Steam対応やPC・スマホ接続で比較!VRヘッドセットやゴーグルおすすめ10選

今話題になっているゲームや映画の世界に入り込んだ気分で楽しめるのが「VRコンテンツ」です。テレビで見るのとは違う体験ができて面白いですよね!

VRコンテンツを楽しむにはVRヘッドセットを用意しないといけません。VRヘッドセットを頭につけることで非現実世界に行った気分になります。

ここ数年VRコンテンツが増えたことによってVRヘッドセットも色々なタイプのものが販売されています。価格もバラバラですし対応コンテンツも一緒じゃありません。

そのためどのVRヘッドセットを買えばいいのかどうしても迷ってしまいますよね?

今回は今話題のVRヘッドセットをランキング形式で10個紹介します。価格はもちろん対応コンテンツや接続方法についても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
atsushi
お店でVR体験をしてからVRコンテンツの魅力のハマり、本気でVRヘッドセットを買おうとしています。VRヘッドセットについて自分がこれまで調べてきた特徴や機能、さらには使い方などVRヘッドセット選びで失敗しないポイントを紹介します。

VRヘッドセットを選ぶ3つのおすすめの選び方

VRヘッドセットはコンテンツが充実したものあってかなり種類が増えてきました。価格も高いのでテキトーに選んで買うと大きな失敗をしてしまいます。

VRコンテンツを100%楽しむためにもVRヘッドセットを選ぶ時は次の3つを注意して選びましょう。

VRヘッドセットのタイプで選ぶ

タイプ 特徴
独立型ヘッドセット
  • 接続機器が不要
  • 専用コンテンツが利用可能
  • どこでもVRが楽しめる
ハイエンドVR
  • PCに接続して使う
  • OSによって対応機種が異なる
  • PCが接続できる範囲で楽しめる
スマホVR
  • スマホに接続して使う
  • スマホの機種によって対応機種が異なる
  • スマホを接続すればどこでも楽しめる

VRヘッドセットを選ぶ時はVRヘッドセットのタイプから選びましょう。

VRヘッドセットは大きく分けると3つのタイプがあります。タイプによって必要な機材や利用できるコンテンツが変わってきます。

例えばPCコンテンツをVRで楽しむのであればハイエンドVRを買わないといけません。またスマホのVRコンテンツを体験するのならスマホVRを買わないといけません。

VRヘッドセットの種類と特徴については上の表にまとめています。どこでVRを楽しむか?によってもお勧めの種類が変わるので参考にしてください。

atsushi
VRヘッドセットによって遊べるコンテンツも変わってきます。特に独立型ヘッドセットは各メーカーによってコンテンツが違うため体験したいコンテンツにあわせてVRヘッドセットのタイプを選ぶようにしましょう。

トラッキング機能のある・なしで選ぶ

VRヘッドセットを選ぶならトラッキング機能があるか?ないか?はチェックしましょう。

トラッキング機能とはVRヘッドセットをつけた状態で動いたら画面も一緒に動く機能を言います。例えばVRに映し出されている人に近づこうと動くと、まるで本当に近づいたかのように見えます。

特にライブや観光名所をVRヘッドセットを使ってみるのであればトラッキング機能があるものがおすすめです。まるで本当にその場所にいるみたいな臨場感が楽しめます。

反対に映画やドラマなどの映像をVRヘッドセットで見るのでしたらトラッキング機能がなくても問題ありません。

VRヘッドセットでどんなものを見たいか?によってトラッキング機能が必要性が変わってきます。トラッキング機能が必要であれば、トラッキング機能対応のVRヘッドセットを選びましょう。

atsushi
VRヘッドセットを使って遊ぶゲームは、トラッキング機能対応なゲームとそうでないゲームがあります。遊びたいゲームがトラッキング機能に対応しているか?を調べてからVRヘッドセットを選びましょう。

VRヘッドセットの解像度で選ぶ

VRヘッドセットを選ぶ時に解像度を確認しましょう。解像度は「1920×1080」という風に表示されているのでその部分をチェックしてください。

解像度が高いとVRコンテンツがとても綺麗に見えます。

例えば今のテレビ(フルHD)の解像度は「1920×1080」です。テレビより綺麗な画質で楽しみたいのなら「1920×1080」よりも数字の大きいVRヘッドセットを選ばないといけません。

解像度にこだわりを持っていて、より綺麗な画質で楽しみたい…と考えているのであれば、解像度がどのくらいか?を買う前にしっかり確認しておきましょう。

おすすめVRヘッドセット人気ランキングTOP10!

選び方が分かったら自分に合ったVRヘッドセットを選ぶだけです。こちらではおすすめのVRヘッドセットををランキング形式で10個選んでみました。

機能や解像度はもちろん付属品も含めて参考にしてください。

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

Windowsアプリが楽しめる!AcerのWindows Mixed Reality ヘッドセットAH101

ヘッドセット AH101
Acer
参考価格35,000円(税別)
タイプ
ハイエンドVR
トラッキング機能
解像度
2,880×1,440
視野角
95度
本体重量
440g
付属品
  • モーションコントローラー×2
  • 保証書
  • 取扱説明書

ヘッドセット AH101の特徴

WindowsストアにあるVRコンテンツが楽しめるVRヘッドセットです。20,000を超えるコンテンツが楽しめます。

セットアップも接続したPCに「Windows 10 Fall Creators Update」をインストールするだけです。VRを体験するまでの手間はかかりません。

ベストの調整も簡単で自分の頭に合ったサイズにすぐ調整できます。中断する時もバイザー部分を簡単に上げられるので適度に休みながらVR体験を楽しめます。

ヘッドセット AH101の口コミ

口コミを見る

メガネをかけても使えます。
VIVEなどをつけたことがないのでディスプレイ性能差についてはコメントできませんが、充分以上の画質はあると思います。

光はほぼ入ってきません。フレームの厚さにもよりますがメガネをつけても問題ありません。

初めて買うならいいかも…
値段的にも平均的で使いやすさも悪くありません。ただゴーグルは意外と重く1時間くらい装着してると額が痛くなるので気を付けてください。

あとコントローラーが異常に電池食います。それ以外は特に気にならず快適に使えます。

セットアップも簡単でした
oculusやviveなど一通り試しましたがこれが一番いいです。画質もoculusやviveよりよく感じました。

私が買ったヘッドセットの中ではこれが一番良いですね。リアル感もあって楽しいです!!

PCにつながずWi-FiやBluetoothで楽しめる!WWTのヘッドマウントディスプレイ

ヘッドマウントディスプレイ
WWT
参考価格27,000円(税別)
タイプ
ハイエンドVR
トラッキング機能
解像度
1920×1080
視野角
本体重量
550g
付属品
  • USBケーブル
  • アダプター
  • イヤホン
  • 取扱説明書

ヘッドマウントディスプレイの特徴

PCへの接続がケーブルだけでなくBluetoothでも接続できます。そのためケーブルを気にせずVR体験を楽しめます。

レンズも高透過性非球面レンズを使っているため、裸眼でもピント調整すれば綺麗に見えます。メガネをかけてつける必要はありません。

またPCだけでなくテレビにも対応しています。どんな体勢でも臨場感のある画面が楽しめるVRヘッドセットです。

ヘッドマウントディスプレイの口コミ

口コミを見る

あまり酔いにくいかも
思ってた以上に映像が綺麗です。2時間ほど連続で見ていましたが思ったよりも酔いませんでした。

ただ2時間も見ているとさすがに少し酔ったので長時間見るのはご注意を。コードレスなのでゴロゴロしながら見れるのもいいですね。

ケーブルがゴチャゴチャしない
本体に直接保存が出来るのがいいですね。ネットでダウンロードしなくてもいいし、見ている途中で映像が止まったりしないのが良い。

寝転がって見られるでかなり快適に視聴出来ます。 あとはもう少し軽ければ最高。

説明書が不親切
説明書があると安心して購入したが入っていたのは紙1枚だけ。ネットで調べたりして何とか使えましたが機械に弱いと大変かもしれません。

映像はとても綺麗で思わず何度も見てしまいます。

ソニーが出しているVRヘッドセット!3D対応のヘッドマウンドディスプレイ

タイプ
ハイエンドVR
トラッキング機能
解像度
1280×720
視野角
約45度
本体重量
330g
付属品
  • HDMIケーブル
  • ライトシールド
  • 取扱説明書

HMZ-T1の特徴

最大の特徴はHD有機ELパネルが使われている点です。黒を表示する時に発光をゼロにしているため、圧倒的なコントラストを生み出しています。

そのため「動画応答性」がすごく高くなっています。映画やスポーツなどで素早いシーンがあっても残像が残ったりしません。

また映画館でみているような感じを再現するため視野角をあえて45度に設定します。自宅にいながら臨場感のある映像が楽しめるVRヘッドセットです。

HMZ-T1の口コミ

口コミを見る

型は古いけど満足
使用用途は主にでゲームとYouTubeです。750インチ!!って言うほどの大画面ではないけれども、ゲームなどでは没入感があります。

自分だけの空間が出来るので満足しています。

大きなメリットはない
画質は綺麗だけどジャイロセンサーはないため頭を動かしても画面は動きません。

また視野角についても広くないので、極端な言い方をすれば部屋を暗くしてテレビを見るのと変わりません。

満足しました
頭につけると若干重たさは感じるが慣れれば問題ありません。映像はきれいだし3Dも見れるから買ってよかったと思います。

iPhoneでもandroidでも使えるVRヘッドセット!urgodの3DVRゴーグル

3DVRゴーグル
Urgod
参考価格3,000円(税別)
タイプ
スマホVR
トラッキング機能
解像度
装着するスマホによる
視野角
103度
本体重量
約158g
付属品
  • レンズ布
  • スポンジ
  • 取扱説明書

3DVRゴーグルの特徴

35~36インチのスマホであればiPhoneでもandroidでも使える万能型スマホVRです。本体前面にスマホをセットすればVR体験ができます。

しかも価格も3,000円と他のVRヘッドセットに比べてかなり安い!

高画質やトラッキング機能はついていませんが、とりあえずVR体験をしてみたい…というのであればこのVRヘッドセットはおすすめです。

3DVRゴーグルの口コミ

口コミを見る

VR体験用には最適
携帯電話をはめ込んで使うものなのですがVRを体験するには良いと思います。

本体はすごく軽いですが携帯電話をはめ込むとその分重くなります。でも固定ベルトがちゃんとしているから激しく動かなければずれません。

超近眼の方は要注意
私の視力は-8.5ですがここまで視力が悪くなるとVRの画面距離を最短にしても見えません。メガネもかけれないためコンタクトレンズをつけることになります。

製品自体はとても良いです。十分にVRを体験できます。

映画鑑賞に良い
スポンジが柔らかいので顔への密着度がよく長時間使用してもズレません。焦点や目の間隔を別々に調節できるので焦点合わせに慣れれば映画を十分に堪能できます。

ダンボール素材で自作VRヘッドセットが作れる!ニンテンドーラボちょびっと版

ニンテンドーラボちょびっと版
任天堂
参考価格3,300円(税別)
タイプ
ハイエンドVR
トラッキング機能
解像度
1280×720
視野角
本体重量
付属品
  • Nintendo Switchソフト「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」
  • ダンボールシート32枚
  • VRレンズ
  • 再帰性反射材シート
  • スポンジシート2枚

ニンテンドーラボちょびっと版の特徴

Nintendo Switch専用のVRヘッドセットでダンボールを自分で組み立ててヘッドセットを作ります。価格も3,000円なのでお手軽にVR体験ができます。

ダンボールでできているので重さはほとんど感じません。

Nintendo Switchがゲーム機なので映画などの映像コンテンツは多くありません。逆にNintendo Switchを使ったゲームがVRで遊べるのでゲームが好きならおすすめです。

ニンテンドーラボちょびっと版の口コミ

口コミを見る

買ってよかった
子供でも一人で組み立てられるくらい簡単です。ソフトも入っているのでスイッチを買ったばかりの方でも大丈夫です。

家族で楽しめるのでこの値段で遊べるのでおすすめです。

作る面白さがある
「ダンボールにこの値段は…」と思っていましたが実際に遊んでみると、自分で作るのが楽しかったです。ただし作った後の置き場所は困ります(苦笑)

VR入門としてはもってこい
3,000円代でVRを体験できるのは凄いですが、スマホゴーグルのVRより全然臨場感があります。ただ解像度は低いので過度な期待はしないように。

ポジショントラッキングもできる!レノボのスタンドアローン型ヘッドセット!「Mirage Solo」

Mirage Solo
Lenovo
参考価格44,000円(税別)
タイプ
独立型ヘッドセット
トラッキング機能
解像度
2560 x1440
視野角
110度
本体重量
644g
付属品
  • コントローラー
  • 取扱説明書

Mirage Soloの特徴

独立型ヘッドセットですからパソコンやスマホに接続する手間がありません。初期設定だけすればすぐにVRコンテンツを楽しめます。

VRコンテンツはGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応しています。コンテンツ量が豊富なのですぐには飽きません。

YouTube VRやNetFlixをVRで楽しみたいのであればおすすめのVRヘッドセットです。

Mirage Soloの口コミ

口コミを見る

初めてVRヘッドセットを買うならこれ
画質はあまり期待してなかったのですが満足のできる範囲のクオリティでした。没入感もあってまずまずリアルなVR体験ができます。

6Dofに対応したコンテンツはまだまだ少ないのが難点かな?VR入門機としては価格も含めて充分納得できます。

使い勝手は十分
初のスタンドアロン端末として解像度と6DoF含めた反応は良いです。

ただ顔に当たる部分のクッションが交換できないのが不便に感じます。あと固定バンドが畳めないのはマイナスかな?

この価格は安いと思う
重さや使用感は全く問題ないし画像もきれいでした。異世界感を最重要視する自分にとってはこれを買って本当に良かったと思います。

DMMも見れる!Note9にも対応しているVRヘッドセット「Galaxy Gear VR」

Galaxy Gear VR
Galaxy
参考価格17,000円(税別)
タイプ
スマホVR
トラッキング機能
解像度
2960×1440
視野角
101度
本体重量
318g
付属品
  • トップストラップ
  • メインストラップ
  • USB type-C
  • microUSB 端子用デバイスロックボタン
  • コントローラー、
  • リストストラップ
  • コントロラー取り付けバンド
  • 取扱説明書

Galaxy Gear VRの特徴

スマホメーカー「Galaxy」シリーズ専用のVRヘッドセットです。最新機種の「Note9」にも対応しています。

Galaxyに対応しているVRコンテンツは全て選べます。有名動画サイト「DMM」も含めて10,000以上のコンテンツが選べるため品ぞろえは他のVRヘッドセットに負けません。

解像度もGalaxy自体が2960×1440と高画質のため鮮明な映像が楽しめます。Galaxyのスマホをお持ちならばおすすめのVRヘッドセットです。

Galaxy Gear VRの口コミ

口コミを見る

試しに買ってみた
スマホの液晶が優秀なので臨場感がハンパないです!リモコンもあるのでが操作性がしやすいのもいいですね。

メガネをかけて使えない
1時間ほど遊んでいたらメガネの形が合わないのか鼻あての個所が少しアザみたいになりました。

galaxyブランドの専用品だけあってgalaxyを使うなら本商品に勝るものはありません。取付方法も操作性もかゆいところに手が届いて使いやすいです。

かなり快適
最新機能満載で申し分なくいい商品です。強いて言うならイヤホンジャックがあればわざわざ本体に繋がなくて…と思いました。

steam対応の人気VRヘッドセット!HTCのVIVEコンシューマーエディション

タイプ
独立型ヘッドセット
トラッキング機能
解像度
2160×1200
視野角
110度
本体重量
555g
付属品
  • フェースクッション2個
  • ノーズレスト1個
  • ワイヤレスコントローラー2台
  • ベースステーション2台
  • 3-in-1ケーブル
  • リンクボックス
  • イヤホン

VIVEの特徴

現在VRヘッドセットの中でも人気の高いHTCのヘッドセットです。PCソフトウェア「steam」にも対応しているため多くのコンテンツが楽しめます。

最大の特徴は「ルームスケール」というトラッキング機能です。装着者の頭や手の位置を認識して3D空間に反映させるため現実とは違う世界が体験できますよ!

価格は少し高めですが、本格的なVRの世界を楽しみたいのであれば候補の1つに入れましょう。

VIVEの口コミ

口コミを見る

現状最高のVR体験
メジャーなVRは「VIVE」「RIFT」「PSVR」の3つがありますが、最上位に位置するのがVIVEだと思います。現状VIVEが圧勝状態です。

なんといってもルームスケールがいいですね!VR体験が半端ではありません。

面白いけど…
購入して1ヶ月は遊びましたが途中で飽きてしまいました。

ゲームも少ないのもありますがゲームも動画鑑賞も楽しみたいのでそもそもが合っていない気がします。

VIVEの世界は素晴らしい
何より動けるってのが没入感を高めてくれます。振り返ったり、股下を覗いてもちゃんと景色が見えてすごく感動しました。

PS4を使ってゲームや動画が楽しめるVRヘッドセット「PlayStation VR」

PlayStation VR
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格36,000円(税別)
タイプ
ハイエンドVR
トラッキング機能
解像度
1920×1080
視野角
100度
本体重量
600g
付属品
  • PlayStation Camera
  • プロセッサーユニット
  • HDMIケーブル
  • USBケーブル
  • ステレオヘッドホン(イヤーピース一式)
  • 電源コード
  • ACアダプター

PlayStation VRの特徴

人気家庭用ゲーム機「PS4」専用のVRヘッドセットです。

コントローラーはPS4のコントローラーを使うものもあれば専用のコントローラーが必要なものもあります。ゲームコンテンツが豊富なので飽きがきません。

PS4がないと使えませんが、ゲーム好きでPS4を持っているのであればこのVRヘッドセットからVR体験デビューをしてみてはいかがでしょう。

PlayStation VRの口コミ

口コミを見る

購入して良かったです
初めてのVR体験ですがとても綺麗でした。これをきっかけにVR体験にはまってしまいました。とても満足しています。

綺麗だけど耐久性が…
大画面で迫力がすごい!映画を最前列で見てるかのような迫力があるのでVRコンテンツ以外でも使っています。

ただ耐久性はあまり高くないので扱いは慎重に。

腰を抜かすほど驚きました
最初は画面が360度見えるというイメージでしたが、実際は「立体的に」見えました。奥行きも感じられてとても感動しました。

Amazonでも人気の最新VRヘッドセット!Oculus Quest128G

Oculus Quest
Oculus
参考価格64,000円(税別)
タイプ
独立型ヘッドセット
トラッキング機能
解像度
2,880×1,600
視野角
100度
本体重量
571g
付属品
  • Touchコントトーラー2個
  • 電源アダプター
  • メガネスペーサー

Oculus Questの特徴

VRヘッドセットを探す時に必ず候補に挙がるのがOculus Questです。独立型ヘッドセットなのでPCやスマホがなくてもVRコンテンツが楽しめます。

ポジショントラッキングに対応しているので動きがそのまま反映します。しかも「ガーディアンシステム」によって周りにある物や壁にぶつかる心配はありません。

メモリの容量によって価格が違います。自分の予算に合った価格を買いましょう。

Oculus Questの口コミ

口コミを見る

母もやっています
70過ぎですが「ロボットさん上手いねぇ」と言いながら卓球ゲームを楽しんでいます。

ラケットを台の上に置こうとしてコントローラー床に落として「あぁ、あぁ、ごめん」と謝ってたりして面白いです。

VRに酔いにくい
他のVRヘッドセットだとすぐに酔ってしまうのですがこちらはコードがない分自由に頭を動かせて酔いにくいです。

オキュラスクエストはコードレスで自由に動けてルームスケールでゲームができるので位置づれが少ないのも感動しました。

線がないから没入感がすごい
商品自体は最高です!チュートリアルの時点でずっと遊んでしまいそうです。

画質もよくコントローラーが自然に使えられるよう考えられます。にもかかわらずこれ単体だけで遊べるのが場所も選ばずお手軽でビックリです。

VRヘッドセットおすすめの使い方

VRヘッドセットを買ったら早速使ってVRコンテンツを楽しみましょう。VRヘッドセットを使う手順は次の通りです。

VRヘッドセットとPC(スマホ)を接続する

ハイエンドVRやスマホVRの場合、VRヘッドセットをPCやスマホに接続しないとVRコンテンツが使えません。

VRヘッドセットを買ったらまずは端末と接続する設定を行いましょう。ただし独立型ヘッドセットはそもそも接続するものがないのでそのまま使えます。

スマホにVRヘッドセットを接続する場合

スマホVRをスマホと接続する場合、本体前面にスマホをセットするだけです。ちなみにスマホをVRヘッドセットにつけてからも操作できます。

PCにVRヘッドセットを接続する場合

PCにVRヘッドセットを接続する場合は、まずPCに必要なコードを接続します。

コードの接続を間違えたり付け忘れたりするとうまく起動しません。説明書を読みながら慎重に接続しましょう。

VRヘッドセットを頭につけて調整する

接続が終わったら実際にVRヘッドセットを頭につけて調整してください。

特に6DoF対応のコンテンツを楽しむのであればVRヘッドセットが頭を振ったり移動したりした時に落ちないようベストの長さを頭にあわせましょう。

アプリを起動して楽しむ

準備ができたらVRヘッドセットを起動してVRを体験してください。もしピントがきつかったり見にくかったりした時はピント調節をして見やすいピントにあわせましょう。

VRヘッドセットについてのよくあるQ&A

では、最後にVRヘッドセットを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

メガネをかけてVRヘッドセットは使えますか?

メガネをかけていてもVRヘッドセットはつけられます。販売されているVRヘッドセットの多くはメガネをかけていてもつけられるようになっています。

ただしメガネのサイズによってはメガネのフレームがVRヘッドセットにあたったりレンズが傷ついてしまうかもしれません。

メガネをつけてもつけられるVRヘッドセットか?を事前に確認しておきましょう。

老眼でもVRヘッドセットは見れますか?

老眼でもVRヘッドセットでVR体験ができます。メガネをかけてもつけられるVRヘッドセットであれば老眼鏡をかけて楽しめるため問題ありません。

またVRヘッドセットはピント調節ができるため裸眼でつけてピント調節をすれば老眼鏡がなくても楽しめます。

VRヘッドセットはipadも接続できますか?

ipad対応のVRヘッドセットは販売も開発もされていないため、ipadではVRコンテンツは楽しめません。

PCもスマホも持っていないのであれば独立型ヘッドセットを買うと接続不要でVR体験が楽しめるのでおすすめです。

まとめ

今回はおすすめVRヘッドセットをランキング形式で10個紹介しました。

VRコンテンツは接続方法や楽しみたいコンテンツによって選び方が変わります。安いVRヘッドセットもありますが、安さだけで選ぶと全く使えないかもしれません。

接続方法はもちろん画質や視野角などVRヘッドセットの性能面についても調べてあります。自分の楽しみ方にマッチしているVRヘッドをぜひ見つけて下さい。

おすすめのVRヘッドセットTOP3をもう一度チェックする!

関連記事 RELATED POSTS