運動会や花見〜登山などのアウトドアまで!レジャーシートおすすめ12選

「キャンプ」「運動会」「花見」「花火大会」「登山」などで大活躍なのがレジャーシートです!せっかくなら使い勝手の良いレジャーシートでアウトドアを満喫したいですよね。

実は、レジャーシートにも大きいものからコンパクトに持ち運びできるもの、薄手から厚手の素材などバリエーションが豊富に揃っているのをご存知でしょうか。

そこで今回は「家族で公園にピクニック」から「本格的なキャンプ」まで幅広い利用シーンで使えるレジャーシートの選び方とともに、おすすめのレジャーシートをご紹介します。

お気に入りのレジャーシートを見つけてアウトドアを満喫しましょう!

この記事を書いた人
ふくかい
先日、息子が通っている小学校で親子遠足がありました!しかし、子供用のレジャーシートしか持っていなかったので、親子で座れるレジャーシートが必要になり買うことにしました。レジャーシートにも「大きさ」「厚さ」「砂除けや固定ペグの有無」などバリエーションが豊富にあることに驚きました!この記事では、僕がレジャーシートを買った時に調べたレジャーシートの選び方とおすすめベスト12を紹介します。

レジャーシートを選ぶ3つのおすすめの選び方!

アウトドアで活躍するレジャーシートは、各メーカーから人数や利用シーンによって非常に多くの種類が発売されています。なので、どれにしようか迷ってしまいますよね!

そこで今回は、レジャーシートを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを3つご紹介します。ご自身のアウトドアライフに合ったレジャーシートを見つけてください!

使用人数に合ったサイズを選ぶ

レジャーシートは、使用人数に合ったサイズを選ぶようにしましょう。ポイントは実際の使用人数よりも大きめのサイズを選ぶようにしてください!

具体的には「使う人数に+1人」がおすすめです。3人なら4人用、5人なら6人用を選ぶようにしてください。

1人分余裕がありますと、荷物を置いても余裕があり窮屈な思いをすることなく、アウトドアライフを満喫することができます!

このようにレジャーシートは使用人数に合わせてサイズを選んでくださいね。

「厚手」「薄手」かで選ぶ!

厚手薄手
厚手のレジャーシート
長時間の使用
寒さ防止性
持ち運びやすさ
おすすめのシーン運動会、ピクニック、釣りなど遠足、登山、アウトドアなど

レジャーシートは「厚手」「薄手」タイプから選びましょう。

厚手タイプは「地面の凹凸が気にならずお尻が痛くなりにくい」「地面の温度も遮断できるので、秋冬は底冷えを防ぐ」メリットがあります。

ただ、折り畳んだ時にあまり小さくすることができず「遠足」「登山」など長い時間持って歩くようなときにはレジャーシート自体が荷物になってしまいます。

薄手タイプはレジャーシートは折り畳んだ時にコンパクトに格納できるので「遠足」「登山」など長い時間持って歩くようなときにレジャーシート自体が荷物にならないので便利です!

最近では「リュクサック」「バッグ」「ズボン」のポケットにすっぽりと収まるサイズにまで、コンパクトに折り畳めるタイプもあります。

ただ、薄手のレジャーシートは「地面の凸凹がお尻にダイレクトに伝わりお尻が痛い」「地面からの水蒸気でお尻や荷物が湿る」ことがあります。

上の表にわかりやすくまとめていますので、シーンに合わせて「厚手」「薄手」かを選ぶと良いですよ!

ふくかい
僕は「厚手」「薄手」両方持っていて、行く場所や利用シーンに合わせて上手に使い分けています。

「重し」「ペグ」付きが便利!

レジャーシートに「重し」「ペグ」付いていると便利です。

アウトドアでレジャーシートを使用している時に、急に風が強く吹いてくることもあります。荷物や靴で押さえるのも良いですが「重し」「ペグ」付いていると便利です。

もしペグがついていなくても、ペグ穴があればペグを使って地面に固定することもできます!最近では「重し」「ペグ」を併用できるタイプのレジャーシートもあります。

このようにレジャーシートのコーナーに「重し」「ペグ」が付いているか確認しましょう。

おすすめのレジャーシートランキングTOP12!

ではここからは、おすすめのレジャーシートを「使用人数」「厚さ」「ペグの有無」などに注目して紹介していきます。お気に入りのレジャーシートを見つけてください。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

安いレジャーシートならMaiweyのピクニックマットがおすすめ!

ピクニックマット
Maiwey
参考価格1,199円(税込)
適応人数
4人
厚さ
薄手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
200×150cm
収納時サイズ(W×D×H)
24×19×6.5cm

ピクニックマットの特徴

耐久性がある生地で、大人4人でくつろげる大きさにかかわらずこの価格はコスパが良いです!

撥水効果が高いので、飲み物をこぼしても乾きやすいし、汚れにくい素材が使われています。それに汚れても洗濯機で丸洗いOKです!

折り畳むと、取っ手付きでカバンのように持ち運べる大変便利なレジャーシートです。

ピクニックマットの口コミ

口コミを見る

いいと思います
ちょっと滑りやすいけど買ってよかったです! おまけのライトも嬉しいです。ありがとうございました。

便利ですね!
花火を見るためにこちらの商品を購入しました!
サイズが大きくて、4人で使っても、まだ余裕がありました。それに持ち易くて、すごく便利です。
秋に紅葉を見にいくときにも、持って行きたいと思っています!

やっぱデザインも良い
このサイズ、機能のレジャーシートはたくさんありますが、アウトドアな雰囲気にあったこの商品が気に入って購入しました。今まで使っていたレジャーシートがヨレヨレになってきたので購入しました。柄が大変気に入っています。今週、紅葉を見にいくので早速活躍しそうです!

大判厚手のレジャーシートならピクニックマットがおすすめ!

防湿パッドグリッド防水バッキング
ピクニックマット
参考価格12,288円(税込)
適応人数
5人
厚さ
厚手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
300×300cm
収納時サイズ(W×D×H)
情報なし

防湿パッドグリッド防水バッキングの特徴

300×300cmの大判サイズなので、大人5人でもゆったりできます!

防水防湿加工されていますので、湿った地面の上でもお尻が湿ることがなく、快適なアウトドアを楽しむことができます!

また、広げた時は大きいのですが、コンパクトに折り畳むことができますのでボストンバックのように持ち運べて大変便利です。

防湿パッドグリッド防水バッキングの口コミ

口コミを見る

ゆったりできます
300×300の大きいサイズなので4〜5人でもゆったりできます。

いい買い物ができました
いい買い物ができました。取り寄せだったけど、早く届いたのでよかったです。

子供の遠足におすすめ!ディズニーのレジャーシート

ディズニーアナと雪の女王 レジャーシート
ヤクセル
参考価格1,240円(税込)
適応人数
1人
厚さ
薄手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
90×60cm
収納時サイズ(W×D×H)
情報なし

ディズニーアナと雪の女王 レジャーシートの特徴

特に小さな女の子に大人気のディズニーのアナと雪の女王のレジャーシートです。

サイズが90×60cmとお子さんがひとりに使うのに最適なサイズですので、遠足や運動会用に娘さんに買ってあげたら、大喜びすることでしょう。

重量もたったの0.06kgなので、荷物にならないところが嬉しいですね♪

ディズニーアナと雪の女王 レジャーシートの口コミ

口コミを見る

かわいいです
幼稚園生、小学校低学年用に購入。
予備用に購入しましたが、サイズもちょうどよく、
明るい色合いで、娘たちは大喜びです

娘の初めての遠足用に買いました。
娘の幼稚園の初めての遠足用に買いました。
とても喜んでくれて、遠足に早く行きたい!と大はしゃぎでした。

親子遠足におすすめ!親子でふんわりできるレジャーシート

ふんわりレジャーシート
にくらす
参考価格2,480円(税込)
適応人数
3人
厚さ
厚手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
178×136cm
収納時サイズ(W×D×H)
36×9×24cm

ふんわりレジャーシートの特徴

アウトドアなのに、じゅうたんに座っているかのようなふんわり感が快適なレジャーシート。

ふんわり感の秘密はスポンジ素材によるものです。スポンジ素材のふんわりした感触が親子遠足をより楽しくなりそうですね♪

また、裏面にはポリエチレン素材が使われているので、地面の湿気が伝わらずお尻が湿ることはありません。

ふんわりレジャーシートの口コミ

口コミを見る

ポップアップテントに
テントにジャストフィット!
畳むと結構な肉厚だけどテントのケースに一緒に収納出来たので満足です。

早くピクニックがしたい。
ふんわりタイプのレジャーシートがずっと欲しかったのでこちらを選びました。レッドを購入。派手かなと思いましたがかわいいです。大人2人が寝転べるサイズです。

軽い
急にレジャーシートの買い換えが必要になりこちらを購入。欲しいカラーが売り切れのため、仕方なく新色というのを選択。でも主人好みの色だったようで、「好きな黄色を買ってくれたんだね」と、とても喜ばれました。ふふっ。車に常備、まだ出番はありませんが、とても軽くてふんわり厚みがあるので尖った私のお尻も痛くなくて済みそうです。

公園遊びにおすすめ!コールマンのレジャーシートミニ

レジャーシートミニ
コールマン
参考価格1,887円(税込)
適応人数
2人
厚さ
厚手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
140×90cm
収納時サイズ(W×D)
12×33cm

レジャーシートミニの特徴

人気の起毛素材でシンプルなデザインが人気です。

表地は肌触りの良い起毛素材、インナーにはフォームを使用し快適な座り心地で地面の硬さを感じさせないクッション性のあるレジャーシートです。

持ち手も付いていますので、丸めればカバンのように待ち歩くことも可能です。1つあれば、冬のレジャーにも役立ちますよ!

レジャーシートミニの口コミ

口コミを見る

落ち着いたデザインが気に入ってます
コールマンのレジャーシートは3種類の大きさのものを持っています
背面のビニールシートの耐久性に若干問題がありますが
何年かたって ビニールシートがぼろっちくなってもそれほど問題なく使えるので
他社製品に比べれば耐久性は合格点をあげれると思います

一度他社の少し安いのを買って 何回かの使用で表地にほつれが出だして
安物買いの・・・ というのはこういうことだなと思い知りました

派手ながらのシートが多い中でこのシックさが気に入ってます

安くて良かったです♪
今まで登山で普通のレジャーシート使っていたんですが傾斜での使用は滑りやすく安定しないしお尻は痛いしと思っていたのですが
こちらのコールマンの商品は厚みもほどほどあるし表面が布っぽくて傾斜でも安定感があり重さも割りに軽く重ばらなく良かったです。
お色も思ったよりはっきりした白紺のストライプじゃなくきなりと茶色がかった紺?で満足です。

サイズ感が良い
運動会で使用予定。大きめサイズを既に持っていましたが、今年は親子2人での使用の為、あまり場所を取りすぎるのも、、と思いこちらを購入しました。
大人1人、子供1人ならお弁当も広げられますし、丁度良いサイズだと思います。
畳んだ時もクッションがある割にはコンパクトで、座り心地も良く買って良かったです。

丈夫なので何にでも使える!コストコのリバーシブルレジャーシート

リバーシブルレジャーシート
コストコ
適応人数
4人
厚さ
薄手
ペグ
ペグ穴あり
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
180×180cm
収納時サイズ(W×D×H)
情報なし

リバーシブルレジャーシートの特徴

薄手ですが生地自体かなり丈夫なので、「アウトドア」「プールやテントの下に敷くシート」「各種イベント」などいろんな用途に使えます。

また、シートとハトメが一体化しているので、しっかり地面に固定することができ強風対策もバッチです!

2枚セットというのが嬉しいですよね。

リバーシブルレジャーシートの口コミ

口コミを見る

花見とBBQで大活躍!
安くて丈夫なので、花見とBBQのような大人数で使うイベントで大活躍してくれました!
イベントに合わせて数セット買って繋げるよ良いですよ。

水洗いが楽ちん
子供会の催し物で使うために購入しました。
残念ながら催し物中に雨が降ってきてシートがかなり汚れしまったのですが、楽ちんな水洗いでキレイになりました。
倉庫に大事に保管しておいて、また来年の子供会の催し物で使う予定です!

手のひらサイズに収まる!MATADORのポケットブランケット

ポケットブランケット
MATADOR
参考価格3,850円(税込)
適応人数
2人
厚さ
薄手
ペグ
あり
重し
あり
使用時サイズ(W×D)
112×160cm
収納時サイズ(W×D×H)
8×11×2cm

ポケットブランケットの特徴

手のひらサイズにコンパクトに収まる機能的な2人用レジャーシートです。

このレジャーシートは、折り畳むと縦8cm×横11cm×厚さ2cmにまで小さくなります。なので、ズボンやリュックのポケットに入れて気軽にアウトドアを楽しめます!

また、四隅にペグが付いています。そのペグがスグレモノで地面に刺して固定することもできますし、地面に刺さずに重しとして活用することも可能です。

ポケットブランケットの口コミ

口コミを見る

アウトドアイベントに最適。
私はヨーロッパへの旅行を取って、私はこれを持っていなかったので、ゴミ袋に座って一日を過ごしました。 その経験の後、私はアマゾンに行き、これを注文しました。 次のアウトドアイベントを待つことができないので、これを持って来ることができます! それはポケットに収まるように、または財布に投げるために十分に小さく折り畳まれます。

私はこの毛布が大好きです!
はい、きちんと折りたたむのは難しいですが、できる限りきちんと折りたたむというチャレンジや儀式を楽しんでいるタイプです。 私は毎回ポーチに少なくとも2/3を折りたたむことができます。 折りたたみガイドは確かに役立ちます。 私の意見では、グランドステークスはこの毛布の最高の側面です。 非常に良い品質。 私は将来的に彼らの製品の多くを購入します。

底冷えする秋冬に最適!ALLCAMPのレジャーシート

レジャーシート
ALLCAMP
参考価格2,480円(税込)
適応人数
3人
厚さ
厚手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
140×180cm
収納時サイズ(W×D×H)
34.5×25×10cm

ALLCAMPのレジャーシートの特徴

表地は柔らかい素材を使用し保暖があります。裏地は防水素材を使用し防水性や耐湿性が優れていますので、秋冬のアウトドアにおすすめです!

お手入れも水で簡単に汚れを洗い落とすことができ、乾いた布で拭き取るだけとシンプルで使いやすいレジャーシートです。

それに加え、畳み方もとても簡単!誰でもキレイに畳むことができます!

レジャーシートの口コミ

口コミを見る

冬には最高です
ちょっと涼しくなったときから冬場にかけてもレジャーシートでは寒かったのですが、これがあれば暖かいですね。デザインもおしゃれで気に入っています。

良い
フリマ用で購入
柄がとっても可愛い!若干小さめですが4人は座って余裕あり
フリースっぽいので耐久性はあるのかしら 毛玉ができたら嫌だけど今の所良いです

早くレジャーに行きたいです
暖かくて寒さの残るお花見シーズンなども使えそうです。
大人5,6人は大丈夫そうです。軽くてコンパクトて持ち運びが楽です。素敵な柄です。

雨よけにも活躍!OUTADのレジャーシート

レジャーシート
OUTAD
参考価格1,690円(税込)
適応人数
4人
厚さ
薄手
ペグ
ペグ穴あり
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
180×220cm
収納時サイズ(W×D×H)
情報なし

OUTADのレジャーシートの特徴

表面だけでなく裏面も防水性がありますので、ビーチでの使用はもちろん!雨上がりのどんなに地面が湿っている状態でも湿気も防いでくれます!

それに屋外の雨で濡らしたくない物にかけておけば、雨よけとしても活躍できます!

ペグを通すハトメ穴が付いていますので、ペグでシートを固定して風で飛ばされることを防ぐことができます。

レジャーシートの口コミ

口コミを見る

噂のコスパ最強シート
一部のキャンパーから「コスパ最強」シートとして絶大なる人気をほこるこの製品。
グランドシートや風陣幕として活躍しているよう。
値段、収納時のコンパクトさ、防水性能、いずれも文句なしとのことでレジャー用に買ってみた。

今回購入したのはSサイズ。収納時の大きさは縦20cm×横13cm×厚さ4cm、重さは300gほど。
気軽に持ち歩ける大きさです。生地は薄いながらも丈夫な素材で安心感あり。
もっとコンパクトに収納できる製品もありますが、耐久性や防水性を考えるとこの大きさは妥当なところ。
ハトメが付いているのもポイント高し。収納袋に若干余裕があるので小さなプラペグを一緒に入れています。

テント下に一晩敷いても地面の水分を染ませないというこの製品、公園などでのレジャー使用には全く問題ありません。
じんわりお尻が濡れてシクシクすることもなし。
このお値段ですので、遠慮なくガシガシ使えます。いい買い物ができました。

テントのグランドシートとして使用
テントのグランドシートでの使用の為購入しました。ちょうど雨が降りましたが防水性能は問題ありませんでした。
テント純正のグランドシートがなかったので、本製品があり助かりました。

安く良い買い物が出来ました
防水シートは普通の敷物としての利用以外にも、キャンプサイトでテント外にものを置く時の敷物として使ったり、荷物に夜露がつかないように防水カバーとして使ったりと様々な用途に使います。キャンプなどでは常に3枚〜4枚ぐらい持っていきます。幾度も繰り返し使っていますが簡単に破れたりは無さそうです。じんわりお尻が濡れてシクシクすることもなし。このお値段ですので、遠慮なくガシガシ使えます。いい買い物ができました。

クッション性が快適!コールマンのレジャーシート

レジャーシート
コールマン
参考価格2,599円(税込)
適応人数
4人
厚さ
厚手
ペグ
ペグ穴あり
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
200×170cm
収納時サイズ(W×D×H)
15×15×45cm

コールマンのレジャーシートの特徴

表地は肌触りの良い起毛素材をインナーにはフォームを使用しクッション性がある快適な座り心地です。

残念ながらペグや重しは付いていないのですが、ペグを固定できるコーナーループ付いています!

5種類のデザインからお気に入りを見つけてください!

レジャーシートの口コミ

口コミを見る

夏フェス用に購入
デザインが気に入り、夏フェス用に購入しました。

クッション性があり、厚目なので芝生の上で使用してもチクチクしませんでした。
さわり心地もよく、大人が横になっても十分な大きさがあり、昼寝にも良かったです。

ペグ用のループが付いているのもいいと思います。

使い心地いいです
テントの中に敷く為に購入。
よくあるビニール製ではなく、布製なので肌触りが良かったです。
厚みは、石のある場所ではゴツゴツ感が分かってしまうけれど、芝生等の平らな場所なら座り心地は良いと思います。
収納時もまぁもう少し小さくなれば御の字とは思いますが、厚みがあればこその大きさだと理解しています。
総合的に、使いやすい商品だと思います。

ぐっすり寝れました(笑)
この手の商品は初めてなので、比較検討は出来ませんが、軽くて薄く、それなりにクッション性もあり、テントの中で敷いて使いましたが、気持ち良く寝れました。
子供がアイスクリームを落として、すぐ拭き取りましたがきれいに取れました。
汚れにも、水にも強い感じです
欲を言えば、もっとソフトで肌触りも綿の様に良ければ最高なのでしょうが、世の中にそんなものがあるのでしょうか?

おしゃれな収納バッグ付き!ロゴスのオックス防水シート

レジャーシート
ロゴス
参考価格2,803円(税込)
適応人数
4人
厚さ
厚手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
145×185cm
収納時サイズ(W×D×H)
23×6×26.5cm

ロゴスのレジャーシートの特徴

ロゴスのレジャーシート本体と同じデザインの収納バッグが付属していますので持ち運びに便利です!

極太ポリエステル生地を採用し、裏面にはPVCコーティングを施した地面からの湿気を通さない防水マットなのでテント内に敷くシートとしても使えるスグレモノ。

ファミリーユースにちょうど良い大きさなので家族で使うのにぴったりです。

レジャーシートの口コミ

口コミを見る

万能シート

海に、山に、ライブに、運動会にととにかく万能です。

コールマンの起毛クッションシートも柔らかで良いですが、状況が限定される分、こちらばかり持ち歩いてしまいます。

おしゃれでしっかりしてる!

おしゃれ!

アウトドアカートとお揃いの柄で購入しました。

さすがロゴス。

持っているとやっぱり他とは違うおしゃれさがありますね!

柔軟かつしっかり。

色味が嫌味なく明るく、しっかり感(厚さ・作り)と柔軟さが良いバランスで、座り心地が良く畳むのも楽。カバンに入れると厚みを感じますが手提げケースもしっかりしており使いやすいです。

マジックテープで楽々収納!ピクニックシート

ピクニックシート
SHOP DELICIOUS
参考価格1,680円(税込)
適応人数
4人
厚さ
厚手
ペグ
なし
重し
なし
使用時サイズ(W×D)
200×200cm
収納時サイズ(W×D×H)
28cm×21cm×5cm

SHOP DELICIOUSのピクニックシートの特徴

マジックテープで留めるだけバッグ型になって持ち運びに便利です!

表面は汚れが付着しにくいオックスフォード布生地が採用されていますので、お手入れも簡単!手洗いが可能なので、汚れても手軽にお手入れができます。

また防水性に優れていますのでビーチでも使用できます。

ピクニックシートの口コミ

口コミを見る

使いやすいです

4人家族でゆったり使える大判サイズのレジャーシートを探し、こちらを購入しました。

防水素材で、汚れても簡単に拭き取ることができます。

折り目に沿って折り畳むことができ、マジックテープで簡単に収納ができます。持ち手があるので、持ち運びも手軽です。

とても使いやすい商品です

生地が丈夫です

上質で、防水、防湿、ピクニックに行くとき、子供たちが水や飲み物をこぼしているのを怖がることはありません。面積が足りないとは思わない。長時間座っていても地面の冷たさを感じませんでした。清潔感があり、とても便利です。

5つ星のうち5.0夏っぽい色で良かった

夏っぽいのオレンジ色を選びました。写真通りに色差なしで良かった~

また、一般よりもっと厚手なので、草からの湿気をしっかり防ぎます。

折りたたみ易くて、簡単に収納ができます。

汚れた時に布で簡単に拭き取れます。

レジャーシートのおすすめの使い方は!

洗濯機で洗えるレジャーシートの洗濯方法(厚手でもOK)

洗濯機で丸洗いできるレジャーシートがあります。普段はあんな大きな洗濯物はないので、どうやって洗濯機にかければ良いのか不安ですよね?

ここでは「洗濯機で丸洗いOKなレジャーシート」の洗濯機のかけ方を説明します。

  1. レジャーシートを洗濯ネットに入れます。
  2. 洗濯ネットに入れたレジャーシートを洗濯機に入れて、いつも通り洗濯します。その時に他の洗濯物は一緒にしないでください。
  3. 洗濯後、乾燥機付きなら30分ほど乾燥させておくと乾くのも早くなります。もし乾燥機がない場合は、もう一度脱水しておくことをおすすめします。

ただし、お使いのレジャーシートが洗濯機で丸洗いOKかよく確かめてから洗濯機で洗濯するようにしてください。

レジャーシートのたたみ方

新品のレジャーシートはきれいにたたまれた状態で袋に収められていますが、1度袋から出して広げてしまうと2度とあんなきれいに袋に収まらなくなってしまいますよね?

ここではレジャーシートのきれいなたたみ方を説明します。

  1. 両端を真ん中の線に向かって折ります。
  2. さらに真ん中の線に向かって両端を折ります。
  3. 中心線で2つ折りにします。(これで縦長な状態になります)
  4. シートを入れる袋を重ね、その袋より一回り小さくなるようなところでシートの端っこを折ります。
  5. 折った部分に合わせ残りを反対側から折りたたんでいきます。
  6. 袋に収めて完了です!

ただし、お使いのレジャーシートのたたみ方の説明に従うようにしてください。

レジャーシートについてのよくあるQ&A

では、最後にレジャーシートに関するよくあるQ&Aをご紹介していきます。

一人用のレジャーシートはどれくらいの大きさがちょうど良いでしょうか?

一人用であれば、73 × 95cmぐらいの大きさがあれば、荷物を置いても窮屈ではなく一人でスペースを取り過ぎるようなこともありません。

ダイソーやセリアなどの100均で売っているレジャーシートって使えるのですか?

ダイソーやセリアなどの100円ショップで売っているレジャーシートでも十分使えます。

ただ「耐久性」「地面の湿気の遮断性」などを考えると、ランキングにエントリーされているようなレジャーシートがおすすめです。

まとめ

「100均」から「登山や釣りなどの本格的なアウトドア」に使えるものまで、レジャーシートひとつでアウトドアの快適さが全然違ってきます!

豊富な種類のレジャーシートが販売されていますが、購入したものの「サイズや利用シーンに合わなかった」ということを避けたいですね。

なので、ご紹介したランキングを参考に、お気に入りのレジャーシートを見つけて、快適で楽しいアウトドアを楽しんでください!

おすすめのレジャーシートTOP3をもう一度チェックする!

アクセスランキング ACCESS RANKING