シンガポール旅行向け海外レンタルWiFiを10社比較しておすすめTOP5を紹介!

シンガポール旅行をするのに、WiFiはどうしようかと悩んだりしていませんか?

「街中や観光スポットに無料WiFiはあるのか」「日本からWiFiを借りていったほうが良いのだろうか」「レンタルWiFiはどのように選べば良いのだろうか」など考え始めると不安は尽きません。

そんなあなたに、シンガポール旅行向けの海外レンタルWiFi10社を比較して、その中でも特におすすめの5社を紹介していきます。

ぜひ、あなたにピッタリ合った海外レンタルWiFi選びの参考にしてください。

この記事を書いた人
kodama
シンガポールは、日本人にもっとも馴染み深い観光地のひとつですね。整然とコンパクトにまとまったきれいな街並みは魅力です。何でもそろっていて便利な印象があるシンガポールですが、WiFiはどうでしょうか?現地で困らないようシンガポールのWiFi事情について、詳しく解説しました。

シンガポール旅行におすすめのレンタルWiFi10社徹底比較!

容量(1日) 料金(1日) 受け渡し
グローバルWiFi
グローバルWiFiの料金表
300MB 776円 返送のみ自己負担
600MB 936円
1.1GB 1,096円
無制限 1,656円
イモトのWiFi
イモトのWiFiの料金表
500MB 640円 返送のみ自己負担
1GB 790円
無制限 1,040円
Wi-Ho!
Wi-Ho!の料金表
300MB 680円 返送のみ自己負担
500MB 980円
1GB 1,280円
無制限 1,880円
jetfi
jetfiの料金表
350MB 680円 往復1,250円
500MB 980円
1GB 1,280円
無制限 1,580円
FAST-Fi
FAST-Fiの料金表
350MB 410円 往復1,250円
500MB 560円
1GB 980円
JAPAEMO
JAPAEMOの料金表
5日で3GB 3,980円 往復1,100円
8日で4GB 4,280円
JAL ABC WiFi
JAL ABC WiFiの料金表
無制限 1,000円 宅配取扱なし
SoftBank Global Rentalsoftbank_global_rentalの画像 500MB 980円 往復1,000円
1GB 1,390円
エクスモバイルエクスモバイルの画像 300MB 950円 返送370円~
500MB 1,250円
1GB 1,250円
テレコムWiFi
テレコムWiFiの料金表
500MB 700円 往復2,094円
1GB 1,200円
無制限 1,700円

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。

シンガポール旅行におすすめのレンタル海外WiFiの選び方3つのポイント

選び方3つのポイント
  1. 料金は1,000円/日以下
  2. データ容量は500MB以上
  3. サポート体制が整っていること

利用先がシンガポールの場合の海外レンタルWiFiの相場は、データ容量500MBで1,000円程度です。料金が安いグローバルWiFiであれば、776円/日(600MB)で使うことができます。

一日当たりの料金では大きな差がなくても、旅行が長くなれば差額も大きくなりますから、できるだけ安いものを選びましょう。

データ容量は、最低で500MBないと少し不安です。友人同士でシェアするなら1GB以上欲しいところです。

また、サポートセンターは、万が一故障したりトラブルが発生したときに唯一頼れるところですから、24時間365日対応してくれるところを選びましょう。

シンガポール旅行におすすめのレンタル海外WiFiランキングTOP5!

ランキング選定の基準
  • 料金の安さ
  • サポート体制の充実度
  • 端末受け渡しの便利さ
  • 受渡可能空港
  • 対応国と地域の数

上記5つのポイントでランキングにしました。

料金の安さはもちろん重要ですが、サポート体制の充実度も同じくらい大事なポイントです。

また、端末の受渡にかかる費用や、受取・返却の便利さもレンタルWiFiを選ぶポイントとして欠かせません。

1位:Global(グローバル) WiFi【受取・返却が超便利!】

海外レンタルWiFiランキング/グローバルWiFi

料金 300MB:616円
600MB:776円
1.1GB:936円
無制限:1,496円
サポート体制 365日24時間日本語でのテクニカルサポート
受け渡しの便利さ 空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、旭川空港、仙台空港、新潟空港、小松空港、静岡空港、伊丹空港、北九州空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港、みやこ下地島空港
対応国と地域の数 253

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
グローバルWiFiは、シンガポールでも大変便利に使えます。

現地通信会社の回線を利用していて、オーチャード、マリーナ、シティ、チャイナタウン、リトルインディアといった主要エリアはもちろん、シンガポールのほぼ全域のエリアをカバーしています。

さらに、BIGLOBEレビュー限定で「料金20%オフ」「翻訳機オプション無料」の特典が付きます。翻訳機オプションは一日800円かかりますから、それが無料というのは他社よりも実質800円お得ということなんです!

旅行でネックになるのは言葉ですよね。「言葉さえ通じていればもっと楽しめたのに」という声はよく聞きます。翻訳機を無料でレンタルしておけば、そんな後悔など一切しなくてすみます。

レンタル料金が安く、翻訳機を無料でレンタルまでできるのはBIGLOBEレビュー経由でグローバルWiFiの申込をした場合のみです。他社と比較しても間違いなくお得です。海外レンタルWiFi選びで迷ったら、まずはグローバルWiFiをチェックしてみましょう!

2位:イモトのWiFi【価格が安い!】

海外レンタルWiFiランキング/イモトのWiFi

料金 500MB:640円
1GB:790円
無制限:1,040円
サポート体制 365日24時間日本語でのテクニカルサポート
国際フリーダイヤル対応
受け渡しの便利さ 空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港
対応国と地域の数 202

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
「イモトのWiFi」最大の特長は、サポート体制が充実しているところです。

どのレンタルWiFi業者もサポートデスクを設置してはいますが、海外からの電話がフリーダイヤルなのは「イモトのWiFi」しかありません。

もちろん24時間365日日本語で対応してくれますから、万が一何かトラブルが起こった時には大変心強い味方です。

オーチャード、マリーナ、シティ、チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなどの主要エリアはもちろん、ブギス、セントーサ、カトン、イーストコーストなど広い範囲で使えます。

受渡可能な空港などの利便性ではグローバルWiFiに軍配が上がるということで、ランキングは2位としました。

3位:Wi-Ho!【オプションも豊富】

海外レンタルWiFiランキング/Wi-Ho!

料金 300MB:850円
500MB:1,150円
1GB:1,350円
無制限:1,950円
サポート体制 24時間日本語サポートデスクあり
通話料有料(050plusユーザーは無料)
受け渡しの便利さ 空港:0円、宅配:(発送)0円(返送)自己負担
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、松山空港
対応国と地域の数 220

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
料金・サポート体制・受渡など各ポイントで、そつなく合格点なのがWi-Ho!です。

Wi-Ho!の特長として挙げられるのは、オプションでAI自動翻訳機をレンタルできることです。

「ez:commu」「PERARK」という2種類のAI自動翻訳機があり、一日当たり330円からレンタルすることができます。

Wi-Hoはシンガポール現地通信会社の回線を使っていますが、3Gでは通信可能範囲は広いものの4Gとなると狭まるため、事前に確認しておくことをお勧めします。

Wi-Ho!で気になる点は、利用料金が3,000円を超えないと送料がかかることです。それに加えて、サポートへの通話料が有料であることから、ランキング3位としました。

4位:jetfi【全国50,000箇所以上で受取可能】

海外レンタルWiFiランキング/jetfi

料金 350MB:680円
500MB:980円
1GB:1,280円
無制限:1,580円
サポート体制 jetfiサポートセンター、通話料有料、24時間対応。
受け渡しの便利さ 空港:(受取)0円(返却)650円、宅配:(発送)600円(返送)650円
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、秋田空港、広島空港、松山空港、鹿児島空港、那覇空港
対応国と地域の数 104

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
jetfiの料金はシンガポールでは一日当たり980円(500MB)で、1位のグローバルWiFiと比べると約200円高いです。

料金面でメリットがない分、受渡の利便性が高いのが特徴です。

空港はもちろん、ファミリーマート約15,700店舗、LAWSON約13,100店舗、ミニストップ約2,200店舗に加えて、全国約20,000局の郵便局で受け取ることができます。

ここまで受取可能な場所が多ければ、自宅は不在気味で宅配では受取が難しくても問題ないでしょう。

ただ、マイナスポイントとして返却時送料が650円かかるため、ランキング4位としました。

5位:FAST-Fi【端末をモバイルバッテリーとしても使える】

海外レンタルWiFiランキング/FAST-Fi

料金 350MB:410円
500MB:560円
1GB:980円
サポート体制 FAST-Fiサポートセンター、24時間365日対応、通話料有料
受け渡しの便利さ 空港:(受取)0円(返却)650円、宅配:(発送)600円(返送)650円
受渡可能空港 羽田空港、成田空港、関西国際空港
対応国と地域の数 99

※WiFiのレンタル料金は時期やキャンペーンによって変動します。そのため、表中に記載の料金と公式HPでの料金に相違がある場合がある点にご注意ください。
FAST-Fiはシンガポールでは一日980円(1GB)で使えます。これはグローバルWiFiや「イモトのWiFi」と比べても、そん色ありません。

またFAST-FiのWiFi端末には翻訳機能がついている(500MB以上のプラン)ことも特長で、シンガポール旅行中買い物をしたり道を聞いたりするのに便利です。

しかし、受渡可能な空港が3つしかなかったり、宅配の場合は発送・返送ともに費用がかかったり、というように受渡の面で見劣りがします。

また、サポート電話の通話料が有料であることなど総合的に判断して、5位としました。

シンガポール旅行に最もおすすめのレンタル海外WiFiは「グローバルWiFi」

海外レンタルwifiのおすすめはグローバルwifiの画像
シンガポール旅行に最もおすすめの海外レンタルWiFiは「グローバルWiFi」です!料金が安いですし、BIGLOBEレビュー経由での申し込みなら翻訳機が無料でレンタルできて非常にお得です。

また、グローバルWiFiはシンガポールの通信会社の回線を使用しておりシンガポール全域で繋がります。オーチャードをはじめ、マリーナ、シティ、イーストコースト、ハーバーフロントなど主要エリア全域をカバーしています。

その他、「万全のサポート体制」「受渡可能な空港数の多さ」もグローバルWiFiのメリットです。海外レンタルWIFi業界最大手なので、トラブルの心配なくWiFiをレンタルできますよ!

海外レンタルWiFi選びで悩んでいるようでしたら、「グローバルWiFi」を選べば絶対に損をすることはありません!下記ボタンの飛び先サイトで「レンタル料金20%OFF」「翻訳機無料」が適用されるのでチェックしてみてください♪

 

シンガポール旅行現地での無料のFREE WiFiスポット事情を解説!

シンガポールでは、政府がFree WiFiを提供しています。

空港や駅、ショッピングセンターなどFree WiFiが使えるホットスポットの数は10,000カ所を超えます。

主要なWiFiスポットとSSID等の情報をはじめとするFREE WiFi事情をまとめてみました。

シンガポールの空港でのFREE WiFiスポット事情

空港名 SSID パスワード
チャンギ国際空港 #WiFi@Changi インフォメーションで教えてくれる

シンガポールの空の玄関チャンギ空港では、かなりのエリアでFree WiFiが使えます。

空港のインフォメーションで教えてもらえるID/パスワードを入力するだけで、すぐにFree WiFiに接続することができます

通信速度もかなり速いので、これから訪れる場所への行き方など調べておくには便利です。

シンガポールの街中でのFREE WiFiスポット事情

店舗名 SSID パスワード
マクドナルド 不要
スターバックス レシートに記載
シンガポール政府無料WiFi Wireless@SG 空港インフォメーション等でもらえる

シンガポールでは、政府がFree WiFiを提供していて、空港や駅、ホテル、飲食店など「Wireless@SG」の表示がある場所ならどこでも使えます。

通信速度は最大2Mbpsですから、WEBサイト閲覧やSNS程度なら問題なく使用できます。

スマートフォンの操作に自信がない場合や、日本でも街中でFree WiFiを使ったことがない場合は、海外レンタルWiFiを日本から借りていったほうが安心ですね。

シンガポール現地のホテルでのFREE WiFiスポット事情

ホテル名 SSID パスワード
マリーナベイ・サンズ シンガポール フロントで教えてもらえる フロントで教えてもらえる
ザ・リッツ・カールトン・シンガポール フロントで教えてもらえる フロントで教えてもらえる
ハードロック・ホテル・シンガポール フロントで教えてもらえる フロントで教えてもらえる

シンガポールのほとんどのホテルで、Free WiFiが使えます。SSIDやパスワードはフロントで教えてもらえるか、客室内に案内があります。

ただホテルによっては接続端末の数に制限があったり、有線LAN接続だったり、有料だったりすることもありますから、予約する際に確認することをおすすめします。

また、通信速度やつながりやすさなどはホテルによって差があるため、ホテルでストレスなくWiFiを使いたいということであれば、日本からレンタルWiFiを借りていくのが安心です。

シンガポール航空の機内WiFiサービスを紹介!

名称 容量 料金 用途
Chat 30MB US$3.99 テキストメッセージ
Pro 100MB US$9.99 WEB閲覧、メール
Premium 200MB US$15.99 その他ビジネス向け

シンガポール航空の機内WiFiは、上表のとおり使用できる通信容量によって3つのプランに分かれています。

ChatプランはSMSのメッセージ送受信しかできません。

一般的なWiFiの利用であれば、ProプランかPremiumプランということになります。長時間フライトでヘビーユースであれば、Premiumがおすすめです。

また、スイート、ファーストクラス、ビジネスクラスの利用、またはPPSクラブ会員であれば、WiFiは無料で利用できます。

(スイート、ファーストクラスは無制限、ビジネスクラスおよびPPSクラブ会員は100MBまで)

シンガポール現地でWiFiの当日レンタルはできないので注意しよう!


シンガポールでWiFiの当日レンタルはできません。

どうしても当日にWiFiが必要という場合は、SIMフリーのWiFiルーターを購入して、それにプリペイドSIMを挿すことになります。

ただ、SIMフリーのWiFiルーターを手に入れ、プリペイドSIMを挿して、挿したSIMをアクティベートして、といったことを英語の環境で行うのは、けっこうハードルが高いものがあります。

余計な心配をしなくても済むように、日本からレンタルWiFiを借りていきましょう。

シンガポール現地と日本のレンタルWiFiの料金を比較!

日数 容量 料金
hi!Tourist $15 SIM 5日 100GB S$15(約1,125円)
hi!Tourist $30 SIM 10日 100GB S$30(約2,250円)
レンタルWiFi(グローバルWiFi) 1日 無制限 1,496円

シンガポール現地でSIMを調達した場合と、日本でレンタルWiFiを借りていった場合の料金を比較すると、上表のとおりSIMを購入するほうが圧倒的に安いです。

もしあなたのスマートフォンがSIMフリーで、現地でSIMを買ったりSIMの設定になれているということであれば、現地でSIMを購入することをお勧めします。

ドコモやauなどのキャリアで購入したスマートフォンでSIMロックを解除した場合でも、たまに現地のSIMが使えない場合があるのでご注意ください。

スマートフォンがSIMフリーでなかったり、現地でのSIM購入や設定に不安がある場合は、日本からレンタルWiFiを借りていきましょう。

シンガポール旅行での海外WiFiに関するまとめ

今回の記事で紹介したこと
  • 一番のおすすめは「グローバルWiFi」
  • 通信容量は500MB以上のプランを選ぶ
  • 現地でWiFiの当日レンタルはできない
  • 現地でのSIM購入や設定に不安がある場合は日本のレンタルWiFiがおすすめ

ここではシンガポール旅行での海外レンタルWiFiの選び方と、おすすめ商品をランキングで紹介しました。

シンガポールではけっこうFREE WiFiスポットがありますが、移動してしまうとあらたなFREE WiFiスポットに接続し直さなければなりません

WiFiでストレスを感じなくて済むよう、レンタルWiFiはしっかり選んでおきましょう。

関連記事 RELATED POSTS