【40商品比較】青汁おすすめランキングTOP15!効果・栄養価が高いのは?

「気を遣うヒマがなくて…」「ついつい好き嫌いしちゃって…」といった理由で食生活が乱れることは多いです。

そんな食生活で不足する栄養を補う手段として、近年では健康食品としてすっかり青汁が定着しました。

ただ青汁は探せば数百種類はあるのでは…というほど種類があるので、実際飲もうと思ったらどれを飲んだらいいのかは迷ってしまいますよね?

そこで今回は、

  • 青汁の選び方ってあるの?
  • どういった青汁がいいの?
  • おすすめの青汁はどれ?

といったおすすめの青汁をランキング形式を交えてご紹介していきます!

青汁を選ぶときにおさえたい3つの選び方!

青汁を選ぶ際、種類が多すぎて混乱してしまいますよね。

上にあげたような4つの選び方を意識してみると、自分にぴったりの青汁が見つかりやすくなります。

それぞれの選び方についてご紹介するので、順番に見ていきましょう!

メインの原材料は「大麦若葉」「ケール」「明日葉」が多く含まれているものを選ぶ!

原材料特徴豊富な栄養
大麦若葉大麦の葉を緑色のうちに収穫したもの
  • 食物繊維
  • βカロテン
  • カルシウム
  • ビタミンC

青臭さ・苦さが抑えられていて飲みやすい
ケールアブラナ科でキャベツの原種、「野菜の王様」と呼ばれる豊富な栄養
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • βカロテン

独特の味で好き嫌いが分かれやすい
明日葉セリ科の植物で日本原産
  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルコン

比較的飲みやすい
桑の葉1-デオキシノジリマイシン(DNJ)を含み糖の吸収を抑える
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • カルシウム

大麦若葉に近い飲みやすさ

青汁によく使われるメインの原材料は、上にあげた4つの野菜です。

それぞれ栄養価は違い、どれも総合的には栄養満点なのですが、実際に飲むときに影響する大きな要素が飲みやすさ!

大麦若葉は抹茶のような風味があり、また抹茶との相性よく飲みやすい味になります。

ケールは原材料の中でも栄養価が高いと言われますが、「まずい、もう1杯!」のCMで知られた青汁の原料でもあり、独特の味が特徴です。

飲みやすさを優先するなら大麦若葉が原料となっている青汁を選ぶのがおすすめです。

添加物はなるべく少ないものを選ぶ!

添加物の種類主な成分
人工甘味料
  • サッカリン
  • スクラロース
  • アスパルテーム
天然甘味料
  • 麦芽糖
  • オリゴ糖
  • マルチトール
  • トレハロース
水溶性食物繊維
  • 難消化性デキストリン
  • 難消化性オリゴ糖
不溶性食物繊維
  • セルロース
  • キチン
  • キトサン

原材料と一緒に見たいのが、添加物として何が入っているかです。上に青汁によく使われている添加物をピックアップしてみました。

飲みやすいように味が調整されている・栄養素が強化されている青汁はだいたい何かしらの添加物が入っているので、完全無添加がいい場合は無添加青汁を選ぶといいでしょう。

ただし添加物は悪いものではなく、国が安全性を確認し使用を認めているものです。

添加物=悪!と一律に考えてしまうともったいない場合があるので、ご自身でどこまで気になるのかを見極めて選ぶようにしましょう。

無理なく続けられる価格のものを選ぶ!

青汁は飲んで数日で実感できるものではないので、ある程度飲み続ける必要があります。

そのため、やはり経済的負担を考えないわけにはいきませんよね。

青汁の価格はピンキリです。1,000円前後ものから4,000円を超えるものまで、本当に様々な商品が販売されています。

高ければ高いほどいいというわけでもなく、経済的負担が大きいかどうかも選ぶポイントとして重要です。

品質、原料の種類、飲みやすさ、原料の産地など、ご自身が気になるポイントを確認し、経済的に負担にならないものを選ぶようにしましょう。

【おすすめはどれ?】厳選40商品の青汁を徹底比較!

商品価格主な原材料おすすめ度
サントリー極の青汁
  • 【定期購入】3,499円(税込)
  • 【通常購入】3,888円(税込)
  • 大麦若葉
  • 明日葉

5.0
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.2
商品価格主な原材料おすすめ度
ヤクルト青汁のめぐり
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】2,160円(税込)
    (実売1,300円(税込)程度)
  • 大麦若葉

4.9
成分飲みやすさコスパ

4.2

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
アサヒ乳酸菌+酵素大麦若葉
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】30本入り…1,620円(税込)
  • 大麦若葉
  • 桑の葉

4.8
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
キューサイザ・ケール
  • 【定期購入】5,832円(税込)
  • 【通常購入】6,480円(税込)
  • ケール

4.7
成分飲みやすさコスパ

5.0

4.0

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
マイケアふるさと青汁
  • 【定期購入】3,693円(税込)
  • 【通常購入】4,104円(税込)
  • 明日葉
  • 桑の葉
  • 大麦若葉

4.7
成分飲みやすさコスパ

5.0

4.0

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
やずや豆乳青汁
  • 【定期購入】6,123円(税込)
  • 【通常購入】6,804円(税込)
  • 大麦若葉

4.6
成分飲みやすさコスパ

5.0

4.5

3.5
商品価格主な原材料おすすめ度
伊藤園・毎日1杯の青汁(無糖タイプ)
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,522円(税込)
  • 大麦若葉
  • 抹茶

4.6
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
野菜屋さんが作ったドクターベジフル青汁
  • 【定期購入】3,402円(税込)
  • 【通常購入】3,780円(税込)
  • 大麦若葉
  • 桑の葉

4.5
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
サンスター健康道場粉末青汁
  • 【定期購入】4,374円(税込)
  • 【通常購入】4,860円(税込)
  • 大麦若葉
  • ケール
  • 明日葉

4.5
成分飲みやすさコスパ

5.0

4.0

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
世田谷自然食品・乳酸菌が入った青汁
  • 【定期購入】3,553円(税込)
  • 【通常購入】3,704円(税込)
  • 大麦若葉

4.5
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
山本漢方製薬・大麦若葉粉末100%
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】3,024円(税込)
  • 大麦若葉

4.4
成分飲みやすさコスパ

3.5

4.5

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
えがおの青汁満菜
  • 【定期購入】2,786円(税込)
  • 【通常購入】3,240円(税込)
  • 大麦若葉
  • 抹茶

4.4
成分飲みやすさコスパ

4.0
5.0
4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
アサヒ緑健・緑効青汁
  • 【定期購入】90本入り…9,481円(税込)
  • 【通常購入】90本入り…9,980円(税込)
  • 大麦若葉

4.4
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>
  • 【定期購入】3,694円(税込)
  • 【通常購入】4,104円(税込)
  • 大麦若葉
  • 抹茶

4.4
成分飲みやすさコスパ

5.0

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
やわた昔ながらの本青汁
  • 【定期購入】1,944円(税込)
  • 【通常購入】2,160円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.0

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
ファンケル1日分のケール青汁
  • 【定期購入】4,276円(税込)
  • 【通常購入】4,752円(税込)
  • ケール

4.3
成分飲みやすさコスパ

5.0

4.0

3.5
商品価格主な原材料おすすめ度
シードコムス輝きの青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,428円(税込)
  • 大麦若葉
  • ケール
  • 抹茶

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
ヤクルト私の青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】30本入り…1,620円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
ななつのしあわせ青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】2,894円(税込)
  • 大麦若葉
  • 桑の葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
伊藤園・毎日1杯の青汁(豆乳タイプ)
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,522円(税込)
  • 大麦若葉
  • 豆乳

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
アサヒフルーツ酵素青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,728円(税込)
  • 大麦若葉
  • ケール

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
日本薬健・金の青汁純国産大麦若葉100%粉末
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】90本入り…1,981円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.0

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
ユーワ国産大麦若葉青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】100本入り…2,138円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.0

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
ユニマットリケン国産有機大麦若葉100%青汁
  • 【定期購入】
  • 【通常購入】60本入り…2,532円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
キューサイザ・ケール+はちみつ
  • 【定期購入】6,295円(税込)
  • 【通常購入】6,994円(税込)
  • ケール

4.2
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

3.0
商品価格主な原材料おすすめ度
三昧生活・青汁三昧
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】60本入り…4,400円(税込)
  • ケール
  • ゴーヤー
  • 大麦若葉

4.1
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.0

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
小林製薬キトサン明日葉青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】3,024円(税込)
  • 明日葉
  • キトサン

4.1
成分飲みやすさコスパ

4.5

3.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
ヤクルトまろやかケール
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】2,700円(税込)
  • ケール

4.0
成分飲みやすさコスパ

4.5

3.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>
  • 【定期購入】3,694円(税込)
  • 【通常購入】4,104円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
アビオスベジパワープラス
  • 【定期購入】4,406円(税込)
  • 【通常購入】5,184円(税込)
  • 大麦若葉
  • 緑茶

4.0
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

3.5
商品価格主な原材料おすすめ度
ユーワおいしいフルーツ青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】20本入り…1,058円(税込)
  • 大麦若葉

4.0
成分飲みやすさコスパ

3.5

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
やずや養生青汁
  • 【定期購入】63本入り…6,123円(税込)
  • 【通常購入】63本入り…6,804円(税込)
  • 大麦若葉
  • はと麦エキス

3.9
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

3.5
商品価格主な原材料おすすめ度
ファビウスすっきりフルーツ青汁
  • 【定期購入】3,758円(税込)
  • 【通常購入】4,298円(税込)
  • 大麦若葉
  • 明日葉

3.8
成分飲みやすさコスパ

3.0

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁
  • 【定期購入】3,499円(税込)
  • 【通常購入】3,888円(税込)
  • 大麦若葉
  • ポリデキストロース

4.2
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
ヤクルト国産ケール青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】2,160円(税込)
  • ケール

4.2
成分飲みやすさコスパ

4.5

3.5

4.2
商品価格主な原材料おすすめ度
伊藤園・毎日1杯の青汁(フルーツタイプ)
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,522円(税込)
  • 大麦若葉
  • ケール

4.0
成分飲みやすさコスパ

3.0

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
自然健康社・八丈島産明日葉青汁粉末
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,200円(税込)
<

  • 八丈島産明日葉

/td>


3.8
成分飲みやすさコスパ

3.0

4.0

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
山田農園本舗やまだの青汁
  • 【定期購入】2,277円(税込)
  • 【通常購入】2,679円(税込)
  • 大麦若葉
  • よもぎ

4.1
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

4.0
商品価格主な原材料おすすめ度
新日配薬品・九州産有機大麦若葉ケール青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,620円(税込)
  • 大麦若葉
  • ケール

4.2
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
キューサイザ・ケールマイルド風味
  • 【定期購入】2,916円(税込)
  • 【通常購入】3,240円(税込)
  • ケール
4.2
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

4.0

当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

今回厳選した40商品の青汁を、原材料・添加物などの成分・飲みやすさ・コスパで表にしてみました。

好みの問題は別として、最近の青汁は原材料・味ともしっかりしたものが多いので、気になる青汁が口コミサイトやSNSで高評価であれば大きく外すことはありません。

ただ1人でいくつも青汁を試すとなると飲むのも大変ですし、経済的にもしんどいですよね…?ある程度は買う前に目星をつけたほうが自分に合った青汁に出会いやすいです。

ここからは比較した40商品の中から、特におすすめの青汁をランキング形式でご紹介していきます。

【総合】人気の青汁おすすめランキングTOP15!

それではおすすめの青汁をランキング形式でご紹介します。

原材料・添加物などの成分・飲みやすさ・コスパを考慮した総合的な順位としました。

1位から順番にTOP15までランクインした青汁を見ていきましょう!

当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

【サントリー】極の青汁

出典:公式HP
極の青汁
サントリーウエルネス株式会社
定期購入3,499円(税込)
通常購入3,888円(税込)
内容量
3.3g×30本/約1か月分
1包あたり(税込)
約116円(定期お届けコースの場合)
成分
4.5
飲みやすさ
4.5
コスパ
4.2
総合オススメ度
5.0
原材料

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン

サントリー極の青汁は大麦若葉・明日葉の原料に、抹茶・煎茶も配合された青汁です。

抹茶っぽく飲めるので、青汁の苦味が苦手な人、逆にフルーツなどの甘みがある青汁が苦手な人におすすめ!

国産の原料にこだわって作られていて、食物繊維・ビタミンCなど野菜成分を手軽に補給することができます。

安心安全のための品質管理体制や原料へのこだわりのためか、お値段は少し高め。

お徳用サイズの定期お届けコースで購入すると毎回10%オフ&送料無料ととてもお得になるので、飲み続ける場合は定期お届けコースを利用するといいでしょう。

成分・飲みやすさなどのバランスがよく、1位としました。

【ヤクルト】青汁のめぐり

出典:公式HP
青汁のめぐり
ヤクルトヘルスフーズ株式会社
希望小売価格2,160円(税込)
(実売1,300円程度)
内容量
7.5g×30本(225g)
1包あたり(税込)
約43円(実売価格1,300円程度の場合)
成分
4.2
飲みやすさ
4.5
コスパ
4.5
総合おすすめ度
4.9
原材料

大麦若葉エキス末(大麦若葉(国産)・デキストリン)、ガラクトオリゴ糖粉末、水溶性食物繊維、デキストリン

ヤクルト青汁のめぐりはドラッグストアなどでも市販されている青汁です。公式HPでの通販・定期購入などはありません。

希望小売価格は2,000円ですが、楽天・Amazonなどの通販サイトでは1箱1,300円程度で購入することが可能で、1杯あたりのコストは43円程度とお安く飲むことができます。

原材料は大麦若葉を中心としてガラクトオリゴ糖など4種類とシンプルで、野菜成分・整腸作用がある成分を豊富に含むため何かとたまりがちな人にもおすすめ!

また多少甘みを含んだ抹茶のような飲みやすさがあるので、青汁が苦手な人でもとっつきやすい味です。

【アサヒ】乳酸菌+酵素大麦若葉

出典:公式HP
乳酸菌+酵素大麦若葉
アサヒグループ食品株式会社
希望小売価格1,620円(30本入り)/2,808円(60本入り)
内容量
  • 3g×30本
  • 3g×60本
1包あたり(税込)
54円程度(税込1,620円の場合)
成分
4.5
飲みやすさ
4.0
コスパ
5.0
総合オススメ度
4.8
原材料

大麦若葉粉末(九州産)、チコリ由来オリゴ糖、穀物発酵エキス末(小麦を含む)、有胞子性乳酸菌末、桑葉末、酵母エキス、殺菌乳酸菌粉末(乳成分を含む)

乳酸菌+酵素大麦若葉はあっさり飲みやすい大麦若葉をメインに、乳酸菌などを加えて腸に優しく作られた青汁です。味は乳酸菌が入っているからか多少酸味がありますが、それでも多くの人が飲みやすい味になっています。

1日の目安は2本となっていますが、1本あたりの価格が54円程度なので、1日2本飲むとしても十分なコスパ!

ドラッグストアなどでも買える市販品で手軽に買えるので、整腸作用を期待する場合はこの青汁がおすすめです。

【キューサイ】ザ・ケール

出典:公式HP
ザ・ケール
キューサイ株式会社
定期購入袋タイプ…5,832円(税込)/分包タイプ…3,332円(税込)
通常購入袋タイプ…6,480円(税込)/分包タイプ…3,703円(税込)
内容量
  • 袋タイプ…420g
  • 分包タイプ…7g×30本
1包あたり(税込)
  • 約97円(袋タイプ/定期お届けコースの場合)
  • 約111円(分包タイプ/定期お届けコースの場合)
成分
5.0
飲みやすさ
4.0
コスパ
4.0
総合オススメ度
4.7
原材料

ケール(国産)/ビタミンC

ザ・ケールは「まずい、もう1杯!」のCMでおなじみのキューサイから発売されている青汁です。2019年に名称変更されました。

原材料は国産のケールしか使っていないため、栄養満点です。その分価格も高めになっています。

ケール独特の青臭さ・苦さがやや強く出ているので、万人受けする味ではありません。

ただそれでも以前の青臭さほどではなくだいぶ飲みやすくなったと感じたので、野菜の味そのままが好きな人にはおすすめ!

【マイケア】ふるさと青汁

出典:公式HP
ふるさと青汁
有限会社マイケア
定期購入3,693円(税込)
通常購入4,104円(税込)
内容量
3g×30本
1包あたり(税込)
約123円(定期お届けコースの場合)
成分
5.0
飲みやすさ
4.0
コスパ
4.0
総合オススメ度
4.7
原材料

あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

ふるさと青汁は八丈島産の明日葉を原材料に使った青汁です。難消化性デキストリン・直鎖オリゴ糖と2つ添加物は入っていますが、味は野菜の葉の味が強く出てきます。

ただケール原材料の青汁に比べると比較的飲みやすく、甘みがついた味付けが苦手な人にはおすすめです!

ちなみに購入してみた際、支払い方法にクレジットカードが選べなかったため、その点はちょっと不便かなと感じました。

【やずや】豆乳青汁

豆乳青汁
株式会社やずや
定期購入6,123円(税込)
通常購入6,804円(税込)
内容量
6.6g×31本
1包あたり(税込)
約197円(定期お届けコースの場合)
成分
5.0
飲みやすさ
4.5
コスパ
3.5
総合オススメ度
4.6
原材料

大麦若葉、豆乳粉末(マルトース、豆乳<大豆を含む>)、デキストリン/貝カルシウム

豆乳青汁は国産大麦若葉に豆乳を加えて飲みやすくした青汁です。

ホタテ由来のカルシウムも入ってるので、カルシウム不足が気になっている人におすすめ!

難点はやはり価格で、定期購入した場合でも1本あたり197円程度掛かるので、青汁の中でも高めの部類に入ります。

飲みやすい青汁ではあるので、経済的負担と相談という感じですね。

【伊藤園】毎日1杯の青汁(無糖タイプ)

出典:公式HP
毎日1杯の青汁(無糖タイプ)
株式会社伊藤園
希望小売価格1,522円(税込)
内容量
5.6g×20本
1包あたり(税込)
約76円
成分
4.5
飲みやすさ
4.5
コスパ
4.5
総合オススメ度
4.5
原材料

食物繊維、大麦若葉粉末、緑茶粉末、ほうれん草粉末、ブロッコリー粉末、ケール粉末、米こうじ粉末、ボタンボウフウ粉末、スピルリナ、ケフィア粉末(乳成分を含む)、でん粉、大根葉粉末

毎日1杯の青汁(無糖)は伊藤園から発売されている、ドラッグストアなどでも買える市販の青汁です。

原材料表示の先頭に食物繊維が来るだけあって、食物繊維が豊富に含まれており腸の調子を整えるのが期待できます。

無糖なので甘み成分は一切ありませんが、大麦若葉メインで少し苦みは感じるものの抹茶のような感じで十分飲みやすかったです。

市販品らしく1本あたりの価格は50円程度とかなり安めの部類なので、手軽に青汁を試したい人におすすめ!

野菜屋さんが作ったドクターベジフル青汁

出典:公式HP
野菜屋さんが作ったドクターベジフル青汁
株式会社グランデ
定期購入3,402円(税込)
通常購入3,780円(税込)
内容量
3g×30本
1包あたり(税込)
約113円(定期お届けコースの場合)
成分
4.5
飲みやすさ
4.5
コスパ
4.0
総合オススメ度
4.5
原材料

大麦若葉末、きなこ、黒糖、かぼちゃパウダー、おから末、さつまいもパウダー、紫いもパウダー、野菜ミックスパウダー(ほうれん草、ケール、桑の葉、トマト、キャベツ、小松菜、人参、サニーレタス、グリーンリーフ、チンゲン菜、春菊、レタス、パセリ、ごぼう、ピーマン、アスパラガス、大葉)

ドクターベジフル青汁は大麦若葉・ケール・桑の葉をメインに計21種類の九州産野菜で作られた青汁です。

飲みやすいようにきなこ・黒糖も使われていますが、天然甘味料なので人工甘味料ほどの悪影響はなく安心して飲むことができます。

青汁感が薄いまろやかな青汁テキストが飲みたい人におすすめです!

定期購入の場合は初回2,680円&全額返金補償付きなので、ほぼノーリスクで試すことができます。

【サンスター】健康道場粉末青汁

出典:公式HP
健康道場粉末青汁
サンスター株式会社
定期購入4,374円(税込)
通常購入4,860円(税込)
内容量
10g×30本
1包あたり(税込)
約145円(定期お届けコースの場合)
成分
5.0
飲みやすさ
4.0
コスパ
4.0
総合オススメ度
4.5
原材料

ブロッコリー(国産)、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ

健康道場粉末青汁はケール・大麦若葉・明日葉など5種類の国産野菜で作られた青汁です。飲みやすくするための添加物は一切入っていないため、栄養満点となっています。

その分青臭さ・苦さはありますが、ケールだけの青汁よりは多少マイルドな味で、野菜の味そのままが好きな人におすすめ!

1本あたりの135円程度とやや高めになっているので、原材料のよさを取るか価格を取るかは人それぞれですね。

【世田谷自然食品】乳酸菌が入った青汁

出典:公式HP
乳酸菌が入った青汁
株式会社世田谷自然食品
定期購入3,553円(税込)
通常購入3,704円(税込)
内容量
3.2g×30本
1包あたり(税込)
約118円(定期お届けコースの場合)
成分
4.5
飲みやすさ
4.5
コスパ
4.0
総合オススメ度
4.5
原材料

大麦若葉粉末(国内製造)、還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン、抹茶、クマザサ粉末、植物性乳酸菌、デキストリン

乳酸菌が入った青汁は、健康食品で有名な世田谷自然食品から発売されている青汁です。飲みやすい大麦若葉をメインに、整腸作用が期待できる乳酸菌が入っているので腸に優しい青汁になっています。

麦芽糖・難消化性デキストリンなど添加物はありますが、人工甘味料は入っていないのでこだわらない場合はあまり気にしなくてもいいでしょう。

価格は1本109円程度と青汁の中で高くもなく安くもない位置という感じですね。

【山本漢方製薬】大麦若葉粉末100%青汁

大麦若葉粉末100%
山本漢方製薬株式会社
内容量公式価格(税込)
7本入りお試し626円
22本入り1,620円
44本入り3,024円
88本入り5,400円
内容量
3g×7本/22本/44本/88本
1包あたり(税込)
約73円(22本入り1,620円の場合)
成分
3.5
飲みやすさ
4.5
コスパ
5.0
総合おすすめ度
4.4
原材料

大麦若葉

大麦若葉粉末100%はドラッグストアなどでも市販されている青汁です。

公式HPでの通販もありますが、44本入り・88本入りの大容量に関してはAmazonで通常購入・定期購入とも取り扱いがありかつ安いので、飲み続ける場合はAmazonを利用したほうがランキングコストを抑えることができます。

原材料は大麦若葉だけなので、青汁の中では比較的飲みやすい部類に入り、Amazonで購入した場合は1杯あたり22円程度で飲めるので続けやすい青汁ですよ!

ただし公式HPで言及されているのですが、原材料の大麦若葉は中国での栽培なので、産地が気になる人にはあまりおすすめできません。

公式HPで7本入りのお試しを580円で購入できるので、飲めるかどうか見極めたい場合はお試し購入もアリです。

【えがお】えがおの青汁満菜

出典:公式HP
株式会社えがお
えがおの青汁満菜
定期購入2,786円(税込)
通常購入3,240円(税込)
初回お試し980円(税込)
内容量
4.5g×31本
1包あたり(税込)
約92円(定期お届けコースの場合)
成分
4.0
飲みやすさ
5.0
コスパ
4.5
総合おすすめ度
4.4
原材料

大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、熟成黒生姜粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス/ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、葉酸、ビタミンD

えがおの青汁満菜は有機野菜10種類含む18種類の野菜を使った青汁です。

青汁というよりは野菜ジュースに近いかもしれませんが、青汁の青臭さのような味ではなく抹茶風味で飲みやすくなっています!

青汁初心者の人でも十分に飲めるのではないでしょうか。

気になるのは、野菜の種類も豊富な一方で添加物も10種類以上入っているところ。原材料にこだわる場合はちょっとマイナスポイントかもしれません。

初めて定期購入する場合は初回980円でお試しすることができます!回数縛りなしなので興味がある場合は定期購入利用がおすすめ!

【アサヒ緑健】緑効青汁

出典:公式HP
緑効青汁
株式会社アサヒ緑健
定期購入9,481円(税込)
通常購入9,980円(税込)
内容量
3.5g×90本
1包あたり(税込)
約105円(定期お届けコースの場合)
成分
4.5
飲みやすさ
4.5
コスパ
4.0
総合おすすめ度
4.4
原材料

有機大麦若葉末、還元麦芽糖、水溶性食物繊維、抹茶、オリゴ糖、乳酸菌末、サンゴカルシウム

緑効青汁はアサヒ緑健発売で、かなり以前から売られている青汁です。

九州阿蘇産の大麦若葉をメインに飲みやすく仕上がっていて、添加物も栄養を増強する最小限のものになっています。

1箱あたりは定期購入でも9,000円以上しますが、1箱90本入りのためコスパは青汁の中では標準的です。

公式サイトでは無料サンプルを請求することができるので、興味がある場合はまず無料サンプルで試してみるのがおすすめ!

【大正製薬】ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>

出典:公式HP
ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>
大正製薬株式会社
定期購入3,694円(税込)
通常購入4,104円(税込)
初回お試し980円(税込)
内容量
3g×30本
1包あたり(税込)
約123円(定期お届けコースの場合)
成分
5.0
飲みやすさ
5.0
コスパ
4.5
総合おすすめ度
4.4
原材料

大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>はコレステロールの吸収を抑えるキトサン入りの青汁です。

厚生労働省の認可を受けて特定保健用食品(トクホ)に分類されており、健康診断の結果が良くなったという口コミもありました。

飲み口は薄い抹茶のような感じで、青汁が苦手な人でも比較的飲みやすいでしょう。

気になるのは飲む目安が1日3袋と箱に記載されているので、目安通りに飲むと1日あたり300円以上掛かるかも?という点。飲む量はその人次第かもしれませんね。

公式HPでは初回お試し980円で購入することができます。試したい場合はお試し980円をぜひ利用しましょう!

【やわた】昔ながらの本青汁

出典:公式HP
昔ながらの本青汁
八幡物産株式会社
定期購入1,944円(税込)
通常購入2,160円(税込)
内容量
3g×30本
1包あたり(税込)
約64円(定期お届けコースの場合)
成分
4.0
飲みやすさ
4.0
コスパ
5.0
総合おすすめ度
4.3
原材料

大麦若葉粉末(国内製造)、還元麦芽糖水飴、乳酸菌(乳成分を含む)/ビタミンC

昔ながらの本青汁はテレビショッピングなどで有名な「やわた」から発売されている青汁です。

国産大麦若葉のほか、乳酸菌も入っているので便秘が気になる場合は飲んでみるのもいいですね。

味は乳酸菌のせいか多少酸味がありますが、飲みにくいほど気になるということはありません。

1杯あたりの価格は64円程度とそこそこ安めで、定期購入割引・まとめ買い割引があるので1回の発送で3箱購入すると更に格安で購入することができます!

【迷ったらコレ!】青汁で迷ったらサントリー極の青汁がおすすめな5つの理由!

※1 2004年5月~2016年12月。サントリーウエルネスの青汁商品累計 。1杯に1包使用。
おすすめな5つの理由
  • 大麦若葉・明日葉で野菜不足を補える
  • 抹茶風味で青汁初心者にも飲みやすい!
  • 水にしっかり溶けてくれて扱いやすい
  • カロリー控えめで健康が気になる人にもおすすめ
  • 公式サイトの定期お届けコースで購入すると10%オフ&送料無料

ここまでおすすめ青汁のランキングをご紹介しましたが、中でも私のおすすめの青汁はサントリー極の青汁です!

熊本県阿蘇など※の国産の⼤⻨若葉・⿅児島県屋久島などの明⽇葉を使用しており、安⼼・安全のために厳しい管理基準で作られています。

この青汁は抹茶風味で青汁初心者でも飲みやすいほどすっきり味!カロリーも控えめです。

通常サイズの定期お届けコースで購入すると10%オフの3,499円(税込)かつ送料無料なので、飲み続ける場合もお得になっています。

お徳用サイズの定期お届けコースはさらにお得になっているので要チェックです。

※2016年の年間使用量ベース

ドラッグストアや市販で買えるおすすめ青汁TOP5!

商品価格主な原材料おすすめ度
【ヤクルト】青汁のめぐり
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】2,160円(税込)
    (実売1,300円程度)
  • 大麦若葉

5.0
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
【アサヒ】乳酸菌+酵素大麦若葉
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】30本入り…1,620円(税込)
  • 大麦若葉
  • 桑の葉

4.8
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.0

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
【伊藤園】毎日1杯の青汁(無糖タイプ)
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,522円(税込)
  • 大麦若葉
  • 抹茶

4.6
成分飲みやすさコスパ

4.5

4.5

4.5
商品価格主な原材料おすすめ度
【ヤクルト】私の青汁
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,620円(税込)
  • 大麦若葉

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

5.0
商品価格主な原材料おすすめ度
【伊藤園】毎日1杯の青汁(豆乳タイプ)
  • 【定期購入】ー
  • 【通常購入】1,620円(税込)
  • 大麦若葉
  • 豆乳

4.3
成分飲みやすさコスパ

4.0

4.5

4.5

ドラッグストア・スーパーなど市販で購入できるおすすめの青汁は上の5つです!

市販の青汁も通販の青汁も特に違いはありません。ドラックストアやスーパーで買える青汁はお店で買ってすぐに飲み始めることができます。

ですが通販で購入する青汁の場合、定期購入サービスや会員になることによる特典が受けられたりします。

購入方法によって一長一短があるので、ご自身の生活の中で青汁が取り入れやすいものを選ぶとよいでしょう。

販売方法よりも個人的に注目しているのは、開示している情報の多さです。

市販の青汁にしろ通販の青汁にしろ、気になる点についてちゃんと情報が確認できたりすぐに疑問に答えてもらえるのは続ける上で大切だと考えているからです。

品質管理方法や原料についてなど、知りたい情報がちゃんとわかるようになっているかもぜひチェックしてみてください!

青汁を飲むメリットについて

青汁を飲むメリット
  • 健康をサポート
  • 野菜不足をサポート

青汁には健康維持に重要な成分が多数含まれています。

厚生労働省は1日350gの野菜を摂ることを推奨していますが、すべての年代でその基準を満たせていません。

年齢が上がるにつれ、食も細くなりがち。今よりもっと野菜を食べようと頑張ってみても、毎日栄養バランスを整えた食事を食べ続けるのは結構大変。

そんな時、手軽に野菜の力を摂取できるのが青汁です!

不足しがちなビタミンやミネラルなどの健康に重要な成分が配合されていて、野菜不足もサポートしてくれます。

少しでも野菜不足が心配な人は、青汁を毎日の生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

青汁の主な4つの栄養価についても確認しておこう!

名前特徴主な働き
βカロテン体内でビタミンAに変換されるもの成長に関与する成分
食物繊維消化されない成分で、水に溶ける水溶性、水に溶けない不溶性があるスッキリとした毎日をサポート
ビタミン類ビタミンC、ビタミンEが含まれている健康に不可欠
カルシウム体内に最も多く存在するミネラルの一種。体内で生成できない。力強い毎日をサポート

青汁の原材料となる大麦若葉・ケールなどの野菜は成分の多い少ないはありますが多数の健康成分を含んでいます。

その中でも特に注目したい成分を上に4つ表にしてみました。

どれも健康維持のために必要な成分ですが、上でも少し触れたように日本人の大半の人は野菜を食べる量が基準量よりも少ないためこれらの成分は不足しがちです。

青汁はこれらの成分をまとめて摂ることができる便利な健康食品ということですね!

参考資料公益財団法人・長寿科学振興財団
参考資料公益財団法人・日本食肉消費総合センター

青汁を飲む前に気になる9コのQ&A

青汁でニキビは改善できますか?

青汁にニキビを治すことはできません。皮膚科医に相談しましょう。

青汁を飲むタイミングはいつがいいですか?

基本的に飲むタイミングは自由でOKですが、継続して飲むことが重要なので、朝一番に飲む・食前に飲むなど、飲むタイミングを決めてしまうのは飲み忘れ防止の観点からおすすめです。

飲むタイミングを明示している商品の場合は、指定されたタイミングで飲むようにしましょう。

青汁を飲む上で注意することはありますか?

各商品の注意点を参考にしてください。特に薬を処方されている方や持病がある方はお医者さんに相談してください。

妊婦・授乳中・子供が飲んでも大丈夫ですか?

お子様向けの青汁や、妊婦・授乳中の方向けの青汁であれば飲んでも問題ないでしょう。

ただ商品によってはお子様や、妊婦・授乳中の方にはお勧めしていないものもあるので、必ずメーカーに確認の上飲むようにしましょう。

野菜ジュースと青汁の違いはなんですか?

明確にはありません。大麦若葉やケールなどの緑色の葉野菜が原料のものは「青汁」として販売されているものが多く、「野菜ジュース」として販売されているものはトマトや ニンジンなどの色鮮やかな野菜が使用されている印象を私は抱いています。

青汁でダイエットはできますか?

青汁でダイエットはできません。

体重の変化はエネルギー摂取量と消費量の収支の結果です。減量のためには、エネルギー消費量が摂取量を上回るように食事や運動に気を配る必要があります。つまり、過食や運動不足といった生活習慣を正すことなく、青汁を摂取するだけで減量効果が得られることはありません。

ダイエットは適度な運動 と栄養バランスの取れた食事が重要です。栄養バランスの取れた食事のサポートのために青汁を活用することはよいと思います。

青汁でコレステロール値を低下させることはできますか?

青汁そのものにはコレステロール低下が期待できる成分はほとんどありませんが、添加物としてキチン・キトサンを配合した青汁の場合は期待できます。

キチン・キトサン入りの特定保健用食品(トクホ)の青汁を選ぶといいでしょう。

青汁だけで野菜不足を解消することはできますか?

青汁には野菜成分が入っていますが、青汁だけで野菜の栄養素をまかなうことはできません。

あくまでも食事で野菜をしっかり食べて、不足した分を青汁で補うつもりで飲むのがおすすめです。

青汁を飲み過ぎると身体に悪影響はありますか?

青汁は健康食品なので、飲みすぎということはありません。ですが各メーカーの定める摂取目安量より多く飲んだからといって、何かあるわけでもありません。

継続することが重要なので、各商品の摂取目安量を守って続けることをおすすめします。

まとめ

今回のまとめ
  • 青汁の選び方は原材料・成分・飲みやすさ・価格
  • 大麦若葉が原料の青汁は飲みやすい商品が多かった
  • おすすめの青汁はサントリー極の青汁
  • 通販と市販で売られる青汁の大きな違いはない

ここまでおすすめの青汁について、ランキング形式を交えてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

現在の青汁は各メーカーから数百種類以上が発売されているので、どれを飲んだらいいのか迷っている人も多いと思います。

最終的には合う合わない・好みの問題にもなりますが、今回はサントリー極の青汁をおすすめとしました。

原材料・成分・飲みやすさ・価格が青汁によって全然違うので、あなたに合った青汁が見つかるといいですね!