ハワイ WiFi

ハワイ旅行向け海外レンタルWiFiを10社比較しておすすめTOP5を紹介!

ハワイ旅行に行った時にWiFiを使おうにも、どの海外レンタルWiFiを選んだら良いのか迷っていませんか?

海外レンタルWiFiは、どれも似たような通信会社ばかりで違いが分かりにくいですよね。

そもそも海外レンタルWiFiは持っていかなくてもFree WiFiだけで充分なのかも知りたいところでしょう。

そんなアナタのために海外レンタルWiFiを選ぶ基準を簡潔にお伝えし、おすすめの海外レンタルWiFiをランキングにしました。

ランキングを見ていただければ、最初はどれにしたら良いのか迷っていた海外レンタルWiFiを明確な理由を持って決めることができるようになりますよ!ぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人
taira
海外旅行が大好きで、海外レンタルWiFiはほぼ全て使った経験があります。海外では、日本と違うことが多いので事前のリサーチが非常に大切になります。海外レンタルWiFiも、現地でレンタルしようと思うと大変なので日本で事前にレンタルするのが一般的ですよね。今回の記事では、海外レンタルWiFiの利用経験の豊富さを活かしてハワイ旅行者向けの海外レンタルWiFi選びに役立つ情報をお届けしていきます。

ハワイ旅行におすすめのレンタルWiFi10社徹底比較!

容量(1日)料金(1日)受け渡し
イモトのWiFi
イモトのWiFiの料金表
500MB790円返送のみ自己負担
1GB940円
無制限1,190円
グローバルWiFi
グローバルWiFiの料金表
300MB776円返送のみ自己負担
600MB1,016円
1.1GB1,176円
無制限1,736円
Wi-Ho!
Wi-Ho!の料金表
300MB750円返送のみ自己負担
500MB1,050円
1GB1,250円
無制限1,850円
iVideo
iVideoの料金表
アメリカ・ハワイ
無制限
604円往復1,000円
アメリカ+ハワイ+メキシコ+カナダ
無制限
636円
世界137カ国
無制限
1,692円
jetfi
jetfiの料金表
350MB980円往復1,250円
500MB1,280円
1GB1,580円
無制限1,580円
FAST-Fi
FAST-Fiの料金表
350MB620円往復1,250円
500MB670円
1GB1,180円
JAPAEMO
JAPAEMOの料金表
500MB750円往復1,100円
JAL ABC WiFi
JAL ABC WiFiの料金表
無制限920円宅配取扱なし
ユーロデータ
ユーロデータの料金表
利用不可利用不可利用不可
Wi-Ho!Biz
Wi-Ho!Bizの料金表
500MB1,500円往復2,094円
1GB1,800円

※料金に関しては、キャンペーン内容や月によって変動するので公式HPと表中記載の料金に相違がある場合があります。

ハワイ旅行におすすめのレンタル海外WiFiランキングTOP5!

ランキング選定の基準
  • 料金の安さ
  • サポート体制の充実度
  • 端末受け渡しの便利さ
  • 受渡可能空港
  • 対応国と地域の数

上記5つのポイントでランキングにしました。

上記の基準を使ってハワイ旅行におすすめの海外レンタルWiFiをランキングにしました。

ハワイ旅行で使う海外レンタルWiFiを選ぶときに必ず助けになる情報ですのでぜひ参考にしてみてくださいね!

1位:Global(グローバル)WiFi【受取・返却が超便利!】

海外レンタルWiFiランキング/グローバルWiFi

料金300MB:776円
600MB:1,016円
1.1GB:1,176円
無制限:1,736円
サポート体制365日24時間日本語でのテクニカルサポート
受け渡しの便利さ空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、旭川空港、仙台空港、新潟空港、小松空港、静岡空港、伊丹空港、北九州空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港、みやこ下地島空港
対応国と地域の数253

※料金に関しては、キャンペーン内容や月によって変動するので公式HPと表中記載の料金に相違がある場合があります。

Global(グローバル)WiFiの最大の特徴は、レンタル料が800円/日かかるポケトークという翻訳機を、なんと無料でレンタルできる点です!実質800円分利用料が安くなることと同じなので、お得感がありますよね!

ポケトークのレンタル料金が無料になるのは、本BIGLOBEレビューからの申込者限定の特典の一つなのです。更に、利用料金が20%オフになる特典もありますよ。

また、機器の受取可能空港数が圧倒的に多いです。そのため、いろいろな地方空港で機器を受け取ることができるため、地方在住の方でしたらGlobal(グローバル)WiFi一択ですね!

本BIGLOBEレビューからの申込者限定の特典の一つであるポケトーク無料レンタルは他社に真似できない強みであり、ランキング1位となりました。迷ったらGlobal(グローバル)WiFiですね!

2位:イモトのWiFi【格安で利用できる!】

海外レンタルWiFiランキング/イモトのWiFi

料金500MB:790円
1GB:940円
無制限:1,190円
サポート体制365日24時間日本語でのテクニカルサポート
国際フリーダイヤル対応
受け渡しの便利さ空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港
対応国と地域の数202

※料金に関しては、キャンペーン内容や月によって変動するので公式HPと表中記載の料金に相違がある場合があります。

イモトのWiFiはサポート対応がトップクラスです!サポートデスクはもちろん24時間対応なので、現地でトラブルが起きたらどうしようという心配もありません。

また、無制限プランを1,190円で利用することができます。利用料金が安い1位のGlobal(グローバル)WiFiよりも安いのです。

ですが、受取可能空港数では1位のGlobal(グローバル)WiFiが圧倒的であり、Global(グローバル)WiFiはレンタル料金が800円/日かかるポケトークが無料なのです!これはイモトのWiFiでも真似できませんので2位としました。

3位:Wi-Ho!【オプションも豊富】

海外レンタルWiFiランキング/Wi-Ho!

料金300MB:750円
500MB:1,050円
1GB:1,250円
無制限:1,850円
サポート体制24時間日本語サポートデスクあり
通話料有料(050plusユーザーは無料)
受け渡しの便利さ空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、松山空港
対応国と地域の数220

※料金に関しては、キャンペーン内容や月によって変動するので公式HPと表中記載の料金に相違がある場合があります。

Wi-Ho!の最大の特徴は、バランス良くサービス品質が高い点です!サービスにほとんどスキが無いのが強みです。

また、モバイルバッテリーをたった220円/日でレンタルすることができます。ハワイ旅行のためにわざわざモバイルバッテリーを購入するつもりでしたら、Wi-Ho!でレンタルした方が良いですよね。

そして、総額で3,000円以上の利用料になる場合は機器の返送料が無料になるので、ついでにモバイルバッテリーもレンタルしてしまおうという気になりますね。

総合力が高いとはいえサポートデスクへの通話料が有料な点は、1位のGlobal(グローバル)WiFi、2位のイモトのWiFiと比べると劣ってしまいますので3位となりました。

4位:FAST-Fi【HISグループのポケットWi-Fi!】

料金350MB:620円
500MB:670円
1GB:1,180円
サポート体制電話、メールでの問い合わせ対応
年中無休 10:00 – 19:00
受け渡しの便利さ空港:0円、宅配:(発送)660円(返送)715円
受渡可能空港成田、羽田、関西国際
対応国と地域の数100ヶ国以上

※料金に関しては、キャンペーン内容や月によって変動するので公式HPと表中記載の料金に相違がある場合があります。

FAST-Fiの最大の特徴は、WiFiルーターがモバイルバッテリーにもなる点です。スマホを持ち歩くにしても、別途モバイルバッテリーや充電器も常備する必要があるわけですが、FAST-FiのWiFiルータでしたら一石二鳥なのです!

そしてFAST-Fiは大手旅行会社HISグループの海外レンタルWiFiです。そのため、HISとの契約でハワイ旅行に行く方でしたらFAST-Fiにしようという気になるのではないでしょうか。

ですが、注意点もあります。モバイルバッテリー機能があるということはその分の重さもあるということです。モバイルバッテリーを持ち歩かないで良いシーンでもモバイルバッテリー分の重量が常につきまといます。

モバイルバッテリー内蔵であることはメリットになることがほとんどなのですが、他には他社と比較してメリットといえる点がなく、4位となりました。

5位:iVideo【複数ヶ国対応ルーターなのに安い】

料金アメリカ・ハワイ無制限:604円
アメリカ・ハワイ・メキシコ・カナダ無制限:636円
世界137ヶ国無制限:1,692円
サポート体制日本語カスタマーサービス
9:00~18:00
受け渡しの便利さiVideo支店:無料、空港、LAWSON、宅配:1,000円~1,280円
受渡可能空港新千歳、羽田、成田、中部国際、関西国際、伊丹
対応国と地域の数137

※料金に関しては、キャンペーン内容や月によって変動するので公式HPと表中記載の料金に相違がある場合があります

iVideoは、圧倒的な利用料の安さが強みです。誰もが一番に気になるのは料金がリーズナブルかどうかですよね。

また、機器をコンビニのLAWSONで受け取ることができる強みがあります。これは機器が届いてからであれば24時間受け取り可能なため、仕事で日中受け取ることができない人にはありがたいサービスです。

ただ、良いところばかりではありません。サポートデスクの窓口の対応時間が9:00~18:00なのです。どうです?かなり短いですよね。現地でトラブルが起きないか不安になる方にとっては大きなデメリットとなってしまいます。

利用料の安さではトップクラスですが、サポート体制や受取可能空港の少なさを考慮すると、FAST-Fiの下位である5位となりました。

ハワイ旅行に最もおすすめのレンタル海外WiFiは「Global(グローバル)WiFi」

海外レンタルWiFiランキング/グローバルWiFi
ハワイ旅行に一番おすすめの海外レンタルWiFiはランキング1位の「Global(グローバル)WiFi」です!

本BIGLOBEレビューからの申込者でしたら、「レンタル料金20%オフ」「ポケトークのレンタル無料」の限定特典が付くからです!

翻訳機のポケトークは、800円/日のレンタル料金がかかるものです。これが無料でレンタルできるわけなので料金的にかなりお得ですよね。

ハワイで使われる言語は英語なので、日本人にとっては一番馴染みのある外国語ですよね。「読み書き」でしたら理解できるものが多いはず。

ですが、いくら馴染みのある英語でも「聞く話す」までができる人は多くないですよね。そのため、ポケトークがある方が安心してハワイを楽しめるはずです。

Global(グローバル)WiFiは、サポート体制も万全でサポートデスクが24時間年中無休で対応しています。そして機器の受け取り可能な空港数も他社と比べて遥かに多いのです。

下記のボタンからの申し込みで「レンタル料金20%オフ」「ポケトークのレンタル無料」のBIGLOBEレビュー経由の特典が適用されます。まだ迷っている方も、公式HPで「Global(グローバル)WiFi」の良さを確認してみてください!

ハワイ旅行向けの海外レンタルWiFiなら、ランキング1位の「Global(グローバル)WiFi」に決まりですね!

ハワイ旅行におすすめのレンタル海外WiFiの選び方3つのポイント

選び方3つのポイント
  1. ハワイでの利用が可能
  2. サポート体制が万全
  3. 付加サービスが充実

1つ目のポイントは、当たり前のことですが海外レンタルWiFiがハワイで利用可能かどうかは必ずチェックしておきましょう。

海外レンタルWiFiがアメリカ本土は対応していたとしても、ハワイは対応していないこともあります。

地理的にもアメリカ本土から大きく離れているためハワイはアメリカと別扱いになるのです。ハワイはアラスカと同じ扱いの場合が多いですよ。

2つ目のポイントはサービス体制が万全かどうかという点です。

どれだけ実績のある海外レンタルWiFiを利用したとしても、現地でどんなトラブルがあるかは分かりません。

そのため、困ったときに相談できるサポートデスクが24時間対応であるかどうかは重要なポイントです。

3つ目のポイントとして、付加サービスが充実しているかどうかです。

海外レンタルWiFiを利用してネットに繋げる場合、ランキング上位のものは品質的には大きな差はありません。

ですが、翻訳機が無料でレンタルできたり総額の利用料が一定金額以上になれば返却時の送料が無料になるといった付加サービスがあれば、満足度も高いですよね。

ランキング上位3社はすべてのポイントを満たしていますので、安心して選んでくださいね!

ハワイ旅行現地での無料のFREE WiFi事情を解説!

ハワイには無料のFREE WiFiスポットが多くあります。

空港はもちろん、街中のスーパーやカフェ、ホテルのような必ず使用する施設でのFREE WiFi事情をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

ハワイの空港でのFREE WiFi事情

空港名SSIDパスワード
ダニエル・K・イノウエ国際空港HNL Free WiFiなし
ヒロ国際空港Boingo Hotspotなし
コナ国際空港KOA Free WiFiなし

ハワイの国際空港では、FREE WiFiの利用が可能ですよ!

ちなみに、ホノルル国際空港は今ではダニエル・K・イノウエ国際空港と改名しており、FREE WiFiサービスも2017年から開始したばかりです。

昔にハワイに行ったことのある方は空港名もWiFi環境も昔とは違うのでご注意くださいね!

1点ご注意いただきたいことがあります。ダニエル・K・イノウエ国際空港では、場所によっては空港内でもWiFiの電波が届かない場合があります

そのため、空港にいればWiFi環境が使えますが、念のために海外レンタルWiFiを準備しておきたいところですね!

また、ハワイと日本間の飛行機内では有料ですが機内WiFiサービスがあります。関空からハワイに行ったときに使ってみましたが速度も問題ありませんでしたよ!

ちなみに、関西国際空港にもFREE WiFiがありますのでSSID「FreeWiFi@KIXRV」に繋いでみましょう。

飛行機内では海外レンタルWiFiが使えないので有料はやむを得ませんが、ハワイに着いてからのことを考えると海外レンタルWiFiは持っておきたいところです。

ハワイの街中でのFREE WiFi事情

店舗名SSIDパスワード
ロイヤルハワイアンセンターroyalhawaiiancenterなし
カハラモールTWCWiFiなし
スターバックスGoogle Starbucksレシートに記載

ハワイの街中ではFREE WiFiを利用できる場所が多くあります。スーパーや大手のカフェでは大抵利用できますよ!

ですが、メールアドレスの会員登録が必要だったり、1時間、2時間だけの時間が限定されていることも少なくありません。

実際に上記の表にあるカハラモールは、1時間と利用時間が限定されています。

手間や時間制限に抵抗があるのであれば海外レンタルWiFiを持っておいた方が良いですね!

ハワイ現地のホテルでのFREE WiFi事情

ホテル名SSIDパスワード
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート アンド スパ
Hyattなし
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツattwifiなし
シェラトン・ワイキキ・ホテルフロントで教えてもらえるフロントで教えてもらえる

ハワイの多くのホテルでは、宿泊者のみが使えるFREE WiFiの環境が整っています。

ホテルによってはパブリックスペースで誰でもWiFiを利用できるところもありますし、ホテルでは快適なネット環境で過ごせそうですね。

特にシェラトンではポケットWiFiを貸し出しサービスがあります

シェラトンに宿泊する方でしたら、海外レンタルWiFiを準備しなくても良いでしょう。

ハワイ旅行で海外レンタルWiFiは本当に必要なの…?


ハワイ旅行で海外レンタルWiFiは必要といえます。

ハワイは無料のWiFiスポットが比較的多いです。しかし、登録画面はもちろん英語ですし英語が苦手な人にとっては抵抗がありますよね。

ショッピングモールなど街中でも無料のWiFiスポットが多いですが、1時間だけなどの制限時間があったり、ネットに繋がりにくかったりします。

無料なわけですから利用者が多くなるため通信回線が安定しないのは当たり前ですよね。

WiFiスポットがあるにも関わらずネットに繋がらないのでは、余計なストレスにしかなりません。やはり海外レンタルWiFiのルーターは必要ですね!

ハワイ旅行で海外レンタルWiFiは当日に現地で受け取りできるの…?

「Global(グローバル)WiFi」ハワイ現地の受け取り場所営業時間
グローバルWiFiワイキキオフィス9:00~20:00
ダニエル・K・イノウエ国際空港 1階 団体用到着口カウンター7:00~13:00
ダニエル・K・イノウエ国際空港 2階 出発ロビー返却BOX24時間営業

ハワイに行った当日に、現地で海外レンタルWiFiを受け取ることはできます!

といっても、対応している海外レンタルWiFiは限られているのですが「Global(グローバル)WiFi」でしたら対応しています!

Global(グローバル)WiFiでしたら現地の空港で受け取ることができますし、Global(グローバル)WiFiのワイキキオフィスでも受け取りができますよ。

また、ワイキキオフィスで受け取り希望の方には、折り畳めるコンパクトベビーカーも5ドル/日でレンタルできます。小さいお子さんがいらっしゃる方には嬉しいサービスですよね!

Global(グローバル)WiFiが上記のランキングで1位なのは納得できますね。

ハワイ旅行の時に現地でプリペイドsimを購入するのはお得なの…?


お得な場合があります!

まず、4日~5日以上現地に滞在する場合はハワイだけでなくどの海外旅行時でもプリペイドsimを購入すると得をすることが多いです。

海外レンタルWiFiは日単位で料金がかかってきますが、プリペイドsimでしたら通信量単位でしか料金がかからないため、長期滞在になるほどプリペイドsimの方がお得になりやすいです。

ですが、一概にプリペイドsimの方がお得とは言えない場合があります。プリペイドsimと違って、1つの端末で複数人の利用が可能という特徴を活用する場合です。

たとえば家族でハワイ旅行に行く場合、全員がプリペイドsimを購入するよりは誰か一人が海外レンタルWiFiをレンタルする方が料金面でお得ですよね!

また、ハワイの空港ではプリペイドsimを購入することができないため、街中に行って購入できる場所を探す必要がある点は気を付けたいデメリットです。

プリペイドsimを借りる方が良いか、海外レンタルWiFiを日本で準備しておく方が良いかはハワイでのネットの使い方によるということですね。

ハワイ旅行での海外WiFiに関するまとめ

今回の記事で紹介したこと
  • 「Global(グローバル)WiFi」が一番おすすめ
  • ハワイのWiFiスポットは時間制限されている場合が多い
  • 長期滞在するならプリペイドsimもお得
  • 念のために海外レンタルWiFiを持っておくと安心

ハワイ旅行向けの海外レンタルWiFiの選び方と、ランキングでおすすめを紹介しました。

ハワイは長期滞在する場合ならプリペイドsimがお得になることもあったり、無料のWiFiスポットが多いためネット環境は整っています。

ですが、プリペイドsimを購入するためには売っている場所を探したり英語を使ったりと現地に慣れていないと厳しいです。

また、無料のWiFiスポットは制限時間があったり通信速度が安定していません。

以上のことを見てみると、ハワイ旅行のためには念のために日本で海外レンタルWiFiを準備しておく方が安心なことが分かりますよね。

上記のランキングからして、海外レンタルWiFiは「Global(グローバル) WiFi」を選べば間違いないですよね!利用料が安くてサポート体制も万全。さらには翻訳機のポケトークが無料で利用可能ですから!

せっかくのハワイ旅行を楽しむためにも、納得できる海外レンタルWiFiを選びたいところですよね。

関連記事 RELATED POSTS