お得に実印を作りたい!値段や時間の相場やおすすめ実印作成サイトTOP3!

早速ですが、実印について詳しく知っていますか?

私がそうでしたが、実印を作ろうと考えたとき、次のような疑問がでてきました。

実印が必要になる様々な例
  • 実印の作り方(彫り方)に種類はあるの?
  • 実印に適した書体ってあるの?
  • 実印で人気の印材は何?
  • 実印のサイズは?男女でも違いがあるの?
  • 実印作成におすすめのネット通販はどこ?
  • 実印作成に必要な「値段」や「時間」の相場は?

など、探せば探すほど色々と考えてしまいますよね?

そこで今回は!!

お得に実印を作成するために、上記の疑問を解消しながら徹底的に紹介していきます♪

この記事を書いた人
SUN
社会人ともなれば、毎年「年賀状」を送ったり「ハンコ」を使う機会が増えますよね?年賀状を書く上でのマナーや、おすすめの印刷方法、オシャレな年賀状素材など、実はめっちゃ奥が深いんです♪ハンコにもマナーや種類がいっぱいあることが、色々と調べていくうちにわかりました。今更聞けない大人の常識?について徹底的に調べた私が「痒いところに手が届く!」そんな情報をお届けします♪

そもそも実印と呼ばれる印鑑とは?

まずは、実印と呼ばれる印鑑について紹介します。

そもそも実印とは、役所など印鑑登録する事で個人を証明する印鑑になる大切なものです。

実印が必要になる様々な例
  • 車の購入
  • 会社の設立
  • ローンの契約
  • 遺産相続
  • 保険加入
  • 不動産の取引

これが全てではないですが、上記のように様々な重要な場面で効力を発揮するのが実印です。

例えば、書類に実印を押すと「本人が書類内容を確認したよ〜」という証明になります。

ですので、一生に渡って必要になってくる印鑑なんです!

そのため、購入するときは慎重になってしまうものですよね?

次からは、実印購入に対しての「正しい知識」と失敗しない「作り方」をしっかり紹介します♪

実印を作る前に知っておきたい!値段や作成時間の相場を紹介!

実印購入の値段相場
約3,000円~15,000円
作成にかかる平均時間 
翌日〜1週間

まずは、実印を作るための細かな知識の前に、「値段」や「作成時間」の相場を紹介します!

やっぱり、ここが結構重要だったりしますよね?笑

上記のように、平均的な値段と時間の相場には結構幅があります。

その理由は、作成時の「印材」や「彫り方」などによって大きく変わるためなんです。

SUN
どうせ実印って名前がついてる印鑑なら、安いのでいいんじゃないの?

このように思う方もいるかもしれませんが、あまりオススメできる考え方ではないので注意してください!

冒頭でも話したように、実印は社会において個人を証明するための重要な印鑑です。

何の知識もなく安易に安い実印を購入すると、印材の劣化が早く「彫り直し」や「買い替え」などが発生し、結局は総額が高くなる可能性があります。

また、役所での印鑑登録なども役所によっては登録できない場合も出てきてしまいます。

ですので実印を作るには、ちゃんとした知識を知る必要があるんです♪

次からは、実印の失敗しない作り方を一つ一つ「ポイント別」で紹介していきます♪

おすすめの実印の作り方を5つのポイント別に紹介!

  • 当サイトの編集部による独自の基準にてランキング化しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が総合的に判断したものとなっています。

おすすめの実印の作り方①:「サイズ」を決める

男性と女性のおすすめサイズ
  • 男性の場合:15.0mm~18.0mm
  • 女性の場合:13.5mm~15.0mm

おすすめの実印サイズは、男性と女性によって違います。

印鑑販売サイトによって、おすすめサイズに若干の差はありますが、上記のサイズ間で紹介しています。

また、銀行印は実印より小さいサイズで作るのが一般的ですので、それも考慮してサイズを選びといいでしょう♪

個人的にですが、男性は、「16.5mmか18.0mm」の印鑑を、女性は「13.5mmか15.0mm」の印鑑がオススメですよ♪

おすすめの実印の作り方②:「書体」を決める

印相体篆書体古印体隷書体行書体楷書体

一般的な書体としては上記の6種類があります。

その中でも「印相体(いんそう体)」「篆書体(てんしょ体)」「古印体(こいん体)」で作成される方が多いようです。

ほとんどの印鑑販売サイトでも、5~6種類の中からこの3つの書体がオススメにあげられています。

しかし、これ以外の書体でも作成できるので、購入先が扱っている書体の中からお気に入りの書体を選んで問題ないでしょう♪

おすすめの実印の作り方③:「印材」を決める

印材価格相場特徴オススメ度

木質系
2,000円〜7,000円程度
  • 価格が安い
  • 王道の印材
  • 劣化しやすい
  • 朱肉が染み込み過ぎる
3.0

角・牙系
4,000円~60,000円程度
  • 高い耐久性
  • 高級感
  • 乾燥・日光に弱い
  • 象牙などは取り扱いが少ない
4.0

貴石・水晶系
7,000円〜100,000円程度
  • 高級感
  • 高い希少価値
  • 価格が高い
  • 耐久性は低め
2.0

金属系
7,500円~20,000円程度
  • 水洗いでき、手入れが楽
  • 最も耐久性が高い
  • 他の印材よりかなり重い
  • 手彫り印鑑を作れない
5.0

印材ですが、上記の「木質系」「角・牙系」「貴石系」「金属系」が主流になります。

この他にも、樹脂系やセラミック系など現在では印材の種類は多く存在します。

その中でも、実印を作成するのであれば、黒水牛などの「角・牙系」やチタンなどの「金属系」をオススメします!

なぜこの2つがオススメかというと、耐久性が高く捺印時の印影が鮮明だからです♪

また、実際に購入した私の感想では、錆びないので水洗いOKなうえ、劣化の心配もない「チタン印鑑」が最もオススメします!

実印は一生使い続ける印鑑ですので、安さよりも品質で印材を選ぶといいでしょう♪

おすすめの実印の作り方④:「彫り方」を決める

ここでは、実印のおすすめの「彫り方」について紹介します♪

彫り方には、3つの方法があり、彫る内容も選ぶことができます。

完全手彫り・手仕上げ・機械彫り

実印の彫り方の違い
  1. 完全手彫り:全ての工程を手作業で行う
  2. 手仕上げ(手彫り仕上げ):粗彫りまでを機械で行い、仕上げ作業を手作業で行う
  3. 機械彫り:手作業ではなく機械で彫る。

上記のように、印鑑の彫り方は大きく分けて3つあります。

「機械彫り」ですが、必ずしも機械のみで行うわけではないんです!

人気の印鑑販売サイトでは、機械彫りですが最終調整は人の手で行っていることがほとんどです。

ですので、機械彫りといっても、手作業が発生しているので同じ印鑑が作られることはないんです。

価格については、手作業で彫る工程が多ければその分高くなると行ったイメージです♪

個人的におすすめな彫り方は、価格もそこまで上がらず、粗彫り以降の工程が手作業で印鑑の偽造リスクを減らせる手仕上げの印鑑です。

もし、実印に対して価格は二の次であれば、完全手彫り印鑑の方がおすすめできます!

ただし、印鑑通販サイトによっては、完全手彫り印鑑を取り扱っていないので注意してくださいね♪

逆に、おすすめできない彫り方は「手仕上げを行っていない機械彫り」です。

「機械彫り」は量産を目的としているので、似ている印面が作られるので偽造のリスクも高まる為です。

実印を作る際はまず自分が作りたい彫り方を取り扱っているのか印鑑サイトで確認しましょう!

印面をフルネーム・苗字のみ・名前のみかを決める

フルネーム苗字のみ名前のみ

実印の印面に彫る名前を決めましょう♪

一般的には、男性の場合はフルネームがおすすめとされています♪

苗字だけでも、実印は作成可能ですが「一家を背負ってたつ」という意味もあるのでフルネームで作成した方が良いとされています。

女性の場合、結婚を期に名字が変わることも考えられるので名前のみでの実印作成がオススメです。

ただし、女性の場合でも起業されている方や役職によって、社会的立場などを考慮される場合はフルネームで作成していいでしょう♪

おすすめの実印の作り方⑤:「印鑑通販サイト」を決める

実印を選ぶ時に何を基準に選ぶかでおすすめのサイトは変わってくると思います。

例えば「安さ」だけで選ぶと、すぐに印鑑がダメになったり、安っぽい印鑑になってしまう可能性がありますよね?

実印は、一生を通して個人を証明する大切な印鑑ですので、品質も重視することも重要です。

編集部が調査して感じたのは「価格」と「品質」のバランスがいい通販サイトがおすすめです!

ただし、

「急ぎで欲しい!」
「とにかく安く実印を購入したい!」

と言うように、人によって実印の購入で重要視するポイントは様々です。

ですので、自分の目的に一番合っている印鑑通販サイトを選ぶと良いでしょう♪

どこで実印を購入するか迷っている場合は、下記リンクの記事で詳しく紹介しているので確認して参考にしてください♪

実印作成ならココ!印鑑通販サイトおすすめTOP3!

実印の材質・安さ・配送速度などの総合力で選んだ印鑑通販おすすめランキングを紹介していきます♪

それでは早速TOP3を見ていきましょう♪

はんこプレミアム

個人印鑑(実印)最安値2,180円(税込)
商品の価格 5.0
印材の種類 5.0
印材の品質 5.0
納期翌日~7営業日
配送方法ヤマト運輸(宅急便・ネコポス)
配送料540円(5,400円以上送料無料)
支払方法
  • 代金引換
  • クレジットカード決済(JCB・MasterCard・アメリカン・エキスプレス・VISA)
  • 銀行振込(三井住友銀行・ゆうちょ銀行)
  • Amazon Pay(Amazonアカウントをお持ちの方のみ)
  • コンビニ決済
サービス
  • 無料印影プレビュー
  • 10年保証付き(対象商品のみ)
  • 5,400円以上送料無料
  • 平日14時までの注文で特急出荷(+300~800円)
  • 毎日数量限定の最大45%OFFキャンペーン実施中

今回比較した印鑑通販サイトの中で、最もオススメなのは「はんこプレミアム」です。

はんこプレミアムは、印鑑の価格と品質のバランスがとても良い通販サイトです。

また、サービス内容も他社と比較して分かる通り、悪いわけではあません。

価格に関しては、他社と比べてもかなり安い価格設定です。

品質面でも、低価格なのにすごく高品質です!!

SUN
なんで低価格なのに高品質な印鑑が販売できるの?

その秘密は、自社工場で製造した素材(印材)を、在籍している職人が彫ることで費用を大幅カットしています。

それに加えて、テレビやラジオなどの宣伝を一切していません。

そのため、広告費にお金をかけないことで、他社より半分以下の価格で同品質の印鑑を販売できているんです。

実際に購入した私の感想も、価格以上の高品質だなと感じました♪

はんこプレミアムは、最も総合的にみても質がいい印鑑販売サイトだと感じたのでオススメできます♪

いいはんこやどっとこむ

個人印鑑(実印)最安値1,780円(税込)
商品の価格 5.0
印材の種類 3.0
印材の品質 4.0
納期翌日~5営業日
配送方法ヤマト運輸・日本郵政
配送料540円(5,000円以上送料無料)
支払方法
  • 代金引換
  • クレジットカード決済(VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・DCなど)
  • 銀行振込(ジャパンネットバンク銀行・ゆうちょ銀行)
サービス
  • 無料印影プレビュー
  • 10年保証付き(対象商品のみ)
  • 5,000円以上送料無料
  • 3ヶ月間無料彫り直し
  • 平日13時までの注文で即日出荷
  • 店頭販売価格の最大78%OFF!ビックリ価格キャンペーン実施中

ランキング2位で紹介するのは「いいはんこやどっとこむ」です。

価格は業界屈指の安さで、元卸問屋ならではの最大で店頭販売価格の78%OFFで印鑑を購入できる通販サイトです。

また、低価格でありながらも職人が1本1本仕上げるので品質も高いです♪

それに加えて「3ヶ月無料彫り直し」サービスがついていて、ご購入後3ヶ月以内であれば、無条件で何度でも彫り直しが可能なサービスです。

もし、法人名が変わってしまった場合も無料対応してくれます♪

納品までの期間も、13時までの注文で最短20時間で届くので急いでいる場合も助かります。

2位の理由は、実際に購入した私の感想で「はんこプレミアム」と比べた場合、品質的に少し劣っていると感じたからです。

しかし、劣っていると言っても充分なクオリティーを持っています。

上記のように、急いで印鑑が必要な場合や、安くて品質の良い印鑑が最安値で購入できる「いいはんこやどっとこむ」はオススメできます♪

印鑑本舗

個人印鑑(実印)最安値1,780円(税込)
商品の価格 5.0
印材の種類 3.5
印材の品質 3.5
納期翌日~5営業日
配送方法ヤマト運輸・佐川急便
配送料500円(5,000円以上送料無料)
支払方法
  • 代金引換
  • クレジットカード決済(VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress)
  • 銀行振込(ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行)
  • コンビニ決済
サービス
  • 無料印影プレビュー
  • 10年保証付き(対象商品のみ)
  • 3,500円以上送料無料
  • 3ヶ月間無料彫り直し
  • 平日13時までの注文で即日出荷

印鑑本舗は、業界屈指の低価格で印鑑(実印)の作成が可能で、即日出荷に強い2点でしょう。

価格的には、いいはんこやどっとこむと同じ価格から実印を作成できます!

即日出荷は注文日の16時まで対応しており、こちらも業界最長となっています。

送料では、他社が5,000円以上でないと無料にならないのに対し、印鑑本舗は3,500円以上で送料が無料になる強みもあります。

しかし、品質面では上記2社より低いように感じます。

また、実際に購入した感想ですが、他社の大手印鑑販売サイトの多くが「御礼状」や「取扱説明書」が同梱されていますが、印鑑本舗には付いておらず、簡易的なモノでした。

何度も言いますが、印鑑(実印)は大切なモノですし正しく使用・保管をしないと劣化するのも早いので、少し不親切と感じるかもしれません。

これらの理由で3位になりましたが、印鑑の「印影」はすごく鮮明ですし、価格と出荷スピードは業界NO.1ですので充分オススメできる印鑑通販サイトです♪

実印作成に関するQ&A

男性と違う!?女性におすすめの実印の作り方はありますか?

女性におすすめの実印の作り方
  • 印鑑の「サイズ」:男性より小さめの13.5mm~16mm
  • 印鑑の「印材」:貴石・水晶系などお洒落な印材もおすすめ!
  • 印鑑の「表記」:名前のみがおすすめ!

女性の場合、男性よりもひと回り小さいサイズで実印を作ることが一般的のようです!

印面は、結婚などで苗字が変わった場合などを考えて、名前のみで作るのがおすすめですね♪

印材に関しては、女性に似合う水晶系・貴石系などのオシャレな印材も人気があるようです。

個人用と会社用の実印の違いって何なの?

実印の種類
実印の用途
印面の内容
登録場所
個人用
  • 車の購入
  • 会社の設立
  • ローンの契約
  • 遺産相続
  • 保険加入
  • 不動産の取引など
  • フルネーム
  • 苗字のみ
  • 名前のみ
各市町村の役所
会社用
  • 会社の設立時
  • 契約時など
会社名+役職名
法務局

個人実印は、個人を証明する為に役所へ印鑑登録した印鑑の事です。

会社実印は、会社の設立や仕事上での契約などに使用される、法務局で印鑑登録した印鑑です。

同じ「実印」という名前ですが、内容も作り方も異なるため、併用はすることができない印鑑になっています!

自作の実印でも印鑑登録できるの?

自作の実印でも可能ですが注意が必要です!

  • 印材:硬質で変形しないモノ(ゴム印などは不可)
  • サイズ:8mmの正方形に収まらない、25mmの正方形に収まるモノ
  • 文字:文字が鮮明であるモノ

大きく分けて上記の条件をクリアしていないと、印鑑登録はできません。

また、各市町村によって規定が違うので、作成前に必ず問い合わせましょう!

実印作成でおすすめの作り方まとめ!

実印作成でおすすめの作り方まとめ!
  1. 実印を作る前に値段や作成時間の相場をしっかり確認する
  2. 何の知識もなく実印を作るのは危険!しっかり5つのポイントを理解して購入する
  3. 大切な印鑑だからこそ「価格」と「品質」のバランスの取れた印鑑販売サイトがおすすめ

実印は、個人を証明するためのとても重要な印鑑の一つです。

ですので、今回紹介した5つの作り方のポイントをしっかり理解した上で実印を作成しましょう♪

何の知識もなく実印を作成してしまうのはとても危険です!

各市町村によっては、印鑑登録ができなかったり、すぐにダメになりやすい実印であれば買い替える可能性もあるからです。

また、数ある印鑑通販サイトから選ぶポイントは「価格」と「品質」の2つが最も重要です。

今回紹介したランキングTOP3であれば、どこも実績のある印鑑通販サイトです。

ですので、欲しい印材がある、急ぎで必要などあなたに合った条件で選んでも問題ないでしょう。

ぜひ、あなたの実印作成の参考にしてみてくださいね♪

実印作成のおすすめ印鑑通販サイトTOP3をもう一度チェックする!

関連記事 RELATED POSTS