カービングやフリーランにもおすすめ!スノーボード板ランキング12選!

ゲレンデで「そうそう、あんな感じに滑ってみたいんだ!」「あのスタイル、メッチャ楽しそう!!」と思ったりすることはありませんか?

スノーボードを楽しむためには、好みのスタイルに見合った板を選ぶのが大切になってきます。

  • 広大な大地を自由に滑りまくるフリーランスタイル
  • なだらかな斜面で遠心力をフルに使うグラトリスタイル
  • スノーボード板のしなりや地形を利用する地形遊びスタイル
  • 仲間同士でわいわいと楽しみながら始めるビギナースタイル

「デザインがなんとなく好き」「セールで安く売っていたから」「よくわからないけど、とりあえず」ってなることも多いと思います。

この記事では、スノーボード板歴10年以上の私が、おすすめのスノーボード板を12個リサーチしています。選び方も書いていますので、ぜひ参考にしみてくださいね!

この記事を書いた人
ISKW
スノーボード歴10年以上、東北在住の男性スノーボーダーです!昨シーズン、スキー場に行った回数は2桁(爆)私がスノボデビューした時代と比べて、ゲレンデで見かける滑り方(スタイル)も大きく2つに分かれてきた印象があります。最近のスノーボードのトレンドも踏まえて、良い板をピックアップしました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

スノーボード!2つのおすすめの選び方!

スノーボードを選ぶときには、これから説明する2つのポイントを参考にして選ぶようにしてください!

個々のスタイルによって、板の形状や強度などが異なってきます。

ISKW
「スノーボードの板なんてどの種類でも同じだよ!」という意見があるのは事実です。しかし近年では、本当に色んなスノーボード板が毎年の様に発売されています。好きなスタイルのスノーボード板を買い求めるお客さんも非常に多くなっているのです!

スノーボード板は形状で選ぶ!

形状オールラウンド・バックカントリージブ・グラトリ
キャンバー形状
ハイブリッドキャンバー形状
ロッカー形状
フラットロッカー形状

◎:超絶にピッタリ! 〇:無難に滑れます。 △:無理ではないけど、結構技術が必要。

スノーボード板は形状で選びましょう。シチュエーションによって、合わない板を使うと上手く滑れないからです。

形状は、大きく分けると「キャンバー」「ハイブリッドキャンバー」「ロッカー」「フラットロッカー」が基本になります。

こられの違いは「しなり」と「エッジ」で、スノーボード板の安定感により斜面を滑り降りる際に、無駄なエネルギーを消費しなくなります。

滑るスタイルによって、向き・不向きな場面があり、滑り方は下記にまとめてみましたので参考にしてみてくださいね!

  • オールラウンド・・・上級・中級・初心者コース、雪だまり・こぶなど一般的な場所を滑る
  • バックカントリー・・・樹の間を滑る
  • ジブ・・・箱や手すりなどの上を滑る
  • グラトリ・・・遠心力を活かして回転したりジャンプしたりして滑る

上記の表に書いていますがオールラウンド・バックカントリーで滑るならキャンバー・ハイブリッドキャンバー、ジブ・グラトリで滑るならロッカー・フラットロッカーを選ぶと良いですよ!

ISKW
スノーボード板が硬いと反発力もあるため、しなりを使ったジャンプやキッカーもしやすくなります。

スノーボード板は長さをチェックする!

スノーボード板の長さもチェックしてくださいね。スノーボード板が長すぎると、小回りが利かないため操作しづらいからです。

市販のスノーボード板は138㎝~165㎝のものまで様々あります。基本的な長さは男性なら身長?マイナス20cm、女性なら身長マイナス15cm程度です!

身長が低めの女性なら138㎝のスノーボード板を選ぶと取り回しがしやすくなります。身長が180㎝以上の高めの人であれば160㎝の板を使う方がシックリとしますよ!

スノーボード板の長さ選び ポイント!!

  • 男性の場合・・・身長マイナス20cm程度
  • 女性の場合・・・身長マイナス15cm程度

上達するためにも自分の背丈にあったスノーボード板を使うようにしましょう!

おすすめのスノーボードランキングTOP12!

独自の視点から、皆さんに是非ともおすすめしたいスノーボードを12個を選びました!

選定基準はスノーボードの形状や価格、各メーカー相互間のバランス関係を総合的に加味しています。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

YONEXのスノーボード板!NEXTAGE

板の形状
キャンバー形状
板の長さ
143cm 147cm 150cm 153cm 156cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.0
メーカーの王道度
3.0

NEXTAGEの特徴

バドミントンでおなじみYONEXから販売されているスノーボードの板です!NEXTAGEは、キャンバー形状なのでフリーランやカービングの滑り方が似合っています

他製品との違いやポイントとしては、メーカーが珍しく個性を出していけるという点です!

スノーボードでメジャーなメーカーはBURTON(バートン)やSALOMON(サロモン)なので、YONEX製の板を使うことで「凝っているね!」と言われたりしますよ!

NEXTAGEの口コミ

口コミを見る

板の硬さが丁度いい!!
NEXTAGEが届いたので、試しにいじってみました。柔らかすぎず、ちょうどいい硬さでした!

板はとても軽いししなりも良い!
NEXTAGEの板はしなりもいいし、軽さもgoodだと思います!長時間すべってもスタミナの消耗も抑えられそうです。

これに決めた!
普段と違う新しい板を探して、ヨネックスのスノーボード板と出会いました。デザインが気に入って買いました!

K2の女性用スノーボード板!BRIGHT LITE

板の形状
フラットロッカー形状
板の長さ
138cm 142cm 146cm 149cm 153cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.0
メーカーの王道度
3.3

BRIGHT LITE

個性的なアイテムがなにかと多いK2製の女性専用のスノーボード板です!

BRIGHT LITEの特徴はなんといっても板の形状がフラットロッカーとなっている点です。フラットロッカーなので、回転系グラトリを重視したいという方にはピッタリです。

このBRIGHT LITEのデザインも非常におしゃれなものとなっています。ありきたりな板じゃ納得いかないという方にはおすすめですよ!

注意していただきたいポイントとしては、カービングやオーリーを多用した滑り方にはあまり適さないという点です。

できなくもないのですが、体力を消耗しまくりますよ!

BRIGHT LITEの口コミ

口コミを見る

板が柔らかい!
BRIGHT LITEは比較的やわらかめにできているようで、プレス系のグラトリをしやすそうな感じです。

デザインが好みです!
スノーボード板のデザインがとっても好みです。部屋に飾っていても、絵になりそうなデザインなのがgoodです(笑)

女性専用のスノーボード板
このBRIGHT LITEは女性向けに設計されているようで、体形や足の力に合うようになっているみたいです。扱いが楽ちんだと技もしやすいので嬉しいです!

SALOMONのスノーボード板!CRAFT

板の形状
ハイブリッドキャンバー形状
板の長さ
150cm 153cm 155cm 158cm 157cm(W) 160cm(W) 162cm(W)
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.0
メーカーの王道度
5.0

CRAFTの特徴

CRAFTはSALOMON製のスノーボード板です。ハイブリッドキャンバー形状なのでオールラウンドに楽しめるモデルです。

板は若干柔らかめなので、プレス系トリックもしやすいのもポイントです。the王道メーカーのサロモン製なので、ハズレもありませんよ。

有名メーカーを使いたい、オールラウンドに楽しみたいという方にはおすすめです。

CRAFTの口コミ

口コミを見る

プレスがしやすい!
バインの外側がロッカーになる設計なので、プレスがしやすくなっています!

プレス系のトリック好きにはありがたいですね。

早く滑れます!
高速スピードでのちゃんと滑れます!中級コース以上も楽しみたい方にもおすすめだと思います。

BURTONのスノーボード板!DESCENDANT

板の形状
キャンバー形状
板の長さ
152cm 155cm 158cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.0
メーカーの王道度
5.0

DESCENDANTの特徴

DESCENDANTはパークを思う存分堪能しつつ、フリースタイルも楽しめる構造になっています。

レギュラーでもスイッチでも操作性は同じような感覚でできますよ!メーカーもthe王道のBURTONなので、スノーボード仲間でも板の特徴があーだこーだといった会話がすぐにできるようになりますよ!

DESCENDANTは、王道メーカーのスノーボード板を持っておきたい方、すべてをバランスよくこなせスノーボード板が欲しいという方におすすめです!

DESCENDANTの口コミ

口コミを見る

エッジの引っ掛かりが少ない。
エッジの引っ掛かりが少ないので、回転系トリックはやりやすいですね^^

レギュラーでもスイッチでも!
ツイン形状なので、レギュラーでもスイッチでも問題なく滑れます!(もちろんバインの角度調節も大切ですよ!)

デザインは静かめ
DESCENDANTのデザインはあまり目立たないデザインなので、ハデハデのスノーボードがいいという方にはちょっと物足りないと思います。

BURTONのスノーボード板!INSTIGATOR

板の形状
フラットロッカー形状
板の長さ
140cm 145cm 150cm 155cm 160cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.0
メーカーの王道度
3.0

INSTIGATORの特徴

BURTON製のスノーボード板「INSTIGATOR」です。満遍なく滑れるけど、どちらかというとグラトリをしたい!という中級者にピッタリだと思います。

特徴は珍しいフラットロッカー形状という点です。グラトリやジブを思いっきり楽しめますよ!

注意してもらいたいのが、フリーランにはあまり向かないという点です。エッジがかからない分、斜面では体力を消耗しますよ。

INSTIGATORの口コミ

口コミを見る

BURTON製ではリーズナブル!
INSTIGATORは4万円を切っているので、比較的リーズナブルなほうだと思います!

グラトリやジブにぴったり^^
フラットロッカーなので、プレス系のグラトリやジブには相性がいい板だと思います!

SALOMONのスノーボード板!SIGHT

板の形状
ハイブリッドキャンバー形状
板の長さ
147cm 150cm 153cm 156cm 159cm 155cm(W) 158cm(W) 162cm(W) 166cm(W)
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.5
メーカーの王道度
5.0

SIGHTの特徴

SALOMON製のスノーボード板のSIGHTです。SIGHTは、ハイブリット形状なので他の板と同じくオールラウンドに楽しめる板です。

ポイントは、価格が少し安めという点です。他の板は5万円台ですがこの板は3万円台で購入できます!

王道メーカーで尚且つオールラウンドに楽しめるリーズナブルな板!を探している方にはおすすめです。

SIGHTの口コミ

口コミを見る

操作性がいい!
SIGHTはターンが自由にできて楽しさが倍増しました。特にパークやグラトリと相性がいいと思います。

硬めの板に飽きた方にもイイ
硬さのある板を使っていましたが、ちょっと飛び跳ねる系から気分転換しようと思いSIGHTを買ってみました。

スタイル転向してみたいという方にもいいスノーボード板だと思います。

BURTONのスノーボード板!PROCESS

板の形状
ハイブリッドキャンバー形状
板の長さ
152cm 155cm 157cm 159cm 162cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.8
メーカーの王道度
5.0

PROCESSの特徴

BURTON製のスノーボード板のPROCESSです!ポイントは板形状とバインディングと価格です。板形状はハイブリットキャンバー板なので、オールラウンドに楽しめます。

The Cannelとういスタンスを採用していて、全てのメジャーバインディングと互換性がある点もが魅力の1つです

また、価格帯も4万円台なので高すぎない価格帯なので買い求めやすくなっています。トータルにバランスの取れた板を探している方にお勧めです!

PROCESSの口コミ

口コミを見る

4万円台ならありかな。
バートンの板って結構高いけど、4万円台なら買ってもいいと思います!

他社メーカーでもバインディングOK^^
私は普段、サロモンのバインディングを使っていました。PROCESSにも使えるみたいなので安心しました!

headのスノーボード板!head-pilot

板の形状
ハイブリッドキャンバー形状
板の長さ
148cm 151cm 154cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.8
メーカーの王道度
3.0

head-pilotの特徴

head製のスノーボード板「head-pilot」です。headはSALOMONやBURTONほどメジャーではありませんが、ちゃんとしたメーカーです!

head-pilotのポイントはハイブリットキャンバー形状とメーカーといったところです!

この記事でもたくさん紹介しているハイブリットキャンバーなので、オールラウンドに楽しめます。また、メーカーも珍しいのでワンポイント個性をだしていきたいという方にはピッタリです!

head-pilotの口コミ

口コミを見る

シンプルでいいと思う!
メーカーもデザインもあまりパッとはしませんが、全然オールラウンドに楽しめます!こだわりがない人にはいいかも。

自分との相性も大切です!
最近、ハイブリッドキャンバー形状はいろんなショップで見かけるようになりました。似たような条件の板はたくさんありますが、自分はこれでした!
相性も大切にしたほうがいいですね!

SALOMONのスノーボード板!SLEEPWALKER

板の形状
ハイブリッドキャンバー形状
板の長さ
148cm 151cm 153cm 155cm 158cm 155cm(W) 158cm(W)
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
3.5
メーカーの王道度
5.0

SLEEPWALKERの特徴

SALOMON製のスノーボード板「SLEEPWLAKER」です!SLEEPWALKERは、王道メーカーでありながら値段も3万円台なのでおすすめです。

タイプもハイブリットキャンバー形状なのでオールラウンドに楽しめます。

デザインも普通とは一味違ったものに仕上がっているので、デザインでもワンポイント際立たせたいという方にはピッタリのスノーボード板です!

SLEEPWALKERの口コミ

口コミを見る

どちらかというと柔らかめ!
SLEEPWALKERは比較的柔らかめな方だと思います!グラトリやジブのほうが相性がいいと思いました。

結構扱いやすい板です!
エッジもあまり引っかからないので、初心者にもお勧めだと思います!

逆エッジでコケる回数も減ると思います。

ACCのスノーボード板!CAN

板の形状
ロッカー形状
板の長さ
139cm 144cm 148cm 152cm 156cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
4.0
メーカーの王道度
2.5

CANの特徴

第3位はACC製スノーボード板の「CAN」です!メーカーはメジャーではありませんが、意外と少ないフラットロッカー形状なのがポイントです!

フラットロッカーなので、比較的グラトリ・ジブ向けではありますが極端なトリック系の技もできちゃいますよ!

値段も2万円なので決して高くはありません。セカンドボードとしても◎です。

CANの口コミ

口コミを見る

初めてのメーカーですが!
何の問題もなく滑れています。プレス系の技もハイブリッドキャンバー形状よりもかかり具合がいいです!

セカンド板として!
値段が2万円台だったので、セカンド板として買いました!緩いスキー場やスタイルをちょっと変えたいときに使っています^^

SPOONのスノーボード板!CURRENT

板の形状
ロッカー形状
板の長さ
139cm 144cm 148cm 152cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
4.0
メーカーの王道度
2.5

CURRENTの特徴

第2位はSPOON製のスノーボード板「CURRENT」です!決してメジャーなメーカーブランドではありませんが2位といたしました!

ポイントは、珍しいフラットロッカー形状という点と価格が2万円台という点です!

フラットロッカー形状の特徴をいかして、グラトリやジブを楽しめます!ハイブリッドキャンバー形状よりも楽しめます!

板の値段も3万円をきるので、比較的安い分類です。初心者にも買いやすい方だと思います。

CURRENTの口コミ

口コミを見る

安かったので!!
初めてなので、安めの板を探していました。5万円の板はなかなかハードルが高いと思ったので、これで満足です^^

デザインも◎
スノーボード板の裏側って持ち運ぶときに目につくことが結構ありますが、CURRENTは結構派手なので個人的にはアリだと思います(笑)

ちょっとワンポイント存在感が出ます。

flowのスノーボード板!SILHOUETTE

板の形状
フラットロッカー形状
板の長さ
140cm 144cm 147cm 151cm
オールラウンド・バックカントリー
ジブ・グラトリ
値段の手頃さ
4.5
メーカーの王道度
4.0

SILHOUETTEの特徴

第1位はflowのスノーボード板「SILHOUETTE」です!SILHOUETTEはトータルでバランスがとれているため1位としました!

まずは、メーカーの知名度です。flowはビンディングのほうが知名度がありますが、flowと聞けば大体のスノーボーダーがわかります。仲間同士でもすぐに認知してもらえます。

その他、フラットロッカー形状でなおかつ2万円台という点です!グラトリやジブも結構楽しめます。

しかも、2万円台と比較的安めなので初心者やセカンド板を探す方にもおすすめです!

SILHOUETTEの口コミ

SILHOUETTE

口コミを見る

珍しがられました!
flowの板と言ったところ、結構驚かれました!でも、話題も弾んだし自分だけのオリジナル感がでて満足できました!

安い!
2万円台だったので、買いやすかったです!メージャーメーカーよりも安かったので、意外とねらい目かもしれませんね。

スノーボード板についてのよくあるQ&A

では、最後にスノーボード板を使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

スノーボード板を安くするにはどうすればいいの?

スノーボード板を安く買いたい方は中古1年以上前の型落ちモデルを狙うといいですよ!中古のスノーボード板は、中古ショップやフリマで格安で売られています。

型落ちモデルは、アウトレットセールで安い状態で型落ちモデルがズラリと並んでいます!

スノーボード板のメンテナンスや手入れ・保管はどうするの?

シーズン中のメンテナンスについて簡単に説明しますね。

スノーボードは滑り終えたら、自宅で乾燥させましょう!ケースにしまったままだと、雪が溶けて水滴になりサビになったり痛んだりするかもしれません。

ワックスは滑る日には落として塗りなおすようにしてください。スノーボードの滑走力に影響してくるので、毎日最新のワックスが乗っている状態にしてください!

まとめ

自分が好きなスタイルにマッチするスノーボード板を選ぶようにしてください。

ここぞという場面でパフォーマンスに差がでてきます!私自身、初めてスノーボードを買ったときは激安セールで買ったキャンバー形状のものでした!

徐々にスキルが上達するにつれて「グラトリがやりたい!」と思うようになり、ロッカーボードに買い換えてしまいました(笑)

今思えば、最初からロッカーボードを買っておけばよかったかなぁと思っています。

是非、スノボ板を買う前にどんな滑り方をしたいのかリサーチしてから選ぶようにしてくださいね!今シーズンも皆さんでスノーボードライフを楽しみましょう!

おすすめのスノーボード板TOP3をもう一度チェックする!

関連記事 RELATED POSTS