初心者にも簡単な選び方など!ナイキのランニングシューズおすすめ12選!

東京マラソンや箱根駅伝、全日本高校駅伝でも「ナイキのランニングシューズ」は話題になりましたね。日本記録が更新されたり、区間新記録が生まれたりして高速時代の到来とも言われています。

ナイキのランニングシューズにはモデルがたくさんあり、疲れにくいという面でもフルマラソンに出場する多くのランナーが愛用しています。

「速く走りたい」「疲れずに走りたい」「おしゃれに履きたい」など思いはさまざまですが、あなたの用途に合うナイキのランニングシューズが見つかると嬉しいですね!

この記事では、ナイキのランニングシューズの4つのポイントとランキング12選をご紹介していきます。

毎日のランニングの体力消耗が抑えられたり、マラソンの自己ベストが向上しやすくなったりするシューズなども参考にしてみてくださいね!

この記事を書いた人
ISKW
ナイキ「エピック リアクトファイニット」を愛用している市民ランナー(3年目)です。当初は健康目的でマラソンを始めたのですが、ハールマラソンにも出場するようになりました!市民ランナー生活では自己ベスト更新と怪我の予防を意識しながら走っています!体重も重く、怪我防止のためにナイキの厚底ランニングシューズを購入、フィット感やデザイン等も気にしています。ナイキのランイングシューズを選ぶ時の参考にしてくださいね!

ナイキ ランニングシューズを選ぶ4つのおすすめの選び方!

ナイキのランニングシューズを選ぶ際は、4つのポイントに注目してみてください!

用途に応じた靴底の厚さを選ぶ!

厚底の種類ヒールの高さ短距離
ランニングやレース
長距離
ハーフ&フルマラソン

薄底
前頭部10㎜台
/ヒール10㎜台

普通
前頭部13㎜以上
/ヒール20㎜台

厚底
前頭部23㎜以上
/ヒール30㎜以上

厚底と薄底の違いはクッション性ですが、ランニングやマラソンなどに対する適性が異なります。

靴底にある程度の厚さがあると、地に足が突いたときの地面からの反発が吸収されます。接地したときの衝撃は長い期間にわたって蓄積されると怪我になるものです。

また、足裏の疲労も予想外に出てきます。厚底の厚さがあると衝撃を吸収してくれる役割を果たしてくれるので、怪我予防や疲労予防につながるんです!

そして適正に関しては、一般に靴底が厚い靴はフルマラソンやハーフマラソンが向いているとされています。

3㎞や10㎞などの比較的短めの距離のランニングやレースはうす底のスピードが出いやすいシューズを履くランナーが多いのです。

わかりやすく上記にまとめていますので、どのような走りに使うのかを考えて選んでくださいね!

ISKW
ちなみに上記の表は一定の目安なので、5km未満のジョギングに厚底シューズを使うのも全く問題ありませんよ!!

用途に合った靴の重さを選ぶ!


ナイキのランニングシューズを選ぶときには、靴の重さを確認するようにしましょう!靴の重さによってスピードやタイムが変わってくることがあるからです。

一般的に、靴が軽い方がスピードを出しやすくなるため軽めのランニングシューズのほうがタイムがでやすくなります。

市販のナイキのランニングシューズの重さは約178g~323gです。この情報を3分類にカテゴリ分けをしたのが下記になります。

  • 軽い・・・100g台
  • 普通・・・200g~250g
  • 重い・・・250g以上

ポイント1の靴底の厚みとも共通することにはなりますが、利用用途にあわせて靴の重さを吟味するようにしてくださいね!

ISKW
軽い靴でハーフマラソンのような長距離を走るのは注意してくださいね!クッション性が低めなので。

靴のサイズを確認する!


ナイキのランニングシューズを選ぶ際には、サイズのこともシッカリ確認しておきましょう。靴が足にフィットしなければ、足が痛くなるし疲れやすくなるからです!

ナイキのランニングシューズは、一般的に靴幅が表記サイズよりも狭いと感じているユーザーが多い傾向にあります。

ナイキジャパンの公式サイトでも、フィット性についてハーフサイズ大きめのシューズを勧めていることがあるほどです。

実際に買ってみて、きつく感じる靴を選んでしまったりすることがないように、靴のサイズは注意してくださいね!

ISKW
カッコいいからって、在庫がある小さめの靴を選んだりしてはダメですよ!

目標レベルに合わせた靴の選び方も検討する!


目標レベルも参考にしてみましょう!その理由は、靴底の厚さや重さやサイズを吟味しすぎると選びきれなくなるリスクがあるからなのです。

フルマラソンを出場する場合、どちらを選ぶのがいいのか迷ってしまうことがあるんですよね。

  • 疲れにくい厚底ランニングシューズ
  • スピードが出やすい普通のランニングシューズ

上記のように、どちらもフルマラソンに対応していたら、どちらを選べば良いか迷ってしまいませんか!?

考えすぎて迷ってしまった場合「目標レベルがフルマラソンのサブ3以上の上級者向けなのか、サブ5の初心者向けなのか?」という観点で見てみると決めやすくもなりますよ!

サブ3はフルマラソンを3時間以内に、サブ5なら5時間以内にゴールするという意味になります。

ナイキのランニングシューズを選ぶときには、自分はどのレベルを目指しているのかを吟味してから選んでみるのもおすすめです!

おすすめのナイキのランイングシューズのランキングTOP12!

ナイキのランイングシューズをランキング形式で紹介します!ランキングをするときにはユーザー評価・靴底の厚さ・重さ・サイズ・レベル別を軸として総合的に勘案しています。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

厚底です!ジョイライド ラン フライニット

ジョイライド ラン フライニット
ナイキジャパン
参考価格18,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
24mm/32㎜
重さ
323g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
2E・小さめフィット感
レベル
未記載
目標タイム
未記載
ユーザーの評価
3.9

初心者にも!ジョイライド ラン フライニットの特徴

靴底のフォームビーズが特徴的なジョイライド ラン フライニットです。

ジョイライド ラン フライニットは靴底がの厚さがあり、なおかつビーズが靴裏にセットされていることからクッション性が高い点がポイントです。

丈夫な素材であるFlyknit素材が使用されており高いフィット感も出してくれます。

少し注意してもらいたいのが、ランニングシューズの重さです。300gを超えるため比較的重めになっておりフルマラソンで使うには若干重すぎるような気がします。

ジョイライド ラン フライニットは、街中を2~3㎞ジョギングしたりスニーカーとして利用するような使い方のほうがシックリくるかも!

ジョイライド ラン フライニットの口コミ

口コミを見る

軽く走るのにピッタリ!
足をいい感じに固定してくれて、クッション性もいいと思います!
ちょっとお値段が高めなのが難点かなぁとも思いました。

ハーフサイズ大きめがいいですよ!
公式HPにも書かれているように、小さめフィットでハーフサイズ大きいものを選んだ方がいいですね!
私もお店で実際に試し履きしてみてよかったです。小さすぎると感じることもあるので注意したほうが良いと思います。

カジュアルなランニングにピッタリ
デザインからしてマラソンレースというより街中を軽く走ったりスニーカーとして歩いたりといった用途に合うと思いました。
白色とかは雨の中で走ると汚れが目立ってしまうので、そこを見越しておいた方がいいかもしれません。

初心者にもおすすめ!オデッセイ リアクト 2 フライニット

オデッセイ リアクト 2 フライニット
ナイキジャパン
参考価格12,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
16mm/26㎜
重さ
263g
サイズ
22.5cm-26.5cm
フィット感
2E・小さめフィット感
レベル
初級者向き
目標タイム
サブ5~完走
ユーザーの評価
3.9

オデッセイ リアクト 2 フライニットの特徴

オデッセイ リアクト2 フライニットは日頃の練習用にピッタリのシューズでお財布にもリーズナブルなのがポイントです!

Nike Reactクッショニングという独自フォーマットが採用されており、クッション性もシッカリ期待きます。靴底の厚さも厚底までとはいかないものの決して薄くはありません!

オッデセイ リアクト2 フライニットは長距離ランやフルマラソンで完走してみたいといった目標を持っている場合におすすめできるシューズです!

オデッセイ リアクト 2 フライニットの口コミ

口コミを見る

お手頃価格です!
ちょっとカッコイイ靴だと2万円近くになったりする中、このシューズは1万円を切る値段で買える!お手頃価格だし、カッコイイと思います。走り込み用・履きつぶし用として練習に使用しています!

大会でも短い距離でも!
普段の5㎞ランに使用しています。クッション性もあっていいと思います。
本番にも全然使えますよ!

足の甲の締め付けにも特徴!
足の甲をギュっと締め付けてくれる感じがします。
履くときにはきつく感じるのですが、履いてからは逆に一体感やフィット感を感じられるので心地よくなります!

お手頃価格なズーム ライバル フライ2

ズーム ライバル フライ2
ナイキジャパン
参考価格9,500円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
12mm/19.7㎜
重さ
232g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
2E
レベル
中級者向き
目標タイム
サブ3.5
ユーザーの評価
4.2

ズーム ライバル フライ2の特徴

第10位はサブ3.5以上を目指す中級者向きのズーム ライバル フライ2を選びました。このズーム ライバル フライ2の特徴はクッショニングと蹴りだし力の2点です!

前足部の高反発の素材は高反発のクッション性を満たしています。また、靴裏の独特な溝(前足部や中央のくぼみ)が蹴りだしをサポートしてくれます。

フルマラソンで3.5時間を目標とするランナーはフルマラソンの後半以降の失速を防ぎたいところなので、疲労予防や蹴りだし力は大切にしておきたいですよね!

ズーム ライバル フライ2の口コミ

口コミを見る

ウルトラマラソンにも良い!
軽くてクッションがいいと思います。200gは超えるけれど、気になりません!足の負担も感じずに愛用しています。

余計な力が必要ない!
無駄のない動きを意識すれば、自然とスピードになる感覚がします。ソール(靴裏)のクッション(Zoom Airユニット)が効いているんだと思います!

足の腱鞘炎持ちでもOK
足の腱鞘炎持ちの家族にプレゼントしました。Zoom素材のクッション性が効いてか、だいぶ痛みも抑えられているそうです。良かった!

中級者向け!エア ズーム ペガサス 36

エア ズーム ペガサス 36
ナイキジャパン
参考価格12,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
11.3mm/20.75㎜
重さ
229g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
未記載
レベル
初級者向き
目標タイム
サブ4.5~サブ5
ユーザーの評価
4.4

エア ズーム ペガサス 36の特徴

エア ズーム ペガサス 36はクッション性とフィット感の面で評判が良く、中級者向けにピッタリのランニングシューズです!

靴底にワッフルのような形状をしたクッションが装着されています。通常の路面だけではなく雨でぬれた路面、砂が広がっている地面などの場面で駆動力を発揮してくれます。

また靴底独自の素材と計算された靴ひも周辺の配置がフィット感を際立たせてくれる商品です!

エア ズーム ペガサス 36の口コミ

口コミを見る

使い道が広いです!
ゆったりジョグにも使えるし、スピード練習にも使えます。クッション性や反発性の両方とも持ち合わせています。

足に優しいです。
靴を履くと、しっかりと足のぐらつきを回避してくれます。また、靴のインソールのふわっとする感じも好きです。土踏まずや母指球周辺の感覚が好きです。

軽く感じます!
靴の重さは200g超えるみたいですが、実際に履いてみると結構軽く感じました。s長距離にはいいと思いました。

厚底でフルマラソンにも役立つ!ズーム フライ3

ズーム フライ3
ナイキジャパン
参考価格16,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
23mm/34㎜
重さ
274g
サイズ
23cm-30cm
フィット感
未記載
レベル
中級者向き
目標タイム
サブ3~サブ3.5
ユーザーの評価
4.4

ズーム フライ3の特徴

ズーム フライ3はザ・厚底ランニングシューズの1つに分類されるランニングシューズです。

ズーム フライ3の靴底の中にはカーボンファイバー製プレートが内蔵されているのが最大の特徴の1つです。反発性を発揮してくれるので普段とは次元の異なるスピード感が体感できます!

また、クッション性がいいのでフルマラソンランナーだけではなくウォーキングに使用する場合も結構あるのもポイントです。

ズーム フライ3の口コミ

口コミを見る

履いて1歩目から違う!
ズーム フライ3は履いてみて1歩目から違いがわかります。足の甲をしっかり固定してくれて、厚底のクッション感が伝わります。

スピード練習に良い!
カーボンプレートがあるので、インターバル走にはいいと思いました。靴自体は少し重いと感じる場合があるかもしれません。

膝が悪い私でも!
1時間ぐらいウォーキングをすると膝が痛くなってしまいがちなのですが、ズーム フライ3を履いて歩くといい感じです。地面からの衝撃を優しく吸収してくれる感じがします。

カラーバリエーションが豊富です!エア ズーム ボメロ14

エア ズーム ボメロ 14
ナイキジャパン
参考価格14,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
14mm/24㎜
重さ
304g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
2E
レベル
初級者向き
目標タイム
サブ5~完走
ユーザーの評価
4.5

エア ズーム ボメロ 14の特徴

エアズームポメロ14は靴底の厚さは中程度であるものの、反発性が高い点が特徴のランニングシューズです。Zoo Air特殊素材が使われているため、弾むような履き心地がきたいできます!

また、もう1点の特徴としてはカラーバリエーションが他のランニングシューズよりも多めかと思います。

気になるカラーがある場合にはエアズームポメロ14でお気に色を選ぶのがいいと思います!アマゾンには20色分もありました。

エア ズーム ボメロ 14の口コミ

口コミを見る

ナイキの進化を感じる!
昔のシューズよりも履き心地がいいし、クッション性もいいと思います。
エアズームポメロ14もいい履き心地で満足です。

靴擦れはありませんでした。
かかとにパットがはいる部分があります。サポート力を強化してくれています。今のところ靴擦れはありません!

幅広いランニングシューズですよ!エア ズーム エリート 9

エア ズーム エリート 9
ナイキジャパン
参考価格10,700円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
14mm/24㎜
重さ
233g
サイズ
23cm-28cm
フィット感
2E
レベル
中級者向き
目標タイム
サブ4
ユーザーの評価
4.7

エア ズーム エリート 9の特徴

エアズームエリート9はスピード性に長けているランニングシューズで、ハーフマラソンやフルマラソンのサ4にピッタリです。

エアズームエリート9の重量は約233gでランニングシューズの中でも軽めになっています。軽いシューズでのスピード練習に向いています。

また、珍しいのが靴の横幅が広めになっているという点です。ナイキ製のランニングシューズは普通よりも細くなっていることが多く、ハーフサイズ大きいものを買う場合がよくありました。

ナイキのランニングシューズが好きなのに、なかなか足に合うのが見つからなくても期待できます!

エア ズーム エリート 9の口コミ

口コミを見る

軽量シューズです!
ハーフマラソンで履きましたが、軽くて良かったです。10㎞の部にもいいかもしれません。フルマラソンでは足にダメージが来るかもしれませんが。

幅が広いのが良い。
他のナイキのライニングシューズよりも幅が広く感じました。普通よりも0.5㎝小さいサイズで履けました!

前モデルよりも靴底が薄くなった!
前作のエアズームエリート8よりも靴底が薄くなったようです。地面との接地面が感じられていい感じです!

反発性も助けになります!ズーム ペガサス ターボ 2

ズーム ペガサス ターボ 2
ナイキジャパン
参考価格18,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
16mm/24㎜
重さ
231g
サイズ
22.5cm-29cm
フィット感
2E
レベル
中級者向き
目標タイム
サブ3.5~サブ4
ユーザーの評価
4.8

ズーム ペガサス ターボ 2の特徴

ズームペガサスターボ2は究極の1歩手前というなかなかの高評価のランニングシューズです!

ズームペガサスターボ2は重量が約231gと軽量となっており、さらに特殊な形状が反発力を高めています。フルマラソンのラスト10㎞でも反発力が助けとなってくれるので、ランナーでも多くの愛用者がいます。

比較的新しいランニングシューズですがカーボンプレートは内蔵されていないので、注意してくださいね!

ズーム ペガサス ターボ 2の口コミ

口コミを見る

箱根を目指す学生にも!
箱根を目指す学生さんでも、結構履いているとこを見かけます。
デザインもかっこいいし、人気でるのもわかります!

すごく走りやすい!
軽いし反発もあるので、ペースも早くなります。レース以外にもインターバル走の練習にも使えると思います。

プレート入りとは別物です。
カーボンプレートが入っていないので、高反発分野でも別物と考えておいた方がいいとと思います。

軽さとフィット感がポイント!フリー ラン フライニット

フリー ラン フライニット
ナイキジャパン
参考価格9,190円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
13mm/17㎜
重さ
218g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
2E・ピッタリフィット感
レベル
未記載
目標タイム
未記載

フリー ラン フライニットの特徴

フリーランフライニットは伸縮性に優れており、足とのフィット感が高いのが特徴のランニングシューズです。

スリップオンスタイルを採用しており、靴ひもがありません。靴ひもがあまり好きではない場合や足と密着したランニングシューズを履きたい場合にはおすすめできます。

重さも218g程度なのでナイキのランニングシューズの中では軽い方です!靴底は他のランニングシューズのようなクッション性のある素材は使われてないのでマラソンには不向きなのでご注意くださいね!

フリー ラン フライニットの口コミ

口コミを見る

フィット感がいいですね!
足全体を包み込んでくれる感覚がとてもいいです。甲の部分に凹凸がないので痛くなりづらいです。

ワンサイズアップを買った方がいいかも!
ピッタリサイズだとちょっと狭く感じるかもしれません。もちろん、生地は柔らかく伸縮しますが履くときも気になるかもしれません。

素材は破けやすいかも?
フライニットは伸びていいのですが、小指側が広がっている感じです。使い方が荒いと半年ぐらいで破けそうな気もしますね。

薄底&軽量が特徴!エア ズーム ストリーク 7

エア ズーム ストリーク 7
ナイキジャパン
参考価格13,000円(税別)
ユーザーの評価
4.9
厚さ(前頭部/ヒール)
20mm/25㎜
重さ
182g
サイズ
22.5cm-29cm
フィット感
2E
レベル
上級者向き
目標タイム
サブ3以上
ユーザーの評価
4.9

エア ズーム ストリーク 7の特徴

エア ズーム ストリーク 7は薄底で軽量だという点が特徴です!

靴の重さは182gなので、200gを下回るランニングシューズは数えるぐらいです。フルマラソンならサブ3以上、もしくは日頃のスピード練習にピッタリです。

靴底の厚さは20-25gで薄底に分類されます!エア ズーム ストリーク 7は靴底がグリップが効きやすくなっていうので地面の接地をを感じられるシューズです。

エア ズーム ストリーク 7の口コミ

口コミを見る

ペース走に履いています!
インターバル走にエアズームストリーク7を履いています。軽くてペース練習にはピッタリだと思います!

意外とかさばらないんです!
大会に持参するときに、意外とコンパクトなのに気づかされます。薄底ならではのメリットだと思います!

色合いが好きです!
蛍光ピンク色の色合いが気に行っています。躍動感があって気に入っています。

厚底で怪我予防にもいい!リアクト インフィニティ ラン フライニット

リアクト インフィニティ ラン フライニット
ナイキジャパン
参考価格16,000円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
24mm/33㎜
重さ
291g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
未記載
レベル
中級者向き
目標タイム
サブ3~サブ3.5
ユーザーの評価
4.9

リアクト インフィニティ ラン フライニットの特徴

リアクト インフィニティ ラン フライニットはちょっと重さはあるものの怪我の予防に特化したランニングシューズです。

前足部とかかとの特徴的なU字フォームが抜群のクッション性を発揮してくれます。靴底も20ミリを超えるため比較的厚めとなっています。

重さは約291gあるので、スピード練習には向かないかもしれません。長距離のウォーキング等には非常に向いています!

リアクト インフィニティ ラン フライニットの口コミ

口コミを見る

体重のある私でも!
体重が重いのでクッション性のあるコレを選びました。ウォーキングで足が疲れにくくいし歩きやすくていいと思いました!

25㎞走っても豆ができない!
25㎞ぐらい走ると足に豆ができたりしていました。リアクトインフィニティは豆が全然できませんね!

フォルムが好き!
揺りかごの様なU字フォーム、結構好きかも。いかにも足に優しそうな感じが伝わってくるんです!

軽い!人気!反発力!ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%

ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%
ナイキジャパン
参考価格27,500円(税別)
厚さ(前頭部/ヒール)
32mm/40㎜
重さ
178g
サイズ
22.5cm-30cm
フィット感
未記載
レベル
上級者向き
目標タイム
サブ3以上
ユーザーの評価
4.9

ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%の特徴

第1位は認知度が高いZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%です!ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%の特徴は、軽量、クッション性、反発性が高いことです。

ZoomXというナイキの特殊な靴底形状を採用することで、軽量化しクッション性が高められています。重さは約178gなので厚底ランニングシューズのなかでも非常に軽い!

反発性が高い点も注目です。靴底の中にはカーボンプレートが埋め込まれています。、区間新記録が続いた2020年の箱根駅伝ではこのランニングシューズが7割も使用されていたそうです。

注意してもらいたいのが、、寿命が短いという点です。日頃の練習では使わずにフルマラソンなどレースのみに使用するのがおすすめです。

ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%の口コミ

口コミを見る

タイムが伸びた!
普段15~20㎞を走っています。ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト%を履いて走ると2分は早くなりました!魔力のシューズとも言えますね。

すごく軽いシューズです!
軽さが素晴らしいです!履いた段階でタイムが出そうな気にさせてくれます。

ちょっと奮発すれば異次元の世界へ!
ランニングシューズとしては3万円は高いです。しかしながら、手が届かないわけではないと思います。ちょっと奮発すれば、異次元のスピードが手に入ります。カーボンプレートの推進効果がこれほどまであるとは!

ナイキのランイングシューズについてのよくあるQ&A

ナイキのランニングシューズ選びでよくある疑問を解決していきますね!

ナイキとアディダスのランニングシューズ、違いは何ですか?

ナイキはズームエアーのクッション性、アディダスはブーストによる反発力がポイントとしてあります。

ナイキとアディダスとの違いは、デザイン性にでています。アディダスのランニングシューズはカジュアルなデザインのものが多い傾向にあります。

ナイキは派手めで競技向きのデザインのシューズが多く発売されています。デザインで好みが分かれてくるのかもしれません!

ナイキとアシックスのランニングシューズ、違いは何ですか??

ナイキとアシックスの違いは国産メーカーか否かという点にあります。

アシックスは国産メーカーなので、日本人の足に合いやすく作られています。逆にナイキのランニングシューズは外人向けに作られており幅が若干狭くできていることが多いのです。

足との相性で見極めることが大切なので、試し履きはしておきたいところですね!

ナイキ ランニングシューズはフォアフット走法に向いているの?

ナイキのランニングシューズはフォアフット走法とい相性がいいシューズが多く販売されています。

ランニングシューズ前足部にNike Zoom Airユニットが配置されている場合にはクッション反発性が発揮されやすいのです!

ナイキのランニングシューズはフォアフット走法のランナーを意識している影響もあるそうです!

※フォアフット走法→足指の付け根から着地して、その後にカカトを軽くついて駆り出しに入る走法

まとめ

ナイキのランニングシューズは厚底のものから、薄底のものまで幅広く市販されています。怪我予防になったり練習メニューによっても変わってきます。靴底はしっかり確認しておきましょう!

スピードやタイムにこだわるなら、靴の重さにも意識してみましょう。軽いシューズを選べばスピードも上がってきます!目標レベルや使い道を総合的に検討してみて選ぶようといいですね。

あと、ナイキのランニングシューズは幅が狭く感じる場合が結構あるようです。靴擦れしたり、疲れやすくなったりすることがあるのできついサイズは選ばないように注意してくださいね!

おすすめのナイキランニングシューズのTOP3をもう一度チェックする!

関連記事 RELATED POSTS