国産の高級プレミアムドッグフードの選び方3つとおすすめランキング

人間の食べ物と同じように、ドッグフードも国産の方が安心と思っている方がいますが、実は品質的に不安な国産フードも多いんです。

ホームセンターやドラッグストアで売っている低価格の国産フードは、香料や着色料・防腐剤などの添加物を使用したり、食材の品質も不安なものが多いです。

値段が高いフードになると食材の品質も安心でき、添加物も使っていないものが増えます。ですが、高いフードを選べば良い国産フードを買える訳ではありません。

ここでは、国産の高級プレミアムドッグフードを選ぶ3つのポイントと、おすすめ商品をランキングでご紹介します。

\先におすすめを知りたい人はクリック!/

国産の高級ドッグフードランキング

この記事を書いた人
nonaka
我が家の愛犬も14歳となりました。これまで涙やけや軟便・尿路結石など、色々なトラブルの度にドッグフードを変えてきました。現在も愛犬が少しでも健康で長生きできるよう、海外の論文などにも目を通すドッグフードオタクです。ドッグフードに関する情報発信や、年齢やライフスタイルに合わせたドッグフードをご紹介します!

国産の高級プレミアムドッグフードを選ぶ時に大切な3つのポイント

国産の高級プレミアムドッグフード選びで大切な3大ポイント

「国産」・「高級」・「プレミアム」などと書かれたドッグフードを選ぶ時は、上記3つのポイントを意識しましょう。国産で高級・プレミアムと書かれているだけでは、本当に良いフードか見分けるのは困難です。その理由について詳しくご紹介していきます。

穀物よりもお肉やお魚の使用量が多いものを選ぶ


犬は穀物も食べられますし、消化・吸収できます。なので、穀物に対してアレルギーが無ければグレインフリー(穀物不使用)を選ぶ必要はありません。

ただ、犬にとってはお肉やお魚の方が消化し易いのも事実です。なので、お肉の使用量が多いフードを選んであげましょう。目安としてはお肉やお魚を50%以上使っているものが良いですね。

原材料は使用量の多いものから順番に書く決まりになっているので、原材料欄に書かれている順番から、ある程度はお肉・お魚の使用量は予想がつきます。

とは言え、原材料欄からはどの食材を沢山使っているかということしか分かりません。なので、使用量を表示してているメーカーで、お肉・お魚を50%以上使ったフードを探しましょう。

食材の産地がわかるものを選ぶ


輸入した食材を使用してもドッグフードの原産国には「国産」と書くことができます。例えば、食品衛生で問題となっている国で加工された食材が使われる可能性もある訳です。

国産にこだわるなら、品質や安全性にはこだわりたいですよね。なので、食材の産地も明記しているメーカーを選ぶと良いでしょう。

魚や野菜などは季節によって産地が変わることもあります。この辺りも明記されているとより安心して食べさせられますね。

総合栄養食を選ぶ


総合栄養食とは犬が健康を維持する為に必要最低限の栄養基準を満たしたフードのことを言います。つまり、総合栄養食でないフードは何かしら健康を維持する為に必要な栄養が不足する可能性があるということになります。

栄養素は30種類以上あり、下限や上限の他、栄養素同士の比率が決まっているものもあります。愛犬の健康を維持する為にも総合栄養食と書かれているフードをオススメします。

国産のおすすめ高級プレミアムドッグフードを評判の良い20種類から比較

割合表示 産地表示 総合栄養食
ナチュロル 55%
レガリエ 60.3%
ZEN 60%
プリモ 50%
ヤムヤムヤム 30%
ヴィジョンズ
UMAKA
このこのごはん
ドクターケアワン
ドットわん
馬肉自然づくり
ビオナチュール
LIVE DOG
わんこのきちんとごはん
TASHIKA 60%
イートイート
gowan 50%
アイディッシュ
みらいのドッグフード
長寿サポート

国産の高級プレミアムドッグフードの中でも、人気の高い20種類を「肉・魚の使用量」、「材料の産地表記」、「総合栄養食」の3つのポイントで比較しました。

ホームセンターやドラッグストアの安い国産フードは、食材の品質や添加物の不安もあるので比較対象から外しました。

お肉やお魚の使用量を公表しているメーカーはほとんどありませんね。もしかしたらほとんどが50%以上穀物を使ったフードかもしれません。

また、総合栄養食ではないフードが多いのも分かります。ここから先は、比較結果を元に国産の高級プレミアムドッグフードのおすすめランキングをまとめました。

産地表示の評価基準を知りたい方はこちらをタップ
「◎」は全ての食材に産地表記があり、国産材料を使用
「〇」は全てに産地表記があり、輸入食材も使用
「△」は一部の食材にのみ産地表記あり
「×」は産地表記なし
※ビタミン、ミネラルを除く食材の産地

国産の高級プレミアムドッグフードの人気おすすめランキング

ランキングの選考基準

ランキングは先の比較表を元にしています。値段やカロリーも情報として記載していますが、ランキングの選考には考慮していません。

レガリエドッグフード

項目 詳細 評価
肉・魚の使用量 60.3%
産地表示 輸入もあるが全ての食材産地を明記
総合栄養食 全犬種・全年齢対応
通常価格(税別) 5,480円/1.7㎏
100g辺りの単価(税別)※ 322~251円
お試し価格 500円/160g
おすすめ度 5.0

※、通常価格と割引を使った最安値

レガリエドッグフードの特徴

レガリエドッグフードは国産の高級プレミアムドッグフードで最もオススメです。動物性食材を全体の60.3%使用し、食材は人間も食べられる高品質なものを使用しています。

輸入食材も含みますが、全ての食材の産地を公開しているのも安心できます。全年齢に対応した総合栄養食なので、栄養不足の心配もありません。

グレインフリー(穀物不使用)なので、穀物にアレルギーがある子も食べられます。今なら160gのお試し価格もあるので、食いつきのチェックもできるのが嬉しいですね。

レガリエの公式サイトを見る

ZEN

出典:https://www.zenpetfoods.com/

項目 詳細 評価
肉・魚の使用量 60%以上
産地表示 輸入もあるが全ての食材産地を明記
総合栄養食 全犬種・全年齢対応
通常価格(税別)※1 2,710円/700g
14,710円/4kg
28,490円/8kg
100g辺りの単価(税別)※2 387~356円
お試し価格 なし
おすすめ度 4.8

※1、フィッシュの価格
※2、通常価格と割引を使った最安値

ZENドッグフードの特徴

ZENのドッグフードは国産で高級プレミアムドッグフードを探している方に2番目にオススメです。動物性食材の割合は60%以上(シニア用は50%以上)使用し、もちろん人間も食べられる高品質食材を使っています。

輸入食材も使っていますが、全ての産地を明記しています。シニア用やフィッシュ・猪・鹿など味も3種類あり、アレルギー対策にもオススメです。

お試し価格はありませんが、700gから購入できます。やや割高ではありますが、試してみてはどうでしょうか。

ZENの公式サイトを見る

ナチュロルドッグフード

項目 詳細 評価
肉・魚の使用量 55%以上
産地表示 大部分の産地を公開
総合栄養食 全犬種・全年齢対応
通常価格(税別) 3,000円/850g
100g辺りの単価(税別)※ 352~247円
お試し価格 100円/30g
おすすめ度 4.5

※、通常価格と割引を使った最安値

ナチュロルドッグフードの特徴

ナチュロルドッグフードは、国産の高級プレミアムドッグフードで3番目にオススメです。動物性食材の割合は55%以上で、人間も食べられる高品質食材を使っています。

産地は大部分を公開していますが、一部未公開の食材があります。全犬種・全年齢に対応した総合栄養食なので、栄養不足の心配もいりません。

30gと少量ですが、100円でお試しできるので食いつきチェックに試してみてはどうでしょうか。(定期コースの申込が条件なので、食べなかった場合の解約をお忘れなく!)

PRIMO(プリモ)

出典:http://www.primofood.jp/

項目 詳細 評価
肉・魚の使用量 50%以上
産地表示 メイン食材の産地を明記
総合栄養食 全犬種・全年齢対応
通常価格(税別) 880円/500g
1,657円/1㎏
4,491円/3㎏
8,546円/3㎏×2
100g辺りの単価(税別)※ 176~142円
お試し価格 なし
おすすめ度 4.3

※、通常価格と割引を使った最安値

プリモドッグフードの特徴

プリモのドッグフードは国産の高級プレミアムドッグフードで4番目にオススメです。全体の50%以上に動物性食材を使用しています。

産地はメインとなる牛肉と鶏肉(それぞれ国産)・馬肉(南米)のみ公開しています。全年齢に対応した総合栄養食で、シニア用もあります。

お試し価格はありませんが、500gから購入が可能です。ランキングの中で最もコスパが良いフードです。
プリモの公式サイトを見る

ヤムヤムヤム

項目 詳細 評価
肉・魚の使用量 30%以上
産地表示 一部の産地を明記
総合栄養食 全犬種・全年齢対応
通常価格(税別) 1,579円/500g※1
100g辺りの単価(税別)※2 315~252円
お試し価格 1,980円/500g+400g
おすすめ度 4.0

※1、チキン ドライタイプ
※2、通常価格と割引を使った最安値

ヤムヤムヤム ドッグフードの特徴

ヤムヤムヤムは国産の高級プレミアムドッグフードで5番目にオススメです。動物性食材の割合はチキンのみ公表していて、30%以上。もちろん人間も食べられる高品質食材を使っています。

産地は一部の産地を公表しています。総合栄養食の基準もクリアしています。ヤムヤムヤムは通常のドライフードの他に、「やわらかドライ」というしっとりタイプのフードもあります。

また、味もチキン・かつお・馬肉など種類があるので、偏食気味な子やローテーションしてあげたい子にもオススメです。

ヤムヤムヤムの公式サイトを見る

国産の高級プレミアムドッグフードならレガリエドッグフードがおすすめな理由

  • 動物性食材を60.3%使用
  • 輸入食材もあるが産地を全て公開して安心
  • 総合栄養食なので栄養不足も心配なし
  • お試し価格があり食いつきをチェックし易い
  • グレインフリーで穀物にアレルギーがある子も安心
  • 食材は人間も食べられる高品質食材を使用
  • 着色料や香料などの添加物は不使用

レガリエドッグフードは国産の高級プレミアムドッグフードの中で最もオススメです。国産でヒューマングレードの食材を使っているので正直値段は高いです。

ただ、ビタミンやミネラル以外の全ての食材の産地を公開し、香料や着色料などの添加物も不使用です。総合栄養食なので栄養面でも安心してあげられます。

160gと少ないんですが、500円のお試し価格もあります。(定期コースの申込が条件なので、食いつきが悪ければキャンセルしましょう。)

お試しサイズなどは、送料などでメーカーにとって儲けがありません。いつまで続くか分からないので、レガリエが気になる方は早めにお試ししておきましょう。

セミモイスト(半生)で国産の高級プレミアムドッグフードのおすすめはない?

ヤムヤムヤム
チキン
やわらかドライタイプ
サクラペットフード
半生タイプ
DHC 愛犬用フード
チキンアダルト
メイン食材 鶏肉(30%) 生チキン、ビーフ(不明) 鶏肉、鶏胸肉、鶏レバー(不明)
通常価格(税別)/容量 348円/80g
1,716円/400g(80g×5)
3,058円/400g×2
3,169円/800g(80g×10)
5,646円/800g×2
1,357円/800g 2,100円/700g
穀物 大麦、玄米 米、小麦、大麦、おから、ふすま 大豆、小麦
100gあたりの単価※ 352~247円 169円 300円
カロリー/100g 280㎉ 250㎉ 303㎉
粗たんぱく質 18% 12.5% 18.1%
脂質 9.5% 3.3% 9.0%
水分 28% 35% 27%
総合結果 4.5 4.3 4.0

※、通常価格と割引を最大限使用した場合の100g単価

BIGLOBEレビューが知る限り、セミモイスト(半生)タイプの国産高級プレミアムドッグフードは上記3種類だけです。スーパーやホームセンターで売ってる低価格フードは比較対象にしていません。

どのフードも香料・着色料・保存料などは不使用です。お肉の使用量を公表しているのはヤムヤムヤムだけです。サクラペットフードやDHCも多そうなので公表してい欲しいですね。

どのフードも穀物を使用していますが、ヤムヤムヤムは穀物の中でもアレルギーを起こし易い小麦不使用です。また、ヤムヤムヤムに使われるお肉や野菜は人間も食べられる高品質食材を使用しています。

サクラペットフードは100gあたり169円と圧倒的にコスパが良いですね。しかも、定期購入とまとめ買いでさらに安くなります。ただ、総合栄養食ではありますが全体的に栄養価がが低めなのが気になりました。

DHCも定期購入などで割引がありますが、成犬用としてはややカロリーが高めなのが気になりました。また、生肉を使っているとは書かれていますが、食材の品質についてもう少し詳しい説明があるとより良いですね。

ウェット(缶詰・レトルト)で国産の高級プレミアムドッグフードのおすすめは2社だけ

ナチュラルハーベスト
パテ ド ベニソン
デビフ
鶏肉&野菜
メイン食材 鹿 鶏肉
参考価格(税別)/容量 360円/70g 183円/150g
食材の産地 全て日本 一部輸入も含む
穀物 なし なし
対象年齢 成犬用 オールステージ
カロリー/100g 130㎉ 105㎉
粗たんぱく質 12.5% 10.0%
脂質 6.0% 5.5%
水分 72.5% 83.0%
総合結果 4.5 4.3

結論から言うと、国産の缶詰やレトルトパウチタイプのウェットフードで、BIGLOBEレビューとしてオススメできるのはナチュラルハーベストかデビフだけです。というのも、国産のウェットフードで総合栄養食であることが確認できたのはこの2社しかありません。

全てのウェットフードを確認した訳ではありませんが、「海外生産の総合栄養食」か「国産の一般食(総合栄養食のトッピングに使う)」がほとんどでした。

その為、ほとんどの国産ウェットフードはドライフードの総合栄養食にトッピングという形でした使えません。国産のウェットフードだけで十分な栄養を満たせるのはこの2社だけです。

国産のウェットフードをあげている方は、一度パッケージに「総合栄養食」と書かれているかチェックしておきましょう。一般食は「総合栄養食と一緒にあげて下さい」などと書かれていて、栄養が偏ったり不足する可能性があります。

デビフはウェットフードの種類が豊富で、全てのフードが総合栄養食な訳ではないので注意して下さい。ナチュラルハーベストのパテ ド ベニソンは成犬用の総合栄養食です。子犬には適さないので、子犬も食べられるシンプレックスなどを選んであげて下さい。

ただ、ナチュラルハーベストは人間も食べられる高品質食材を使っているので、品質面でも安心してあげられます。デビフは公式通販サイトなどが無いので、ホームセンターや通販での購入となります。ナチュラルハーベストの公式サイトは下のボタンからどうぞ。

ナチュラルハーベストの公式サイトを見る

国産でグレインフリー(穀物不使用)の高級プレミアムドッグフードってある?


国産で穀物を使わないグレインフリーのドッグフードは、現時点ではランキング上位のレガリエ・ZEN・ナチュロルしか確認できていません。今後、国産のグレインフリーフードでオススメできそうな商品が出てきたら更新したいと思います。

国産で無添加の高級プレミアムドッグフードってある?


このページで比較した20種類については、着色料や香料、化学合成した酸化防止剤は不使用です。動物性油脂や乾燥肉(〇〇ミール)に添加物が使われていても、ドッグフードの製造時に添加物を加えていなければ無添加と書けます。

また、総合栄養食の基準を満たす為に加えるビタミンやミネラルも添加物です。その為、公式サイトなどで「添加物を使いたくないので、敢えて総合栄養食にしていない」などと書かれていれば、少なくともビタミンやミネラルは無添加なのが分かります。

ただ、総合栄養食ではないということは、健康の為に最低限必要な栄養を満たしていないということです。健康に直結する内容なので、BIGLOBEレビューとしてはオススメできませんね。

ただ、一般的に問題視される着色料・香料・化学合成した酸化防止剤であれば、比較した20種類の国産フードはどれも不使用なので安心して下さい。

国産の高級プレミアムドッグフードに変えれば涙やけは治る?


良くなる可能性はありますが、ドッグフードを変えただけで良くなることは少ないですね。涙やけには色々な原因があります。例えば、逆さまつ毛だったり目が大きい犬種的な要因(チワワやパグ)などですね。

また、毛の色が薄い子は涙やけが目立つだけで、黒毛の子が涙やけを起こしていない訳ではありません。人間も目やにが出るように、目元をキレイに保つ為には小まめに拭いてあげるなど、飼い主側のケアも欠かせません。

ドッグフードに涙やけの改善を期待するなら、着色料や香料などの添加物を使用せず、高品質な人間用食材を使ったフードを色々と試してみるのが良いでしょう。少なくとも、1㎏千円にも満たない激安フードよりは、期待ができるはずです。

国産の高級プレミアムドッグフードまとめ

国産の高級プレミアムドッグフードまとめ
  • お肉やお魚の使用量が多いフードを選ぶ
  • 使われている食材の産地もチェックする
  • 健康の為にも総合栄養食を選ぶ
  • 国産の高級プレミアムドッグフード(ドライ)ならレガリエがオススメ
  • セミモイストならヤムヤムヤムがオススメ
  • ウェットならデビフかナチュラルハーベストがオススメ

国産の高級プレミアムドッグフードについてまとめました。高級な国産フードでも、意外とお肉やお魚の量が少なかったり、食材は安い輸入品を使っているケースもあります。

また、国産のプレミアムフードと書かれていても、一部のメイン食材しか人間用品質の食材を使っていなかったり、総合栄養食ではないものもあります。

ぜひ、「国産」・「高級」・「プレミアム」などの言葉だけで選ばずに、良質なドッグフードを選んであげて下さい。

アクセスランキング ACCESS RANKING