中国

中国旅行向け海外レンタルWiFiを10社比較しておすすめTOP5を紹介!

中国に旅行することになって「中国ではWiFiをどうしたら良いのだろうか」と悩んだりしていませんか?

「中国で使えるレンタルWiFiはあるのだろうか?」「レンタルWiFiはどのように選べばよいのだろうか?」など考えることが多すぎて、結局何が一番良いのか分からなくなったりしますよね。

そんなあなたのために、中国旅行向けの海外レンタルWiFi10社を比較して、特におすすめの5社を紹介していきます。

レンタルWiFi各社の料金や利便性などの特徴も紹介していますので、ぜひあなたにピッタリ合った海外レンタルwifi選びに役立ててくださいね♪

この記事を書いた人
kodama
中国は世界で最もIT技術が進んだ国の一つです。WiFiももちろんかなり普及しています。しかし、中国は広大な国で地域差が激しいため、WiFiも訪れる場所によって事情は異なります。また中国では、他の国と違い、GoogleやFacebook、twitterなど当たり前に使っているサービスの利用が制限されています。様々な面で日本とは違いますから、現地で困らないように事前に確認しましょう。

中国旅行におすすめのレンタルWiFi10社徹底比較!

容量(1日) 料金(1日) 受け渡し
グローバルWiFi
グローバルWiFiの料金表
300MB 776円 返送のみ自己負担
600MB 936円
1.1GB 1,096円
イモトのWiFi
イモトのWiFiの料金表
500MB 640円 返送のみ自己負担
1GB 790円
無制限 1,040円
Wi-Ho!
Wi-Ho!の料金表
300MB 680円 返送のみ自己負担
500MB 980円
1GB 1,180円
無制限 1,780円
jetfi
jetfiの料金表
350MB 680円 往復1,250円
500MB 980円
1GB 1,280円
無制限 1,580円
FAST-Fi
FAST-Fiの料金表
350MB 410円 往復1,250円
500MB 560円
1GB 980円
JAPAEMO
JAPAEMOの料金表
8日で5GB 4,980円 往復1,100円
15日で5GB 6,980円
30日で6GB 8,980円
JAL ABC WiFi
JAL ABC WiFiの料金表
無制限 1,000円 宅配取扱なし
SoftBank Global Rentalsoftbank_global_rentalの画像 500MB 980円 往復1,000円
1GB 1,390円
エクスモバイルエクスモバイルの画像 300MB 850円 返送370円~
500MB 1,100円
テレコムWiFi
テレコムWiFiの料金表
500MB 700円 往復1,884円
1GB 1,200円
無制限 1,700円

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。

中国旅行におすすめのレンタル海外WiFiランキングTOP5!

ランキング選定の基準
  • 料金の安さ
  • サポート体制の充実度
  • 端末受け渡しの便利さ
  • 受渡可能空港
  • 対応国と地域の数

上記5つのポイントでランキングにしました。

料金が安いことが大事なのはもちろんですが、サポート体制や受渡の利便性も重要であることからランキングの基準としています。

これらの基準を総合的に判断して、ランキングの順位を決定しています。

1位:Global(グローバル) WiFi【受取・返却が超便利!】

海外レンタルWiFiランキング/グローバルWiFi

料金 300MB:776円
600MB:936円
1.1GB:1,096円
サポート体制 365日24時間日本語でのテクニカルサポート
受け渡しの便利さ 空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、旭川空港、仙台空港、新潟空港、小松空港、静岡空港、伊丹空港、北九州空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港、みやこ下地島空港
対応国と地域の数 253

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
中国旅行で使う海外レンタルWiFiなら、グローバルWiFiが最もおすすめです。

料金の安さはもちろん、サポート体制もしっかりしています。また、受渡ができる空港は業界最多で受渡手数料も無料というように、どれをとっても業界トップクラスです。

さらに、BIGLOBEレビュー限定で「料金20%オフ」「翻訳機オプション無料」の特典が付きます。翻訳機オプションは一日800円かかりますから、それが無料というのは他社よりも実質800円お得ということなんです!

中国旅行から帰国した方からは「言葉さえ通じていればもっと楽しめたのに」という声をよく聞きます。翻訳機を無料でレンタルしておけば、そんな後悔など一切しなくてすみます。

レンタル料金が安く、翻訳機を無料でレンタルまでできるのはBIGLOBEレビュー経由でグローバルWiFiの申込をした場合のみです。他社と比較しても間違いなくお得です。海外レンタルWiFi選びで迷ったら、まずはグローバルWiFiをチェックしてみましょう!

2位:イモトのWiFi【価格が安い!】

海外レンタルWiFiランキング/イモトのWiFi

料金制 500MB:790円
1GB:940円
無制限:1,190円
サポート体制 365日24時間日本語でのテクニカルサポート
国際フリーダイヤル対応
受け渡しの便利さ 空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港
対応国と地域の数 202

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
「イモトのWiFi」最大の特長は、サポート体制が充実しているところです。

どのレンタルWiFi業者もサポートデスクを設置してはいますが、中国からの電話がフリーダイヤルなのは「イモトのWiFi」しかありません。もちろん24時間365日日本語で対応してくれます。

中国旅行中にWiFiに何かトラブルが起こった時に、頼れるのはサポートだけですから、大変心強い味方です。

イモトのWiFiは、北京や上海、広州、深センといった大都市ではもちろん使えますが、中国は広大な国ですからどこでも使えるというわけではありません。

中国での旅行先で使えるかどうか、事前に確認することをおすすめします。

ランキングの順位は、受渡可能な空港などの利便性ではグローバルWiFiに軍配が上がるということで2位としました。

3位:Wi-Ho!【オプションも豊富】

海外レンタルWiFiランキング/Wi-Ho!

料金 300MB:750円
500MB:1,050円
1GB:1,250円
無制限:1,850円
サポート体制 24時間日本語サポートデスクあり
通話料有料(050plusユーザーは無料)
受け渡しの便利さ 空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、松山空港
対応国と地域の数 220

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
料金・サポート体制・受渡など各ポイントで、そつなく合格点なのがWi-Ho!です。

Wi-Ho!の特長として挙げられるのは、オプションでAI自動翻訳機をレンタルできることです。

「ez:commu」「PERARK」という2種類のAI自動翻訳機があり、一日当たり330円からレンタルすることができます。

中国旅行で感じることのひとつが「言葉の壁」ですが、翻訳機があればそれも解消しますね♪

Wi-Ho!で気になる点は、利用料金が3,000円を超えないと送料がかかることです。それに加えて、サポートへの通話料が有料であることから、ランキング3位としました。

4位:jetfi【全国50,000箇所以上で受取可能】

海外レンタルWiFiランキング/jetfi

料金 350MB:980円
500MB:1,280円
1GB:1,580円
無制限:1,580円
サポート体制 jetfiサポートセンター、通話料有料、24時間対応。
受け渡しの便利さ 空港:(受取)0円(返却)650円、宅配:(発送)600円(返送)650円
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、秋田空港、広島空港、松山空港、鹿児島空港、那覇空港
対応国と地域の数 104

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
jetfiの料金は中国では一日当たり980円(500MB)で、1位のグローバルWiFi(600MB)と比べると約44円高いです。

料金面でメリットがない分、受渡の利便性が高いのが特徴です。

空港はもちろん、ファミリーマート約15,700店舗、LAWSON約13,100店舗、ミニストップ約2,200店舗に加えて、全国約20,000局の郵便局で受け取ることができます。

ここまで受取可能な場所が多ければ、自宅は不在気味で宅配では受取が難しくても問題ないでしょう。

またjetfiは、中国一カ国だけでなく他のアジアの国、たとえば台湾や香港でも同じ料金で使うことができます。

ただ、マイナスポイントとして返却時送料が650円かかるため、ランキング4位としました。

5位:FAST-Fi【端末をモバイルバッテリーとしても使える】

海外レンタルWiFiランキング/FAST-Fi

料金 350MB:620円
500MB:670円
1GB:1,180円
サポート体制 FAST-Fiサポートセンター、24時間365日対応、通話料有料
受け渡しの便利さ 空港:(受取)0円(返却)650円、宅配:(発送)600円(返送)650円
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港
対応国と地域の数 99

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
FAST-Fiは中国では一日980円(1GB)で使えます。これはグローバルWiFiや「イモトのWiFi」と比べても、そん色ありません。

またFAST-FiのWiFi端末には翻訳機能がついている(500MB以上のプラン)ことも特長で、中国を旅行中買い物をしたり道を聞いたりするのに便利です。

しかし、受渡可能な空港が3つしかなかったり、宅配の場合は発送・返送ともに費用がかかったり、というように受渡の面で見劣りがします。

また、サポート電話の通話料が有料であることなど総合的に判断して、5位としました。

中国旅行に最もおすすめのレンタル海外WiFiは「Global(グローバル)WiFi」

海外レンタルWiFiランキング/グローバルWiFi
中国旅行に最もおすすめの海外レンタルWiFiは「グローバルWiFi」です!料金が安いですし、BIGLOBEレビュー経由での申し込みなら翻訳機が無料でレンタルできて非常にお得です。

また、グローバルWiFiは中国の通信会社の回線を使用しており中国全域で繋がります。北京をはじめ、上海・広州・深セン・東莞・天津・武漢・瀋陽・南京・重慶など主要都市ほぼ全域をカバーしています。

その他、「万全のサポート体制」「受渡可能な空港数の多さ」もグローバルWiFiのメリットです。海外レンタルWIFi業界最大手なので、トラブルの心配なくWiFiをレンタルできますよ!

海外レンタルWiFi選びで悩んでいるようでしたら、「グローバルWiFi」を選べば絶対に損をすることはありません!下記ボタンの飛び先サイトで「レンタル料金20%OFF」「翻訳機無料」が適用されるのでチェックしてみてください♪

中国旅行におすすめのレンタル海外WiFiの選び方3つのポイント

選び方3つのポイント
  1. 通信容量は500MB以上
  2. 中国VPNを選べること
  3. サポート体制が整っていること

中国の旅行中、WiFiの通信容量を心配しなくても良いように、料金プランは余裕をもって500MB以上のものを選びましょう。500MBの料金相場は約800円程度です。

また中国VPNですが、中国では当局の接続制限により、Facebook、LINE、Instagram、twitterやgoogle検索、google mapなどのアプリが使えません。

しかしVPNという特別な回線であれば、その問題もクリアできます。グローバルWiFiのようなVPNに対応している海外レンタルWiFiがおすすめです。

さらに、サポート体制が整っていることも大事なポイントです。24時間365日、日本語で対応してくれるところを選びましょう。

中国旅行現地での無料のFREE WiFi事情を解説!

中国では、無料で使えるFREE WiFiスポットがけっこうあります。

空港や駅などの交通機関やホテルなどの宿泊施設、街中のカフェやレストランなど、WiFiスポットは比較的容易に見つかります。

主要なWiFiスポットとSSID等の情報をはじめとするFREE WiFi事情をまとめてみました。

中国の空港でのFREE WiFi事情

空港名 SSID パスワード
北京首都国際空港 Airport Free WIFI パスポート認証
上海浦東国際空港 #AirportPVG-Free-WiFi キオスクのパスワード発券機
広州白雲国際空港 AIRPORT-FREE-WIFI パスワード発券機

中国の国際空港のほとんどで、FREE WiFiを使うことができます。ただし、利用時間が2時間と制限されているので注意が必要です。

また、パスワードはパスワード発券機により発行された券面に記載されているのですが、発券時パスワード発券機にパスポートを読み込ませる必要があります。

それに、アクセスが集中するとつながりにくくなるので、スムーズに使いたいのであれば海外レンタルWiFiを日本で借りていくことをお勧めします。

中国の街中でのFREE WiFi事情

店舗名 SSID パスワード
Wagas 店員が教えてくれる 店員が教えてくれる
コスタコーヒー 店員が教えてくれる 店員が教えてくれる
マクドナルド 店員が教えてくれる 店員が教えてくれる

中国にもスタバやマクドナルドはありますが、中国の携帯電話でのSNS認証が必要で事実上使えない店舗も多いです。

それ以外のカフェやレストラン、ショッピングモール、地下鉄、バスなどでは無料でWiFiが使えるところはたくさんあります。

ただし要注意なのは、似たような名前の「なりすまし接続先」があり、うっかり接続してしまうとウィルスやマルウェアに感染してしまうことです。

これを考えるとやはり、日本で海外レンタルWiFiを借りていくほうが安心でおすすめです。

中国現地のホテルでのFREE WiFi事情

ホテル名 SSID パスワード
ホテルパークハイアット北京
フロントで教えてもらえる フロントで教えてもらえる
ザ・ペニンシュラ上海 フロントで教えてもらえる フロントで教えてもらえる
ダブルツリー バイ ヒルトン 広州 フロントで教えてもらえる フロントで教えてもらえる

中国のホテルでは、基本的にFREE WiFiを使うことができます。

ただし、ランクの低いホテルでは使えないところもありますし、ランクが比較的高くても部屋では有料になるホテルもあります。

また、接続が集中してつながりにくかったり、通信速度が遅かったりすることもあるため、WiFiでストレスを感じたくない場合は、日本で海外レンタルWiFiを借りていきましょう。

中国で使える海外レンタルWiFiはVPNに対応している?

サービス名 VPN対応
グローバルWiFi
イモトのWiFi
wi-ho
jetfi
JAPAEMO
SoftBank Global Rental
FAST-Fi
JAL ABC WiFi
エクスモバイル
テレコムWiFi

結論から申し上げますと、対応しているものとしていないものがあります。

そもそも中国は政府が接続先の制限をしているため、中国のWiFiでは、

  • ドロップボックス
  • Gメール
  • Google検索
  • Yahoo検索
  • Facebook
  • hulu
  • Netflix

といったサービスが使えません。

この制限を回避して、これらのサービスを使えるようにした回線を「VPN」と呼んでいます。上の表で〇がついたものは、VPN対応しています。

中国で使うレンタルWiFiはVPN対応が必須です。なかでも価格や利便性、翻訳機のオプションなど総合力で勝る「グローバルWiFi」がおすすめです。

中国旅行でLINEを使うのにWiFiはどうしたらいい?

中国wifiとLINE
中国でLINEを使うには、VPNに対応した海外レンタルWiFiを用意する必要があります。

中国現地のWiFiは中国政府の管理下にあり、接続先が制限されています。LINEも制限対象となっているため、中国現地のWiFiではLINEを使うことができません

この制限を回避するためには、VPNに対応したWiFiを使用することが必須です。

中国でLINEを使うことを想定している場合は、日本からVPN対応の海外レンタルWiFiを借りていきましょう。

中国で使えるWiFiルーター購入はお得?

期間 容量 料金
海外レンタルWiFi 1日間 1.1GB 1,416円(*1)
WiFiルーター+プリペイドSIM 7日間 2GB SIM約1,200円+WiFiルーター約10,000円(*2)

(*1)グローバルWiFi(VPN対応)
(*2)チャイナ・ユニコム プリペイドSIM(VPN対応)

SIMフリーのWiFiルーターを購入しプリペイドSIMを挿入すれば、中国で使うことができます。利用期間によっては、WiFiルーターを購入したほうがお得になります。

WiFiルーターが約10,000円、SIMカードが約1,200円で合計約11,200円かかりますが、中国滞在が10日以上になれば、WiFiルーターを購入するほうが安上がりです。

SIMはいろいろ種類がありますが、チャイナ・ユニコムのプリペイドSIMであればVPNにも対応していますから、本来中国では利用できないLINEやFacebook等のサービスも利用できます。

中国旅行での海外WiFiに関するまとめ

今回の記事で紹介したこと
  • 一番のおすすめは「グローバルWiFi」
  • 中国のWiFiはLINE等が使えない
  • 中国のFREE WiFiはセキュリティが心配

中国現地のFREE WiFiは、セキュリティ等の問題だけでなく、LINEやFacebook等のサービスが利用できないという致命的なデメリットがあります。

そのため、中国でWiFiを利用したい場合は、日本から海外レンタルWiFiを借りていくことをおすすめします。

海外レンタルWiFiのなかでも「グローバルWiFi」は、VPNという特別な回線により、LINE等のSNSやアプリを日本にいるときと同じように使うことができます

中国旅行でWiFi利用にストレスを感じなくても済むように、あなたに合ったWiFiを選びましょう。

関連記事 RELATED POSTS