朝のトースト・お菓子作り・料理にもぴったり!おすすめのバター22選

バターはパンに塗ったりするだけでなく、お菓子作りや様々な料理でも大活躍してくれる食材です。

パンに塗ったり料理に使うにも「マーガリンの方が便利」って思うこともありますが、バターを使うと「やっぱりこの風味とコクはバターじゃなきゃ!」と感じます。

バターはスーパーなどで売られているコスパの良いものから一流ホテルなどで使われる高級バターなど、種類も豊富でメーカーにより味わいが違うんですよ。

なので、いざバターを選ぼうと思っても、ネット上では風味も味もわからないしどれを選べばいいのか本当に難しいですよね。

今回はバターの選び方とともに、おすすめのバターを4つのタイプに分けてランキングしてみました。美味しいバターを見つけて、毎日の食生活を豊かにしてくださいね。

この記事を書いた人
ayaka
朝食はパン派なので、美味しいバターにはちょっとこだわりがあります。お菓子作りも好きなので、バターについて色々調べているうちに、バターの奥深さに気づきました。シンプルだからこそこだわりたい食材ですよね。ここではそんな私がこれは!と思ったおすすめのバターを紹介していきます。美味しいバターを見つけてくださいね♪

バターを選ぶ4つのおすすめの選び方!

バターはパンに塗ったりお菓子作りや料理に使ったりと、万能に活躍できる食材です。とはいえバターはたくさんのメーカーから販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

なので、ここではバターを選ぶ際のポイントを4つと、おすすめのバターを紹介していきます。

無塩か有塩かで選ぶ!

種類特徴
有塩バター
  • 1.5%程度の塩分
  • 風味が良いのでトーストなどにぴったり
  • 保存性が高い
無塩バター
  • 味の仕上がりに影響の出やすい料理向き
  • 有塩バターよりは保存性が低い

まずバターは塩が入っているかどうかで選びましょう。上の表でそれぞれの特徴や合う使い方を紹介していますので確認してくださいね。

有塩バターはトーストをはじめ、ジャガイモや魚料理などでコクを足したい料理などで使うことがおすすめです。

またお菓子作りやパン作りなどに使用するには無塩バターがおすすめです。バター本来の味を楽しむことができるので欠かせないアイテムです。塩分を控えたい場合には料理に使うのもおすすめですよ。

使用目的に合わせて有塩か無塩かを選んでくださいね。

ayaka
後にタイプ別におすすめのバターをランキングしています。使いたい目的別にチェックしてくださいね♪

発酵か非発酵かで選ぶ!

原料の生乳クリームを乳酸菌で発酵させて作るのが発酵バターです。発酵させると独特の香りやコクが出るので、味わい深いバターが出来上がります。

もともと日本では発酵バターは作られておらず、ヨーロッパで主流のバターです。

反対に発酵させない非発酵バターは、クセが少なくて優しい味わいが特徴です。日本では非発酵バターが多く流通していて、どんな料理にも合いやすいのも特徴です。

  • 発酵バター・・・風味を楽しみたい場合、焼き菓子などにおすすめ
  • 非発酵バター・・・くせが少ないのでどんな料理にも合う

乳酸菌の香りが特徴的なので、好みや料理方法などで選ぶと良いでしょう。

個性で選ぶ!

バターには個性的なものもあるので、普段と違うちょっと個性的なバターを選ぶこともおすすめです。

バターに生クリームを加えて泡立てたホイップバターや、牧草のみを食べて育った牛のミルクでできたグラスフェッドバターなどがあります。

ホイップバターは空気をたくさん含んでいるので、ワッフルやパンケーキなどに添えるのにぴったりのバターです。

グラスフェッドバターは牧草のみを食べて育った牛の生乳を使うので、ビタミンやカロテンが多く含まれています。そのため栄養分にもこだわりたい場合におすすめのバターです。

形状で選ぶ!

バターを選ぶ際には、使うシーンなどに合わせて形状で選ぶのもおすすめです。最も多いのは長方形の棒状態になっているバターですが、使う分だけ切る手間があります。

中にはもともと5gずつ切れているものや包み紙に10gごとの目印が入っているものなどもあり、お菓子作りなどに使いたい場合にぴったりです。

一般的なマーガリンなどと同じようにプラスチック製のケースに入っているものは、1度に使う量を調整しやすい点がメリットです。

またチューブタイプのものはくり出しやすいので料理で使う場合などにおすすめです。目的によって適した形状のバターを用意しておくと、使い勝手が向上しますよ。

ayaka
毎日使うならば、できるだけ使いやすい形状を選ぶと良いですよ。便利な保存ケースを使うこともおすすめです♪

タイプ別におすすめのバターを探す!

それではタイプ別におすすめのバターを紹介していきます。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

【有塩タイプ】おすすめのバターTOP7!

それではまずは有塩タイプのおすすめのバターを紹介していきます。

豊かな風味が楽しめる!高千穂牧場 高千穂バター

高千穂バター
高千穂牧場
参考価格630円(税別)
内容量
200g
おすすめ度
3.0

高千穂牧場 高千穂バターの特徴

九州産の生乳を100%使用して作ったバターです。新鮮な生乳から分離した生クリームから作られており、コクのある味わいが特徴です。

くせがなく、自然の風味がとても豊かなバターに仕上がっていますよ。

どんな料理にも合わせやすいマイルドな味わいのバターを探している場合におすすめです。

高千穂牧場 高千穂バターの口コミ

口コミを見る

安定の味を楽しもう!雪印メグミルク 雪印北海道バター

雪印北海道バター
雪印メグミルク
参考価格1,860円(税別)
内容量
200g
おすすめ度
3.0

雪印メグミルク 雪印北海道バターの特徴

雪印メグミルクのバターは、北海道の酪農家が愛情込めて育てた健康な乳牛から絞られたミルクで作られています。

そのためミルクの風味がしっかりと感じられる味わいになっていることが特徴です。

長年愛され続けてきた安心と安定の味を楽しみたい場合におすすめです。

雪印メグミルク 雪印北海道バターの口コミ

口コミを見る

ミルクを食べているかのようなバター!デリカ マルシェ ミルクを食べる乳酪バター

ミルクを食べる乳酪バター
デリカ マルシェ
参考価格2,460円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
3.5

デリカ マルシェ ミルクを食べる乳酪バターの特徴

まるでミルクを食べているかのようなバターとして人気なのがこのミルクを食べる乳酪バターです。

ミルクの薫りとちょうど良い塩味が特徴ですよ。

原料であるミルクのコクや風味を存分に味わいたい場合におすすめのバターです。

デリカ マルシェ ミルクを食べる乳酪バターの口コミ

口コミを見る

どんな料理にも合う!明治乳業 明治バター

明治バター
明治乳業
参考価格965円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
3.0

明治乳業 明治バターの特徴

どんな料理にも合う有塩バターを探している場合におすすめなのがこの明治乳業のバターです。

しかもお手頃な価格なので、毎日の料理にも取り入れやすいのが嬉しいですよね。

明治乳業の製品なので品質の良さも折り紙付きです。できるだけコスパ良く美味しいバターを使いたい場合におすすめです。

明治乳業 明治バターの口コミ

口コミを見る

やさしい風味の白いバター!カルピス カルピスバター

カルピスバター
カルピス
参考価格1,910円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
3.5

カルピス カルピスバターの特徴

大人気の乳酸菌飲料カルピスを作る工程で、生乳から乳脂肪を分離する時にできる脂肪分から作られるバターです。

良質な生乳をカルピスの製造で培った高い技術と品質管理で作り上げており、深いコクと上質でクリーミーな味わいが特徴ですよ。

カルピスのようなやさしい風味の白いバターで、クリーミーなバターが好きならこのバターです。

カルピス カルピスバターの口コミ

口コミを見る

際立つ白さ!弘乳舎 国産伝統製法バター

国産伝統製法バター
弘乳舎
参考価格2,050円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
4.0

弘乳舎 国産伝統製法バターの特徴

西日本の良質で新鮮な生乳を使用し、1883年の創業以来のヨーロッパ伝統メタルチャーン製法で作られたバターです。

特徴は何と言っても際立つ白さです。深いコクと豊かな風味があるのは、じっくりと製造しているからです。

ミルク感の強いバターを探している場合におすすめのバターです。

弘乳舎 国産伝統製法バターの口コミ

口コミを見る

十勝の大自然の味わい!よつ葉乳業 北海道よつ葉バター

北海道よつ葉バター
よつ葉乳業
参考価格940円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
4.5

よつ葉乳業 北海道よつ葉バターの特徴

北海道の十勝産の良質な生乳を100%使用して作られたよつ葉バターは、ミルキーでコクのある味わいが大人気のバターです。

十勝の大自然が育んだ美味しさを、創業以来の変わらない美味しさにファンがとても多いことがうなずけます。

トーストや料理などに使った際の芳醇な香りがとてもおすすめです。

よつ葉乳業 北海道よつ葉バターの口コミ

口コミを見る

【無塩タイプ】おすすめのバターTOP5!

次にお菓子作りにもぴったりの無塩タイプのおすすめのバターを紹介していきます。

北海道の新鮮な生乳で作られたバター!北海道日高乳業 北海道バター

北海道バター
北海道日高乳業
参考価格1,717円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
3.0

北海道日高乳業 北海道バターの特徴

北海道の雄大な自然が育んだ健康な乳牛の生乳を使って作られたバターです。

そのため新鮮なだけでなく栄養もたっぷり含まれており、食塩不使用なので製菓利用や料理にもぴったりです。

ミルクの風味が感じられる味わいが特徴ですよ。

北海道日高乳業 北海道バターの口コミ

口コミを見る

多くのパティシエに愛される味!明治 明治バター

明治バター
明治
参考価格1,421円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
3.0

明治 明治バターの特徴

日本で多くのパティシエに愛されているバターです。

コクがあるだけでなく、ミルク感もたっぷりあるためお菓子作りだけでなくパン作りや料理にもぴったりです。

風味がとても良いので焼き菓子などの焼き上がり時にはとても良い香りがたちますよ。

明治 明治バターの口コミ

口コミを見る

まろやかな味わい!雪印メグミルク 雪印バター

雪印バター
雪印メグミルク
参考価格1,740円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
3.5

雪印メグミルク 雪印バターの特徴

まろやかな味わいが特徴の無塩バターです。原料であるミルクにこだわって作られた贅沢で新鮮なバターです。

ケーキやクッキーなどの焼き菓子などには欠かせない存在です。

ミルクの新鮮な風味とまろやかな味わいをしっかり味わいたい場合におすすめのバターです。

雪印メグミルク 雪印バターの口コミ

口コミを見る

色々な料理に使えて便利!よつ葉乳業 北海道よつ葉バター

北海道よつ葉バター
よつ葉乳業
参考価格1,469円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
4.0

よつ葉乳業 北海道よつ葉バターの特徴

北海道産の生乳を100%利用して作られたよつ葉バターです。創業以来の変わらない味わいで風味もとても良いため、プロのお店などでも選ばれていますよ。

北海道のおいしさをまっすぐ伝えることが目標になっており、ミルクの優しい風味がしっかり感じられます。

パン作りやお菓子作りをご家庭でよく行う場合の必需品です。

よつ葉乳業 北海道よつ葉バターの口コミ

口コミを見る

一流フランス料理店シェフが絶賛の味!カルピス カルピスバター

カルピスバター
カルピス
参考価格1,084円(税別)
内容量
450g
おすすめ度
5.0

カルピス カルピスバターの特徴

一流フランス料理店のシェフが、香りや風味とくに滑らかさなどを称賛しているバターです。

ソースに使うだけでなく、お菓子やバイ生地作りでも粉との相性がとても良いことが特徴です。

カルピスを作る工程でできた脂肪分から作られており、深いコクやクリーミーな味わいを生かしたお菓子などに生かしたい場合におすすめです。

カルピス カルピスバターの口コミ

口コミを見る

【発酵タイプ】おすすめのバターTOP5!

次に発酵タイプのおすすめのバターを紹介していきます。

まろやかでコクのある風味!函館修道院 トラピストバター

トラピストバター
函館修道院
参考価格1,296円(税別)
内容量
200g
おすすめ度
3.0

函館修道院 トラピストバターの特徴

北海道のトラピスト修道院が作るバターです。日本では珍しい生きた乳酸菌を使った発酵バターで、まろやかでコクのある味わいが特徴的です。

バターの美味しさがとてもよく伝わってくるととても人気を集めています。

甘みもあり、昔ながらの発酵バターとして変わらない味を保ち続けているのも厳格な修道院が作るバターだからこそです。

函館修道院 トラピストバターの口コミ

口コミを見る

ミルキーで濃いバター!北海道山中牧場 プレミアムバター

プレミアムバター
北海道山中牧場
参考価格3,334円(税別)
内容量
200g×2個
おすすめ度
3.5

北海道山中牧場 プレミアムバターの特徴

ミルキーでしかも濃いバターが好きな場合におすすめのバターです。

「殺菌・発酵・冷却・エージング」という工程に2日間かけたのち、伝統的なバターチャーン製法でゆっくりと時間をかけて丁寧に作られていますよ。

原料から容器までほぼ地元産にこだわっており、本当に美味しいバターを作りたいという思いが詰まったバターに仕上がっています。

北海道山中牧場 プレミアムバターの口コミ

口コミを見る

高級バターの代名詞!エシレ 発酵バター

発酵バター
エシレ
参考価格5,500円(税別)
内容量
250g
おすすめ度
4.0

エシレ 発酵バターの特徴

フランスの中西部にあるエシレ村で生産されるエシレバターは、優れた乳製品の産地で作られるだけあってクリーミーな口当たりでとても芳醇な香りが特徴のバターです。

ヨーグルトのような軽い酸味があり、香り高いという特徴もあります。

1度は使ってみたい高級バターの代名詞的なエシレは、料理に使うととてもコクが生まれるのでおすすめです。

エシレ 発酵バターの口コミ

口コミを見る

バター好きのこだわり派にぴったり!高千穂牧場 高千穂発酵バター

高千穂発酵バター
高千穂牧場
参考価格680円(税別)
内容量
200g
おすすめ度
4.0

高千穂牧場 高千穂発酵バターの特徴

バター好きでこだわって選ぶという場合にぴったりのバターがこの高千穂発酵バターです。

九州で生産された生乳を原材料にし、厳選した数種類の乳酸菌を用いて発酵させています。そのため発酵由来の風味がとても豊かなバターですよ。

独自の発酵技術を生かしているため風味がとても良く、ヨーロッパタイプの発酵バターを探している場合におすすめです。

高千穂牧場 高千穂発酵バターの口コミ

口コミを見る

すっきりとした爽やかな味わい!よつ葉乳業 パンにおいしい発酵バター

パンにおいしい発酵バター
よつ葉乳業
参考価格367円(税別)
内容量
100g
おすすめ度
5.0

よつ葉乳業 パンにおいしい発酵バターの特徴

北海道の良質な生乳を100%使用して作られたバターです。

パンに塗りやすいように発酵バターをホイップしているので、通常のバターよりもやわらかく口溶けもとても良いですよ。

発酵バターならではのすっきりとした爽やかな後味と、ミルクの優しい風味どちらも味わえます。ケース入りでそのまま食卓に出して使えるのも便利です。

よつ葉乳業 パンにおいしい発酵バターの口コミ

口コミを見る

【個性派タイプ】おすすめのバターTOP5!

最後にホイップバターやグラスフェッドバターなどの個性的なおすすめのバターを紹介していきます。

チューブタイプで使いやすい!明治 明治チューブでバター1/3

明治チューブでバター1/3
明治
参考価格1,761円(税別)
内容量
160g×3本
おすすめ度
3.0

明治 明治チューブでバター1/3の特徴

100%バターではなく、バター1/3と植物油2/3を使用したバターです。

そのためコレステロールがバターの1/3となっており、しかもとても使いやすいことが特徴です。

トーストはもちろん料理などにもささっと使えるので、手軽に使えるバターを探している場合におすすめです。

明治 明治チューブでバター1/3の口コミ

口コミを見る

小分けで便利!マリンフード ソフトホイップバター

ソフトホイップバター
マリンフード
参考価格1,180円(税別)
内容量
5g×40個
おすすめ度
3.0

マリンフード ソフトホイップバターの特徴

5gずつ小分けされているポーションバターと呼ばれるバターです。少量ずつ開封するため、いつでも新鮮な味を楽しめますよ。

口当たりがよいソフトなホイップバターなので、塗りやすくそしてとても味が良いですよ。

少量ずつ分けて使うのは面倒と思っているならば、元から小分けにされているこのタイプがおすすめです。

マリンフード ソフトホイップバターの口コミ

口コミを見る

業務用なのでたっぷり!フォンテラ社 グラスフェッドバター

グラスフェッドバター
フォンテラ社
参考価格9,940円(税別)
内容量
5000g
おすすめ度
3.5

フォンテラ社 グラスフェッドバターの特徴

業務用のグラスフェッドバターなので5キロもありたっぷり使えるバターです。

牧草で育つので通常よりもカロチンが豊富で、栄養素がたっぷりです。ニュージーランドのメーカーなので、使われている生乳もとても安心です。

毎日たっぷり使いたい場合にぴったりのお得サイズです。

フォンテラ社 グラスフェッドバターの口コミ

口コミを見る

栄養豊富で美味しい!ウエストランド グラスフェッドバター

グラスフェッドバター
ウエストランド
参考価格2,920円(税別)
内容量
1000g
おすすめ度
4.0

ウエストランド グラスフェッドバターの特徴

牧草のみを食べて育った乳牛の生乳から作られたグラスフェッドバターです。

そのためビタミンなどの栄養素が通常の乳牛から作られたバターよりも豊富なことが特徴です。ウエストランドはニュージーランドのメーカーで、美味しくコスパの良さが抜群です。

グラスフェッドバターでコスパの良いバターを探している場合におすすめですよ。

ウエストランド グラスフェッドバターの口コミ

口コミを見る

口どけ最高!よつ葉乳業 パンにおいしいよつ葉バター

パンにおいしいよつ葉バター
よつ葉乳業
参考価格1,455円(税別)
内容量
100g×5個
おすすめ度
5.0

よつ葉乳業 パンにおいしいよつ葉バターの特徴

バターをホイップしたホイップバターです。そのため従来のバターより柔らかくで口どけが良いことが特徴です。

程よい塩味やミルクの優しい風味が特徴で、100gというコンパクトなカップに入っているのでいつでも新鮮な味わいが楽しめます。

北海道産の良質な生乳から作られたバターを存分に味わえるバターです。

よつ葉乳業 パンにおいしいよつ葉バターの口コミ

口コミを見る

バターのおすすめの保存方法は?

美味しいバターをできるだけ長期間味わうためにも保存方法をsっかり確認しておきましょう。

常温保存は食べる直前だけ!

バターの保存方法は「10℃以下での要冷蔵」が原則です。そのため常温保存はおすすめできません。

トーストなどに使用する場合は、できれば30~40分前に冷蔵庫から出してゆっくり常温に戻して使いましょう。

冷蔵保存の場合は密閉しよう!

バターは酸化しやすく匂いうつりがしやすい食材です。そのため冷蔵保存する場合は、密閉袋に入れたり専用の保存容器に入れることがおすすめです。

空気に触れにくくさせることが大切ですよ。

冷凍保存の場合は小分けしてから!

バターは冷凍保存することで冷蔵よりも長く保存することができます。

ただしそのまま冷凍してしまうと次に使う際に大変なので、料理などに使用しやすい10gごとにカットしてそれぞれをラップなどで密閉して冷凍しましょう。

冷凍庫の扉の開閉などで水滴が付かないように、クッキングシートなどで包んでおくとさらに良いですよ。

また使う際には常温に置いておくと解凍することはできますが、可能ならば前日から冷蔵庫に移して解凍する方がおすすめです。

バターについてのよくあるQ&A

では、最後にバターを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

バターのカロリーは?

バターのカロリーは100g当たり745kcalです。成分の8割は脂質ですので、採りすぎには注意が必要です。

料理などに使う際の目安としては大さじ1で約89kcal、歯質は9.7g含まれています。

料理に使う場合はそれほど気にする必要はありませんが、お菓子作りなどでは量を使うので気を付けましょう。

バターとマーガリンの違いは?

バターとマーガリンの違いは、含まれている乳脂肪分に大きな差があります。

バターは80%以上が乳脂肪分ですが、マーガリンは40%未満でその代わりに食用油脂を多く含みます。

バターは飽和脂肪酸が豊富で腸内環境を整える働きがありますが、マーガリンには不飽和脂肪酸が多く含まれています。

この不飽和脂肪酸からは製造の過程でトランス脂肪酸ができてしまい、食べ過ぎると身体に悪影響があるといわれています。

トランス脂肪酸を採りすぎると肥満やアレルギーの原因になったりするともいわれているので、ダイエットや健康に気を付けたい場合はバターを選ぶようにしましょう。

まとめ

バターはトーストはもちろん、お菓子作りや料理などに色々使える万能食材です。美味しいバターを使うと、一段階も二段階も味わいが変わりますよね。

ここではタイプ別にランキング形式で紹介してきましたが、どれも口コミも優秀な美味しいバターばかりです。

ぜひ気になるバターを試してみてくださいね。美味しいバターを楽しみましょう。

関連記事 RELATED POSTS