース フェー 40+5の口コミ

口コミを見る

値段相応の価値があります
値段相応の価値があるバックパックだと思います。

背負い心地がすごい
ファーストクラスの背負い心地というキャッチコピーにぴったりです。

細かいところまでこだわりがすごい
細かいところまでこだわった作りに感動できる

【バックパッカー向け】おすすめのバックパックTOP3!

次にバックパッカーにおすすめの大容量のバックパックを紹介します。

アウトドアからタウンユースまで!archi バックパック

バックパック
archi
参考価格5,500円(税別)
容量
80L
ショルダーベルト
連続気泡フォーム製のランバーパッドと通気溝
背面パネル
エアーコンフォートサスペンションシステム
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • 雨蓋トップポケット
  • フロントポケット
  • サイドポケット
  • ウエストベルトポケット
PCスリーブ
サイズ
記載なし
重量
記載なし

archi バックパックの特徴

アウトドアからタウンユースまで、さまざまなシーンで活躍してくれる大容量バックパックです。

背中部分は長時間背負っても苦にならないように人間工学に基づいた設計になっており、重さを感じにくいメリットがあります。

ポケットなどが充実しており、収納力も抜群です。撥水コーティングと内臓レインフライで少しの雨なら問題ありませんし、防水カバーも付いていて安心です。

archi バックパックの口コミ

口コミを見る

満足!
軽くて頑丈で多機能で満足です!

しっかりとしています
しっかりとした作りなので良いです。

たくさん詰められます
いざという時に必要なものを多く詰められるので満足です。

豊富なカラーリングでお気に入りカラーを!Phoenix Ikki バックパック

バックパック
Phoenix Ikki
参考価格6,190円(税別)
容量
80L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • 雨蓋トップポケット
  • 伸縮性ポケット
  • ファスナーポケット
  • ウエストベルトポケット2
PCスリーブ
サイズ
縦80×横38×マチ25cm
重量
1,870g

Phoenix Ikki バックパックの特徴

全8色で鮮やかなカラーリングが特徴の大容量バックパックです。手ごろな価格なので色違いで揃えたくなりますよね。

メインコンパートメントにはアルミニウム合金のインナーフレームが使われていて、デザイン性を高めているだけでなく重さにも耐えるようになっています。

チェストストラップのバッグルには救助笛が造られているので、万が一の際にも安心です。

Phoenix Ikki バックパックの口コミ

口コミを見る

お買い得です
とてもお買い得なバックパックです。

収納力が高い
収納力が高くて背中部分に固いものを入れても背中が痛くなりません。

頑丈です
びっくりするくらい頑丈で身体への密着度も高くできるので山登りが苦になりません。

防水付きでさまざまな用途に!HAWK GEAR(ホークギア)バックパック

バックパック
HAWK GEAR(ホークギア)
参考価格6,990円(税別)
容量
80L
ショルダーベルト
極厚ショルダーキルト
背面パネル
人間工学に基づいた形状記憶素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • サイドポケット2
  • フロントパネルポケット
PCスリーブ
サイズ
縦75×横35cm
重量
2,300g

HAWK GEAR(ホークギア)バックパックの特徴

防災用リュックとしても使い勝手の良い大容量バックパックです。カラー展開も豊富で選ぶ楽しみがあります。

大容量だけに荷物を入れると重さが気になるため、極厚ショルダーキルトを採用し長時間背負っても疲れにくい設計になっています。

複数の調整ベルトがあるため、子供から大人まで使用可能なのもポイントです。手ごろな価格で大容量モデルを探している場合におすすめです。

HAWK GEAR(ホークギア)バックパックの口コミ

口コミを見る

背負うとしっくりくる
リュック自体の重さは結構ありますが、背負うとすごくしっくりきて安心です。

背負いやすいです
ウエストベルトや背中のフレームのおかげで背負いやすいです。

たくさん荷物が入って重く感じません
良質でたくさん荷物が入って重さを感じさせない作りです。

【デイユース向け】おすすめのバックパックTOP5!

次に毎日使いたいデイユースにおすすめのバックパックを紹介します。

フィットして快適!パタゴニア バックパック

バックパック
パタゴニア
参考価格13,000円(税別)
容量
18L
ショルダーベルト
メッシュ素材
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
外側2・内側2
PCスリーブ
サイズ
縦44×横24×マチ12cm
重量
480g

パタゴニア バックパックの特徴

フィットして快適でほどよい収納力を備えたバックパックを探している場合におすすめのモデルです。

日々の荷物を収納するのに適したサイズのメインコンパートメントをはじめ、小物の収納に便利なポケットも適宜備わっています。

シンプルなデザインなので流行に左右されず長く使うことができますよ。

パタゴニア バックパックの口コミ

口コミを見る

意外にモノが入る!
小さく見えるけど意外にモノが入ります!

とても良いです
ミニマルなデザインでとても良いです。

ちょうど良いサイズです
ちょうど良いサイズにクオリティだと思います。

1970年代当時を再現!ケルティ バックパック

バックパック
ケルティ
参考価格9,702円(税別)
容量
18L
ショルダーベルト
10mmのEVA入り
背面パネル
特になし
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
外側1・内側5
PCスリーブ
サイズ
縦48×横33×マチ18cm
重量
記載なし

ケルティ バックパックの特徴

1970年代に発売された当時の形をそのまま再現し、それを改良してより使いやすくしているところに特徴があります。

レトロ感があふれる見た目で、荷物をたくさん入れても綺麗な三角形を維持できる点も人気です。

A4サイズだけでなくB4サイズも入れられることができるサイズ感ですが、こまごまと整理整頓しながら物を入れることができます。

ケルティ バックパックの口コミ

口コミを見る

財布の出し入れが多いならこれ!
財布の出し入れが多い方におすすめのバックパックです。

なんにでも似合いそう
シンプルなデザインなのでなんにでも合いそうで重宝しそうです。

可愛いです
ユニセックスなデザインで可愛いです。

3WAYで使い勝手抜群!マムート セオン 3way Seon Transporter

セオン 3way Seon Transporter
マムート
参考価格17,200円(税別)
容量
18L
ショルダーベルト
ソフトなパッド付き
背面パネル
メッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • 外部ファスナーポケット
  • 貴重品コンパートメント
PCスリーブ
サイズ
縦50×横31×マチ12cm
重量
1,090g

マムート セオン 3way Seon Transporterの特徴

ショルダー使用も可能にできるストラップも付属しており、バックパックとしてだけでなくショルダーバックとして3WAYで使えるバックパックです。

持ち方を複数楽しめるバックパックを探している場合におすすめです。

洗練されたデザインになっており、また細かく分かれたコンパートメントは使い勝手も抜群ですよ。

マムート セオン 3way Seon Transporterの口コミ

口コミを見る

かっこいい!
すっきりとしたフォルムでかっこいいです。ポケットも多くあるので良いです。

スタイリッシュに見えます
縦に長いので薄くてスタイリッシュに見えます。

使い勝手がいいです
横向きの手持ちハンドルなどもついていて使い勝手が良いです。

B4サイズも収納できる!バートン バックパック Kettle Pack

バックパック Kettle Pack
バートン
参考価格7,150(税別)
容量
20L
ショルダーベルト
クッション性の高い人間工学的ショルダーハーネス
背面パネル
特になし
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
アクセサリーポケット
PCスリーブ
サイズ
縦42×横29×マチ15cm
重量
記載なし

バートン バックパック Kettle Packの特徴

使い勝手がちょうど良いクラッシックスタイルのバックパックです。シンプルなデザインになっているので洋服を選びません。

人間工学的に設計されたショルダーハーネスは背負いやすく疲れにくいことが特徴です。

メインコンパートメントにはPCを収納できるスペースをしっかり用意されているので、通勤や通学などにも活躍してくれますよ。

バートン バックパック Kettle Packの口コミ

口コミを見る

防水性が高いです
防水性が高く想像を超えるバッグに感動です。

使いやすいです
シンプルでとても使いやすいです。

買ってよかった
思ったより荷物が入って買ってよかったです。

使いやすいボックス型!ザ・ノース・フェイス バックパック ノベルティBCヒューズボックス

バックパック ノベルティBCヒューズボックス
ザ・ノース・フェイス
参考価格15,947円(税別)
容量
30L
ショルダーベルト
特になし
背面パネル
背面パッド
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • サイドジッパー付きポケット
  • フロント縦型ジッパー付きポケット
  • フラップ部分裏メッシュポケット
PCスリーブ
サイズ
縦46×横33×マチ15cm
重量
1060g

ザ・ノース・フェイス バックパック ノベルティBCヒューズボックスの特徴

使いやすいボックス型のスタンダードデイパックです。上部は水平ジッパーで開閉し、大きな開口部で荷物の出し入れがしやすいことが特徴です。

ポケットも外側に2個内側に6個とたくさん付いているだけでなく、PCスリーブも用意されているので使い勝手抜群ですよ。

耐摩耗性と耐水性に優れたポリエステル地を使用しており、毎日大活躍間違いなしです。

ザ・ノース・フェイス バックパック ノベルティBCヒューズボックスの口コミ

口コミを見る

かっこいい!
しっかりした作りで物がたくさん入ってかっこいいです。

満足です
素敵なリュックで満足です。

毎日楽しく使っています
思っていた通りかっこ良くて毎日楽しく使っています。

【通勤向け】おすすめのバックパックTOP5!

それでは最後に通勤向けのバックパックを紹介していきます。

薄型タイプならこれ!BOPAI バックパック

バックパック
BOPAI
参考価格7,399円(税別)
容量
記載なし
ショルダーベルト
幅広ショルダー
背面パネル
通気設計
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • フロントポケット2
  • メインポケット
  • 盗難防止ポケット
PCスリーブ
サイズ
縦43×幅28×マチ7cm
重量
700g

BOPAI バックパックの特徴

PCをしっかり収納することが可能なバックパックで、できるだけ薄型のスリムタイプを探している場合におすすめの商品です。

薄型ですが収納力は抜群で、細かく分かれたコンパートメントが備わっていて使い勝手抜群です。

ショルダーベルトの左側には交通系カードを入れることができるので、電車通勤などにとても便利です。

BOPAI バックパックの口コミ

口コミを見る

コンパクトです
コンパクトなリュックを探しているならばぴったりです。

使いやすいです
軽量でとても使いやすいです。

ぴったりのサイズです
軽くて移動が多い自分にはぴったりのサイズで満足です。

2Lペットボトルも入る大容量!AISFA バックパック

バックパック
AISFA
参考価格2,980円(税別)
容量
記載なし
ショルダーベルト
ハニカム型綿クッション素材
背面パネル
ハニカム型綿クッション素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • メインポケット2
  • サイドポケット
  • ファスナーポケット
PCスリーブ
サイズ
縦50×横32×マチ17cm
重量
820g

AISFA バックパックの特徴

A4サイズの書類やノート類はもちろん、2Lサイズのペットボトルもしっかり入る大容量の収納力がポイントです。

またアイテムごとに管理できるように、細かくポケットが付いていることも魅力の一つです。こまごまとしたものをしっかり収納したいならおすすめです。

パスワードロックキーが付属していてセキュリティー面も妥協がありません。普段使いから出張まで、あらゆるシーンで大活躍してくれます。

AISFA バックパックの口コミ

口コミを見る

使いやすいです
デザインがシンプルで、また収納スペースがとても多いバックパックで使いやすいです。

整理整頓できる
シンプルで小物入れがたくさんあるので整理整頓しやすいです。

気に入っています
サイズ感も色合いもとても気に入っています。

耐水性と耐摩耗性が高い!MARK RYDEN バックパック

バックパック
MARK RYDEN
参考価格5,299円(税別)
容量
30L
ショルダーベルト
クッション素材の上にメッシュ素材
背面パネル
クッション素材の上にメッシュ素材
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • メインポケット
  • サイドポケット
  • フロントポケット
PCスリーブ
サイズ
縦50×横32×マチ16cm
重量
1,100g

MARK RYDEN バックパックの特徴

水と油をガードする素材を使っているので、耐水性や耐摩耗性がとても高いバックパックを探している場合におすすめのモデルです。

ポケットが豊富についており、収納力がとても高いことも特徴です。

外部USBポートが付いているので、バックパックを背負ったままスマホの充電が可能です。出張などでも大活躍してくれるバックパックですよ。

MARK RYDEN バックパックの口コミ

口コミを見る

たくさん入る
たくさん入ってポケットが多いです。

防水性が良い
防水性もあり大容量でとても良いです。

デザインがいいと思います
荷物を入れても軽く感じます。デザインも良い。

モレスキン愛用者に!モレスキン バックパック

バックパック
モレスキン
参考価格16,800円(税別)
容量
記載なし
ショルダーベルト
調節可能パッド入り
背面パネル
調節可能パッド入り
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • サイドポケット2
  • ファスナーポケット
  • ノートブック専用ポケット
PCスリーブ
サイズ
縦42×横32×マチ11cm
重量
約820g

モレスキン バックパックの特徴

名だたる画家に愛されたノートブックを現代に蘇らせたイタリアのモレスキンのバックパックです。

ノートと同じく落ち着いたデザインになっており、ビジネスシーンでの使用にもぴったりです。またモレスキンを専用に入れられるポケットが付いているのもユニークです。

落ち着いたデザインのバックパックを探している場合におすすめです。

モレスキン バックパックの口コミ

口コミを見る

気に入っています
色・形ともに気に入っています。

荷物がたくさん入ります
女性には少し大きめですが、荷物がたくさん入って良いです。

フィット感が優秀!
シンプルで清楚な感じが良い。フィット感も優れています。

ビジネスシーンにぴったり!ザ・ノース・フェイス シャトルデイパック

シャトルデイパック
ザ・ノース・フェイス
参考価格16,406円(税別)
容量
28L
ショルダーベルト
立体的なショルダーハーネス
背面パネル
成型バックパネル
ウエストベルト
レインカバー
ポケット
  • サイドポケット
  • フロント上部ポケット
  • フロント下部ポケット
PCスリーブ
サイズ
縦46×横29×マチ14cm
重量
1,000g

ザ・ノース・フェイス シャトルデイパックの特徴

ザ・ノース・フェイスの中でもビジネスシーンにぴったり合うような違和感のないデザインで仕上げられたバックパックです。

成型バックパネルと立体的なショルダーハーネスを用いたことで背負い心地が向上し、営業など外回りでも苦になりません。

ポケットも細かく備わっているので、使い勝手抜群です。

ザ・ノース・フェイス シャトルデイパックの口コミ

口コミを見る

収納箇所が多い!
収納箇所が豊富でとても便利です。

ノートPCの持ち運びにぴったり
ノートPCを常時運ぶのにぴったりのカバンだと思います。

使い勝手がいい
容量もばっちりでとても使い勝手がいいです。

バックパックのおすすめの使い方は!

バックパックを使う際のおすすめの使い方を紹介します。

ショルダーストラップなどで身体にしっかりフィットさせよう!

バックパックを使う際には、身体にしっかりフィットさせて使うことを心掛けましょう。

フィット感はショルダーベルトやチェストストラップなどを使って高めることができます。身体に合わない状態で使うと、変な場所に負荷がかかるなどして重さを余計に感じることになります。

付属しているベルトなどを上手く使って、しっかりフィットさせましょう。

電車移動の際は邪魔にならないようにしよう!

目的地まで移動する際に電車で移動することがありますよね。その場合、バックパックは自分の身体の前に持ってくるように気を付けましょう。

後ろに背負うと余分なスペースをとってしまい、他の乗客の邪魔になってしまいます。

大きな荷物だからこそ、他の利用者への配慮を忘れずに使用しましょう。

バックパックについてのよくあるQ&A

では、最後にバックパックを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

バックパックを機内に持ち込む時のサイズ制限は?

飛行機の機内にバックパックを持ち込みたい場合は、サイズ規定が各社によって異なるので注意が必要です。

平均的な持ち込み可能寸法としては「55×40×25cm」「三辺合計115cm以内」となります。

特にLCCなどの格安航空会社などでは持ち込み可能サイズが小さめになるので飛行機に持ち込みたい場合はしっかり確認するようにしましょう。

完全防水のバックパックはある?

基本的に完全防水のバックパックはないと思った方が安全です。防水性が高いモデルはありますし、水が入ってこないように工夫が施されたバックパックもあります。

しかし完全防水はなかなか難しいので、レインカバーなどを上手く使って雨を防ぎましょう。

まとめ

登山や旅行だけでなく、ビジネスシーンや日常使いでも大活躍してくれるのがバックパックです。

ここでは用途別にランキング形式で紹介してきましたが、どれも口コミも優秀なバックパックばかりです。

自分の用途にぴったり合うバックパックを見つけて、大活躍させてくださいね。