中古車の値引きに喜ぶ男性

中古車は値引き可能!値引き成功者11名の例と交渉のコツ5つを紹介!

  • 中古車の値引きってできるの…?
  • 値引きできるなら、交渉のコツを知りたい。

現在、こういった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、中古車の値引きは可能です。

今回こちらでは、中古車の値引きに成功した11名の口コミと、値引き交渉5つのコツをお伝えしていきます!

交渉次第では高額の値引きも狙えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人
ITO
車いじりとドライブが好き!これまで自費で購入した車は計8台。思い出の詰まった愛車を手放すときは少しでも高く…と、数年前から中古車一括査定を利用するようになりました。すでに2台の車を売却しています。1台目は4社に見積もりを出してもらい+16万に。2台目は6社に見積もりを出してもらったところ+23万に!そんな私が中古車の売却に関する情報をお届けします!

中古車は値引きできる!3万〜50万円の値引きに成功した11名の口コミを紹介!

値引き額 内容
3万円
  • 諸費用込み53万円→現金を50万円持って行き3万円の値引きに成功。
  • ハスラーXの中古車が総額111万から3万値引きの108万になった!
5万円
  • 値引きは出来ないってところを5万値引きさせた。
  • お目当ての中古車5万円の値引きに成功した。
8万円
  • 中古車は値引き出来ないって絶対に無いわ。だって8万値引きして貰ったから。
10万円
  • 交渉ってしてみるもんなんだなー。10万円近く安くなった。
  • 3時間戦って10万の値引き!
  • ダメ元で10万値引きしてくれって店長に言ったら、半期決算最終日だからOK出た…。
15万円
  • 20万の値切り交渉からはじまり、15万の値切りに成功!
40万円
  • BMW正規ディーラーで認定中古車40万円値引き交渉成功♪♪
50万円
  • 白のG’s、まさかの50万値引き!

中古車は値引きできない…なんて話がありますが、そのようなことはありません!

ツイッターを調べてみると、3万〜50万円の値引きに成功した人が11名いました!

では、どの程度の値引きに成功したのか?その内容を詳しくみていきましょう!

中古車の3万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
総額53万円の車に対して現金50万円を持参。不足分の3万円を値引きした。っていう交渉方法→やり方がウマすぎ!

中古車の5万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
中古車のマイナス部分を見つけて値引きしてもらうやり方ですね。その方法もアリだなと感心。ただ、やりすぎは注意ですね。

中古車の8万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
買う意思を伝えて値引き交渉する。値引きのお手本ですね。

中古車の10万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
ダメ元でも思い切って値引き交渉するって大事ですね!しかし、3時間粘ってまで値引き交渉するのは、あまりオススメできないかも…。

中古車の15万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
最初に大きめの額で値引き交渉に入り、最終的に中間の価格で決着を付けるうまい交渉方法ですね。

中古車の40万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
BMWの中古車ってことで、もとの価格が高かったのではないかと思います。これま稀なケースでしょう。

中古車の50万円値引きに成功した人の口コミ

ITO
明細書に新店舗記念特別値引きとあったので、キャンペーンを利用した値引きって感じですね。それにしても、50万円の値引きとはスゴイ!

中古車の値引きに成功した11名の口コミまとめ

実際に11名の方が中古車の値引きに成功していたことから、中古車の値引きは可能と言えるでしょう。

ITO
ダメ元でも交渉!値引きできなかったら仕方ないくらいの気持ちでよいのではないでしょうか。

ただ、値引きには交渉が必要です。そこで次に、値引き交渉のコツを5つお伝えしていきます!

中古車の値引き交渉5つのコツ!

値引き交渉5つのコツ!
  1. 総支払額が出たタイミングで交渉に入る
  2. 今日購入する意志を伝える
  3. 横柄な態度で交渉しない
  4. 装備品やオプションのサービスをお願いする
  5. 総支払額の端数をカットしてもらう

販売店にもよりますが、中古車の値引きは可能であることがわかりました。ただ、値引きするには交渉が必要です。

どんな交渉を行えばいいのか?ここでは、交渉のコツを5つ解説していきます。

総支払額が出たタイミングで交渉に入る

中古車総支払額

中古車の値引き交渉は、必ず総支払額の見積りが出たタイミングで行いましょう。

車両価格だけを見て値引き交渉するのはNGです!

あとから、車両価格以外に必要となる諸費用を上乗せされることも考えられるからです。

総支払額とは?

車両価格と諸費用(法定費用・代行費用)を合わせた支払い合計額です。

値引き交渉するなら、まずは総支払額を出してもらうことです!ここは忘れないでくださいね。

また注意点として、諸費用に含まれる代行費用は適正な料金なのか確認しておきましょう。

代行費用は、販売店が自由に決めることができます。そのため、悪質な販売店だと代行費用を高額にしているケースがあるからです。

以下に諸費用の目安価格を掲載しています。中古車を購入する前に代行費用の相場を確かめておくとよいでしょう。

諸費用の内訳(目安価格)
諸費用 金額 金額
自動車税 車種により異なる 法定費用
自動車重量税 車種により異なる 法定費用
自動車取得税 車両価格・経過年数による 法定費用
自賠責保険 〜3万 法定費用
リサイクル料金 数千円〜2万円 法定費用
登録代行費用 1万〜3万円 代行費用
車庫証明代行費用 1万〜1万5千円 代行費用
納車費用 5千〜3万 代行費用
希望ナンバー代行費用 〜1万円 代行費用
クリーニング費用 〜5万円 代行費用

法定費用:販売店による違いはありません。
代行費用:販売店による違いがあります。

代行費用があまりにも高額でないか?確認しましょう。

今日購入する意志を伝える

今日購入する意志を伝える男性

「今日購入する!」という意思表示は、シンプルながら値引き交渉に効果的です。

販売店側からすれば、1台の車を売る最大のチャンスですからね。ただし、今日購入するという意志表示は、出しどころが大事です。

総支払額を出してもらったあと、こんな風に伝えるとよいでしょう。

「◯◯円なら今日購入します!値引きできませんか?」

ポイントは「今日購入する」の前に「この金額なら…」を付け加えることです。

ちなみにこの方法は、新車の値引きや家電の値引きでもよく使われている方法です。

横柄な態度で交渉しない

中古車を値切る男性

値引き交渉するとき「もっと安くしろ!」など、横柄な態度で交渉するのは逆効果です。

交渉相手も人です。嫌なお客さんに最大の値引きをすることは考えにくいです。中古車は購入後も点検整備等でお世話になることも多いので、紳士的な対応で交渉しましょう。

また、しつこすぎる値引き交渉もおすすめできません。嫌がられるだけです。

もし値引きが無理なら、次に紹介する装備品やオプションをサービスしてもらえないか、交渉方法を変えていきましょう。

装備品やオプションをサービスしてもらう

白いSUV車

中古車販売店によっては、値引きを一切しないところもあります。

こういった場合は簡単に諦めてしまうのではなく、装備品やオプションをサービスしてもらえないか、お願いしてみましょう。

装備品・オプションとは?
  • フロントガラスの撥水加工
  • 細かいキズの修復
  • ボディコーティング
  • タイヤ購入の割引き
  • …など

うまくいけば、10万円分くらい得することもあります。

装備品やオプションでトータル10万円相当安くなった人の口コミを見る

ITO
装備品やオプションなら、サービスできる販売店は多いので交渉してみましょう。

総支払額の端数を切ってもらう

計算機をたたくセールスマン

最後は総支払額の端数を切ってもらう方法です。
最初は万単位から交渉し、無理なら千円単位で交渉してみましょう。

  • 103万円→100万円にならないでしょうか?
  • 989,800円→9,800円カットしてもらえませんか?

端数切りに応じてくれる販売店は多いので、ぜひやってみてください。

中古車はどのくらいまで値引きできる?値引き相場の真実は?

ウインドウに値札の付いた中古車

中古車の値引き交渉をする際、値引き相場があれば交渉しやすいのにな…と思いますよね。

しかし、中古車に値引き相場というのはありません。

販売店の売り方や、車1台1台の仕入れ価格・利益率が異なるからです。もちろん、値引きは一切しない販売店もあります。

でも、どのくらいまで値引きできるか?目安だけでも知りたい!という方も多いでしょう。

そこで、私がこれまで中古車の値引き交渉を行ってきた経験から、大きく外さない値引きの目安額を掲載しますね。

値引きの目安額
  • 3万〜5万円の値引き→どんな車でも値引きできる可能あり
  • 6万〜9万円の値引き→ハードルは高いけど交渉次第でイケるかも
  • 10万円以上の値引き→車両が100万円以上の車、長期在庫車なら可能性あり
  • 20万円以上→よほどのことがなければ無理なレベル

総支払額が100万円以上の中古車なら10万円を目標に。100万円以下の中古車なら5万円あたりを目標にするとよいでしょう。

ITO
次は、中古車を購入する前に知らないと損してしまうかもしれない大事な3つのことをお伝えしていきます。

中古車を値引き購入する前に注意しておきたい3つのこと!

  1. 自動車ローンの金利と審査期間を把握しておく
  2. 購入前に車の状態を詳しく聞いておく
  3. 日頃から中古車情報をチェックをしておく

中古車の購入は、値引き以外にも気をつける点があります。ここでは、とくに気をつけておきたい3つの注意点をお伝えしていきます。

自動車ローンの金利と審査期間を把握しておく

小銭の上に乗るミニカー

中古車を購入するとき、自動車ローンを使う方は金利や審査期間に注意しましょう。

金利が高いと最終的に支払う費用が高くなりますし、審査通過に数日かかるようであれば、事前準備が必要になってくるからです。

自動車ローンは主に2種類あります。それぞれの違いを確認しておきましょう。

銀行の自動車ローン 信販会社の自動車ローン
金利
低め

高め
審査期間
数日必要

即日可能
審査難易度 ★★★★
手続き
銀行窓口に行く必要あり

販売店で手続き可能

金利の低さを求めるなら、銀行の自動車ローンを。審査通過のしやすさや手続きの手間を求めるなら、信販会社の自動車ローンを選びましょう。

なお、銀行の自動車ローンは購入する中古車が決まっていなくても、事前に仮審査を受けることができます。

事前に仮審査を受けられる代表的な銀行は以下3つです。

  • りそな銀行
  • 横浜銀行
  • 住信SBIネット銀行

仮審査の申込みはパソコンやスマホから可能です。もし、金利を安くしたいと思われる方は、銀行の自動車ローンをチェックしてみてください。

購入前に車の状態を詳しく聞いておく

車のボンネットを開けたところ

中古車を購入前する前に、スタッフに車の状態を詳しく聞いておきましょう。

購入したあと、余計な整備費用がかからないようにするためです。最低でも、以下の内容を店舗スタッフに聞いておきましょう。

購入前に聞いておきたい車の状態
  • タイヤはあとどのくらい持つか?
  • バッテリーはどのくらい持つか?
  • バッテリーはいつ交換したものか?
  • ワイパーのゴムは劣化していないか?
  • 近々交換が必要になるものはあるか?

もし、近々交換が必要になるものがあるなら、いま交換してもらえないか?交渉してみましょう。

日頃から中古車情報をチェックしておく

中古車誌を見る私

人気車種や状態の良い中古車はすぐに売れてしまうため、日頃から地域の中古車情報誌やネットの中古車情報をチェックしておきましょう。

もし、中古車情報をチェックする時間がなかったり、中古車の数が多すぎて探すのが大変というなら、中古車提案サービスを利用しましょう。

中古車提案サービスについては、以下で詳しくお伝えしていきます。

市場に出回る前の中古車が見つかる!中古車提案サービスを紹介!

ズパット車販売

  • 中古車の探し方がよくわからない
  • 欲しい車はあるけど、なかなか見つからない

こういったことでお困りの方におすすめなのが、中古車提案サービスの「ズバット車販売」です。

ズバット車販売は車探しのプロがあなたに代わって、希望条件を満たした中古車を探してくれるサービスです。

毎日約500台入荷する非公開車両の中から探してくれるので、掘り出し物の車が見つかることもあります。

登録・利用は無料なので、非公開車両もチェックしておきたい方は登録してみてくださいね!

中古車の値引き・交渉のコツまとめ

中古車の値引き交渉5つのコツ!
  1. 総支払額が出たタイミングで交渉に入る
  2. 今日購入する意志を伝える
  3. 横柄な態度で交渉しない
  4. 装備品やオプションのサービスをお願いする
  5. 総支払額の端数をカットしてもらう

中古車は値引き可能です。販売店によって値引きが難しいところもあるかもしれませんが、値引き交渉はやらなけらば結果は出ません。

交渉方法によって値引き額も変わってきますので、今回紹介した交渉5つのコツをぜひ試してみてくださいね。

また、なかなか良い中古車が見つからないと感じている方は、ズバット車販売を使って市場に出回る前の非公開車両を探してみましょう。

安くて状態の良い中古車を、ぜひゲットしてください。

アクセスランキング ACCESS RANKING