カジュアルでおしゃれコーデにも!メンズおすすめのブランド革靴12選!

最近はビジネスのシーンだけでなくプライベートなどのカジュアルなシーンにおいても革靴を履いている人が増えてきています。

しかし、革靴には「ストレートチップ」「プレーントゥ」「ウィングチップ」「Uチップ(Vチップ)」「モンクストラップ」「ローファー」といったような様々な種類があり、革靴初心者の方はどの種類の革靴を選んだら良いのか分からないのではないでしょうか?

そこで今回は、どんな革靴を選んだら良いのか分からない革靴初心者の方のために「革靴の選び方」「おすすめの革靴」を紹介していきます。

ぜひ革靴を選ぶ際の参考にして、自分のスタイルにあった革靴を見つけてください。

メンズ革靴を選ぶ3つのおすすめの選び方!

革靴を選ぶときには「種類」「着用シーン」「ソールの種類」を確認して選びましょう。この3つのポイントを押さえておけば「革靴選びに失敗した!」なんてことにはならないのでぜひ参考にしてみてください。

革靴の「種類」で選ぶ

革靴の種類 特徴 こんな方にオススメ

ストレートチップ
  • 冠婚葬祭、ビジネス、カジュアル全てのシーンで使えるオールラウンダー
  • つま先の部分に横線が入っている
    革靴初心者

プレーントゥ
  • 足の甲の部分やつま先部分に何も装飾がされておらず丸みを帯びている
  • ビジネスからカジュアルまで多くの場面で使用できる
    シンプルなデザインの革靴をお探しの方

ウイングチップ
  • つま先部分にW型の切り替えがある
  • カジュアルな印象が強いため、ビジネスや冠婚葬祭などでの着用はNG
    カジュアルに履ける革靴をお探しの方

モンクストラップ
  • 靴ひもの代わりに足の甲の部分にモンクストラップと呼ばれるストラップが付いている
  • ビジネスシーンでの着用は認められているが、カジュアルよりの革靴のため冠婚葬祭では履かない方が無難
    個性的な革靴が欲しい方

Uチップ(Vチップ)
  • つま先部分にU字型の切り替え(モカシン縫い)が入っている
  • カジュアルな印象を与えるため、ビジネスシーンや冠婚葬祭では履かない方が無難
    場所や天候を気にしないですむ頑丈な革靴をお探しの方

ローファー
  • スリッポンタイプだから着脱しやすい
  • カジュアルな印象を与えるため、ビジネスシーンや冠婚葬祭では履かない方が無難
    着脱しやすく気軽に履ける革靴をお探しの方

革靴は種類によってビジネス向きなのか、カジュアル向きなのか決まります。

初めての革靴なら「ストレートチップ」「プレーントゥ」を選ぶのがおすすめですよ!

これらはカジュアルはもちろん、冠婚葬祭などのフォーマルな場でも履けるので利用の幅がかなり広いです。

既に革靴を一足持っているのであれば「ウイングチップ」「モンクストラップ」「Uチップ」「ローファー」の中からご自身の使い方に合った革靴を選ぶと良いですね。

革靴の「着用するシーン」で選ぶ

シーン 適した革靴の種類 革靴の色

ビジネス
  • ストレートチップ
  • プレーントゥ
  • 茶色

リクルート
  • ストレートチップ
  • プレーントゥ

お葬式
  • ストレートチップ
  • プレーントゥ

結婚式
  • ストレートチップ

パーティー
  • ストレートチップ
  • プレーントゥ
  • ウイングチップ
  • モンクストラップ
  • Uチップ(Vチップ)
  • ローファー

普段使い
  • ストレートチップ
  • プレーントゥ
  • ウイングチップ
  • モンクストラップ
  • Uチップ(Vチップ)
  • ローファー
  • 茶色

革靴は着用するシーンによって選ぶと良いでしょう。上記の表にもまとめていますが、シーンによっては履いて良い靴とダメな靴があります。

特に冠婚葬祭には、革靴とはいえ「ウイングチップ」や「モンクストラップ」のようにカジュアルなものはNGです。

どのシーンでも履けるのは「ストレートチップの黒」「プレーントゥの黒」の2種類だけです。

もし一足も革靴を持っていないなら、このどちらかを選べば色々なシーンで履くことができて便利ですよ!

ビジネス・カジュアル・冠婚葬祭など、それぞれのシーンに合わせて選ぶようにしてくださいね。

革靴の「ソールの種類」で選ぶ

ソールの種類 メリット デメリット
レザーソール
    通気性が優れていて、蒸れにくい
  • 水分に弱いので雨の日の着用には向いていない
  • 手入れ必須で修理費用がかかる
  • 滑りやすい
クレープソール
    クッション性が高く非常に歩きやすい
  • 滑りやすい
  • 温度が上がったアスファルトの上を歩くとソールが溶ける
  • 汚れやすい
合成ゴムソール
  • 耐久性に優れていて長持ちする
  • 滑りにくい
    通気性が低いため蒸れやすい
スポンジソール
  • クッション性が高く長時間歩いても疲れにくい
  • 新品の状態は滑りにくい
  • ソール部分が消耗すれば滑りやすくなる
  • 消耗が早い
ラグソール
  • 軽量で丈夫
  • 滑りにくい
  • 衝撃吸収力に優れている
    ラグソールはギザギザになっているので間に小石などが挟まりやすい

ソールの種類は必ずチェックしておきましょう。

革靴はソール部分で歩きやすさが決まると言っても過言ではないからです。なので、使用用途に合ったソールを選ぶと良いですよ。

仕事で歩くことが多い時は滑りにくい「合成ゴムソール」が疲れにくておすすめです。また、パーティなどでドレッシーに見せたい時は「レザーソール」を選ぶと良いでしょう。

上記の表にはソールのメリットとデメリットをまとめていますので、歩きやすさや使用用途に合わせて自分にぴったりのソールを見つけてくださいね。

syo
革でできている「レザーソール」などはドレッシーに見せるためだけに作られているため、歩きやすさなどには配慮されていません。

おすすめのメンズ革靴ランキングTOP12!

ここからはおすすめの革靴を12選紹介してきます。

選び方で解説した「革靴の種類」「着用するシーン」「ソールの種類」にポイントを置きつつ、その革靴の特徴も一緒に解説します。ぜひ、革靴を選ぶ際の参考にしてみてください!

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

コスパ最高!!GUのアクティブスマートダービーシューズ

アクティブスマートダービーシューズ
GU
参考価格2,990円(税別)
革靴の種類
プレーントゥ
着用シーン
オールシーン
ソールの種類
合成ゴムソール

アクティブスマートダービーシューズの特徴

プチプラブランドとして大人気のGUの革靴です。

2,990円と値段が安いだけでなく、撥水機能・抗菌防臭機能に加えソールには低反発クッションが使われているので長時間歩いても疲れにくくなっています。

GUアクティブスマートダービシューズは革靴を初めて購入する人や革靴にあまりお金をかけられないという方におすすめの一足です。

アクティブスマートダービーシューズの口コミ

口コミを見る

雨の日には向いていませんでした

雨の日に濡れてもいい合皮の靴が欲しくて購入しましたが、このシューズには穴が開いているため、その用途には使えませんでした。

まるで本革みたいな質感!ハルタポストマンシューズビムラムソール

ハルタポストマンシューズビブラムソールレースアップ3E
ハルタ
参考価格11,200円(税別)
革靴の種類
プレーントゥ
着用シーン
オールシーン
ソールの種類
合成ゴムソール

ハルタポストマンシューズビムラムソールの特徴

学生靴の王道、ハルタのポストマンシューズです。

ハルタのポストマンシューズにはビブラムソールが使われています。ビブラムソールはもともと登山用に開発されたものなので、優れたグリップ力と安全性に定評があります。

ですので、ハルタポストマンシューズは外回りの多いビジネスマンや、革靴初心者で定番の型のものが欲しいという方におすすめです。

ハルタポストマンシューズビムラムソールの口コミ

口コミを見る

良い感じです

昔からの学生靴というイメージが強いハルタですが、その伝統的な風合いを残しつつ、2ランクほど上の革靴のような見た目です。
ビジネスマンも、仕事ができるワンランク上の男になれるイケてる靴です。ちなみに、ちょっと普段のサイズより小さめを買った方がちょうどいいかもしれません。

テカり過ぎに感じます

値段のわりに安っぽく感じました。

メンテナンスが楽で良いです

ササッと綺麗に手入れできるのがラクで良いですね。

スリッポンタイプで履きやすい!Ziitopのローファー

Ziitopメンズローファー
Ziitop
参考価格3,750円(税別)
革靴の種類
ローファー
着用シーン
  • ビジネス
  • カジュアル
ソールの種類
合成ゴムソール

Ziitopメンズローファーの特徴

通気性の良い素材でできているため、快適に過ごすことができるのがZiitopのローファーの特徴です。ソール部分は合成ゴムソールできているため衝撃吸収力やグリップ力に優れています。

3,750円と比較的手に入りやすい値段かつシンプルなデザイン。ビジネスにもカジュアルにも使用できるのでコスパ抜群!

ローファーを初めて購入する方、ビジネスにもカジュアルにも使用できるローファーを探している方におすすめの一足です。

Ziitopメンズローファーの口コミ

口コミを見る

めちゃくちゃ履きやすいです

僕の足にぴったりでとても馴染みます。このローファーを履いて早く出かけたいです。

柔らかくて履きやすいです

ローファーなのでサイズをどうしようか迷いましたが、普段のサイズでちょうど良かったです。

履き心地がとても良いです

サイズもぴったりで履き心地もとても良いです。

クッション性が良く歩きやすい!ゼログランドウィングオックスフォード

ゼログランドウィングオックスフォード
コールハーン
参考価格48,600円(税別)
革靴の種類
ウィングチップ
着用シーン
  • ビジネス
  • カジュアル
ソールの種類
合成ゴムソール

ゼログランドウィングオックスフォードの特徴

1928年アメリカ合衆国で創業されたコールハーンのウィングチップタイプの革靴です。

ソール部分はゴムでできているためクッショニング性に優れ、アッパー部分は牛革でできているため高級感を感じさせる作りになっているため、機能面と見た目どちらも優れた一足となっています。

カジュアル寄りの靴になっているため、ビジネスにはあまり向きません。ですので、2足目の革靴を探している方、カジュアルな靴を探している方におすすめです。

ゼログランドウィングオックスフォードの口コミ

口コミを見る

オシャレすぎる!ルブタンのLarrieu Flat

Larrieu Flat
ルブタン
参考価格140,400円(税別)
革靴の種類
プレーントゥ
着用シーン
パーティ
ソールの種類
レザーソール

Larrieu Flatの特徴

クリスチャン・ルブタンのプレーントゥタイプの革靴です。

メイン素材にはブラックの牛革が使われており高級感を感じさせるシルエットになっています。特に印象的なのがルブタンの特色として知られいるレッドソール。

ビジネスシューズを探している方にはおすすめできませんが、パーティーやデートで着用する革靴を探している方におすすめです。

Larrieu Flatの口コミ

口コミを見る

日本が誇るスポーツメーカーアシックスのランウォークG-TX

ランウォーク G-TX
アシックスウォーキング
参考価格18,500円(税別)
革靴の種類
ストレートチップ
着用シーン
オールシーン
ソールの種類
AHARラバー

ランウォークG-TXの特徴

日本が世界に誇るスポーツメーカー「アシックス」の革靴です。

ストレートチップタイプの革靴でビジネスにも冠婚葬祭にも使えるだけでなく、ソール部分にはAHARラバーを採用しているため歩いていても疲れない履き心地を実現。

まだ革靴に慣れていない革靴初心者の方にぜひおすすめしたい一足となっています。

ランウォークG-TXの口コミ

口コミを見る

ウォーキングシューズみたいな歩きやすさ

とても歩きやすく、ウォーキングシューズのような歩きやすさです。

とても履きやすいです

とにかく履きやすいの一言です。

歩き疲れません

こちらの靴に変えてから歩き疲れにくくなりました。

ハイカットタイプならコレ!!ドクターマーチンCORE1460 8ホール

CORE1460 8ホール
ドクターマーチン
参考価格25,900円(税別)
革靴の種類
ブーツ
着用シーン
カジュアル
ソールの種類
合成ゴムソール

CORE1460 8ホールの特徴

大人気ブランド「ドクターマーチン」のハイカットタイプの革靴です。

ビジネスにも冠婚葬祭にも適していないので、ビジネスに使える革靴やフォーマルな革靴をお探しの方にはおすすめできません。

プライベートに利用できるカジュアルな革靴を探している方におすすめできる一足ですのでカジュアルな革靴を探している方はぜひ。

CORE1460 8ホールの口コミ

口コミを見る

お気に入りの一足です

しっかりした履き心地でとても気に入っています

素晴らしい一足です

とてもかっこよくてこの靴を履いて出かけると気分が上がります

とても良いです

この靴を履くととてもかっこ良く決まります

カジュアルの王道!ドクターマーチンCORE1461 3ホール

CORE1461 3ホール
ドクターマーチン
参考価格22,680円(税別)
革靴の種類
プレーントゥ
着用シーン
カジュアル
ソールの種類
合成ゴムソール

CORE1461 3ホールの特徴

ドクターマーチンのプレーントゥタイプの革靴です。

「1461 3ホール」はドクターマーチンのアイコン的存在で、1961年から今日まで多くの人々に愛されています。

ビジネス、冠婚葬祭などには全く向いていないので着用シーンは選ぶ必要はありますが、カジュアルなシーンでは大活躍してくれます。

1461 3ホールの口コミ

口コミを見る

次第に足にフィットしてきます

最初は靴ずれで足が痛くなりましたが、履き続けていると次第に足にフィットしてきます。

全体的に良い感じです

見た目も履き心地も良い感じ。ただ、少し重いので注意が必要です。

期待通りです

昔から欲しかった靴なので購入しました!

伝統と最先端の融合!!GUCCIホースビットレザーローファー

インターロッキングG ホースビット レザー ローファー
GUCCI
参考価格113,400円(税別)
革靴の種類
ローファー
着用シーン
パーティー
ソールの種類
レザーソール

GUCCIホースビットレザーローファーの特徴

有名ハイブランドGUCCIのローファーです。

伝統的なローファーの型とグッチの最先端のデザインが融合した高級感溢れる一足。

ビジネス向きの靴を探している方にはおすすめできませんが、パーティやデートで履けて、人とは少し違った革靴を探してる方におすすめです。

ホースビットレザーローファー口コミ

口コミを見る

少し滑りやすいです

マットな黒でスッキリしていますが、少し滑りやすいですね。

一年中使えます!

通気性も良く、履きやすいので一年中使えます。

履き心地が良く気に入っています

柔らかく、とても履きやすいです。

シンプルでカッコいい!PRADAのブラッシュドレザー ローファー

ブラッシュドレザーローファー
PRADA
参考価格92,800円(税別)
革靴の種類
ローファー
着用シーン
パーティー
ソールの種類
レザーソール

ブラッシュドレザーローファーの特徴

ファッション先進国イタリアを代表する高級ファッションブランドPRADAのブラッシュドレザーローファー。

値段が張るものの、見るものを虜にしてやまないPRADAのローファーは、素材は牛革、色はオールブラックとシンプルながら気品のある一足となっています。

ローファータイプなのでオールラウンドで使える革靴をお探しの方にはおすすめできませんが、パーティーに履いていく靴をお探しの方や私服の時にキレイ目な印象を与えたい人には非常におすすめです。

ブラッシュドレザーローファーの口コミ

口コミを見る

100年以上続く老舗の技術の安定感!リーガル2589Nウイングチップ

2589Nウイングチップ
REGAL
参考価格21,000円(税別)
革靴の種類
ウイングチップ
着用シーン
ビジネス
ソールの種類
合成ゴムソール

2589Nウイングチップの特徴

100年以上の歴史をもつ老舗、リーガルのウイングチップタイプの革靴。「革靴好きでリーガルの名を聞いたことが無い人はいない」と断言できるくらい有名なブランドです。

ビジネスにももちろん利用できますし、ウイングチップで華やかな印象なのでパーティなどにも利用でき非常に便利です。

そこそこ値段が張りますが、きちんとお手入れしていけば何十年も持つので、きちんとお手入れして愛着ある革靴に育てていきたいという方に非常におすすめできる一足となっています。

2589Nウイングチップの口コミ

口コミを見る

20年ぶりに買い換えました

20年前に買ったリーガルがボロボロになったので買い換えました。作りがしっかりしていて長持ちするのでリーガルはやっぱり良いですね。

やっぱり作りが良いです

リーガルの作りはやっぱり良いですね。30年前に買ったリーガルは今でも履いていますが、今回2足目を買いました。

めちゃくちゃ良いです

リーガルは本当に長く履けます。革靴はやっぱりリーガルですね。

革靴の大定番!!スコッチグレイン”ベルオム”

ベルオム
スコッチグレイン
参考価格32,000円(税別)
革靴の種類
ストレートチップ
着用シーン
オールシーン
ソールの種類
レザーソール

ベルオムの特徴

日本国内で生産されている革靴ブランドの中でもトップクラスの品質を誇るスコッチグレインのストレートチップタイプの革靴です。

ストレートチップでスッキリした印象のベルオムはビジネスにも冠婚葬祭にも様々なシーンで利用できるので、初めての一足としてもおすすめ。

日本人に合う木型を徹底研究し、世界各地から厳選された素材で作られたスコッチグレインは今まで安い革靴を履いてきたという方や革靴初心者の方にぜひ試して欲しい一足です。

ベルオムの口コミ

口コミを見る

デザインも履き心地も素晴らしいです

イタリア製の革靴を履いてきましたが、落ち着いた革靴が欲しくなり購入しました。とても履きやすく、デザインも良いです。

大満足です

これまでは安い革靴を複数ローテーションしてきました。スコッチグレインは初めてですが、履き心地もしっくりきてとても良い感じです。

買って良かったです

かなりの頻度で履いていますが、傷みにくく、履き心地も素晴らしいです。しっかり手入れすれば長持ちするので、コスパも良いと思います。

メンズ革靴を長持ちさせるおすすめの使い方!

せっかく革靴を購入するなら、できるだけ長持ちさせたいですよね。

革靴を少しでも長持ちさせ、経年変化を楽しむために押さえておきたい3つのポイントを紹介します。ぜひ、革靴を長持ちさせるための参考にしてみてください。

脱ぐときは靴紐はほどき、履くときは靴べらを使おう!

革靴を履く際、かかとを潰して履いていませんか?

革靴を履くときは必ず靴紐はほどいた状態で、できるだけ靴べらを使うようにしましょう。かかとを潰して無理やり履いていると、革靴の消耗が早くなってしまいます。

革靴が雨に濡れてしまったら必ず拭こう

革靴と雨は非常に相性が悪いです。

革靴を雨に濡らしてしまうと、カビの原因になったり、型崩れの原因にもなります。ですので、革靴が雨に濡れてしまったときは必ず拭きましょう。

また、革靴のメンテナンスの際には防水スプレーなどを利用すると良いですね。

履かないときはできるだけシューキーパーを使って保存しよう

革靴を長く履いていきたいのであれば、できるだけシューキーパーを使って保管してください。

シューキーパーのないまま革靴を履いていくと、足の甲の部分にシワができることがあります。このシワは次第にヒビ割れに変化していきます。

一度ひび割れができてしまうと見た目も悪くなってしまいますし、直すことも難しいです。ひび割れや型崩れを防止して革靴を長持ちさせたいという方はシューキーパーを使って保存するようにしましょう。

メンズ革靴についてのよくあるQ&A

では、最後に革靴を使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

夏でも使えるメンズの革靴はありますか?

基本的にはどのタイプの革靴でも履けますが、蒸れるのがイヤだという方は比較的通気性が良い革靴を履くと良いですね。

メンズの革靴で私服にも合うものってありますか?

私服のスタイルにもよりますが、比較的どのスタイルにも合うドクターマーチンなどのカジュアルな革靴を選ぶと良さそうです。

メンズの革靴でジーンズにも合うものはありますか?

ジーンズには、ドクターマーチンの8ホールなどのようなカジュアルなものも合いますし、ローファーなどのキレイ目な靴も意外と合うので色々試してみてご自身のスタイルに合った革靴を選ぶと良いですね。

まとめ

今回は、革靴の選び方からおすすめの革靴を12選紹介しました。

革靴には種類もたくさんありますし、その革靴の種類によって適したシーンも変化してくるので、初心者にとってはなんとなく難しく感じてしまうかもしれません。

できるだけどんなシーンでも履けるような革靴が欲しいという方はプレーントゥタイプの革靴かストレートチップの革靴を選ぶのが無難です。

自分のライフスタイルに合った革靴を探して、これからも革靴ライフを楽しんでくださいね。

おすすめの革靴TOP3をもう一度チェックする!