無添加ドッグフードを選ぶ3つのポイントとおすすめランキング5選

無添加のドッグフード」ってなんとなく安心・安全なイメージがありますよね。ただ、パッケージに「無添加」と書かれていても、「着色料無添加」なだけで香料などは入っているかもしれません。

パッケージを良く見ると「無添加」と書かれた近くには、「着色料・香料不使用」などと書かれているはずです。この場合、酸化防止剤は使われていますからね。

ただ、酸化防止剤も化学合成した酸化防止剤はなんとなく嫌ですよね。ですが、ビタミンEや緑茶エキスなど自然由来の成分なら、使われていても構わないという方もいるのではないでしょうか。

ここでは無添加ドッグフードを選ぶ時のポイント3つと、おすすめの無添加ドッグフードランキング5選をご紹介します。

\先におすすめを知りたい人はクリック!/

無添加ドッグフードランキング

無添加ドッグフードを選ぶ時に大切な3つのポイント

無添加ドッグフード選びで大切な3大ポイント

無添加のドッグフードを探している方は、上記3つのポイントを意識して探しましょう。なぜ上記の3つがポイントになるのか、以下で詳しくご紹介していきます。

添加物の役割を理解して基準を決めておく

添加物 使用時の可否判定
着色料 最悪(天然由来であっても不要)
香料 天然なら良し
保存料 不使用を選びたい
酸化防止剤 天然なら良し
ビタミン・ミネラル 良し

添加物と聞くと「着色料・香料・保存料・酸化防止剤」などが浮かびますが、ビタミンやミネラルも添加物です。ただ、ビタミンやミネラルは、犬の健康維持の為にも必要な栄養素でもあります。

なので、BIGLOBEレビューでは添加物の良し悪しを、上記のように決めています。それぞれの添加物の必要性については、以下をタップして下さい。

添加物の使用目的と必要性はこちらをタップ

着色料は飼い主に彩りよく見せる為に使われます。犬は見た目で食いつきが変わることはありません。種類によっては奇形出産などのリスクもあり、極めて不要な添加物です。

香料は食いつきを良くする為に使われます。特に穀物が多いフードで良く使われます。「香料」や「調味料」だと人工的に合成されたものなのかもしれません。「ナチュラルフレーバー」のように天然由来だと分かるものか不使用のフードが良いでしょう。

保存料は腐敗(カビや細菌)を防ぐ為に使われます。腐敗したフードが体に悪いのは当然なので、仕方無いようにも感じます。ただ、賞味期限を短めに設定したり水分量を調節して、防腐剤を使わないフードもあります。どうせなら防腐剤不使用のメーカーを選びたいですよね。

酸化防止剤はフードを酸化から守る為に使われます。酸化したフードは下痢などの体調不良を起こすので、必要な添加物ではあります。酸化防止剤には大きく分けて「化学合成」と「天然」の2つがあります。

化学合成した酸化防止剤の方が酸化防止力が強く、法律で安全な使用量が決められています。人間の食材にも使われる添加物ですが、気分的にはミックストコフェロールやローズマリーエキスなど、天然由来の方が良いですよね。

ビタミン・ミネラルは食材では足りない栄養素を補う為に添加されています。食材は人間が食べられる品質を使っていても、ビタミンなどはペット用というケースが多いです。ただ、BIGLOBEレビューでは健康維持の為には必要な栄養素と判断しています。

また、日本のペットフードに関わる法律では、ドッグフードの製造時に使った添加物を記載する決まりになっていますが、食材に使われた添加物(キャリーオーバー)は原材料欄に記載する必要がありません。

「〇〇ミート」や「〇〇ミール」などの加工食材はちょっと怖いですよね、なので「〇〇肉」や「トウモロコシ」など加工されていない食材を使ったフードを選ぶと、より安全なものを選べます。

総合栄養食を選ぶ


総合栄養食とは、犬がそのフードと水だけで健康に必要な栄養を補えるフードのことを言います。その為に30種類以上の栄養素それぞれに最低量の他、上限や比率が決まっている栄養素もあります。

国産で無添加をうたったフードに多いんですが、「ビタミンやミネラルを加え(添加し)たくないから、あえて総合栄養食にはしていない」としているフードもあります。

聞こえは良いですが、数々のデータから「犬が健康を維持する為に必要とする栄養素」が欠けていることを意味します。つまり、栄養不足により体調を崩すリスクを抱えているという意味でもあります。

ビタミンやミネラルも添加物ではありますが、着色料とは違い犬の健康を維持する為に必要な添加物で、BIGLOBEレビューではビタミン・ミネラルの添加は良しとしています。

総合栄養食と表示する為にはAAFCOというアメリカの基準を満たす必要がありますが、FEDIAFというヨーロッパの基準を満たしたフードでも良いでしょう。

AAFCOとFEDIAFでは基準値が異なりますが、日本ではAAFCOを元にしているだけです。問題なのはどちらの基準も適用せず、「無添加の為に栄養が満たないフード」です。

穀物よりもお肉・お魚の使用量が多いフードを選ぶ


これも国産で無添加とうたうフードに多いです。犬は穀物も食べられますし、消化・吸収もできます。ただ、お肉やお魚と比べると消化率は悪いです。

なので、少なくとも動物性食材が全体の50%以上使われたフードを選びたいですね。愛犬が穀物に対してアレルギーが無ければ、わざわざグレインフリーを選ぶ必要はありません。

原材料は使用量の多い順に書く決まりになっています。その為、材料欄の順番でも使用量の予測はつきますが、きちんと割合を表示しているメーカーの方が分かり易いですね。

ただ、動物性食材の割合が高すぎると、たんぱく質やカロリーも高くなります。結果として腎臓への負担や肥満などの原因にもなるので、割合が多ければ良いという訳ではありません。

海外産の無添加ドッグフードで評判の良い20種類から比較

総合栄養食 割合
カナガン 60%
モグワン 56%
ファインペッツ極 90%
フィッシュ4ドッグ
サーディン
48%
アカナ

アダルトドッグ

60%
オリジン

オリジナル

85%
ソルビダ
ソリッドゴールド
アーテミス
ロータス
クプレラ
ニュートロ
ヤラー
ピュリナワン
プレイアーデン
キアオラ
ブラックウッド
ナチュラルバランス
アズミラ
アボダーム

海外の無添加ドッグフードので人気の高い20種類を「添加物」、「総合栄養食」、「動物性食材の割合」の3つのポイントで比較しました。

添加物については、「着色料・香料・保存料不使用で、酸化防止に天然成分を使用している」メーカーを厳選しました。

ここで比較している20社はかなり良質なメーカーなので、市販されているドッグフードと比べれば、動物性食材の割合高いはずです。

ただ、やはり数値が無いと原材料表だけでは判断がつかないのが残念ですね。国産の無添加ドッグフードが気になる方は下のボタンからどうぞ。

国産の無添加ドッグフードはこちら

無添加ドッグフードの人気おすすめランキング5選

ランキングの選考基準

ランキングは先の比較表の他、たんぱく質の割合やコスパも考慮してまとめました。3つのポイントでも書きましたが、高たんぱくは腎臓への負担も指摘される為です。BIGLOBEレビューでは、日本の犬は運動量が少なめな子が多く、たんぱく質は28%程度がベストと考えています。また、価格は公式サイトや総代理店の価格を参考にしています。

モグワンドッグフード

項目 詳細
添加物 香料・着色料不使用
酸化防止にビタミンEを使用
ビタミン・ミネラルを添加
総合栄養食
(FEDIAF基準)
割合 56%(チキン&サーモン)
たんぱく質 28%
通常価格(税別) 3,960円/1.8㎏
100g辺りの単価(税別)※ 220~176円
おすすめ度 5.0

※、通常価格と割引を使った最安値

モグワンドッグフードの特徴

モグワンドッグフードは無添加ドッグフードの中で最もオススメです。香料・着色料は不使用で、酸化防止にはビタミンEを使用しています。

FEDIAFの栄養基準を満たしているので、栄養バランスも安心してあげられます。動物性食材の割合は56%で、たんぱく質は28%です。

海外に比べて運動量の少なめな日本の犬に合ったドッグフードと言えます。また、定期購入やまとめ買いで割引もあり、コスパも良く続けやすいのも特徴です。

アカナ アダルトドッグ ドッグフード

出典:http://acana.net/

項目 詳細
添加物 香料・着色料不使用
酸化防止にビタミンC、Eなどをブレンド
ミネラル(亜鉛)を添加
総合栄養食
割合 60%(多種の肉・魚)
たんぱく質 29%
通常価格(税別) 1,100円/340g
5,000円/2㎏
12,000円/6㎏
16,000円/11.4kg
100g辺りの単価(税別)※ 250~140円
おすすめ度 4.8

※、子袋と大袋のグラム単価

アカナ(アダルトドッグ)ドッグフードの特徴

アカナのアダルトドッグフードは無添加ドッグフードで3番目にオススメです。商品名は「アダルト」となっていますが、全年齢に対応した総合栄養食なので、子犬も食べられます。

ミネラルの添加は「亜鉛」だけで、他の栄養素は食材からなのは素晴らしいですね。たんぱく質も29%と高すぎないので、日本の犬に合っています。

大型犬種にはコスパの良いフードと言えますが、小型犬にはややコスパの悪いのが残念ですね。楽天やアマゾンなどの通販サイトだとお得に購入できます。

アカナの公式サイトを見る

カナガン

項目 詳細
添加物 香料・着色料不使用
酸化防止にビタミンEを使用
ビタミン・ミネラルを添加
総合栄養食
(FEDIAF基準)
割合 60%(鶏肉・卵など)
たんぱく質 33%
通常価格(税別) 3,960円/2㎏
100g辺りの単価(税別)※ 198~158円
おすすめ度 4.5

※、通常価格と割引を使った最安値

カナガンドッグフードの特徴

カナガンドッグフードは無添加ドッグフードで3番目にオススメです。香料・着色料は不使用、酸化防止にはビタミンEを使い、その他にビタミン・ミネラルを添加しています。

FEDIAFの栄養基準を満たしているので、子犬からシニア犬まで安心して食べられます。鶏肉をメインに卵やサーモンオイルなど、動物性食材を60%使用しています。

定期購入やまとめ買いで割引が効くのでコスパも良いですが、たんぱく質が33%と高めです。ゆっくり切り替えても軟便になる場合、別の低たんぱくなフードにしてあげた方が良いです。

フィッシュ4ドッグ サーディン ドッグフード

出典:http://addiction-japan.com/

項目 詳細
添加物 香料・着色料不使用
酸化防止はビタミンE、ローズマリー抽出物
ビタミン&ミネラルを添加
総合栄養食
割合 48%(イワシ・サーモン)
たんぱく質 26%
通常価格(税別) 960円/400g
3,080円/1.5kg
5,130円/3㎏
8,740円/6㎏
100g辺りの単価(税別)※ 240~145円
おすすめ度 4.2

※、子袋と大袋のグラム単価

フィッシュ4ドッグ(サーディン)ドッグフードの特徴

フィッシュ4ドッグのサーディンは、無添加ドッグフードで4番目にオススメです。動物性食材が50%に満たないんですが、5位のオリジンはコスパが悪く高たんぱく過ぎるので4位としました。

タンパク質は26%と高すぎず、日本の犬には程よい割合です。また、コスパも良く小型~中型にも扱いやすいサイズです。

動物性食材の割合は理想とする50%以下ですが、ホームセンターなどで売っている低価格フードと比べれば、割合も多く消化も良いので試してみてはどうでしょうか。

フィッシュ4ドッグの公式サイトを見る

オリジンドッグフード

出典:https://www.orijen.ca/

項目 詳細
添加物 香料・着色料不使用
酸化防止はミックストコフェロール(ビタミンE)
ミネラル(亜鉛)を添加
総合栄養食
割合 85%(多種の肉・魚)
たんぱく質 26%
通常価格(税別) 1,300円/340g
6,000円/2㎏
14,500円/5.9kg
21,000円11.3kg
100g辺りの単価(税別)※ 382~185円
おすすめ度 4.0

※、子袋と大袋のグラム単価

オリジン(オリジナル)ドッグフードの特徴

オリジンのオリジナルドッグフードは、無添加ドッグフードで5番目にオススメです。添加物は「天然の酸化防止剤」と「亜鉛」だけという素晴らしいフードですが、コスパが悪く高たんぱく過ぎます。

高たんぱくなフードは、うんちを柔らかくします。特に大型犬はその傾向が強いので、「ゆっくり切り替える」それでも柔便が続くなら別の低たんぱくフードに変えた方が良いでしょう。

大袋はコスパも良くなりますが、大容量すぎます。コスパ的には大型犬向けで、小型~中型犬に扱いにくいフードと言えます。

オリジンの公式サイトを見る

無添加のドッグフードならモグワンドッグフードがおすすめな理由

  • 添加物は必要最低限
  • 肉や野菜は人間も食べられる高品質食材を使用
  • 安心できてコスパも良い
  • FEDIAFの基準を満たしているので栄養不足も心配なし
  • チキンはケージではなくストレスフリーの平飼い飼育
  • 高たんぱくすぎず日本の犬に合っている

モグワンドッグフードに使われる添加物は、酸化防止剤(ビタミンE)とビタミン・ミネラルだけです。着色料や香料・化学合成した酸化防止剤は不使用なので、安心してあげられます。

使っている肉や野菜は人間も食べられる高品質食材を使用し、チキンは自由に動ける平飼い飼育で育ったお肉を使用しています。

ホームセンターなどで買えるフードと比べる割高ですが、オススメできる無添加フードの中ではコスパも悪くありません。

FEDIAFの栄養基準を満たしているので、子犬からシニア犬まで食べられます。たんぱく質が28%と高すぎないので、海外に比べて運動量の少ない日本の犬にあった無添加フードです。

国産の無添加ドッグフードでおすすめはない?人気の20種類を比較!

総合栄養食 割合
ナチュロル 55%
レガリエ 60.3%
ZEN 60%
プリモ 50%
ヤムヤムヤム 30%
このこのごはん
ドットわん
LIVE DOG
わんこのきちんとごはん
UMAKA
イートイート
アイディッシュ
みらいのドッグフード
長寿サポート
TASHIKA 60%
gowan 50%
ヴィジョンズ
ドクターケアワン
馬肉自然づくり
ビオナチュール

ここでは「着色料・香料・保存料・化学合成した酸化防止剤」不使用のブランドを比較しました。見て分かるように、総合栄養食ではないフードもあるので注意が必要です。

やはり、無添加できちんと栄養バランスのとれたフードを探すなら、輸入フードも視野に入れた方が良いですね。「ドッグフードのおすすめ」総合ランキングは無添加以外にも、食材の品質や割合など5つの項目で比較したので参考にしてみて下さい。

「TASHIKA」は亜鉛だけが基準に満たないと公式サイトで公表しています。亜鉛のサプリメントをあげれば、健康を維持する為に必要な栄養を取りながら食べることができます。

総合栄養食でないフードはTAHIKAのように、どの栄養素がどれくらい足りていないのかを公表してくれると飼い主としても安心できますよね。国産でオススメできる無添加ドッグフードは下のページでランキングにまとめたので参考にしてみて下さい。

スーパーやホームセンターで買える無添加ドッグフードってない?


BIGLOBEレビューで調査した結果、市販されている30ブランドの内、12ブランドは無添加(着色料・香料不使用、合成の酸化防止剤不使用)なことが分かりました。

とは言え、お肉やお魚の使用量が少なくてオススメできるか?と聞かれると微妙なラインでした。通販でしか買えない商品も含まれますが、「ドッグフード」の総合ランキングも参考にしてみて下さい。

次のページでは、ホームセンターやドラッグストアで取り扱いがあるブランドを、30種類厳選して比較したので参考にしてみて下さい。

市販の添加物が入ったドッグフードじゃ長生き出来ないの?


寿命についてははっきりとしたことは言えません。寿命は食べ物だけでなく、その子の生活によっても変わります。比較するとなると同じ条件の子にそれぞれ別のフードをあげないといけませんからね。

実際、ネット上の口コミを見ていても、「市販の添加物入りフードを食べてたけど18歳まで長生きした」といった子もいます。

ただ、添加物による食物アレルギーもありますし、着色料のような添加物自体に毒性があるものもあります。

添加物入りのドッグフードを食べたからといって、直ぐに病気になったり体調を崩すことはありませんが、長期間食べ続けた時にどんな影響が出るのかは分かりません。

その為、ビタミンやミネラル以外の添加物(着色料・香料・保存料・合成の酸化防止剤)は、できるだけ入っていないフードを選んであげたいですね。

無添加ドッグフードに変えれば涙やけは治る?


一部でドッグフードに使われている添加物が、涙やけの原因になるとも言われています。なので、添加物入りのフードを食べている子が、無添加フードに変えれば良くなるかもしれません。

ただ、涙やけの原因は沢山あり、「水を飲む量が少ない」・「まつ毛が目に入っている」などの他にも、「目が大きい」・「口が短い」など犬種の問題もあります。

なので、無添加のドッグフードに変えただけでは、涙やけの改善は難しいかもしれません。ですが、添加物が入っていないフードを選ぶのは健康の為にも良いことです。

今現在、添加物入りのフードをあげているなら、ぜひこの機会に見直してみて下さい。

無添加ドッグフードまとめ

無添加ドッグフードまとめ
  • 必要な添加物もある
  • 動物性食材が50%以上のフードがオススメ
  • 国産の無添加ドッグフードは総合栄養食かチェック
  • 不要な添加物(着色料)は絶対ダメ
  • 酸化防止剤・香料は天然由来を選ぶ
  • ホームセンターなど市販にも無添加のフードがある

無添加ドッグフードについてまとめました。ビタミンやミネラルなど必要な添加物もあるので、総合栄養食ではない100%無添加ドッグフードには気を付けましょう。

また、無添加だからといって穀物が半分以上を占めるフードは、消化に良いとは言えません。できれば動物性食材が50%以上使ったフードを選びたいですね。

酸化防止剤は開封後の賞味期限に影響します。必要な添加物ではありますが、できればミックストコフェロール(ビタミンE)やローズマリーエキスなど、天然由来のものを選びましょう。

アクセスランキング ACCESS RANKING