コスパ最強の中古車

コスパ最強の中古車5選!低燃費・高性能なのに安い隠れた名車はコレ!

  • 安い中古車が欲しいけど、低品質で故障が多い車は避けたい!
  • 燃費が良くて高性能なコスパの高い中古車ってあるのかな?

でも、車に詳しくないから中古車情報を見ても全然わからない…!

現在、こういったことでお悩みではないでしょうか?

そこで今回こちらでは、高性能なのに価格が安く燃費もいい隠れた名車を車種別に5台紹介していきます!

人気のある中古車よりも、コスパ重視で選びたい!というのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 市場に出回る前の中古車を見つける方法!

    車を買う
    なかなか希望に合う中古車が見つからない…。そんなお悩みないですか?

    高品質な中古車を効率的に探すなら、中古車提案サービスがおすすめです!

    中古車提案サービスを利用すると、市場に出回る前の非公開車両やディーラー展示車あがりの未使用車などの入荷情報を無料で受け取ることができます。

    おすすめの中古車提案サービスは以下の「ズバット車販売」です!

    ズバット車販売
    希望条件に合う中古車を電話を使って提案してくれる!細かい条件を伝えたいならココ!

この記事を書いた人
ITO
車いじりとドライブが好き!これまで自費で購入した車は計8台。思い出の詰まった愛車を手放すときは少しでも高く…と、数年前から中古車一括査定を利用するようになりました。すでに2台の車を売却しています。1台目は4社に見積もりを出してもらい+16万に。2台目は6社に見積もりを出してもらったところ+23万に!そんな私が中古車の売却に関する情報をお届けします!

コスパ最強の中古車ってどんな車のこと?

コスパ最強の中古車とは?
  1. 高性能なのに不人気のため価格が安い
  2. 市場に多く出回りすぎて価格が下落している
  3. 燃費がよく燃料代の負担が少ない
  4. 税金・保険の負担が少ない
  5. 状態がよく長く乗れる

コスパ最強の中古車とは、上記5つのうちの多くを満たしている車と言えます。

しかし、中古車情報を見るだけでコスパの高い中古車と判断するのは難しいですよね。

そこで次に、車種ごとにコスパ最強と言える中古車を5台厳選し詳しくお伝えしていきます!

コスパ最強の中古車を車種別に5台紹介!

車種 予算 実走行燃費 コスパ評価
軽自動車ミライース
ミライース
40万円 23.42km/L 5.0
コンパクトカーアクア
アクア
80万円 22.52km/L 4.5
SUVCX-3
CX-3
150万円 20.17km/L 4.0
セダンカローラエクシオ
カローラアクシオHV
100万円 24.50km/L 4.0
ミニバンシエンタ ハイブリッド
シエンタHV
140万円 18.02km/L 3.0

2019年11月時点で、コスパ最強の中古車は上記の5台です。

それではこれより、1台ずつコスパの高い理由・維持費・口コミ・車の詳細がわかる動画を紹介していきます。

【コスパ最強の軽自動車】ミライースの初代モデル

ミライース

出典:カーセンサー

コスパ評価 5.0
コスパの高い理由
  • 旧モデルのため相場が下がっている
  • 実燃費が良い
  • 税金・保険類が安い
予算 40万円
カタログ燃費 32.2km/L
実走行燃費 23.42km/L
乗車人数 4名
排気量 660cc
狙い目の年式 2016年式
狙い目のグレード
  • L
  • X
  • X SA
  • Xf SA 4WD

※燃費はe燃費のデータを参考にしています。

ミライースはハイブリッド車・電気自動車に次ぐ、第3のエコカーをコンセプトに開発された軽自動車です。

現行モデルは2代目ですが、1つ前のモデル(初代モデル)に目を向けると状態のよいミライースが40万円以下で出回っています。

初代ミライースの燃費は現行モデルと変わらないため、コスパを考えると1つ前の初代モデルがお得です。

さらにミライースは軽自動車なので、維持費も激安です。

ミライースは維持費が安い!

項目 年間費用(目安) 判定
自動車税
(毎年)
10,800円
安い
重量税
(2年毎)
5,000円
安い
自賠責保険
(2年毎)
24,070円
普通
任意保険
(毎年)
25,660円
安い
法定12ヶ月点検
(毎年)
14,500円
普通
車検費用
(2年毎)
50,000円
普通
ガゾリン代
(年間目安)
59,777円
安い
1年間の目安金額 150,272円
安い
  • ※ガソリン代は年間1万km走行、ガソリン1Lあたり140円、実燃費をもとに計算
  • ※車検代は車検基本料50,000円と仮定
  • ※任意保険はチューリッヒの保険料を参考
  • ※法定12ヶ月点検はHonda Cars横浜の料金を参考

軽自動車は自動車税と自動車重量税が、普通自動車よりも安くなっています。

どのくらい安いのか?というと、コンパクトカーと比較して35,000円ほどの差があります。(この差は大きい!)

また、街乗りでの実走行燃費も23.42km/Lとハイブリッドカー並なので、ガソリン代も大幅に節約できます!

ミライースの口コミは?本当に実燃費が良いと評判!

ITO
実燃費で40.3km/Lを記録した人がいたのは驚きです!ヘタするとミニバンの燃費の1/4くらいになりますからね。ミライースの燃費すげぇ。

初代ミライースの詳細がわかる動画

  • 動画再生時間:4:58秒
  • 配信元:モーターマガジン

ミライース初代モデルの燃費、内装、機能などがわかります。

【コスパ最強のコンパクトカー】アクア

アクア

出典:アクア公式ページ

コスパ評価 4.5
コスパの高い理由
  • コンパクトカーの中で燃費がトップクラス
  • 市場に多く出回っているため相場が下がっている
予算 80万円
カタログ燃費 33.8~37.0km/L
実走行燃費 22.52km/L
乗車人数 5名
排気量 1500cc
狙い目の年式 2016〜2017年式
狙い目のグレード
  • アクアS
  • アクアL

※燃費はe燃費のデータを参考にしています。

アクアは、トヨタが販売するコンパクト ハイブリッドカーです。

人気車種ではありますが、中古車市場に在庫があふれているため低価格で購入することができます。

中古車だと、ハイブリッドカーの駆動用バッテリーはどのくらい持つのか?気になるところですが、走行距離15万〜20万キロくらいまで持つようにできています。

なので、駆動用バッテリーについては中古車だからと言って心配する必要はないでしょう。

アクアの維持費はどうなってる?

項目 年間費用(目安) 判定
自動車税
(毎年)
34,500円
普通
重量税
(2年毎)
15,000円
普通
自賠責保険
(2年毎)
25,830円
普通
任意保険
(毎年)
32,210円
普通
法定12ヶ月点検
(毎年)
16,500円
普通
車検費用
(2年毎)
50,000円
普通
ガゾリン代
(年間目安)
62,000円
安い
1年間の目安金額 190,625円
ちょい安
  • ※ガソリン代は年間1万km走行、ガソリン1Lあたり140円、実燃費をもとに計算
  • ※車検代は車検基本料50,000円と仮定
  • ※任意保険はチューリッヒの保険料を参考
  • ※法定12ヶ月点検はHonda Cars横浜の料金を参考

アクアの維持費は、軽自動車に比べると自動車税や重量税が少し割高になっています。

しかし、燃費に関しては軽自動車と変わらないのでお得な車種と言えます。

アクアの口コミは?予想通り実燃費が良いと評判!

ITO
実燃費は20km〜32.9km/Lと幅があるようです。これは、乗り方次第というとこですね。しかし、最低ラインでも20km/Lの燃費が出るのところはさすがアクアです。

アクアの詳細がわかる動画

  • 動画再生時間:7:36秒
  • 配信元:トヨタ自動車のクルマ情報サイトGAZOO

アクアの燃費がよい理由やプリウスとの違い、車内の広さなどの詳細がわかります。

【コスパ最強のSUV】CX-3(SKYACTIVディーゼル)

CX-3

出典:cx-3公式ページ

コスパ評価 4.0
コスパの高い理由
  • 燃費がいい
  • 軽油を燃料とするディーゼル車なので燃料代が安い
  • 不人気車
予算 150万円
カタログ燃費 20.0~20.2km/L
実走行燃費 20.17km/L
乗車人数 5名
排気量 1500cc
狙い目の年式 2015年式
狙い目のグレード
  • 1.5XD ツーリング ディーゼルターボ

※燃費はe燃費のデータを参考にしています。

CX-3は、マツダが販売するコンパクトSUV車です。こちらで紹介するCX-3なんですが、なんとディーゼル車!

ディーゼル車のメリットは燃料が軽油であることです。軽油はガソリンの15%ほど安いので、燃料代を大幅に節約できます。

CX-3(SKYACTIVディーゼル)の維持費は?

項目 年間費用(目安) 判定
自動車税
(毎年)
34,500円
普通
重量税
(2年毎)
15,000円
普通
自賠責保険
(2年毎)
25,830円
普通
任意保険
(毎年)
32,210円
普通
法定12ヶ月点検
(毎年)
16,500円
普通
車検費用
(2年毎)
50,000円
普通
軽油代
(年間目安)
61,973円
安い
1年間の目安金額 190,598円
ちょい安
  • ※軽油代は年間1万km走行、軽油1Lあたり125円、実燃費をもとに計算
  • ※車検代は車検基本料50,000円と仮定
  • ※任意保険はチューリッヒの保険料を参考
  • ※法定12ヶ月点検はHonda Cars横浜の料金を参考

CX-3のディーゼル車は、実燃費が20.17/Lと優秀です。また、排気量は1500ccクラスなので、税金や保険料もそれほど高くありません。

CX-3(SKYACTIVディーゼル)の口コミは?

ITO
ディーゼルエンジンについては好き嫌いがあるようです。実燃費は30km/Lを出した方もいたほどなので、燃料代は確実に節約できそうですね。

CX-3(SKYACTIVディーゼル)の詳細がわかる動画

  • 動画再生時間:3:38秒
  • 配信元:モーターマガジン

CX-3(SKYACTIVディーゼル)の特徴をわかりやすく解説してくれています。意外に内装がカッコいいことがわかりますよ。

【コスパ最強のセダン】カローラアクシオ

カローラエクシオ

出典:カローラエクシオ公式ページ

コスパ評価 4.0
コスパの高い理由
  • 燃費がいい
  • 現在セダンは不人気車
予算 100万円
カタログ燃費 33.0km/L
実走行燃費 24.50km/L
乗車人数 5名
排気量 1500cc
狙い目の年式 2016年式
狙い目のグレード
  • 1.3X
  • 1.5X

※燃費はe燃費のデータを参考にしています。

カローラアクシオは、トヨタが販売する5ナンバーのコンパクトセダンです。

注目すべきは燃費の良さ!カタログ値で33.0km/L、実走行燃費で24.50km/Lです。燃費がいいセダンを検討しているなら、カローラアクシオは一押しです。

カローラアクシオの維持費は?

項目 年間費用(目安) 判定
自動車税
(毎年)
34,500円
普通
重量税
(2年毎)
15,000円
普通
自賠責保険
(2年毎)
25,830円
普通
任意保険
(毎年)
32,210円
普通
法定12ヶ月点検
(毎年)
16,500円
普通
車検費用
(2年毎)
50,000円
普通
ガソリン代
(年間目安)
57,142円
安い
1年間の目安金額 185,767円
ちょい安
  • ※ガソリン代は年間1万km走行、ガソリン1Lあたり140円、実燃費をもとに計算
  • ※車検代は車検基本料50,000円と仮定
  • ※任意保険はチューリッヒの保険料を参考
  • ※法定12ヶ月点検はHonda Cars横浜の料金を参考

実燃費は軽自動車のミライースよりも、ハイブリッド・コンパクトカーのアクアよりも上です!

普通すぎる面白味のない外観というところは置いといて、燃費の良さは抜群です。

カローラアクシオの口コミは?

ITO
レンタカーでカローラアクシオを乗った人が、燃費の良さに気づくパターンが多かったですね。

カローラアクシオの詳細がわかる動画

  • 動画再生時間:2:38秒
  • 配信元:トヨタカローラ山口

トヨタカローラ山口のYouTubeチャンネルです。カローラアクシオ ハイブリッドとプリウスの違いについて少し触れています。

【コスパ最強のミニバン】シエンタ ハイブリッド

シエンタ ハイブリッド

出典:シエンタ公式ページ

コスパ評価 3.0
コスパの高い理由
  • ミニバンの中で燃費がトップクラス
  • 1500ccなので税金が高くない
予算 140万円
カタログ燃費 27.2km/L
実走行燃費 18.02km/L
乗車人数 7名
排気量 1500cc
狙い目の年式 2015〜2016年式
狙い目のグレード
  • ハイブリッド1.5G

※燃費はe燃費のデータを参考にしています。

シエンタ ハイブリッドは、トヨタが販売するミニバンの中で最も小さいサイズのミニバンです。

他社メーカーにもミニバンのハイブリッド車はありますが、シエンタ ハイブリッドの実燃費はかなり優秀で18.02km/Lという結果がでています。

ただ、車両価格が少し高いので、購入するなら8年くらい長く乗りたいところです。

シエンタ ハイブリッドの維持費は?

項目 年間費用(目安) 判定
自動車税
(毎年)
34,500円
普通
重量税
(2年毎)
15,000円
普通
自賠責保険
(2年毎)
25,830円
普通
任意保険
(毎年)
32,210円
普通
法定12ヶ月点検
(毎年)
16,500円
普通
車検費用
(2年毎)
50,000円
普通
ガゾリン代
(年間目安)
77,691円
ちょい安
1年間の目安金額 206,316円
普通
  • ※ガソリン代は年間1万km走行、ガソリン1Lあたり140円、実燃費をもとに計算
  • ※車検代は車検基本料50,000円と仮定
  • ※任意保険はチューリッヒの保険料を参考
  • ※法定12ヶ月点検はHonda Cars横浜の料金を参考

シエンタ ハイブリッドはミニバンながらも排気量1500ccのため、意外にも税金類が高くありません。燃費は軽自動車やコンパクトカーに比べると落ちますが、悪くはない数値です。

シエンタ ハイブリッドの口コミは?

ITO
口コミを見る限り、街乗りでの燃費は最低でも15.6km/L、最高だと26.4km/L。車に乗る人数や走り方にもよりますが、燃費としては悪くない数値です。

シエンタ ハイブリッドの詳細がわかる動画

  • 動画再生時間:5:12秒
  • 配信元:トヨタ自動車のクルマ情報サイトGAZOO

シエンタ ハイブリッドの外観や後部座席の乗り込みのしやすさ、3列目シートの乗り心地などがわかります。

あまりに安い中古車は注意!訳ありではないか?確認する6つのポイント!

訳あり中古車ではないか?確認する6つのポイント
  1. 修復歴あり(事故車)の車ではないか?
  2. 冠水車(水に浸かった車)ではないか?
  3. 不具合のある車ではないか?
  4. 傷やヘコミが多い車ではないか?
  5. タバコ臭・ペット臭の強い車ではないか?
  6. 下回りがサビ付いている車ではないか?

中古車を探しているとき、相場よりも明らかに安い中古車が見つかることがあります。

しかし、相場より安い中古車は必ず何かしらの理由があります。こういった激安中古車を見つけた場合は、上記6つを確認してください。

修復歴あり、冠水車は中古車情報に掲載されている

修復歴ありの表示

「修復歴あり」とは、事故等により、車の骨格(フレーム)を修復している車のことです。

走行に支障をきたすことがあるので、修復歴ありの中古車は避けておいたほうが無難です。

修復歴は中古車1台1台の情報欄に掲載されているので、必ず確認しましょう。

冠水車の掲載

「冠水車」とは、台風・大雨・ゲリラ豪雨などにより、水に浸かってしまった車のことを指します。

冠水した車は、電気系統の不具合が出やすいので絶対に避けましょう。

冠水車も中古車1台1台の情報欄に掲載されていますので、必ず確認してくださいね。

中古車情報に掲載されていない不明な点は、問い合わせ時に確認!

スマホを持つ女性

不具合・傷・ヘコミ・車内の臭い・下回りのサビなど、中古車情報に掲載されていないことが多いです。

相場より安いと感じた中古車は、もしかすると情報欄に掲載していない部分に問題があるかもしれません。

なので、「価格が安いけど、この車大丈夫か…?」と思ったら、販売店に電話またはメール等で確認するようにしましょう。

そのとき、問い合わせした回答を記録しておくと安心です。メールならメールを保存、電話なら録音して証拠を残しておきましょう。

中古車を安く購入できる時期ってあるの?

中古車を安く購入できる時期

中古車の価格が安くなる時期は、基本的にありません。

中古車は新車と違って、値引きを前提に販売していないからです。

しかし、中古車の値段は需要(中古車を買いたい人が多い)と供給(中古車の販売台数が多い)のバランスによって決まっています。

なので、バランスが崩れたときに値段が上がったり下がったりすることは考えられます。

中古車が安くなると考えられている時期は?

  • フルモデルチェンジが行われたとき
  • リコールが発覚したとき
  • 同車種の他メーカーに人気車種が出たとき

これまで人気のあった車種でも、状況が変わると相場が安くなります。

中古車相場は人気度に左右されますので、普段からネットや車情報誌などで欲しい車の情報をマメにチェックしておきましょう。

逆に中古車が高くなると考えられている時期は?

  • 大型連休前
  • ボーナス時期

中古車の需要が高まる時期は、相場の上がることが考えられます。しかし、普段から中古車の相場をチェックしていなければ相場が上がったことに気づきません。

なので、普段から希望車種の価格相場をチェックしておくとよいでしょう。中古車価格の予測を掲載しているサイトもあるので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

»カーセンサーラボ

安い中古車・コスパ最強の中古車を見つけるなら、早めの車探しが重要!

車探しに役立つおすすめのサイト・サービス

欲しい車種が決まっても、条件にあう中古車がすぐに見つかることは稀です。なので、買い替えを検討した段階から車探しを始めておきましょう。

車探しに役立つおすすめのサイト・サービスは上記の3つです。

とくにおすすめなのは、中古車提案サービスです。

中古車提案サービスとは、希望条件に合う中古車を探してくれるサービスです。サービスを提供するのは、車買取大手のガリバー。

毎日500台入荷するのガリバーの在庫の中から、希望に合う中古車を探してくれます。

中古車提案サービスは市場に出回る前の非公開車両を紹介してくれるので、カーセンサーやグーネットと合わせて利用すると、より車を見つけやすくなります。

ITO
登録・利用は無料なので、良車を逃さないためにも登録しておきましょう。

コスパ最強の中古車まとめ

コスパ最強の中古車
  • ミライース(初代モデル)
  • アクア
  • CX-3
  • カローラアクシオ ハイブリッド
  • シエンタ ハイブリッド

今回紹介したコスパ最強の中古車は上記5台です。
気になった車があれば、今すぐに探しはじめてみましょう!

アクセスランキング ACCESS RANKING