筋トレ初心者も使いやすい!安い&人気のおすすめダンベル16選!

二の腕や背筋・胸筋など幅広いトレーニングに使えるダンベルは、初心者も使いやすいのが魅力です。

またジムに行かなくても、自宅で簡単に「ながら運動」ができるのも良い点ですね。ホームジムが人気の今だからこそ、よりダンベルが注目されているんです!

そんな注目されているダンベルは、種類も多くありどれを選んだら良いのかわかりにくいアイテムでもあります。

そこで今回は筋トレ初心者でもわかりやすいダンベルの選び方と共に、人気のアイテムをランキングで16選ご紹介します♪きっとあなたが使いたいと思えるダンベルが見つかりますよ!

この記事を書いた人
kura
10代でドラムを始めた頃、自分の筋肉の無さにびっくりして自宅トレーニングをスタートしました。最初は父のトレーニンググッズを借りていましたが、ダンベルやバーベルなど少しずつ自分のアイテムを増やして行きました。中でも色々な使い方ができるダンベルは、お気に入りのアイテムです!そんな筋トレ好きな私が、ダンベルの選び方とおすすめアイテムをご紹介します♪

ダンベルを選ぶ3つのおすすめの選び方!

ダンベルを選ぶ時には「種類」「材質」「重さ」を確認して選びましょう!これらのポイントを押さえておくことで、ダンベル選びの失敗をぐっと減らせますよ。

ダンベルの「種類」で選ぶ!

種類 特徴

固定式
  • 重さが決まっているダンベル
  • 5kg以下の重さが多い
  • 軽めのトレーニングに向いている

可変式
  • 重さを変えられるダンベル
  • 1〜20kg以上など重さの幅が広い
  • 本格的なトレーニングに向いている

ダンベルを選ぶ時には、まず種類を選びましょう!主なダンベルの種類は「固定式」「可変式」の2つで、それぞれ違いがあります。上記の表に違いをまとめてみました!

軽めのトレーニングの場合は「固定式」、本格的に部位で重さを変えたい場合は「可変式」が好まれていますよ。

もし迷ってしまった時は、お手入れやウェイトプレートの付け替えがない「固定式」がおすすめです。軽めのタイプが多いですが、その分綺麗なフォームでトレーニングしやすくなります。

このように、自分の用途に合わせてダンベルの種類を選んでくださいね!

kura
後ほどのランキングでは種類別におすすめのダンベルをご紹介します!ぜひどちらが良いかイメージしておいてくださいね♪

ダンベルの「材質」で選ぶ!

材質 特徴

アイアンタイプ
  • 鉄でできている最も一般的なタイプ
  • ダンベル同士がぶつかるとキンと音がする
  • 床が傷つく可能性がある

ラバータイプ
  • ラバーで覆っていて塗装が剥がれにくいタイプ
  • ダンベル同士がぶつかっても音は少なめ
  • 床を傷つけにくい

ポリエチレンタイプ
  • ポリエチレンで覆っていて塗装が剥がれにくいタイプ
  • ダンベル同士がぶつかっても音は少なめ
  • 床を傷つけにくい

クロームメッキタイプ
  • メッキ加工がされていて耐久性の高いタイプ
  • ダンベル同士がぶつかるとキンと音がする
  • 床が傷つく可能性がある

ダンベルの材質も確認してくださいね!商品によって色々な材質がありますが、主なものは「アイアンタイプタイプ」「ラバータイプ」「ポリエチレンタイプ」「クロームメッキタイプ」の4つです。

それぞれのお手入れの方法や使い心地を、上記の表にまとめてみました!

音や床の傷が気にならない場合は「アイアンタイプ」「クロームメッキタイプ」、気になる時は「ラバータイプ」「ポリエチレンタイプ」がおすすめですよ。

材質によって使い勝手が変わりますので、どのタイプが自分に合うのか注目しましょう!

kura
後ほどのランキングでは商品ごとに材質もご紹介しています。どのタイプも一長一短ですが、選ぶ時の参考にしてくださいね。

ダンベルの「重さ」で選ぶ!

ダンベルの重さも重要なポイントとなります!トレーニング内容や人によって、最適な重さは違うためです。

初心者の場合は「男性5〜10kg・女性1〜5kg程度」を目安にするのがおすすめですよ!

とは言っても、最初はどのくらいが良いのかイメージしにくいです。ですので「飲料ペットボトルでどのくらいの重さかを確かめる」とわかりやすいです。

飲料ペットボトルは、およそ「500ml入り=0.5kg」「1.5L入り=1.5kg」「2L入り=2kg」となります。これらを持ってみて、負荷をどのくらい感じるかを確認してみてください。

また可変式の場合はシャフト(グリップ部分の棒)も重さに含まれます。シャフトだけで1〜3kgある場合もあるので、必ず確認してくださいね。

どのくらいの重さが自分に合うのか、考えてみてくださいね。

kura
最初にダンベルを選ぶ時は、軽めの重さがおすすめです。重くて負荷がかかるとフォームも崩れやすく、思わぬ事故にも繋がります。少し軽いかな?と思えるくらいが良いでしょう。

種類別におすすめのダンベル人気ランキングを見る!

それでは「固定式」「可変式」の2つに分けておすすめの人気ダンベルをランキングでご紹介します!

注目の人気アイテムを集めましたので、きっとあなたが使いたいと思えるダンベルが見つかりますよ。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

【固定式】軽めの筋トレメニューにおすすめ!ダンベル人気ランキングTOP8!

固定式のダンベルは、軽めの筋トレメニューにも使いやすい便利なアイテムです。ちょっとした運動に、軽めの負荷をかけたい時にも使えますね!

そんな固定式のダンベルの中でも、口コミやレビューで評判のアイテムを集めました。

二の腕ダイエットにもおすすめ!重量軽めのラバーダンベル!

ダンベル(2個セット)
LICLI(リクライ)
参考価格800円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
0.5kg(他に2/4/5kgもあり)

LICLI ダンベルの特徴

リーズナブルな価格で使いやすいと人気のLICLIのダンベルです。丸みを帯びたデザインで床を傷つけにくく、コンパクトで便利なアイテムですよ!

そして0.5kgから用意されているので、ちょっとしたエクササイズにも向いています。ソフトゴムコーティングで、グリップが滑りにくいのもポイントです!

リーズナブルなダンベルが良い時や、軽めのタイプを探している場合におすすめです。

LICLI ダンベルの口コミ

口コミを見る

会社に置いてます
会社に置いて、休み時間に使っています。気分転換できるし、見た目もゴツくない。

ながら運動に使っています
サイズが小さめなので、その辺に置いておきやすいです。手が空いた時に、さっと使えるのでながら運動しています!

肩のエクササイズに◎CUQNORLのノンスリップダンベル!

ノンスリップダンベル(2個セット)
CUQNORL
参考価格2,600円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
4kg(他に1/2/10kgなどもあり)

CUQNORL ノンスリップダンベルの特徴

滑りにくく安定して使えるとの声が多いCUQNORLのダンベルです。六角形なので転がりにくく、グリップ部分がカーブになっていてフィットしやすいアイテムですよ!

また1kgからあるので、手軽なエクササイズをしたい時にも向いています。色もおしゃれなので、自宅に置いていても違和感ありません!

六角形のダンベルを探している場合や、軽めのタイプが良い時におすすめです。

CUQNORL ノンスリップダンベルの口コミ

口コミを見る

使いやすい
前はアイアンダンベルを持っていましたが、古くなったのでこちらに買い換えました。ラバーコーティングなので滑りにくく、手を保護してくれるので使いやすいです。

ゴムのニオイが気になったが、数日で抜けた
届いた当初は、ゴムのニオイが気になりました。数日出しっぱなしにしておいたら抜けたので、今は普通に使っています。

重宝しています
運動不足が気になって買いました。六角で安定してるし、価格も手頃で重宝しています。

広背筋・大胸筋・腕に◎重さが幅広いおすすめダンベル!

ダンベル(2個セット)
BeryKoKo
参考価格4,500円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
10kg(他に1/2/5/8kgなどもあり)

BeryKoKo ダンベルの特徴

扱いやすく長く使えると評判のBeryKoKoのダンベルです。重さによって色が変えてあり、1kgから選べるため様々な用途に使えます!

そして18ヶ月保証というのも見逃せません。六角形のタイプなので、床に置いた時に転がりにくいのもポイントですね!

重さのバリエーションのあるダンベルを探している場合や、六角形が良い時におすすめです。

BeryKoKo ダンベルの口コミ

口コミを見る

すぐにトレーニングしたい時に便利
重さを変えなくて良いので、すぐにトレーニングしたい時に便利です。専用のものではないので危険がないとも限りませんが、腕立て伏せにも使えると思います。

収納◎Amazonや楽天の通販でも人気!エレコムのおすすめダンベル!

エクリアスポーツ スリムダンベル HCF-DBS10(片手)
エレコム
参考価格1,200円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
1kg(他に0.5/1.5/2kgもあり)

エレコム エクリアスポーツ スリムダンベルの特徴

リーズナブルなPC用品やヘルスケア関連商品が人気のエレコムのダンベルです。スリムタイプなので重ねることができ、負荷を調整して使えるのが魅力ですよ!

また明るい色味があるのもポイントです。コンパクトで場所を取らないため、職場に置いておけるのも良い点ですね。

スリムなダンベルを探している場合や、軽めのタイプが良い時におすすめです。

エレコム エクリアスポーツ スリムダンベルの口コミ

口コミを見る

使うときのモチベーションが上がる
見た目がスタイリッシュで、使うときのモチベーションが上がります。グリップが細いのも自分には合っています。重ねたり、単品にしたりして使っています。

気に入っています
スリムで場所を取らないのが良いです。その辺に置いてても「ザ・ダンベル」って感じがしないのが気に入っています。

本格トレーニングからエクササイズまで対応!PROIRONのダンベル!

ソフトコーティング ダンベル(2個セット)
PROIRON(プロアイアン)
参考価格5,300円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
10kg(他に1/3/8kgなどもあり)

PROIRON(プロアイアン) ダンベルの特徴

フィットネス用品の人気メーカーPROIRONのダンベルです。内部一体型鋳鉄のタイプで長く使いやすく、アンチローリング設計で滑りにくく床を傷つけにくいアイテムです!

またグリップサイズにもこだわり、何百ものテストを行っていますよ。重さは幅広く用意されているため、用途に合わせて選べるのもポイントです!

人気メーカーのダンベルを探している場合や、長く使えるタイプが良い時におすすめです。

PROIRON(プロアイアン) ダンベルの口コミ

口コミを見る

グリップ細めで女性にもおすすめ!FIELDOORのカラーダンベル!

カラーダンベル(2個セット)
FIELDOOR
参考価格2,700円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
4kg(他に2/3/5/12kgもあり)

FIELDOOR カラーダンベルの特徴

アウトドア用品やエクササイズアイテムで有名なFIELDOORのダンベルです。グリップ部分が細めで握りやすく、見た目もおしゃれなアイテムですよ!

また六角形のタイプなので、置いた時に転がりにくいのも良い点です。重さ別に色が違うため、一目でわかりやすいのもポイントですね!

有名メーカーのダンベルを探している場合や、転がりにくいタイプが良い時におすすめです。

FIELDOOR カラーダンベルの口コミ

口コミを見る

長く使えそう
購入してから一年くらい経ちますが、特に大きな傷もなく良い状態です。よほど落としたり、ぶつけたりしなければもっと長く使えそうです。

おすすめメーカーイヴァンコのクロームメッキ人気ダンベル!

クロームダンベル(2個セット)
IVANKO(イヴァンコ)
参考価格11,000円(税別)
種類
固定式
材質
クロームタイプ
重さ
3kg(他に1〜20kgまであり)

IVANKO(イヴァンコ) クロームダンベルの特徴

長く使えると評判の有名メーカーIVANKOのダンベルです。グリップ回転式のタイプで手首を痛めにくく、ローレットも入っているアイテムですよ!

そして重さのバリエーションは1〜20kgまで、1kg刻みと細かいのも良い点です。凸凹を無くしたフォルムで、スムーズなトレーニングがしやすいのも見逃せません!

手首を痛めにくいダンベルを探している場合や、凸凹が無いタイプが良い時におすすめです。

IVANKO(イヴァンコ) クロームダンベルの口コミ

口コミを見る

スムーズに使える
いつも行っているジムと同じ物が欲しくて買いました。握った感じも同じなので、スムーズに使えます!見た目もおしゃれな感じで気に入っています。

メッキの感じも良い
自宅でエクササイズする時用に買いました。メッキの感じも良いです。

ローリング式なのが良い
ローリング式なので手首を痛めないのが良いです。少し高額だなとは思いましたが、こちらにして良かったです。

20kg・30kg・40kgも!IROTEC(アイロテック)のおすすめダンベル!

ジムダンベル(オールラバータイプ)(片手)
IROTEC(アイロテック)
参考価格4,500円(税別)
種類
固定式
材質
ラバータイプ
重さ
5kg(他に7.5〜40kgまであり)

IROTEC(アイロテック) ジムダンベル(オールラバータイプ)の特徴

トレーニング器具やフィットネス用品で有名なメーカーIROTECのダンベルです。全体がラバーで覆われているタイプで、錆びにくくお手入れしやすいアイテムですよ!

またグリップ部分はローレット仕上げなので、滑りにくいのも良い点です。重さの種類は18種類、5〜40kgまであるのもポイントですね!

全体がラバーで覆われているダンベルが良い場合や、重さのバリエーションが多いタイプを探している時におすすめです。

IROTEC(アイロテック) ジムダンベル(オールラバータイプ)の口コミ

口コミを見る

使いやすい
前は可変式のダンベルを使っていましたが、わざわざ重さを変えるのが手間に感じて固定式にしました。使いやすいし、好きなメーカーなので気に入っています。

価格にも納得
使用感も良いし、価格にも納得です。

良い感じ
良い感じです。ゴムのニオイは多少します。ですがそこまで気になりません。

【可変式】部分トレーニングに◎おすすめのダンベル人気ランキングTOP8!

可変式のダンベルは、部分ごとに重さを変えられるのが魅力のアイテムです。本格的なトレーニングにも使いやすく、長く使いたい場合にも良いですね!

そんな可変式のダンベルの中でも、評判のアイテムをご紹介します。

バーベルにもなる!ベンチとの相性も良いおすすめダンベル!

純鋼製ダンベル
Wolfyok
参考価格8,600円(税別)
種類
可変式
材質
ラバータイプ
プレートの重さ
  • 1kg×4枚
  • 1.25kg×4枚
  • 2kg×4枚(最大20kg)

Wolfyok 純鋼製ダンベルの特徴

バーベルとしても使えるWolfyokのダンベルです。純鋼の周りにラバーが施されているタイプで、音が響かず使いやすいとの声が多いアイテムですよ!

そしてプレートは12角形になっているため、床を傷つけにくいのも良い点です。また購入後1年間の保証があるのもポイントですね!

バーベルとしても使えるダンベルを探している場合や、床を傷つけにくいタイプが良い時におすすめです。

Wolfyok 純鋼製ダンベルの口コミ

口コミを見る

自宅でも使いやすい
ラバーのおかげで音がしないし、特にニオイも気になりません。カラーも樹脂で、こちらも音がせず自宅でも使いやすいです。

水のプレートで重さを調整!持ち運びもしやすいKDSTのダンベル!

ウォーターダンベル(2個セット)
KDST
参考価格3,900円(税別)
種類
可変式
材質
PVC素材
プレートの重さ
最大約8kg

KDST ウォーターダンベルの特徴

落としてもケガに繋がりにくい、水を入れて使うKDSTのダンベルです。お好みの重さに調節することができ、落としたりぶつけてしまったときの心配が少ないですよ!

また組み立ても簡単に行えます。水を抜けばコンパクトに収納できるため、持ち運びやすいのもポイントです!

ケガが心配な時や、重さを細かく調整できるダンベルを探している場合におすすめです。

KDST ウォーターダンベルの口コミ

口コミを見る

好みの重さに変えられるのが便利
水なので好みの重さに変えられるのが便利です。そしてサビが発生しないのも嬉しいです。使うときだけ水を入れています。

落としても大丈夫なのが安心
ビニールに水を入れるタイプなので、落としても大丈夫なのが安心です。

運動不足解消に使っています
毎回水を入れ替えするわけではないので、楽で良いです。運動不足解消に使っています。

背中の筋トレ◎MINODEERの手軽に使えるクイックダンベル!

可変式 クイックダンベル
MINODEER
参考価格2,300円(税別)
種類
可変式
材質
  • プレート:アイアンタイプ
  • 外側:TPU素材
プレートの重さ
0.25kg×8個(最大2kg)

MINODEER 可変式 クイックダンベルの特徴

軽めで扱いやすいと評判のMINODEERのダンベルです。プレートの調整も簡単に行えて、コンパクトに扱えるアイテムですよ!

また床が傷つきにくいのもポイントです。見た目もおしゃれなのも良い点ですね。同じシリーズで最大5kgのタイプもあります!

軽めのダンベルを探している場合や、扱いやすいアイテムが良い時におすすめです。

MINODEER 可変式 クイックダンベルの口コミ

口コミを見る

便利です
手軽に重さを変えられるのが気に入っています。便利です。

重宝しています
今までは重さが変えられないダンベルを使っていました。全体の重さは軽いですが、変えられるので重宝しています。

デザインがゴツすぎないのが良い
デザインがゴツすぎないのが良いです。重さも軽めで使いやすいです。

腹筋トレーニングにも!MOJEERのバーベル兼用ダンベル!

ダンベル(2個セット)
MOJEER
参考価格3,800円(税別)
種類
可変式
材質
ポリエチレンタイプ
プレートの重さ
  • 1kg×4枚
  • 1.25kg×4枚
  • 2kg×4枚(最大20kg)

MOJEER ダンベルの特徴

バーベルとしても使えて便利との声が多いMOJEERのダンベルです。スクリュー式カラーのタイプで、プレートを装着しやすいアイテムですよ!

またグリップ部分はソフトな握り心地で、滑ったりしにくいよう工夫されています。同じシリーズで30kgや40kgもあるので、お好みに合わせて選べるのも良い点です!

バーベル兼用のダンベルを探している場合や、スクリュー式カラーが良い時におすすめです。

MOJEER ダンベルの口コミ

口コミを見る

もっと楽しめそう
初心者なので他との比較はできませんが、普通に使えます。筋トレのバリエーションが増えたので、これからもっと楽しめそうです。

まずは安めのものから
帰宅時間とジムの時間が合わないため、自宅でトレーニングできるものを探していました。まずは安めのものから始めてみようと思います。

冬もトレーニングしやすい
冬でもグリップ部分は冷えないので、トレーニングしやすいです。

自宅ジムにおすすめ!コスパ良しでアマゾンでも人気の10kgダンベル!

ダンベル(2個セット)
YouTen(ユーテン)
参考価格2,700円(税別)
種類
可変式
材質
ポリエチレンタイプ
プレートの重さ
  • 0.75kg×4枚
  • 1.25kg×4枚
  • 2.5kg×4枚(最大20kg)

YouTen(ユーテン) ダンベルの特徴

重量の割にコスパが良いと評判のYouTenのダンベルです。グリップ部分はローレット加工で滑りにくく、ジョイントシャフトを使えばバーベルとしても使えますよ!

そしてプレートにはあえて凹みが作られていて、転がりにくいのもポイントです。同じシリーズで最大10/30kgがあるのも見逃せません!

コスパの良いダンベルを探している場合や、ローレット加工があるタイプが良い時におすすめです。

YouTen(ユーテン) ダンベルの口コミ

口コミを見る

コスパ良いと思います
2個セットを注文しましたが、配送の重量制限のためか別々で届きました。梱包も丁寧で、使い心地も良いです。コスパ良いと思います。

使いやすい
傷があったり、オイルでベタベタということがなく使いやすいです。

良い商品
この価格でこの品質なら、良い商品だと思います。耐久性が気になるところですが、たまに使う程度なら問題なさそうです。

上腕三頭筋・デッドリフトも◎リーディングエッジのラバーダンベル!

ラバーダンベル ESDB-10(2個セット)
リーディングエッジ
参考価格9,000円(税別)
種類
可変式
材質
ラバータイプ
プレートの重さ
  • 1.25kg×4枚
  • 2.5kg×8枚(最大15kg)

リーディングエッジ ラバーダンベルの特徴

コスパが良いと評判のリーディングエッジのダンベルです。ラバータイプなので床や壁が傷つきにくく、単品プレートも販売されているためお好みの重さに調節もできますよ!

またラバータイプなので、プレート同士がぶつかっても音が出にくいのも良い点です。劣化・変色のしにくいシリコンラバーなので、長く使いたい時にも向いています!

コスパの良いダンベルを探している場合や、長く使いたい時におすすめです。

リーディングエッジ ラバーダンベルの口コミ

口コミを見る

少しずつ重量アップできる
軽めのウェイトもあるので、少しずつ重量アップできるのが嬉しいです。ジムに通うことを考えたら、コスパはかなり良いと思います。

マニュアル本付!Woutのバーベルにもなるおすすめダンベル!

バーベルにもなるダンベル(2個セット)
Wout
参考価格5,500円(税別)
種類
可変式
材質
ポリエチレンタイプ
プレートの重さ
  • 1.25kg×4枚
  • 1.5kg×4枚
  • 2kg×4枚(最大20kg)

Wout バーベルにもなるダンベルの特徴

口コミやレビューでコスパが良いと評判のWoutのダンベルです。バーベルとしても使えるタイプで、トレーニングマニュアル付属なのも魅力ですよ!

また八角系なので転がりにくいのも良い点ですね。グリップ部分は樹脂素材なので、グローブ無しでも使いやすいです!

評判の良いダンベルを探している時や、転がりにくいアイテムが良い場合におすすめです。

Wout バーベルにもなるダンベルの口コミ

口コミを見る

重宝してます
好きな重さに変えられるので、部分ごとにトレーニングできる。重宝してます!

軽くトレーニングする位なら十分
運動不足を感じて買いました。この重さと品質を考えると、コスパが良いです。高額商品と比べたら機能性など劣るかもしれませんが、軽くトレーニングする位なら十分だと思います。

スクワット◎プロアイアンのバーベルにもなるおすすめダンベルセット!

コネクション・チューブでバーベルにもなれるダンベル
PROIRON(プロアイアン)
参考価格6,200円(税別)
種類
可変式
材質
アイアンタイプ
プレートの重さ
  • 0.5kg×4枚
  • 1.25kg×4枚
  • 2.5kg×4枚(最大20kg)

PROIRON(プロアイアン) バーベルにもなれるダンベルの特徴

人気のフィットネス用品メーカーPROIRONのダンベルです。ダンベル同士を繋げてバーベルとしても使える、一石二鳥の便利なアイテムですよ!

また鋳鉄製というのも見逃せません。カラーは変形や壊れの少ない鉄製というのも良い点ですね!

人気メーカーのダンベルを探している場合や、バーベルとしても使いたい時におすすめです。

PROIRON(プロアイアン) バーベルにもなれるダンベルの口コミ

口コミを見る

重さが変えられて便利
バーベルにしてスクワットする時にも、肩に引っ掛かりがなくて痛くないです。ダンベルとしても、重さが変えられて便利です。

全て金属というのが良い
リハビリの一環として購入しました。全て金属というのが、自分としては良かったです。

良い商品
良い商品だと思います。価格も手頃です。シャフトの径は手持ちのものと合わなかったので、今度からは確認しようと思います。

ダンベルのおすすめの使い方は!

ダンベルのおすすめの使い方についてもご紹介します!ダンベルは持ち上げればすぐに使えるアイテムですが、適当に使ってしまうとクセがついてしまうこともあります。

効率的に使うためにも、使い方を知っているとスムーズですよ。ここでは基本的な使い方を解説しますね!

ダンベルのおすすめの使い方「軽い重さから始める」

ダンベルを使う時には、軽い重さから始めるのがおすすめです。いきなり負荷を感じる重さで始めると、フォームが良くないまま体が覚えてしまう可能性があるためです。

ですので重いと感じない程度の重さから始めて、慣れてきたら少しずつ負荷をかけるのがおすすめですよ!

ダンベルのおすすめの使い方「鏡で見る」

鏡で見てフォームを確認するのも重要なポイントです。崩れたフォームのままトレーニングを続けると、左右でトレーニング量が変わってしまうためです。

ついつい自分の感覚だけでやりがちですが、思ったよりも「上がっていなかったり曲がっている」ことがあります。

鏡で確認していれば、どのように動かしているのかがわかり、自分のクセを直しやすくなりますよ!初めは少し恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、鏡でフォームを見て確認しましょう。

ダンベルのおすすめの使い方「無理をしない」

ダンベルを使う時には「無理をしない」ことにも注意しましょう。トレーニングは限界を超えることが良いと言われている場合もありますが、ダンベルの場合はケガや破損に繋がってしまいます。

無理をしてトレーニングをすれば、ダンベルを落としてしまいケガをしたりを破損する恐れがあります。また、うっかり放り投げてしまうことも考えられますね。

重量がある器具なので、大変危険です。無理をしないよう、限界と思う手前で終了するようにしましょう!

ダンベルについてのよくあるQ&A

では、最後にダンベルを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

ダイソーやセリアなどの100均ダンベルの品質はどうですか?

100均のダンベルは安いからと品質が悪いとは言い切れません。ですが1kg以下のアイテムが多いため、重さがあるタイプが良い時には向かないでしょう。

ダンベル用のグローブはおすすめですか?

グリップの素材や、トレーニング内容によってはグローブ着用がおすすめです。グリップが滑りやすい場合や汗をかきやすいトレーニングでは、うっかり滑ってしまう可能性があるためです。

気になる場合はグローブを使った方が良いでしょう。

▽▽▽おすすめのトレーニンググローブはこちら▽▽▽

ダンベルの捨て方はどうしたらよいですか?

ダンベルは素材やサイズが様々です。ですので捨てたいダンベルの素材を確認し、お住いの市区町村のゴミ区分を確認してくださいね。

まとめ

本格的なトレーニングの印象があるダンベルは、初心者の場合つい敬遠しがちなアイテムでもあります。私も実際に触るまでは、なんとなく手を出せないでいました。

ですが一度手頃なものを使ってみると、トレーニングの応用もしやすくて便利なアイテムと気づけました!

ですので、ぜひあなたもお気に入りのダンベルを見つけて素敵なトレーニングを行ってくださいね。もしダンベル選びで迷ったら、ここでご紹介した選び方やおすすめを参考にしてみてください。

関連記事 RELATED POSTS