小型ゲーミングPCの設置イメージ

【2020年最新】小型ゲーミングPCの注意点とおすすめ3選を厳選紹介!

「ゲーミングPCが欲しいけど、大きくて置く場所がない…」そんな方へおすすめの「小型ゲーミングPC」を3つ厳選して紹介しています!

ただ、小型ゲーミングPCは通常サイズのゲーミングPCと比べて、デメリットがいくつかあるんですよね…。そういった注意してほしい点もまとめているので、是非参考にしてみてください。

この記事を書いた人
maenaka
ゲーミングPCの選び方って難しいですよね…。「ハイスペックなパソコンでPCゲームをしてみたい!」「けど、スペックの見方が分からない…」という方も多いのではないでしょうか。そこで、ゲーミングPC歴10年の私が3回買い替えた経験から、ゲーミングPCの選び方・買い方を紹介していきます!

ゲーミングPCはどれぐらいから小型?ケースの大きさ目安について

ミドルミニスリム・小型(参考)
PS4 Pro
高さ(目安)435 (mm)400 (mm)330 (mm)55 (mm)
幅(目安)210 (mm)188 (mm)178 (mm)295 (mm)
奥行(目安)520 (mm)410 (mm)395 (mm)327 (mm)
商品の例
  • G-Tune
  • NEXTGEAR
  • GTX1660Ti搭載モデル
  • 価格159,800円(税抜)
  • G-Tune
  • NEXTGEAR-MICRO
  • GTX1660Ti搭載モデル
  • 価格159,800円(税抜)
  • G-Tune
  • LITTLEGEAR
  • GTX1660Ti搭載モデル
  • 価格149,800円(税抜)
備考
  • ゲーミングPCとして標準的な大きさ
  • コスパ重視~高スペックまで
  • 排熱性能・拡張性が高い
  • ミドルより少し小さい
  • ラインナップも多め
  • デスクトップPCとしてはかなり小型
  • ラインナップがかなり少ない
  • 排熱性能が低い

「ミドルタワー」など、ゲーミングPCの大きさを表す名称はいくつかありますが、厳密に大きさが定義されている訳ではありません。ショップによって名称にばらつきもあります。

色々な大きさのゲーミングPCを取り扱っている「G-Tune」の商品を例に、各種大きさを比較してみました。参考までに、PS4 Proの寸法も置いています。

名称に「スリム」や「小型」、「キューブ型」等が使われている製品を「小型ゲーミングPC」として扱う事が多いですね。「ミニタワー」よりも小さい製品は小型として考えて大丈夫でしょう。

小型のゲーミングPCを購入する際に抑えておきたい3つのポイント

小型のゲーミングPCを購入する際に知っておきたいポイント、注意したいポイントを3つ紹介していきます。

排熱性能が低いので長時間は苦手

パソコンの冷却性能は、本体内部のエアフローによって決まります。風の通り道が狭く、ケース内部に余裕のない小型ゲーミングPCは排熱性能が低くなってしまいます。

もちろん、小型ゲーミングPCでも排熱のための工夫がされています。小型ゲーミングPCで採用されるケースは大きめのファンを搭載していたり、メッシュが使われている面積が多かったりします。

それでも、ミドルタワーやミニタワーと比べると排熱性能はどうしても劣ってしまいます…。長時間使用しているとパフォーマンスが落ちたり、寿命が縮む可能性がある事を覚えておいてください。

小型ゲーミングPCを使う際は設置場所も工夫したいところです。排熱できるスペースを考えて設置したいので、ファンがある側を壁際に向けたくはないですね。夏場は扇風機やエアコンで冷やすのも手でしょう。

取り扱っているメーカーが少なくラインナップも少なめ

2020年現在、ゲーミングPCを販売している各メーカーは、小型ゲーミングPCの販売にあまり積極的ではないような印象を受けます。ラインナップが少なく、RTX2080のような高性能GPUを搭載しているモデルはほとんどありません。

小型ゲーミングPCは拡張性も低いので、後でハイエンドGPUに交換したり、SSDを増設したり…といった事も難しいです。製品を選ぶ際は慎重に検討したいところですね。

この記事で紹介しているドスパラのスリムタワー、G-TuneのLITTLEGEARシリーズは、小型ゲーミングPCの中でもおすすめ製品となっています。ぜひ参考にしてみてください。

サイズが小さい点以外はデメリットが多い

小型ゲーミングPCのメリットは「サイズが小さい」の1点のみです。小さいから安い!といった事はなく、小型のまま冷却性能を向上させるために工夫されたケースが高コストになり、割高になっている製品も多いです。

先ほども解説しましたが、排熱性能が低いので長時間運用には適しませんし、拡張性も低く、ラインナップも少ないんですよね…。普通のパソコンは小型も一定の需要があるようですが、ゲーミング用途に限っては人気が少ないようです。

それでも「サイズが小さい」は魅力的ですよね…!次の項目では、小型ゲーミングPCの中でも「排熱性能が考慮されている」「料金が安め」な製品を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

【2020年最新】おすすめの小型ゲーミングPC3つを厳選紹介!

PC名価格(税抜)寸法・パーツ構成
ガレリアSV
149,980円
  • 幅105 × 奥行350 × 高さ382 (mm)
  • Core i7-9700F
  • GeForce RTX2060 Super
  • 8GB DDR4
  • 512GB SSD + 2TB HDD
LITTLEGEAR i330
149,800円
  • 幅178 × 奥行395 × 高さ330 (mm)
  • Core i7-9700
  • GeForce GTX1660 Ti
  • 16GB DDR4
  • 256GB SSD + 1TB HDD
G-GEAR alpha
139,800円
  • 幅82 × 奥行155 × 高さ213 (mm)
  • Core i5-8400
  • GeForce GTX1060
  • 8GB DDR4
  • 5ooGB SSD

おすすめの小型ゲーミングPCを3つ紹介していきます。

特にドスパラのガレリアSVは小さい&高性能&料金も安く、かなりおすすめです!

【ドスパラ】ガレリアSV RTX2060SUPER搭載モデル

ドスパラの小型ゲーミングPC ガレリアSV

出典:ドスパラ GALLERIA SV

構成
正式名称GALLERIA SV
CPUCore i7-9700F
GPUGeForce RTX 2060
メモリ8GB DDR4
ストレージ512GB SSD + 2TB HDD
OSWindows 10 Home(64ビット版)
マザーボードインテル B365 チップセット Mini-ITXマザーボード
電源550W 静音電源 (80PLUS GOLD)
インターフェース
  • USB3.0×2/USB3.1×4
  • オーディオ入出力
  • DisplayPort×1
  • HDMI×1
  • DVI×1
  • 無線LAN IEEE 802.11ac/a/b/g/n
  • Bluetooth 4.2
寸法幅105 × 奥行350 ×高さ382 (mm)
価格149,980円(税抜)
おすすめ度 5.0 高性能&コスパ抜群!

国内でも有名なBTOショップ「ドスパラ」では、小型ゲーミングPCも取り扱っています。このガレリアSVは「スリムタワー」に分類されるのですが、ラインナップはこの1種のみでした。

GPUはRTX2060SUPERを搭載しており、フルHD環境下でのゲームは超快適です!最高画質でもヌルヌル(fps60以上)と動くでしょう。設定次第では144fpsも狙えるスペックです。CPUもRTX2060SUPERを十分に活かせるCore i7-9700Fを搭載しています。

ハイエンドGPUを積んでいる事がほぼない小型ゲーミングPCの中では、相当ハイスペックな構成となっています。無線LANやBluetoothを標準で備えているのも、省スペース化に貢献する小型ならではですね。

このハイスペックさ&小型ゲーミングPCで税抜149,980円は相当安いです…!ドスパラは本当に安いですね!ただ、メモリ8GBは不安があるので16GB(+8,800円)にカスタマイズがおすすめです。

各社販売している小型ゲーミングPCの中でも、この「ガレリアSV」は断然おすすめです!

ドスパラ ガレリアSV 詳細はこちら

【G-Tune】LITTLEGEAR i330 GTX1660Ti搭載モデル

G-Tuneの小型ゲーミングPC LITTLEGEAR

出典:G-Tune LITTLEGEAR

構成
正式名称LITTLEGEAR i330SA4-SP
CPUCore i7-9700
GPUGeForce GTX 1660 Ti
メモリ16GB DDR4
ストレージ256GB SSD + 1TB HDD
OSWindows 10 Home(64ビット版)
マザーボードインテル B360チップセット (Mini ITX)
電源500W (80PLUS BRONZE)
インターフェース
  • USB3.1×2/USB3.0×4
  • オーディオ入出力
  • DisplayPort×3
  • HDMI×1
寸法幅178 × 奥行395 ×高さ330 (mm)
価格149,800円(税抜)
おすすめ度 4.0

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」では、LITTLEGEARシリーズという小型ゲーミングPCが販売されています。

ケース上部にハンドルがついており、「持ち運べるのゲーミングPC」というのが特徴的ですね!重さは約7.7kgなので結構重いですが…(汗)

LITTLEGEARはスリムタワーというより、キューブ型に近い形状をしています。箱型なので高さは抑えられているものの、横幅が結構広いのは気になるところです。

スペックを見てみると、GPUはGTX1660Tiを搭載。フルHD環境下では困る事はない、コスパの良いグラフィックボードですね。メモリも16GBあるので快適でしょう!

スペック良し、見た目も良し、サイズもそこそこ小く、結構良い小型ゲーミングPCですね。

ただ、先ほど紹介したドスパラのガレリアSVと比べると、ほぼ同じ料金なのにGPUがRTX2060SUPER⇒GTX1660Tiになっているのが難点です…。ストレージの容量も少なく、こちらは無線LANやBluetoothも標準装備されていません。

なので、G-TuneのLITTLEGEARは「見た目が気に入った方」「マウスコンピューターの評判が良いサポートを利用したい」といった方へおすすめです!

G-Tune LITTLEGEAR 詳細はこちら

【ツクモ】G-GEAR alpha GTX1060搭載モデル

ツクモのゲーミングPC G-GEAR alpha

出典:ツクモ G-GEAR alpha

構成
正式名称G-GEAR alpha GS5J-B180/ZT
CPUCore i5-8400
GPUGeForce GTX 1060
メモリ8GB DDR4
ストレージ250GB SSD
OSWindows 10 Home(64ビット版)
インターフェース
  • USB3.0×6/USB2.0×2
  • オーディオ入出力
  • DisplayPort×1
  • mini DisplayPort×1
  • HDMI×1
寸法幅82 × 奥行155 ×高さ213 (mm)
価格139,800円(税抜)
おすすめ度 3.0

ツクモでは、上記で紹介した2つの製品よりも更に一回り小さい「超小型ゲーミングPC」を販売しています。

特徴はその小ささで、縦置きしたPS4 Proよりも小さいですね…!ただ、小さい代わりに値段が結構高め、構成も2020年現在の主流と比べて一回り古いです。

どうやらツクモでは超小型ゲーミングPCの新作を用意していないようですね…。もう一回り大きい「ミニタワー」であれば、ドスパラやG-Tuneと同じぐらいのサイズ&値段でラインナップが用意されています。

PS4 Proよりも小さいサイズに魅力を感じる方も多いかと思いますが、このスペックでこの料金は少し高いです。これの最新構成verがあればおすすめ出来るのですが・・・。

このPCはデメリットが大きいので、少し大きくはなりますが先ほど紹介したドスパラ・G-Tuneの製品か、ツクモの「ミニタワー」を購入するのがおすすめです。

ツクモ G-GEAR alpha 詳細はこちら

まとめ

小型ゲーミングPCまとめ
  • 小型ゲーミングPCならドスパラの「ガレリアSV」がイチオシ!
  • 「サイズが小さい」という点以外はデメリットが多め
  • 排熱性能・拡張性が低く、ラインナップも少ない
  • 通常サイズの「ミドルタワー」も是非検討してみてほしいです

この記事では、小型のゲーミングPCについて解説しました。

2020年現在、最新の構成で販売されている小型ゲーミングPCはかなり少ないです。PS4並のサイズである「超小型」はほとんどありませんでした。

サイズが小さいのはうれしいですが、やはりデメリットが気になって人気も少ないのでしょう…。

もし小型ゲーミングPCを検討しているのであれば、ドスパラの「ガレリアSV」がおすすめです!数少ないラインナップの中でも、かなり良い製品かと思います。標準だとメモリ8GBなので16GBへのカスタマイズ推奨です。

もしPCを置くスペースを確保できるなら、通常サイズの「ミドルタワー」や、少し大きめの「フルタワー」も是非検討してほしいです。小型と比べるとラインナップも多いですし、メリットがたくさんあります!

関連記事 RELATED POSTS