街乗りも!初心者向けコスパ最強の人気おすすめマウンテンバイク12選!

がっちりした本体で、街乗りやオフロードで活躍できるマウンテンバイクは見た目もカッコよくて便利ですね。

颯爽とマウンテンバイクを乗りこなす姿はおしゃれに映ります!ですがいざ選ぼうとすると、色々な種類や専門用語が出て来て意外と難しいものです。

また街乗り向きやオフロード向きなど、種類も分かれています。せっかく購入するなら、どんなタイプが自分に合うのか知りたいですよね。

そこで今回はマウンテンバイクの選び方と共に、おすすめのアイテムを12選ご紹介します♪きっとあなたが乗りたいと思えるような、素敵なアイテムが見つかりますよ!

この記事を書いた人
kura
以前ひょんなことからロードバイクをもらいました。そこから種類によって乗り心地が全く違うことを知り、マウンテンバイクを含む自転車全般にハマって行きました!色んなところにサイクリングに行ったり、メンテしたりと楽しんでいます。そんな私がマウンテンバイクの選び方とともに、おすすめのアイテムをご紹介します♪

マウンテンバイクを選ぶ3つのおすすめの選び方!

マウンテンバイクを選ぶ時には「種類」「ブレーキシステム」「サドルの高さ」を確認して選びましょう!この3つのポイントを確認して、自分の使いやすいアイテムを見つける参考にしてくださいね。

マウンテンバイクの「種類」で選ぶ!

種類特徴

ハードテイル
  • 街乗りに向いているマウンテンバイク
  • サスペンションがフロント(前側)のみに付いている
  • 車体が軽め

フルサスペンション
  • オフロードに向いているマウンテンバイク
  • サスペンションがフロント(前側)とリア(後ろ側)に付いている
  • 車体が重め

※フルサスペンションのマウンテンバイクでも、オフロードに使用できないタイプもありますのでご注意ください。

マウンテンバイクを選ぶ時には、まず種類を選びましょう!マウンテンバイクの主な種類はサスペンションの数で変わり「ハードテイル」「フルサスペンション」の2つに分かれます。

それぞれの特徴を上記の表にまとめてみました!

街乗り中心で使う場合は「ハードテイル」、オフロード中心で乗る場合は「フルサスペンション」が好まれていますよ。

どちらの方が自分に合うのかを考えて、お好みに合う種類を選んでくださいね。

kura
後ほどのランキングでは種類別におすすめのマウンテンバイクをご紹介します!ぜひどちらが良いかイメージしておいてくださいね♪

マウンテンバイクの「ブレーキシステム」で選ぶ!

種類特徴
ディスクブレーキ
  • 主流となっているブレーキシステム
  • 雨や汚れの影響を受けにくい
  • 長時間の走行でも疲れにくい
ワイヤーブレーキ
  • メンテナンスしやすいブレーキシステム
  • 雨や汚れの影響を受ける場合がある
  • 長時間の走行では疲れてしまう場合がある

マウンテンバイクのブレーキシステムにも注目しましょう!マウンテンバイクで多いのは「ディスクブレーキ」「ワイヤー式ブレーキ」の2種類です。それぞれのポイントを、上記の表にまとめました。

「ディスクブレーキ」は現在主流の雨や汚れの影響を受けにくいシステムで「ワイヤー式ブレーキ」はメンテナンスがしやすいタイプです。

どちらか迷ってしまった場合は、ディスクブレーキの方が無難ですよ!ブレーキシステムも購入前に確認するのがおすすめです。

kura
後ほどのランキングでは商品ごとに、どのブレーキシステムを採用しているかもわかりやすくご紹介しています!

マウンテンバイクの「サドルの高さ」で選ぶ!

マウンテンバイクのサドルの高さも重要なポイントです。サドルの高さによっては、体格に合わない場合もあるためです。

サドルの高さは「835〜910mm(地上より)」というように表示されることが多いです。自分の脚(股下)の長さと比較して、問題なく地面に付くかを確認しておきましょう!

またサドルの高さを決定する時は、かかとがべったり付く位置ではなく「少し上がるくらい」を意識するのがおすすめです。

そして乗車した時にかかとをペダルに乗せた状態にし、ペダル位置を一番下側にした時足がピンと伸びる高さが理想ですよ!

自分の体格に合ったマウンテンバイクを選ぶためにも、サドルの高さをあらかじめ確認しておきましょう。

kura
商品によっては「適応身長」として、目安となる体格が示されている場合もありますよ。後ほどのランキングでは商品ごとに、サドルの高さももちろんご紹介します!

種類別に人気のおすすめマウンテンバイクランキングを見る!

それでは「ハードテイル」「フルサスペンション」の2つの種類別に分けておすすめのアイテムをランキングでご紹介します!

きっとあなたが乗りたいと思えるような、素敵なマウンテンバイクが見つかりますよ。

(通販で購入する場合は、お近くの自転車ショップで整備を行ってもらうと安全です。その時に防犯登録も行うとスムーズです。)

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

【ハードテイル】通勤・通学にも人気!おすすめマウンテンバイクランキングTOP6!

街乗りに向いているハードテイルのマウンテンバイクは、通勤や通学にも人気のアイテムですよ。比較的軽めのタイプが多いので、持ち上げる時にも楽です。

そんなハードテイルのマウンテンバイクの中でも、口コミやレビューで評判のアイテムをご紹介します!

スタンド・ベルも搭載!ディスクブレーキのおすすめマウンテンバイク!

マウンテンバイク
21Technology(21テクノロジー)
参考価格27,000円(税別)
種類
ハードテイル(サスペンションはフロントのみ)
ブレーキシステム
ディスクブレーキ
サドルの高さ
約72~89cm
サイズ
  • 車体:長さ約170×幅60.5cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
14.2kg

21Technology マウンテンバイクの特徴

見た目もかっこいいとレビューでも評判の21Technologyのマウンテンバイクです。価格がリーズナブルにも関わらず、ディスクブレーキ搭載のアイテムですよ!

また変速は21段階というのも見逃せません。そして重さも14.2kgと軽量なのもポイントです!

リーズナブルなマウンテンバイクを探している場合や、変速の段階が多いタイプが良い時におすすめです。

21Technology マウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

思ったよりも良かった
価格も安いしあまり品質に期待はしていませんでしたが、思ったよりも良かったです。ディスクブレーキというのも購入の決め手でした。

装備も文句なし
組み立てに自転車の知識が必要かなとは思いましたが、問題なく完成しました。装備も文句なしです!

たまに乗る感じなら十分
ルック車ですが、街中でたまに乗る感じなら十分だと思います。

服装を選ばず通勤仕様にも◎CANOVERのマウンテンバイク!

マウンテンバイク CAMT-043-DD ATLAS
CANOVER(カノーバー)
参考価格28,000円(税別)
種類
ハードテイル(サスペンションはフロントのみ)
ブレーキシステム
ディスクブレーキ
サドルの高さ
80〜90cm
サイズ
  • 車体:172.5x100x59cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
13.5kg(ペダル・保安部品を取り外した状態)

CANOVER(カノーバー) マウンテンバイクの特徴

自転車やスポーツ用品を手がけるCANOVERのマウンテンバイクです。ディスクブレーキ搭載で、重さは13.5kgと軽量な乗りやすいアイテムですよ!

またライトが付属しているのも嬉しいポイントです。ブロックオフロードタイヤで、軽めの未舗装道路も走行可能です!

軽量なマウンテンバイクを探している場合や、ちょっとした未舗装道路も走りたい時におすすめです。

CANOVER(カノーバー) マウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

かなりコスパ良い
前後サスではないので衝撃を感じますが、フロントは吸収してくれてる感じが伝わります。この価格ならかなりコスパ良いと思います。

良い品だと思います
ロードバイクと迷っていましたが、自分にとってはこちらの方が実用性を感じました。良い品だと思います。

高級感がある
見た目に高級感があって良いです。他、性能も問題なく使っています。

スピード◎長距離対応のサドルで入門機にも!おすすめマウンテンバイク!

オフロードマウンテンバイク
PANTHER(パンサー)
参考価格41,000円(税別)
種類
ハードテイル(サスペンションはフロントのみ)
ブレーキシステム
ディスクブレーキ
サドルの高さ
83〜96cm
サイズ
  • 車体:幅約60×全長185cm
  • ホイールサイズ:29インチ
重さ
17.5kg

PANTHER オフロードマウンテンバイクの特徴

入門機としても良いとの声も多いPANTHERのマウンテンバイクです。速度を出しやすい29インチのホイールに、ディスクブレーキ搭載のアイテムですよ!

またカラーは4色あり、スポーティーな配色でかっこいいです。スポーツタイプのサドルで、長時間でもお尻が痛くなりにくいのも良い点ですね!

29インチのマウンテンバイクが良い時や、スポーツタイプのサドルが良い時におすすめです。

PANTHER オフロードマウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

MTBの入門機としても良い
MTBの入門機としても良いと思います。29インチというのも気に入りました。

操作性も良く乗りやすい
17.5kgなので、まあまあ重い感じかと思いましたが操作性も良く乗りやすいです。通販で勝ったので防犯登録を兼ねて、ショップで諸々調整してもらいました。

ヘルメットも人気なビアンキの29インチおすすめマウンテンバイク!

MAGMA(マグマ)29.1 (2x9s)
BIANCHI(ビアンキ)
参考価格91,000円(税別)
種類
ハードテイル(サスペンションはフロントのみ)
ブレーキシステム
ディスクブレーキ
サドルの高さ
未表示
サイズ
  • 車体:38/43
  • ホイールサイズ:29インチ
重さ
未表示

BIANCHI(ビアンキ) MAGMA 29.1の特徴

イタリアの人気自転車ブランドBIANCHIのマウンテンバイクです。鮮やかなブルーが印象的な、人気シリーズMAGMAのアイテムですよ!

そしてディスクブレーキ搭載というのも良い点です。また変速は18段階というのも見逃せないポイントです!

人気ブランドのマウンテンバイクが良い時や、長年愛されているシリーズが良い場合におすすめです。

BIANCHI(ビアンキ) MAGMA 29.1の口コミ

口コミを見る

カッコイイ
やっぱり見た目がカッコイイ!乗り心地も問題なく快適です。

街乗り◎ペダルもこだわるメリダのおすすめマウンテンバイク!

マウンテンバイク BIG.SEVEN(ビッグセブン) 20-MD
MERIDA(メリダ)
参考価格59,000円(税別)
種類
ハードテイル(サスペンションはフロントのみ)
ブレーキシステム
ディスクブレーキ
サドルの高さ
未表示
サイズ
  • 車体:未表示
  • ホイールサイズ:27.5インチ
重さ
14.2kg

MERIDA(メリダ) マウンテンバイク BIG.SEVENの特徴

台湾の人気自転車メーカーMERIDAのマウンテンバイクです。エントリーモデルながら、メカニカルディスクブレーキ搭載で本格派のアイテムですよ!

またサスペンションはロックアウトできるため、街乗りの時も使いやすいです。もちろんオフロードでも活躍します!

人気の自転車メーカーのアイテムが良い時や、ロックアウトできるマウンテンバイクを探している場合におすすめです。

MERIDA(メリダ) マウンテンバイク BIG.SEVENの口コミ

口コミを見る

人気のおすすめメーカーGT!カスタムもしやすいマウンテンバイク!

AGGRESSOR EXPERT(アグレッサー エキスパート)
GT(ジーティー)バイシクルズ
参考価格56,000円(税別)
種類
ハードテイル(サスペンションはフロントのみ)
ブレーキシステム
ディスクブレーキ
サドルの高さ
未表示
サイズ
  • 車体:XS/S/M/L
  • ホイールサイズ:27.5インチ
重さ
未表示

GTバイシクルズ AGGRESSOR EXPERTの特徴

アメリカの人気自転車ブランドGTバイシクルズのマウンテンバイクです。ディスクブレーキを搭載し、オフロードにも対応する堅牢性の高いアイテムですよ!

また27.5インチのホイールタイヤというのも魅力です。セミインテグラルヘッドなので、耐久性が高いのも見逃せません!

人気自転車ブランドのマウンテンバイクを探している場合や、ディスクブレーキが良い時におすすめです。

GTバイシクルズ AGGRESSOR EXPERTの口コミ

口コミを見る

【フルサスペンション】人気メーカーも!おすすめマウンテンバイクランキングTOP6!

フルサスペンションのマウンテンバイクは、本格的にオフロードを楽しみたい場合に力を発揮してくれます。オフロードで楽しみたい時におすすめですよ!

そんなフルサスペンションのマウンテンバイクの中でも、人気のアイテムを集めました。

自転車専門店ANIMATO!値段も安いおすすめマウンテンバイク!

マウンテンバイク SANDPIPER(サンドパイパー)
ANIMATO(アニマト)
参考価格21,000円(税別)
種類
フルサスペンション(サスペンションがフロントとリアにある)
ブレーキシステム
ワイヤー式ブレーキ
サドルの高さ
82〜92cm
サイズ
  • 車体:173×105×59cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
16.2kg

ANIMATO マウンテンバイク SANDPIPERの特徴

自転車の製造販売の専門店 ANIMATOのマウンテンバイクです。本体が軽めで、変速も18段階と乗りやすいアイテムですよ!

また車体のカラーは4色で、お好みに合わせて選べますよ。泥除けも付属しているのも見逃せないポイントです!

本体が軽めのマウンテンバイクを探している場合や、色にこだわりたい時におすすめです。

ANIMATO マウンテンバイク SANDPIPERの口コミ

口コミを見る

安全に整備してもらいました
ざっくりと自分で組み立てた後に、近くの自転車屋さんで安全に整備してもらいました。ルック車ですし、品質・価格に満足しています。

乗りやすい
変速があるので、坂道での走行が楽になりました。自転車の素人ですが、以前のものより乗りやすいです。

自転車の知識が深まった
良い商品だと思います。組み立てることで、自転車の知識が深まりました。

泥除け有り!ホイールサイズ26のMy Pallasのおすすめマウンテンバイク!

折畳マウンテンバイク M-670
My Pallas(マイパラス)
参考価格19,000円(税別)
種類
フルサスペンション(サスペンションがフロントとリアにある)
ブレーキシステム
ワイヤー式ブレーキ
サドルの高さ
83〜91cm
サイズ
  • 車体:高さ約95〜97.5×幅57×全長174cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
約18kg

My Pallas(マイパラス) 折畳マウンテンバイクの特徴

折畳ができて使いやすいと人気のMy Pallasのマウンテンバイクです。カラーリングもとってもおしゃれで、ハンドルの高さも調整ができる本格アイテムですよ!

また折り畳めば小さくなるため、持ち運びがしやすいのも良い点です。泥除けが前後に付属しているのも見逃せません!

おしゃれなマウンテンバイクを探している場合や、折畳みが良い時におすすめです。

My Pallas(マイパラス) 折畳マウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

とっても良い感じ
自宅で組み立てた後、防犯登録を兼ねてプロに確認してもらいました。自分では見落としていた部分があって、しっかり調整してもらいました。とっても良い感じです。

フルサスペンションなのに安い!ハマーのおすすめマウンテンバイク!

マウンテンバイク DH2618-E
HUMMER(ハマー)
参考価格34,000円(税別)
種類
フルサスペンション(サスペンションがフロントとリアにある)
ブレーキシステム
ワイヤー式ブレーキ
サドルの高さ
80.5〜90cm
サイズ
  • 車体:長さ167×幅57.5×ハンドル高さ101cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
約17.5kg

HUMMER(ハマー) マウンテンバイクの特徴

スポーティーな見た目でコスパが良いと評判のHUMMERのマウンテンバイクです。強度の高い独自のフレームを使っていて、パッと目を引くロゴもかっこいいですね!

また車体のカラーはイエローとブラックの2色です。そしてこの価格でフルサスペンションというのも魅力です!

見た目がかっこいいマウンテンバイクを探している場合や、リーズナブルなフルサスペンションが良い時におすすめです。

HUMMER(ハマー) マウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

コスパの良いアイテム
この価格だしマウンテンバイク風のルックス車というのはわかっていましたが、コスパの良いアイテムだと思いました。少しずつ組み立て・カスタマイズして使っています。

グリップ◎タイヤ交換しやすい!シボレーのおすすめマウンテンバイク!

フルサスペンションマウンテンバイク AL-ATB2618GLOW
CHEVROLET(シボレー)
参考価格23,000円(税別)
種類
フルサスペンション(サスペンションがフロントとリアにある)
ブレーキシステム
ワイヤー式ブレーキ
サドルの高さ
81~95cm
サイズ
  • 車体:約全長171×幅59×ハンドル高さ96cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
16.2kg

シボレー フルサスペンションマウンテンバイクの特徴

自動車メーカーとして有名なシボレーのマウンテンバイクです。18段階の変速付きで、車体の塗装にまでこだわっているマウンテンバイクですよ!

そしてブロックタイヤが採用されているため、グリップ力が高いのもポイントです。工具を使わずにタイヤが外せるのも良い点です。

有名メーカーのマウンテンバイクが良い時や、タイヤにこだわりたい場合におすすめです。

シボレー フルサスペンションマウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

折りたたみ式!キャプテンスタッグのマウンテンバイク!

マウンテンバイク ファルシオンFDB2618
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
参考価格26,000円(税別)
種類
フルサスペンション(サスペンションがフロントとリアにある)
ブレーキシステム
未表示
サドルの高さ
未表示
サイズ
  • 車体:約176×60×102cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
約18.4kg

CAPTAIN STAG マウンテンバイクの特徴

人気アウトドアブランドCAPTAIN STAGのマウンテンバイクです。折りたためるタイプで、持ち運んだ先で手軽にサイクリングが楽しめますよ!

そして購入時から前後に泥除けがあるのもポイントです。18段階変速ができるというのも見逃せません!

人気のアウトドアブランドのアイテムが良い時や、折りたためるマウンテンバイクを探している場合におすすめです。

CAPTAIN STAG マウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

折りたためるのが良い
折りたためるのが良いです。細かいパーツは自分の好みものものに取り替えました。

手軽に使える
取り付けは少し時間をとりましたが、完成したら良い感じです。折りたたみなので、手軽に車に乗せて遠くへ走りに行けます。

Amazonや楽天の通販でも人気!Raychellのマウンテンバイク!

Raychell(レイチェル) 折りたたみ マウンテンバイク MTB-2618RR
株式会社オオトモ
参考価格17,000円(税別)
種類
フルサスペンション(サスペンションがフロントとリアにある)
ブレーキシステム
ワイヤー式ブレーキ
サドルの高さ
83.5〜91cm(地上より)
サイズ
  • 車体:173×107.5×59cm
  • ホイールサイズ:26インチ
重さ
18.1kg

Raychell 折りたたみ マウンテンバイクの特徴

自転車やアウトドア・スポーツ用品が有名なRaychellのマウンテンバイクです。折りたたみができるシティー向けのタイプで、手軽に使えるアイテムですよ!

またカラーは4色あり、お好みに合わせやすいのも魅力です。Amazonの売れ筋ランキングでも注目されています!

有名メーカーのマウンテンバイクを探している場合や、折りたたみが良い時におすすめです。

Raychell 折りたたみ マウンテンバイクの口コミ

口コミを見る

良い商品
ルック車ということを納得済みで購入です。この価格でここまでの性能があれば、全く元がとれると思います。良い商品です。

坂道が楽になりました
変速があるタイプが良くて購入しました。自宅近くの坂道が楽になりました。

マウンテンバイクのおすすめの掃除・メンテナンス方法は!

マウンテンバイクのおすすめの掃除・メンテナンス方法についてもご紹介します!ですが手順が多いため、簡単にできる方法をわかりやすく解説してくれている動画をご紹介しますね。

必要なものは自転車用万能クリーナー・ブラシ・水・タオルです。大まかな流れを以下にまとめました!

  • 水で全体を流す
  • 自転車用万能クリーナーを全体に吹きかける
  • 数分放置(ブラシをかけるとより早く落ちる)
  • 水で全体を流し、タオルで拭く
  • チェーンオイル・グリスを塗る

このような流れです。こちらの動画では、自転車用の万能クリーナーを使用していますよ。泥やホコリで汚れてしまった時は、早めに掃除しましょう!

マウンテンバイクについてのよくあるQ&A

では、最後にマウンテンバイクを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

中古のマウンテンバイクの品質はどうですか?

中古のマウンテンバイクの品質は、商品によって全く違います。専門店の中古であれば整備してもらえている可能性がありますが、個人が販売している場合はわかりません。

また中古や新品に関わらず、走行中に思わぬ故障が見つかると大変です。使用前には必ず整備・メンテナンスを業者に依頼した方が良いでしょう。

マウンテンバイクに乗るのにヘルメットは必要ですか?

着用は義務付けられていませんが、悪路や泥がある場所はヘルメットをした方が安全です。また速めのスピードを出す場合も同様です。

ロードバイクとマウンテンバイクの違いはなんですか?

両者は商品によってもかなり差があります。ざっくりと分けるとロードバイクは舗装された道路を走ることに向きで、マウンテンバイクは林道や山道に向いています。

またどちらの場合も、シティ向けに作られている「ルック車」もあります。

まとめ

マウンテンバイクは見た目のデザインも重要なポイントです。ですが、自分に合う機能性なのかもじっくり検討したい点でもあります。

なんとなくで選んでしまうと、扱いにくいマウンテンバイクになってしまうためです!せっかく購入するなら、使いやすいアイテムが良いですよね。

選び方で迷ってしまった場合は、ぜひここでご紹介したポイントやおすすめアイテムを参考にしてみてください。きっと「コレ!」と思えるアイテムが見つかりますよ。

関連記事 RELATED POSTS